枕のしみ

よだれ、鼻水、そして。。。

自由

[ リスト | 詳細 ]

なんでもいろいろ
記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

イメージ 1

防水だよ

デジタルムービーでは世界初の防水仕様ってことにつられて、もう一台買っちまったのが
このカメラ。写真もムービーも水中撮影OKらしい。

今回は泳いだりはしないけれど、今度カンボジアの出張に携帯していきます。
静止画も動画も音声録音のみもできるので記録用には便利で、タフそうです。

遊びで使うと結構楽しめそうですけどね。

開く コメント(2)

イメージ 1

3代目のデジカメ


タイで2代目のデジカメ、SONY Cyber-shot DSC-W1を無くしてしまいへこんでいましたが
3代目もコンデジにしました。Canon PowerShot G9 にしようか、デジ一にしようか、結構迷った結果、
やっぱりまずはコンパクトが必要だと思いこれにしました。
G9はカメラらしいのですが、デジ一のサブカメラにしては中途半端に大きいのでやめ、コストパフォーマンスの良いP5100に決定。まだ使っていませんが、機能も十分で、画素数は12.1メガもあって、もうこれ以上高画素は必要ありません。初めて買ったデジカメがFUJIFILMのFinePix700で1.5メガだから、凄い進化です。そろそろ画素数競争も打ち止めでしょう。
でも思い返せば、SONY Cyber-shot DSC-W1(5メガ)もカメラらしい良いカメラでとても気に入っていたので、未練が残りますが、このカメラはぶっ壊れるまで使い倒そうと思います。

この写真は携帯で撮ったものですが、次回はP5100で撮った写真をUPしますので、どうぞよろしく!

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

鶴瓶のらくだ

イメージ 1

嘉穂劇場(福岡)


炭鉱で栄えた筑豊地方の飯塚市にたった一つだけ残る劇場です。
はじめて行ってきました。だしものは大衆演劇ではなくて、
古典落語の名作といわれる「らくだ」。それも笑福亭鶴瓶の演目です。
午後4時の開演で、フリートークに近いオリジナルの「私落語」を挟んで、
休憩なしの2時間半、そのうち「らくだ」はおよそ1時間を占める大長編で、
6人座りの升席で足のしびれと闘いながら噺に耳を傾けました。
でも2時間半を1人の噺でもたせるのだから凄いです。
いまどきそんな人は鶴瓶のほかに誰がいるでしょう。

この「鶴瓶のらくだ」は10月6日の福岡・嘉穂劇場をスタートに
大阪・松竹座、京都・南座、東京・歌舞伎座ほか全国8か所で21公演されます。

開く コメント(4)

博多祇園山笠

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

7月15日午前4時49分

一番山が櫛田神社の清道入りをし、博多祇園山笠のフィナーレ、追い山が始まります。
日本広しといえども、こんな早暁に行われる祭りはありません。
今年の一番山笠は土居流。(写真上から3番目)
台風4号は通過したけれど、雨が降り続いていました。
山笠のある櫛田神社までは家から歩いて10分ですが、10年以上見に行っていませんでした。
人出は台風の影響もあって例年よりも少なめでしたが、それでも連休の中日ということで
いつものように身動きが取れなくて、傘もささずにずぶぬれでしたが、雨が降らなくても
沿道ぎりぎりにいると、力水を浴びてしまうので同じことです。

この追い山が終わると博多の夏は本番です。

開く コメント(4)

今年初のキャンプ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

5月の第3土曜日はオートキャンプの日

でしたが、行ってきたのはオートキャンプ場ではありません。
福岡と佐賀の県境にある三瀬村の山中キャンプ場で、福岡市内からは約1時間で行ける手ごろなキャンプ場です。
初めて行ったのですが、杉木立の中にログハウスが8戸とテントサイトだけのこぢんまりとしたキャンプ場でした。
ログハウスは僕ひとりだけで、不審者と思われたくなかったので、カミさんとあとで合流する予定ですなんていってごまかしておきました。夕方に赤いボルボのワゴンに乗った家族連れが1組とバイクでツーリング中の青年1人がテントサイトにやってきましたが、十分不審なおやじに見えたでしょうね。

利用料金は格安!ログハウスは3000〜6000円 テントサイトはおとな200円こども100円
僕の泊まったログハウスは5000円ですが、大人3人か親子5人くらいまでが適当でしょう。

夕飯はレトルトのご飯にカレーとサラダにウインナーとゆで卵。鍋で一度にボイルして出来上がりです。でも家でレトルトカレー食べるときよりもまずく感じるのは、自然の中にいるせいでしょうかね。ウインナーは焼くよりもボイルした方がおいしいことを初めて知りました。ゆで卵は1個爆発!

杉と田んぼと小川のせせらぎだけの何もないところですが、街の喧騒から離れて読書したりするにはぴったりの穴場です。キャンプ場のすぐ横には山中地蔵という脚気にご利益のあるというお地蔵さんがありましたよ。

開く コメント(7)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事