Fishing:Trout

[ リスト | 詳細 ]

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/c0/30/fake01original/folder/1491501/img_1491501_47594137_10?1238632741
記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年最後の渓流 後編

イメージ 1

お昼は何度か訪れているそば屋へ。
出来た頃には私一人で貸切状態だったのですがいつの間にか人気店になっております。
雰囲気はいいですよ。

イメージ 2

まだ挑戦していなかった更科が注文出来たのでこの日はそちらで。
ちなみに田舎と更科で選べます。

サブメニューはナスと天ぷら。
ここはナスがおいしゅうございます。夏の田楽もいいです。

お腹いっぱいの食べすぎになりました。。。

イメージ 3

午後からまた川を変えてチャレンジ。
流れている水は綺麗なんでしょうけどあんまり水質が良くないです。
ルアーに見たことが無い藻が絡みつく。。。

イメージ 4

ところがどっこい魚は多いようで次々チェイスで釣れまくり。

とある場所でオスの尺を越えるイワナが出てしまいました。
ダウンクロスさんに即席撮影場所を作って貰ってパシャリ。

イメージ 5

同じ場所でダウンクロスさんがヤマメを釣ったので同時に撮影、なんて遊んでましたら・・・

イメージ 6

メスまで釣れてしまいました。
どうやらこの2匹、ペアリングしていたみたいです。
メスから先にリリースしたのですが、その後からオスが追いかけていきました。

イメージ 7

この後の大場所でダウンクロスさんが尺イワナを釣ったところで終了と致しました。
ダウンクロスさんはヤマメもイワナも尺で締めましたよ。
シーズン最後は楽しい釣行になりました。

これは今シーズン最後の魚。
来年もいい魚と出会えるといいなぁ。。

この記事に

開く コメント(8)

今年最後の渓流 前編

イメージ 1

スタートは夜明け前。時刻は5時半。
ダウンクロスさんの情報により、なにやら尺を越えるヤマメが生息するという川に案内して頂きました。
ちなみに私はこの川3回目かな?

イメージ 2

澄んだ美しい流れですが渇水。
増水した跡はそこかしこに見受けられますが、ここ一週間ですっかり引いちゃったんでしょうね。。
以前連れてきて貰った時より砂が多くなったという印象。

先行させて頂き良さそうな流れを次々打っていきます。
そんな良さそうな流れの中で遂にアタリが!
しっかりと合わせて魚の手ごたえが竿に伝わる。


シーズン最後で遂に念願の尺ヤマメかっ!?















イメージ 3

あれ???
小さいけど綺麗だからまぁいっか。




退渓地点が来たので別の川へと移動。
時刻はまだ9時前。

イメージ 4

ダウンクロスさんの希望で今度はイワナの川へ。
久しぶりの場所。

ところが全く以って反応が無いです。
反応が無いまま本流と分流に分かれたので私が本流の方へ。
ダウンクロスさんが分流の方へと分かれます。

実は私はこの川であんまりいい思いをしたことが無いので、あまりにも反応の無い本流を早々に諦めてダウンクロスさんの釣り上がってる分流へと移動。
とある堰堤の前でトンビが気持ち良さそうに飛んでるのを座って写真撮ってました。
ダウンクロスさんが釣り上がってくるのを待っていると、上から3人組が下りてきました。
本流筋は3人がかりで攻めた後だったのね〜。


ポイントを飛ばし気味で釣り上がってきたダウンクロスさんが堰堤下を狙う。
ここを最後に移動しようという魂胆。


ところが・・・。


ダウンクロスさんの竿が大きく曲がる。
半端なサイズではないらしく、制御できない模様。
水面から姿を現したシルエットはどうやらヤマメみたい。

バレたっ!とか、落っこちた!、とか届かない!とか言っておられます。
そんなこと言いながらも腰を引いて思いっきり手を伸ばしてランディングを決めました。

いやぁ、取れて良かった良かった。

と悪いFAKEさんは楽しんで見てました。
昨年のアマゴを釣り上げた時のダウンクロスさんはキョトンとした感じでしたが、今回のヤマメを釣り上げた時は歓喜興奮!って感じでございましたよ。


さて

イメージ 6

ネットに入っていたのはこんな魚だったので、詳しいことはダウンクロスさんのブログへどうぞ。


イメージ 5

写真を撮って楽しんでいる内に昼を回りました。
さてさて昼食の場所へと移動しましょう。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 5

みなさんが最終釣行を書き込んでますが、私はのんびりと最終釣行よりも前のことを書いていきます。
行ったのはこんな山の麓。この日の天気はサイコーでした。

イメージ 4

入渓地点にていきなりのイワナ。
水はとても澄んでいるので何度もチェイスしてくれる姿は丸見えでした。
全体的に金色っぽくってここらしい色してますが、ほんのり秋色なんでしょうか?

イメージ 2

またイワナかと思ったら今度はアマゴ。
取り込むまでイワナと思ってて雑に扱っていたのですが取り込んでビックリの綺麗さ。
秋らしくはないですが、こういう個体に出会えるのは素直に嬉しいですねぇ。。

イメージ 3

イトウクラフトのルアーみたいな群青のパーマーク。
その群青が頬にまで飛んでる。
いいねぇ。。
決して小さいというサイズではないのですが、若い顔しています。

イメージ 1

日差しがきつくなって魚の反応も少なくなったので早上がりしました。
さて次回はラスト釣行。
どんな結末が待っているのでしょうか。

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 6

朝晩すっかり涼しくなりました。
毎年彼岸を過ぎると秋の空気に変わりますね。
さて水中の季節の進行はいかに?

イメージ 5

春先から目星を付けていたポイントでの1匹。
釣れたのは8寸ちょっとのメス。引きはかなり弱め。
婚姻色というよりも真っ黒になってました。

イメージ 7

体を横に向けた写真では分かりにくいですが、実はタプタプなお腹。
産卵直前といった感じ。
ハンサムなオスと出会えていっぱい子孫を残してほしいな。

イメージ 1

河原にはミゾソバが咲いてました。
今年はこの川にいっぱい通ったのでいろんな景色に改めて気づいた気がします。
魚も含めてね。

イメージ 2

大場所前のちょっとしたポインからすっかり色づいたオス。こちらも引きはかなり弱かった。
顔だけが厳つくて体の模様はボケ気味。
周囲が暗かったので写真がブレ気味ではありますが、実物を見た感じもこの感じそのままでした。

イメージ 3

一生懸命写真を撮っていたらいつの間にか周囲は真っ暗に。
魚も真っ黒。シルエットはかっこいいですな。
仲良くカップルになっている魚も見えたので、もう今年はこの川での釣りは終わりにしよう。

イメージ 4

日が暮れるのが一気に早くなりました。いよいよ渓流シーズンが終わります。
また来年この川でいい魚に巡り合えることを固く信じて。。。

この記事に

開く コメント(8)

ダウンクロスミノー

イメージ 1

雨が降りました。
この前本格的に降ったのは8月の頭ぐらいだった記憶が。
約1ヶ月半ぶりの恵みの雨。
でしたがあっという間に水位は平水以下になってました。

先日の魚で私は今年の目標は達成しちゃったような気分。
後は大好きな道具で楽しく釣りします。

イメージ 5

遂に発売されたダウンクロスミノー。
○トウクラフト ボーイ5○ と発売をあわせこんできたようです。

雨後で魚の活性が高かったようで一投目から釣れちゃっいました。
釣れたのはみんなこんなサイズでしたが、朝の内のちょっとの釣りだけで3匹。
さすがダウンクロスミノー。

イメージ 3

時間が出来たので午後も釣り。
朝と同じダウンクロスミノーでのイワナ。

ここでもチョウモドキ3匹確認(汗
イワナにも憑くのね。。。
目の上のたんこぶ、みたいに肥えてました。

イメージ 2

ダウンクロスミノー、ファットタイプでもイワナ。
本当に良く釣れます。

こちらにもチョウモドキ2匹確認(汗
どんだけ水が少なかったんだぃ。。。

イメージ 4

という訳でダウンクロスミノー、大変良く釣れます。
現在絶賛発売中とのことです。
早めのお求めを。

この記事に

開く コメント(6)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事