Trekking

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

色づく八ヶ岳

イメージ 1

イメージ 10

イメージ 2

イメージ 3

朝起きたらあまりにも天気が良かったので、何とか日帰り出来る硫黄岳へ行ってきました。

なぜに硫黄岳に行ったかというとこの景色が見たかったから。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

景色を十分楽しんで、写真いっぱい撮って帰ってきました。
山はすっかり秋です。
白い季節に替わるのは時間の問題かな。。

イメージ 9

この記事に

開く コメント(6)

八島湿原から

本日は標高1,600mの霧ヶ峰高原八島湿原よりお届けします。
と言いたいんですが、本日15日は花火によりお外に出ると渋滞に巻き込まれるのでお家でゆっくり。
ちなみに本日19時よりBSTBSにて諏訪湖上花火大会生中継ですよ。

今年は釣りよりもお山に行くことへの欲の方が上回ってます。
まだ見たことが無い、知らない景色を見たいという欲求では同じなんですけどね。
中でも霧ヶ峰は自宅からの距離も近いだけあって時間が少しでも空けば1〜2時間歩くようにしています。
一年の半分が過ぎたので季節を通して歩いているここの景色を載せておきます。


霧ヶ峰 冬
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 10

イメージ 7



芽吹きの春イメージ 3

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 8



初夏
イメージ 4

イメージ 12

イメージ 5

イメージ 6

爽やかな気分になって頂けたでしょうか?

違う高い山へと行った記録はまたいずれ。
皆さま良いお盆休み&夏休みを。

この記事に

開く コメント(6)

いつの間にか冬だ。。

イメージ 1

冬が近づいてわくわくしてきたので怠けきった体を覚ましにちょっと歩いた。


イメージ 2

足元はもう霜柱でいっぱい。
日が当たると溶けるので足元はどろぐっちゃだ。

イメージ 3

蝶々見山を越えて、物見石まで行ってみた。

何か近づいてきて、そのまま私の周りを回って遠ざかっていった。
画像大きくして発見してください。


イメージ 4

帰りはちょっと寄り道。


イメージ 5

富士山の見える所まで移動。
この時はまだ秋の色でしたが、八ヶ岳はもうすっかり雪景色になっております。


イメージ 6

遠くに北アルプスを望みながらコーヒーを飲んでた。
ポコポコと二つのコブが見えますが、次回はこっちを回ってみようと思う。

早く雪景色になんないかなぁ。。

この記事に

開く コメント(5)

イメージ 1

王滝頂上から左手に回り込むと正面に剣ヶ峰がど〜んと。
あそこを目指すのか。。

辺りの雰囲気は富士山のよう。
さて、もうひと踏ん張り。

イメージ 2

八丁タルミ。
ここからが結構キツイ(汗

さすが標高3,000m。
空気が薄いのも実感。

イメージ 3

ガスは絶え間なく噴出している。
その向こうに継母(ままはは)岳。
この山が活火山であることを思い出す。
辺りは硫黄の香りに満ちてる。

イメージ 4

山頂はなかなか近づかない。

はぁはぁ。
ぜぃぜぃ。

ですわ。

イメージ 5

剣ヶ峰(3,067m)にやっと着いた〜。
人生初・・・じゃなかった、2回目の3,000m峰の頂上に。
天気良くって最高〜♪

手前のブルーは二ノ池。
雲の向こうに乗鞍岳(3,025.6m)。
さらに向こうに穂高連峰と槍が岳。
遥か彼方には立山も。

頂上では大休止。
一息入れて、景色を眺めてこの山を満喫した。



天気のいい内に下ろう。

イメージ 6
イワツメグサ

イメージ 7
ヤマガラシ



イメージ 8

蒼い空。
白い雲。
ハイマツの緑。
雪渓の白。

文句無し。

イメージ 9

2時間かけて田の原に戻ってきた。
山頂はもうすっかり雲の中。。

もうちょっとゆっくり満喫したかったけど、それはまた次回に。
もっともっと色んなお山に登りたいなぁ。
お休みがホスイ。。


この記事に

開く コメント(20)

イメージ 1

前回のお山はゴールデンウィークに少し歩いただけだったから、本格的に上るのは冬以来だ。
すっごく楽しみにしてました。

天気もサイコー!


イメージ 2

朝7時半。
田の原(2,180m)の登山口から。
御嶽山は信仰の山。
鳥居があるってことは山頂に神社がもちろんありますよ。

さ〜て、出発。

イメージ 3

このルートは登っていく先のルートがずっと見渡せる。
暫くは田の原天然自然公園の中を進む。


イメージ 4

30分程で「あかっぱげ」と呼ばれる場所に着く。
前日良く眠ったせいか体も軽いし、呼吸もあまり乱れない。
事前にここで休もうと思っていたけど、そのままのペースで先に進むくん。


イメージ 5

振り返ると出発した田の原が見える。
その後ろに三笠山。
更に向こうには中央アルプスの山々が。


イメージ 6

出発から45分程で8合金剛童子に。
ここが森林限界地点。一気に視界が広がる。
日差しは大変強い。でも森林限界なので日差しを遮るものが無い。
ジリジリ背中が焼かれる。暑い・・・汗だくだw

天気がいいのは大変嬉しいのだけどねぃ。


イメージ 7

雲の動きを見ていると、いつまでも飽きずに眺めてしまう。
あまりにも幻想的。
言葉は要らない。

イメージ 8

中央不動付近。足元はスパっと切れ落ちている。
勾配は徐々にきつくなってくる。
それでも景色が素晴らしいから気持ちいいんだよねぇ。


イメージ 9

楽しみながら登って王滝頂上(2,936m)に。
御岳神社で記念写真。
最新ファッションに身を包んだ女の子にメタボ写真を撮って貰った。。。


辺りには硫黄の香りが漂い始めた。
後篇(王滝頂上〜剣ヶ峰〜田の原)へと続く。。

この記事に

開く コメント(10)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事