全体表示

[ リスト ]

マシンの将棋について ケータイ投稿記事

今日は『将棋』のお話。

昨日、プロの女性棋士にコンピューターが挑戦し、人間を打ち負かしたとのこと。公の場で、コンピューターが日本将棋連盟所属の棋士を打ち破ったのは初めてなんだそうな。

このシステム『あから2010』といい、世界コンピュータ将棋選手権で優勝した「ボナンザ」「激指」「GPS将棋」「YSS」の4種のソフトを搭載、この4つがそれぞれリスクを最小限に抑えた手を導き、最終的には多数決で最も多かった手を指すらしい。指し手を導くための計算はなんと169台のコンピュータが行うと!!
そのため超スピードで進むと予想されたが…なんと開始後数手目からコンピュータ側のほうが『長考』、手を指すまで長い時間をかける状態になった。そして導き出される指し手は、従来では考えられないほど定跡から逸脱した戦型、ギャラリーや会場が衝撃に包まれたそうだ。

将棋、指したことのある人は分かるだろうが…アソびでやるには良いが、名人同士の対局はハンパなく、もはや神業である。お互い数十手先の指し手を読みながら、下手すると数日に渡るような対局になる。いったいどんな神経してんだ?と疑いたくもなるような神経戦なのだ。
そんな人間の頭脳をついにコンピュータが破ってしまうとは…

ソフト制作側の究極の野望は、有名な羽生名人など棋界の最高峰を倒すこと。棋士がプライドを取り戻すのか、はたまたマシンに屈するのか…
次戦はいつ、誰が相手をするのかは分からないが、せめて将棋くらいは、人間の頭脳がコンピューターを上回ってもらいたい…と密かに思ってしまうのは自分だけではないハズだ(-.-;)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事