全体表示

[ リスト ]

犬の乳腺腫瘍

イメージ 110歳5ヶ月のミニチュア・ダックスフンド、女の子です。

イメージ 2先月爪切りに来られまして、左第4乳頭の横にしこりが見つかりました。乳腺腫瘍です。

イメージ 3本日切除手術の予約をとっていただいたので、午前中に朝ごはんを抜いて入院して頂きました。午前中に術前検査を行い、麻酔を安全にかけられるかの確認を行います。胸部の伏せ(DV)のレントゲン写真です。心肺系に問題はありませんでした。血液検査も問題ありませんでした。

イメージ 4この子は避妊手術をしてませんでしたので、乳腺腫瘍のリスクファクターとなります。将来的な子宮蓄膿症の予防も兼ねて避妊手術をまず行います。右の卵巣の摘出が済んで、左の卵巣の摘出を行っているところです。PKシステムにより短時間に摘出可能です。

イメージ 5左右の卵巣の摘出が終わり、子宮を摘出しているところです。

イメージ 6避妊手術で開いた腹壁を縫合し、切開した皮膚を利用して第4乳腺を腫瘍ごと切除していきます。

イメージ 7左第4乳頭ごと乳腺を切除しました。

イメージ 8左第5乳頭のそばに黒い皮膚腫瘍がありました。こちらはずいぶん幼い頃からあったようです。せっかくですから切除しておきました。

イメージ 9左の上唇にも腫瘍を見つけました。もちろん切除しておきました。

イメージ 10歯石と歯周病がありますね。

イメージ 11きれいにしておきました。明日退院になります。お待ちしております。ファミリー動物病院

この記事に


.


みんなの更新記事