美しく歳を重ねるために

相変わらず、膝痛、胃痛、肩こり、ジンマシン。夏は肌にも厳しい時期。

全体表示

[ リスト ]

10月3日(日)
<吉舎の彼岸花の群生地>を訪れた後は、これも夫のたっての希望で、
<庄原市の豪雨跡>に行ってみようという事になった。
 
場所は<広島県庄原市川北町重行地区>だ。
今年の7月16日、この地で時間雨量が観測史上最大の64ミリに達した。
この局地的な豪雨で土砂崩れが同時多発的に発生し、200箇所以上にも達したのだ。
そして土石流を引き起こし、川が氾濫した。
この豪雨災害では1人が亡くなり、
家屋の全壊14棟、半壊12棟、床上・床下浸水46棟に上った。
 
行ってみて驚くとともに、あまりの酷さに声も出ない。
自然はかくも恐ろしい威力を発揮するものなのか・・・。
ガードレールも飴のように曲がっていたのだ。車ももう乗れないほどに壊れていた。
亡くなった方への花が飾られていた。さぞやものすごいものだっただろう。
家から見える豪雨は怖かったに違いない。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 8
 
どこを見てもむごいとしか言いようがない・・。恐ろしさで気分も沈んでしまった。
 
家の中に入った土砂がきれいに取り除かれていた所もあった。
ボランティアによって片付けられたというが、もう住む事のできない家も多い。
 
自然災害とはいえ、ただ手をこまねいていてはならない。
自然の中には人間の営みがある。しかし、侮ってはいけないものでもある。
森林の多い日本の地形を再度見直さねばならない。
 
先ほどテレビで、「激甚災害」の観点から庄原市が国にもう住めない家や土地の買取りを要請したというニュースをやっていた。
こうして住みなれた土地を捨てなければならない心境はいかばかりか・・・・。
 
この日3箇所目の訪問地は<比和温泉・あけぼの荘>(庄原市比和町比和)だ。
 
イメージ 7
 
入浴料300円。先客2人はもう帰るところで、貸切り状態で入れた。
伸び伸びと入浴できて、気分がスッキリした。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ほんと自然は恐ろしいですね。
まだ今にも土砂が崩れそうで怖いですね。言葉を失いますね。
このことがこれから先教訓になればいいのですが・・・

2010/10/5(火) 午後 4:21 〜*west*〜 返信する

顔アイコン

westさん、本当に恐ろしい光景でした。
普段はなんでもない風景も、あれだけの豪雨で荒れ狂ったようでした。それもほんの限定区域でした。
人類は失敗から学ぶといいますが、教訓にしないと進歩はないですね。

2010/10/5(火) 午後 5:47 fan 返信する

顔アイコン

被害地を直に見る機会はそうそうないと思います。
写真で見るだけでも怖いですね。
今後このような被害に遭わないように行政の対策をしっかりして貰いたいですね。それから避難訓練も必要ですね。自分の身は自分で守るしかないですもんね。

2010/10/5(火) 午後 10:49 るはな 返信する

顔アイコン

るはなさん、敢えてこのような地に行くのはやや気がひけましたが、
見ておくのも何かの教訓につながりそうで行ってみました。
本当にものすごい惨状でした。人間の力などちっぽけなものだと感じます。
過疎の村がますます人のいない場所になるのはさびしいものです。
行政も努力はしているのでしょうが、なにせ相当の被害なもので、
予算もかかわるのでしょうね。

2010/10/6(水) 午前 7:40 fan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事