大連・瀋陽不動産物件情報

大連・瀋陽の不動産物件をご紹介。(2009/1/27現在)

大連はこんなところ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

大連はこんなところ。

イメージ 1

遼寧省大連市は中国東北部(黒龍江省・吉林省・遼寧省)の中で最も南に位置します。遼東半島の南端にあり、東に黄海、西に渤海、南に海を隔てて山東半島を望んでいます。北緯38度、東経120度上に位置しており緯度的には日本の新潟県とほぼ同じ位置にあたります。
気候はモンスーン型温帯気候に属しており、四季がはっきりしています。
最も暑い8月の平均気温は24度で気温が30度を超える日は数日程度です。
最も寒い1月の平均気温はマイナス5度で、他の東北の都市に比べると温暖で過ごしやすい気候となっています。海洋性気候なので冬でも海が凍りつくことがありません。そのため深水不凍の大連港は東北地区最大の港と謳われ世界の140余りの国家・地域と海運航路を結び、日本をはじめ各国の企業による投資活動が行われています。
大連市の総面積は12,574k屐東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県を合わせた広さとほぼ同じ。
人口は約590万人。
また大連は中国北方の輝かしい明珠(北海の真珠)と謳われる街で、中国にとって重要な港湾・工業・貿易・観光都市です。
改革開放以来、大連は全面的な高度成長を遂げ、2005年度における中国駐在外国人記者の投票では最も住みよい都市として上海に次いで第2位、中国国家統計局が選出した中国総合競争力トップ100都市では第7位、中国中央テレビの評定においては「2004年CCTV中国で最も経済活力のある都市」、また「中国環境保全模範都市」に選ばれるなど、大連は現在、中国で極めて発展潜在力のある都市として注目されています。
大連は中国最初の沿岸開放都市であり、国内初の経済技術開発区・ハイテクパーク、また東北地区唯一の保税区と輸出加工区を有しています。
現在進出している日系企業数は3000社以上、キャノン、東芝、三洋電機、松下、コニカミノルタ、アルパイン、三菱、TDK、YKK、トステムなど数多くの大手企業が大連で投資を行っています。大連に駐在する日本人は3000人以上です。
観光資源が豊かな大連は山あり海あり、そして建設ラッシュで次々と高層ビルが立ち並ぶ一方で、かつての重厚な建築物も重要文化財としてその形を留める、まさに「新」と「旧」が混在する美しい観光都市で、海外から数多くの観光客が訪れます、中でも日本からの観光客が多くを占めています。
大連市周水子国際空港は国際線22航路が開通し、そのうち日本の東京、大阪、名古屋、仙台、富山、広島、福岡などの都市と直行便で結ばれており、日本からの飛行時間もわずか2時間前後と大連への渡航は大変便利です。
       

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事