せちせちの社壊人的見解

次回参加予定イベント 3/18(日)コスチュームカフェ36号店 東京文具共和会館

コミケ93 戦利品その1

コミケ93の戦利品の紹介です。
今回は、知り合いの方々の本が多し。
下調べもせずにイベント参加した自分が悪いのです・・・。

イメージ 1


1.サークル:おねがい天国/み〜み

○「さらにどうなっちゃうの?山田線 改」
山田線の沿線ガイドブックの改定版。
鉄道に関する詳細な経緯や情報はwikiにも書かれているのですが、
実際に現地を訪れた著者視点でガイド的にまとめられています。
ちなみに著者は地元の方ではないのですが、大多数の方が疑問に思うであろう、
「なぜ、山田線?」に対しての回答と思われる本を今回出されています。

○「だからどうして山田線」
現地に行くきっかけや、現地での出来事などがドキュメンタリー風に書かれています。
震災後のことでもあり、明るく、楽しい内容のものではありません。
文章から筆者の想いが存分に伝わってくるものとなっています。

自分にも人の心に響くドキュメンタリー的要素はあるのだろうか・・・
なぜ、制服本?
『かわいい制服にニヤニヤ』
ただ、それだけでしかないっ、かるーっ。

○「推しは、山田線です 岩手沿岸ローカル線 擬人化設定本」
海線、山線、釜石鉱山鉄道、釜石線、岩手開発鉄道、岩泉線
について擬人化されています。
釜石鉱山鉄道について調べてみると面白い。


2.サークル:複屈折/Cal災糖

○「艦娘 in Wonder Festival」
艦隊コレクションの艦娘にワンフェスのコンパニオンの衣装を着てもらうというもの。
個人的には、CJRTラリーチーム(クスコ)の衣装がお気に入り。
気になる人は画像検索してみましょう!

3.サークル:純情キャリコ

○「メイド喫茶でランデブー 14」
長年続けていることによる、観察力はさすがです。
お店のことから、制服、客層なども含めて、本当によく見ているなーと思います。
巻末には、シリーズを作るきっかけになったエピソードと思わしきものが書かれています。
実に興味深いです。

自分の中にもドラマチックなものってあるのだろうか・・・
「メイドさんはぁはぁ」
「絶対領域はぁhx
・・・。

○「純情メイドフォトグラフ」
14を含む、これまでの表紙などで使われた写真の内、
公開可能なものが収録されています。
単にメイド服を着て、萌えーなポーズなどどこ吹く風、
毎回異なる切り口で表現されるセンスに脱帽です。
たまに色気もだしてくるもんだから、困ったものです。

今回は14のほかにこれまでの総集編2を出されていました。
(なにを思ったのか、買い忘れた・・・)


4.サークル:fancy cafe reporters/さくさくパンコ

○「リルフェアリーとはしごする 秋葉原 2017年オープンのコンセプト喫茶」
秋葉原ってこんなにも新店が・・・。しかも制服凝っているところ多し。
制服部分のみですが、イラストで描かれているのは嬉しい限りです。

メイド喫茶の新店に入るドキドキ感って、久しく味わっていないなぁ・・・。


5.サークル:UNIFORM KISS/工藤うき

○「コーヒータイム」
かわいい制服との情報があっても、年数が経ってから訪れると
制服が変わってしまっていて、orzな経験ってありますよね。
でも、きちんと現状の制服についても取り上げているところがえらいです。
P.15の会計の時〜のくだりは私も同感です。
近くで観察できる瞬間なので、いつも気が抜けません(笑)

カフェウィーンの旧制服のデザインを見て・・・、
一度は見てみたカッター(涙)

○「制服妄想日記17」神戸屋と女学生の本
東京丸の内オアゾ内の神戸屋のブランドが変わって、
(レストラン→アーバンダイニング)
制服も変わってしまったことについて、4コマ形式でつづられています。
ネガティブだけにとらわれていないところが、制服愛にあふれていますね。
私がレストランのときに最後に訪れたのは、ちょうど一昨年の年末の
コミケ後の打上だったかな・・・。

最近の女学生はソックスが短いことに言及しています。
確かに、地元にも短い人多く見かけます・・・。流行ってわからんもんですね。


今回は、内面をさらけだす物書きをしている方が多いような・・・。
単なる偶然?

その2に続く。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

コミケお疲れ様でした。
そして、あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

イメージ 1

当日、本を手にとっていただいた方々ありがとうございます。
HPでの告知はしないは、いつもコピー本ばかりで、本としての体をなしていなわで、
こんなダメサークルスペースに足を運んでいただき、感謝いたします。


さて、今回イベントに参加するまでを振り返ってみたいと思います。
日ごろの仕事が思うようにいかず、イライラから休みの日は現実逃避ばかり。
(期日と妥協点の折り合い)
もう、今回は新刊は無理かなと思っていました。
しかし、もしかして、もしかしたら、新刊を期待して来てくれる方がいるかもしれない・・・
なんとかしなければと紙とシャーペンを手に取ったのが12月に入ってから・・・。

真っ白の用紙を前に、今から何ページいける?いや、もう無理、何も思い浮かばないよ。
そも、仕事でも苦しんでいるのに、趣味でも自分から苦しみに足をつっこむなんて、
(注:事前に計画を立てて作業すればそうはなりません。)
年の背もせまる年末に、俺は何をやっているんだーっ、と。

で、仕事納めが29日。まだ1ページの清書もできていない。
30日にようやくトレス作業をするも、案の定終わらない。
夕方に出発して、東京に着いたのが22時。
新幹線内ではキャリーの上にタイツ足をさらしているお隣さんに気をとられつつ・・・、
本文編集作業。
いつもの「秋葉原製作所」に向かい、残された時間は8時間ほど。
残りのトレス作業をしていると・・・、線が見えないっ、自分が引くべき線が!
と、のたうちまわりながらなんとか、トレス作業終了。
キンコーズで印刷を開始したのが7時前、7時半に秋葉原を出発して、
8時半ごろに自スペース着。
ということで、なんとか、新刊は間に合うことができたのでした。

ちなみに私の場合の今回の収支は以下の感じです。
お金の話はあんまり書きたくないのですが、ネタの足しに。

「0泊2日 コミケ参加当日に修羅場を味わうコース」
座席数限定!

・参加費10,000円
 申込書、スペース代、ネット申込料
・交通費25,000円
 関西からの新幹線往復
・印刷代、修羅場費用6,000円
 キンコーズの季節限定白黒5円/枚!秋葉原製作所で1夜を過ごせます。
・売上10,000円
 あなたの頑張り次第です。
・戦利品5,000円
 あなたの欲次第です。
・打上代、食事代5,000円
 アンミラでパイを味わえます。
 ※写真はイメージです。

イメージ 2


まぁ、落ちが付いたのかなということで。

では。

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

コミックマーケット93

どうも、おひさしぶりです。

コミックマーケット93は最終日に参加となります。

サークル:わきあいあい
12/31(日) 東4 ル-49b

新刊は出せるかどうか自信がなくなってきましたが、今夜が修羅場。
では、明日会場でお会いできることを。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

コミケ92 戦利品紹介

はい、コミケ92の戦利品をさらします。
感想書くまでがコミケってね。

今回のコミケは1人での参加だったのですが、
スペースに訪れてくれた方(同人の大先輩)に店番押し付けて、
買い物に行かさせてもらいました。感謝いたします。

サークル名/作者
twitter、ブログ等のURL
「作品名」

その1

イメージ 1


①Atelier Ms/皐月(さつき)みかず

「NO MAID,NO LIFE Ⅵ」
「NO MAID,NO LIFE Ⅶ」

商業ベースで成人向け漫画を描かれていますが、
こちらは成人向けではない内容になっています。
屋敷を舞台にご主人様と複数のメイドが登場する、
ある意味正統派メイド漫画!
純粋に面白いです。
Ⅶに出てくるお嬢様キャラが良い味だしてます。


②無敵スター/煉獄(れんごく)ゾルタン犬

「おやじメイド 総集編 VOL.3」

今回のお隣のサークルさん。
会場に付いたときから、POPの絵のインパクトから
内容が気になっていたのですが・・・、
で、読んでみたら案の定面白かったです。
テンポがすごく良くて勢いがあります。
クスって笑える要素もたくさんあり、きっと心がほっこりすることでしょう。
食わず嫌いはダメですよ。見かけたら、是非読んでみてください。
あ、やべ、思い出し笑い。


③アトリエかふぇいん/noyF

「Red and White Lyrics」

巫女さんのイラストに会話的な詩が入っています。
はぁ〜、こんなんどうやって描いてんだろ・・・。
仕事しながらの同人、是非頑張ってほしいですね。


④ほんわかぱーてぃ/ふあ

「女子高生図鑑 Vol.2」

女性視点から、女子高生の可愛さや魅力をイラスト付きで解説しています。
かわいいは正義です。
自分の高校時代はどうだったかなぁ・・・、
ルーズソックスとか流行っていた時代?(遠い目)


⑤イヌ発電気

「ウサギの為に鐘は鳴る」

バニーガールお仕事関連本をだされています。
うふふ、本人からサインもらっちゃった。
なんか、感慨深いなぁ・・・。

バニーガールのお店って敷居が高い感じがするんだよなー
と思っていたら、配られていたチラシに
「バニーガールを身近にカジュアルにお楽しみ頂けるイベント」
を開催するとのこと。
うぅ、めっちゃ行きたい・・・。
生でバニーさん見たら、きっと経験値あがりそう・・・。

2017.8.19(土) バニーガールイベント
興味のある方、詳細はURLなどで確認を。


⑥忍の里/深黒小豆夢(みくろこずむ)

「チャイナドレスの世界 R」

以前のイベントで過去に出された本を無料配布されていて、
そこでこのサークルを知りました。
今回の新刊は過去に出されたものをまとめて改定したものとあります。
チャイナドレスの構造がかなり詳しく説明されており、
資料本として、正にこういうのを待っていましたと言いたい。


⑦UNIFORMKISS/うき

「きままに制服散歩〜改訂版〜 近所で見かける女学生の本」

遭遇率を5つ星で表記しているのが遊び心があっていいです。
きままにといいながら、そんなに見れるの?という数(13種)が紹介されています。
うらやましいですね〜。
今、短いソックスが流行っているのか。フムフム。

私は電車通勤をしているので、朝の時間帯であれば、
制服女子と遭遇するのですが(一瞬視界に入るとか、その程度です。)
気分的にどんよりして下向いているので、まず頭に入っていません。
気持ちの問題なのでしょうけど・・・。


⑧複屈折/カル災糖

「No Uniform, No TGS! 東京ゲームショウ2015/2016 制服比較編」

タイトルどおりのコンパニオンさんの制服比較をされています。
毎度のコトながら、きちんと足を運ばれていることに感嘆します。
ゲームショーはイベントの性質上、制服にも華やかさがあり、
へそだしなど、露出も高め感じました。
(モーターショーに比べればまだおとなしいとも感じる?)
巻末にも書かれていますが、ネットにおいて大型有名ショーの
コンパニオンの画像があふれています。
が、それはあくまでただ撮っただけの画像であって、
考察されているものではないですからね。
また、全身をきちんと紹介しているのは私にはうれしいです。

あとがきではいろいろ悩まれているようにも思われましたが、
こちとら、そもそも自分が描く必要があるのか?と毎回思っています。
絵が魅力的で上手い人なんかいっくらでもいますからね。
しかし、「唯一つの道(誰も出していない)」を選んだからには・・・。
ブツブツ・・・。


⑨カエルのきもち/ケンジ

「はたらく良佳さん 血液編 C92Ver」

何事も「知っておくこと」で、少しでも「予防することができる」
につながるわけで、勉強させてもらいます。
っていうほど、血液に関するまじめな内容の本です。

人って、プライベートと仕事(専門分野)とで、雰囲気変わるなと。
たとえば、会社の凄腕技術者が、休みの日はいいおっちゃんだったりとか・・・。


⑩かわいい制服倶楽部/ぶんちょ

「中国上海特集」

なんと、今回は上海特集!
長期滞在されていたということで、いろいろなお店を取り上げています。
HOOTERSもとりあげられています。
私は食事に連れて行ってもらうとき、近くを通っただけでしたが・・・。(去年の夏)
あの周辺はちょっと歩くと、街並みががらっと変わった記憶があるので、
びっくりしたものです。
イメージ 3


⑪おねがい天国/み〜み

「さらに どうなっちゃうの?山田線」
 (山田線擬人化沿線ガイド)

岩手県のローカル線である山田線の沿線ガイドです。
山田線とは盛岡〜宮古〜釜石までを結ぶJR東日本の路線。
でしたが、2011年の震災以降、宮古〜釜石の区間が現在も不通。
さらには、2015年の土砂災害により、
盛岡〜宮古間のうち、上米内〜川内の区間も不通。
前者は岩手県交通の路線バスが、
後者は岩手県北バス「106急行」が運行されています。

前者はBRT(バスによる高速輸送)による仮復旧案が提示されたものの、
現状では鉄路での復旧が明言されているようですね。
復旧後は第三セクターの三陸鉄道に経営移管されるようですが・・・。

詳しくはwikiなども参照。

さて、本の内容は釜石から宮古、盛岡の順に、
様々な見所などが取り上げられおり、
みっちりと埋められた「手書きの」文字、写真やイラスト、
擬人化されたキャラクターのコメントが入っています。
密度はかなり濃いです。

いろいろなことに想いを馳せて旅をすると、
旅情も豊かになるのかなと思った次第です。


その2

イメージ 2


①しおさいと。/ササキシオリ

「2017 阪急沿線高校制服カタログ
「6 Mission Complete 関西・カトリック編」

ため息がでちゃう、かわいい女子制服だらけです。
学校制服でワンピースとか反則だよなって思います。
この中でどれか一つといわれると・・・
松蔭高等学校でしょうか。


②こっとん・ふぃーるど/如月(きさらぎ)たくみ

「こんびにすと Part1、Part2」
制服系で昔から知っているサークルであり、
本が出てると、うれしいものがあります。
今回はコンビニの制服を集めた本になっています。
コンビニにはよく行くものの、制服に目が行くことはあまりないのですが、
(実務的な感じがして、お堅いイメージがある)
この方が描くと、かわいく見えてしまう不思議。


③沈没海峡、Studio麗(れい)/戌亥たつみ(巽レイ)

「メイド服百年史 〜英国メイドから Japanese Maidへ」

ふふ、今回の目玉。1日目に完売したと聞いて、落胆していたのですが、
3日目に「おねがい天国」さんに委託されると聞いて、無事にゲットできました。
内容はもちろんのこと、本作りに対する熱い想いが伝わってきます。
イギリスから始まったメイド服が、日本へと入ってきて、飲食店の制服から、
ゲーム・漫画・アニメに登場するキャラクターの衣装、
そして、サブカル・メイドカフェの制服などへと続く、
変遷(へんせん)を独自の視点でまとめています。


「艦娘ノ腋(わき)ニ関する調書・参」

こちらは艦コレの合同本。
絵から見て分かるように「わき」のシチュエーション本です。
妄想と夢がつまっている、それが同人誌。
描いている方、みなさんノリノリであろうと思われます。
描いている方にも会ったのですが、絵を描くことを「すごく楽しんでいる」ことが伝わってきました。

自分の場合、絵を描くのは苦しみと後悔の嵐ばかりで、描けてしまう才能・感性がうらやましい。
私には才能・感性はありません、描き続けることで一歩ずつ努力するしかないのです。


④Ko-wa's Inn/こーわ

「サイズの制服学」
制服女子とサイエンスの融合。
最近はとくに神戸屋成分が多くてうれしい限りです。
萌えとかエロとか、その単語だけでは説明できないこの魅力。
是非あなたも手にとって味わってみてください。
文中の※印のコメントが、つっこみたくなる笑いをさそいます。


⑤モノクロ眼鏡/石崎

「アイドルさんの衣装本2」

アイドルグループ「乃木坂46」の衣装を紹介されています。
表紙にある紺の衣装がかわええ。
色の塗り方も好みです♪


さて、今回の戦利品は以上です。
コスロムは1日目になっちゃったので、散財することが無くなって
少しほっとしたり・・・?

感想書きながら、本を読み返したりと、
さらには文章書くのも遅いので、めっちゃ時間かかってしまった。
絵を描くのと同様、行っては戻ってを繰り返すタイプなんで(汗)

このブログも誰が見てるんだ?っていうくらいアクセス少ないのですが、
グーグルさんの検索ワードの足しにはなるんじゃないでしょうか。
感想言いたきゃ、ご本人にメールしたり、twitterでコメントすりゃいいだけジャンなわけですが、
シャイなんで、ごめんちゃい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

コミケ92 新刊解説

イメージ 1

え〜、夏コミに参加された皆様お疲れ様でした。
そして、当スペースに訪れていただき本を手にとっていただいた方々にありがとうございます。

今回は初の東8ホールだったのですが、配置的に風通しがよかったのと、
建物が新しいこともあり空調の効きがよく、かな〜り快適に過ごせました。
既存の東ホールに行ったときは汗がどっと出たので、その違いがよく分かりました。

今回は一般的なお盆休みの前半がコミケだったのですが、
11日が祝日ということもあり、直前の作業に割り当てることができ助かりました。
もしも、休みじゃなかったらと思うと、今回の新刊は出来ていなかったかも・・・。

さて、今回の新刊に対するちょっとしたコメントを書いていきたいと思います。
自分の絵に対する反省もこめて・・・。

P.1(表紙)
大阪日本橋にある「ミルクカフェ」の制服です。
ビスチェにミニの制服なので、その魅力を出せるポーズを考えていたのですが、
胸を前に突き出して、お尻は後ろに出ている、セクシー系や萌え絵でも良く見られるポーズを使ってみました。
が、見直してみると、いろいろと位置やバランス的に苦しいところがありますね・・・。
なかなか上手くいかないものです・・・。

P.3(はじめに)
キャンディーフルーツのミニメイド服をイメージしています。
スカートがパニエにのっかっているというやつですね。
首のチョーカーや手首に巻いているものは、部分的に肌が隠れることで、
ぐっとくるものがあります。

P.4(メイドポーズ1)
今回のメイドポーズは関西コミティア50で出した内容の延長にあたります。
が、前ほど魅力的には描けず、ページかせぎとなっています・・・。

大阪日本橋の「カフェヴィランジュ」より。
右側のはメイド服のエプロン越しにも胸のふくらみが分かるのが、
魅力的だなっていうのを表現したくて。
まだまだ、もっと自然に描くのが目標です。

P.5(メイドポーズ2)
カフェヴィランジュに近いデザインのメイド服があって、
タックいいなーと思って描いたものです。
もっと、ゆるふわヘアーにしたかったのですが、残念な形になっています。

P.6(メイドポーズ3)
右のはエプロン越しにふとももの間に軽く手を入れて、
ぎゅっとしている様を表現したくて・・・。
左は今回の中では個人的にお気に入りなのですが、
今の自分の弱点として、首の胴体からの生え際がいまひとつです。
表紙にも言えることですが、後ろにいっちゃうんですよね・・・。

P.7(メイドポーズ4)
後ろの組み手って魅力的ですよね!
でも、描いてみるととても難しい・・・。
もっと自然に描けるように努力せねば。
左のちょっと前かがみを後ろから見るって、ミニスカートより
見えているものが少ないにもかかわらずぐっときます。
ちらリズムなんでしょうね。
但し、足の位置に改善の余地ありです・・・。

P.8〜10(カフェ カイロス)
愛媛県松山市にあるお店。
今回の一押し制服。
と、いっても着物にエプロンつけている女中スタイルなだけなのですが、
生で見ると、破壊力のある組み合わせだなと改めて思いました。
なんとか、その魅力を伝えようと3ページ使って描いています。
生で見たときはすべての仕草が鼻血ものだったのですが、
表現するのは難しいです・・・。

P.11(喫茶 プチ12ヶ月)
高知大丸内にある喫茶。
店内の内装、雰囲気も非常に良く、さらに制服も良いという、
良いコトずくめのお店です。また行ってみたい・・・。
制服のイメージとしては昔のびっくりドンキーのものが近いかもしれません。

P.12(四国のメイド喫茶)
松山の「merry maid cafe +」と、高松の「茶々娘」です。
merryの方で見たロングメイド服は小柄なメイドさんが着ていて、
そのツインテールも相まって、かなりの破壊力でして・・・。
ツインテの弾性具合や、スカートの裾のゆれ具合を思い出すだけで鼻血が・・・

P.13(レーブドゥシェフ)
P.13と14は申し訳程度に制服の紹介をしています。他にもネタはあるのですが・・・
本店はネット画像から、ピオレ明石は実際に見て確認した新制服です。
ここの制服は以前からワンピーススタイルなので、ありがたいことです。

ガトードボワイヤージュの超ステキ制服がパンツスタイルに変わって、
超落胆していたところに、こういったかわいい制服が現れると生きててよかったと思えます。
(オオゲサ)

P.14(英國屋 OPA2店)
旧制服の神がかっていたワンピースから、じゃんじゃんパンツスタイルなどに変わっていって、
もうだめかと思っていたのですが、ここ最近、一部の新店や店舗では制服が新しいワンピースタイプに
なっていたりします。ごく少数店舗のみかとは思いますが・・・。
その中で、このOPA2店の制服はそれらとも異なり、カタログユニフォームを思わせる
オーソドックスなものが採用されています。
見る側としてはありがたいことですが、社内で意見でも出たりするのでしょうか・・・。

P.15(アトガキ)
自分はSNSに対し、すごい苦手意識があります。
ですが、情報発信のツールとしてはやはり有用なわけで、勇気を出して・・・。

P.16(裏表紙)
四国旅行中に見かけたものです。
頭身はもうちょい下げたほうがいいんだろうな。
イラストは6頭身ですが、5〜5.5頭身ぐらいがいいのかなと思っています。
学校制服もそりゃ好きなんですが、踏み込んでいません。
私の場合、視線が怪しくなる自信があります。
まぁ、そんなリスクを犯さずとも、かわいいの描く方いっぱいいますもんね!


と、いうことで、何が言いたいんだ?的なコメントになってしまいましたね。

今回のコミケで入手した戦利品はおいおい紹介したいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事