VT-25.com

VT25=2C23, VT25A=2C25with7V 1.18A oxide coated filament

全体表示

[ リスト ]

AD1 data sheets

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

Philipsによって開発されたAD1ですが
Telefunkenもほぼ同時発表していて
中身は若干異なるかもしれません。
RE604が同等管なんていわれることもありますが
まったく別物のようです。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんばんは、
AD1はフィリップスが開発したというのが定説ですが、ご指摘のとおり同時期にテレフンケン、バルボ、タングスラムも発表しています。
あまりにも発表時期が重なっているのでもしかしたら数社による共同開発ではと疑問を抱いています。
もし判りましたら、掲載のAD1の資料の発行年月をお教え願えないでしょうか。
私のブログに私の手持ち資料で判っている範囲で少し書いていますのでご覧いただければ幸いです。

2013/1/31(木) 午後 7:31 [ D404F203 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。
Philipsは1936年4月のものです。
Telefunkenのは1936年1月ですが、
今後の発売予定と言った記事です。
Ing. Ludwig Ratheiser氏のRohre Handbuchによると
AD1はPhilips、EdはValvoがオリジナルとなってます。 削除

2013/2/1(金) 午後 10:43 [ 爺面寿春助 ] 返信する

顔アイコン

情報ありがとうございます。
大変参考にありました。
フィリップスのAD1が発売される前にテレフンケン等数社にAD1の情報が伝わっていて、各社ともフィリップスに遅れまいと開発を急いだと言う感じでしょうか。
EdがValvoがオリジナルだと言うのも驚きです。
私が所有する1930年代前半の製造と思われるValvoのLK460の元箱では会社名が既にドイツフィリップスになっていますので、Edも実質フィリップスの開発ということになるのでしょうか。
ソケットが特殊7ピンなのでてっきりシーメンスのポストチューブかと思いましたがそうではないんですね。
EdはAD1よりも後の発表なのでしょうか。
私の手元にある1938年のシーメンスのデータブックにEdが載っています。
それと私の長年の懸案がEbとEb靴寮蟻里任后
手元にシーメンス製のナス型Ebが1本だけあるのですが、怪しげなヨーロッパのデータブックに乗っている情報だけで、製造メーカーのデータを見つけることができません。
AD1とEbどちらが早く世に出ているのか興味は尽きません。
書き込みが長くなって申し訳ありません。
当方真空

2013/2/2(土) 午前 0:31 [ D404F203 ] 返信する

顔アイコン

EbIIIはTelefunkenが作ったAD1の高電圧バージョンと思います。
AD1のフィラメントが変わりプレート電圧を上げることが可能となり
結果プレート損失が大きくなっています。
放熱のためにフィンが追加されていますがソケットはそのままです。
サイドコンタクト型のソケットもRE904からAC2になったように
高信頼性、耐震化を高めたPhilipsのオリジナルです。 削除

2013/2/6(水) 午後 0:02 [ 爺面寿春助 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事