全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全75ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

    バレエ 来月東京と滋賀で公演がある。

     どちらかに行きたいと思っている。

      大阪のチックコリアにも行きたい。。。

      去年京都で見たジョンノイマイヤーバレエも鑑賞してすごかった。

     現在は国立国際美術館で抽象画展が開かれている。それも行きたい。

       パソコンのぶろぐ使用もめっきり回数が減り、ぶろぐもどうしようかと思う。

    でも明るく前向きに考えたい。ジャズピアノの練習もちょっとしている。

        

      

地ビールフェス 徳島

    にちようび行って来ました。

    上勝と吉備とあらたえのコーナーで買いました。

     レモン、黒、スパイス、、3つともほかにはないおいしさでした。

       誰も知り合いがいないんかなってあきらめかけてたら、高校、中学の同級生に会って奇跡の起こった藍場浜公園イヴェント広場でいた。

     ロックのステージ演奏も上手だった。。

      午後4時から40分くらい公園内でいました。。天気もくもりで気持ちよい夕方時間でした。

       こんなイベントはどんどんひらいてもらいたいです。

清水洋子バレエ会

     八月末鳴門文化会館にひとりで行ってきました。

     3時間ほどバレエ堪能、バレエ打ち上げ花火堪能という感じでした。

   新国立劇場の山本隆之のジャズダンスが最後にありましたが、彼ひとりがほんと最高でした。ほかの人もたしかにすごいんですが、山本隆之はそれをはるかに魅了してくるというか、サービス精神がまったく違ってました。


         ことばが出なくなるほど満足したというか、圧倒されて興奮のまま文化会館の駐車場に向かいました。

     午後4時鳴門には 台風がちかずいてました。小雨が振り出しました。


    翌日はダイ風が徳島に上陸しました。バレエダンサー東京からのメンバーは徳島に滞在したんでしょうね。。。


           バレエまったくすごすぎた日曜日でした。

     

    阿波踊りの終わった翌日八月16日、ひとりで韓国日本合同の舞台を二年ぶりに見てきました。

     今年はよい席に座れて王様もすぐ近くで歩いて入場のシーンで見れて感激。

     王朝の衣装や髪型がすごい凝ってて刺繍もよく見えた。


     自分はこの年齢で毎年感動が薄れてゆくのでできるだけ感動舞台は見たいのだが

     とくに韓国の民族芸能の浪曲を初鑑賞した。それはそれは言葉の意味わからなかったけど

    浪曲ってなかなか日本でも残ってないでしょう・。。。


        昭和30年代ごろまではテレビでも見たことがある。韓国の民話の世界がまるで舞台上に再現してるようでそれはそれは驚きでした。


      ほっとんど韓国の民話ってしりませんものね。世界の民話は知っててもね。

         お坊さんがどらをもって踊るのも初めてみました。
         たいへん宗教的でした。

         韓国の人間国宝的な舞はまったく知らない世界なのでどんな動きも見逃しませんでした。       阿波踊りはとてもちっちゃく感じました。


       代表の金さんの舞もまったくみるたびおごそかです。今年は息子さんをみかけました。

      おおーーーといった感じでした。ピアスをされてたグレーのティーシャツ姿でした。
      聖職の人はストイック、、、ほんとに日常を忘れた一夜でしたね。あわぎんホールほとんど満席状態。・・・・


         
       

     

埋蔵文化に触れて

      美馬町寺町を散策してから埋蔵文化や古墳に興味がある。

      先日埋蔵文化センターで開かれた講義を聴いてきた。

   石器に関することで参加者は半分がしらがの人で55人くらいだった。

       考古学の権威者が講義して、ハーバード大学、イスラエルの遺跡などの研究で有名な人だった。   

    するとむかし石器捏造事件のことにちょっと話が触れた。。
  なんか、うっすらと記憶にあった。。大ニュースになったあの事件だ。。

       家で調べたらたいへんなことになったんだ。考古学会の閉鎖的なことなども背景にあったのか。。。 それでも私たちは想像力を働かせて歴史のタイムマシンに乗らねばと強くおもう。

      埋蔵文化センターはいつでもがらがらだし、講演の帰り近くの竹やぶも歩いてみた。

      古墳のレプリカが山道の中腹に作られていた。

      そして、銅鐸は埋蔵センター内で見れる。

   名もない昔の人の暮らしっていったいどんなのか研究でいろいろわかってきてる。


       遺跡に関する観光地は徳島にまだまだいっぱいあるので行ってみたいと強くおもう。

全75ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事