あるがままに ファッションマエダ

気軽にメッセ−ジ書き込んでください。

全体表示

[ リスト ]

 「命の大事さ」というテ−マで宿題にもなってたのでレンタルしてきていた映画を見ました。「生きる」黒澤明、名作とは聞いていましたが、「さすが」と「すごい」です。映画は暗い感じで始まったけど、脚本はすごい、人間の生きる目的を追求している。
映画の中身になるが、主人公の志村喬が胃がんであることを知り、まあ時代背景も昭和28年ぐらいだから死の宣告みたいなものでしょうが、今までの自分の人生を振り返る。息子に頼るが何も無い。もちろん仕事にも、役所の課長さんだが指しさわりの無い仕事とハンコを押すだけ。自殺も覚悟するが死に切れない。
 小さな飲み屋で知り合った男に胃がんのことを話し、人生の楽しさを教えてと今まで貯めた金を見せながら頼む。その男はバ−、キャバレ−など歓楽を教える。しかし、結果的にこれではないとおもう。次に知り合った若い子の元気さに引かれ、食事など時を過ごす。しかしこれも続かない。そのときお金の無い若い女の子が「私は働いてご飯をおいしくたべるだけ」と言葉をのこす。「働く」事の大事さを感じ、それからがおもしろい。
 やる気の無い役所に戻り、今までははんこを押すだけの課長が一つの公園を造ることに帆走する。映画ではここで主人公は死んでしまう。ここが黒澤明の演出が面白い。ココからは葬式の場面に変わる。長くなったので続きは次回に。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

・・・ネタばらしすぎでは。まぁ、文章では語れないくらい作品は面白いけど・・・。

2006/5/15(月) 午前 1:18 [ ぐちお ] 返信する

顔アイコン

これは訳有りで、この映画の感想をまとめるのが目的で、その練習で書いたつもりです。

2006/5/15(月) 午前 7:41 maeda takeo 返信する

顔アイコン

こんばんは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「生きる」もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

2007/6/24(日) 午後 6:47 [ kemukemu ] 返信する

顔アイコン

kemukemuさん、おはようございます。
寄らせてもらいますね!
ありがとうございます。

2007/6/26(火) 午前 6:49 maeda takeo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事