Blue Willow Haiku, Etc...

長いことさぼってましたが、また復活させます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 「天為」6月号から、私の4回目の「天心粲花」同人集鑑賞文をご紹介します。書いた本人が言うのもナンですが、普通の?鑑賞文が書けないとはいえ、どんどんエスカレートしてくる感もある文章ではありますが、紹介してしまいまする。
 
***
「天心粲花」  天心集(同人欄)4月号より   青柳 飛
 
 「ドレミの歌」の日本語の歌詞を作った人はすごいと思う。ド(do)は「ドーナツ(doughnut)」はまだしも、レ(re)を「レモン(lemon)」、シを「シアワセ」としたのには脱帽する。俳句にはどんなドレミファソがあるだろう。
 「 ( ど )」は魚を取る道具を表す字である。俳句という海には句材という魚は豊富にいるが、闇雲に網を投じても思い通りの結果は得られない。
   冬蝶の夢は甍を越えにけり     戸恒東人
   地球の裏揺らげよと引く大根かな  渋田かおる
   今はもう地図にない国山眠る    芥ゆかり
冬が厳しければ厳しいほど春を待つ蝶の夢は膨らむ。甍を越え、山を越え、海の果てまで飛んでゆく力を持つ。大根を引く腕は地球の裏側まで揺らさんと筋肉を張る。その背中にはたっぷりの自信が溢れている。しかし、大根だって簡単に抜かれはしない。大地は抵抗する。冬の山は、甍を越える夢も、地をふるわせる力も、その地にしみこんだ涙も全て心におさめて静かに眠る。一度は地図から消えた名前も、山が笑い出す頃、別の形で生まれ変わるに違いない。
 「 ( れん )」という字は輿 ( こし )を意味する。詩歌や絵画を通じて、また歌舞伎や能などを通じて、現代人たる私たちも連綿と続いてきた歴史に触れる。後の世へ伝えてゆく担ぎ手としての役割も果たしていると思う。
   届くはずないメール待つ狸かな   稲根克也
   年賀状戯画の兎は転びをり     西野編人
   少年の日の霜焼が今かゆい     前川紅樓
二十一世紀である。狸だってスマートフォーンを持っている。しかし肩からかけた徳利がずいぶん軽くなってしまっても待ち人からの返事は来ない。そこで隣の兎をひょいと覗いてみる。今年は干支だとやけに威張っていたけれど、何のことはない。モデルになった年賀状にはすとんと転げた姿しか描かれていない。年賀状を作った主は少年の日の霜焼のかゆさを思い出している。もう霜焼などには縁のない豊かさの中で暮らしている。狸と兎を梅見へ誘うゆとりがありそうだ。
 「 ( み )」という字にはゆるりと動く時間が感じられる。命というのは時という回り舞台の上に乗っているのかもしれない。
   命ごと計りにかけて海鼠売り    津久井紀代
   風鈴の素頓狂の冬の音       福田真美代
   凍蝶の羽は宇宙へ広げし帆     梶 倶認
私は海鼠が苦手だ。命ごと計りにかければ、自分が手に取った重さに尊敬の念を覚えることができるだろうか。あるいはその軽さに不思議な憐憫を感じるのだろうか。風鈴をうるさいと思うことがある。が、冬の夜に素頓狂な音を出す風鈴なら愛着を覚えるかもしれない。季節外れの風物詩に音楽を与えたのは北風たる私なのだ、と少々優越感を感じられるかもしれない。暗い海たる宇宙に凍蝶は羽を広げる。舵を取ってあげるからこの船に乗れと誘う。星のまわりをぐるりと巡れば、闇の中で瞬く星の気持ちも理解できるだろうか。
 私の名は、アルファベットの頭文字にするとFAとなる。アメリカという国でふわふわと生きている身には「 ( ふ ) ( わ )」という当て字がぴったりかもしれない。
   冬満月からだ少うし浮く心地    服部祥子
   鉛筆のやうな灯台春を待つ     甲斐由起子
   百年を襖絵に棲む白雀       清水安奈
英語で、冬満月がもう少しで箸でつまめそうな低い所にあるという句を作ったことがある。月の引力を感じて、ふわりと浮くことが出来ればあの満月もつまめたろう。背筋をぴんと伸ばし灯台になってみようか。鉛筆のごとき細さ、かぼそさのままでも春を照らすことは出来るに違いない。井戸に投げ入れられると、襖絵に描かれた模様は消えてしまうだろう。しかし雀、しかも白い雀なら、水に溶けてしまう前に月のぽっかり浮かぶ空まで飛ぶことも可能な気がする。ところがこの白雀は百年ずっと襖の中で生きてきた。飛び出しても意味のない世の中がまだ続いているのなら、もう百年、いや千年でも待ち続けるのかもしれない。
 馬を追うときの声、または相手の注意を引くときの声を「 ( そ )」という字で表す。
   破魔弓や森は太古の香を放つ    筒井慶夏
   鮟鱇やシャイではないといふをとこ 合谷美智子
   繭玉の夜は囁きあつてをり     市川康子
ヒトがまだこの世に存在していなかった昔から森は新年の淑気を吸ってきた。私たち人間にはなかなか聞き取れない言葉を吐いてきた。そんな森が根を張る土もかつては海の底だった。その中から数え切れないほどの細胞分裂を繰り返して登場した人間の中には、自分という存在を熱く弁護する者もいる。シャイな草食系男子ではない、鮟鱇の面構えも出来るのだ、とぐいと酒をあおってみせる。森も海も家々も夜の眠りにつく頃、何物にも属さない影たちがひそひそ話を始める。その声は、繭玉にでもなってみないと聞き取ることは出来ない。俳句というイヤホンを耳にあてれば、音にならない音も聞こえてくる。風、囀り、散る花、自分なりの十七文字の唄を紡ぐための応援歌は身のまわりにあふれている。
 

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(2)

「天為」6月号の同人作品集より、鑑賞文には引用しませんでしたが、気にいった句をご紹介。
 
 
ホメラレも苦にもされずに雪を掻く  中村青路
地震かとも思ふ落雪身構へる     中村青路
穴出づる蛇真赤なり大地震      対馬康子
鯉の頭のごつんと春の目覚めかな   日原 傳
首少し長くて五人囃子かな      岸本尚毅
慰むるためにたんぽぽ積んでゐる   仙田洋子
ふらここを漕ぐやこの子も淋しくて  仙田洋子
朧夜の膠を溶いてゐる画室      天野小石
佐保姫に深夜未明の餃子かな     澤田和弥
午後となる石にぬくもり告知祭    笹下蟷螂子
濡れてゐる山また濡らす春の雨    笹下蟷螂子
斑雪駅売店の喪のネクタイ      竹内宗一郎
大浅蜊ぽかりぽかりと蒸し上がる   竹内宗一郎
少年の泣きにくる浜さくら貝     石川渭水
初蝶に風まだ馴れてをらざりき    石川渭水 
マンモスも人も凍土に眠りしか    佐々木典子
動きだすダリの秒針牡丹雪      小橋柳絮
復活祭イエスに頬をつねられる    前川紅
遅き日や渡来の仏をはす里      福永法弘
いつ頃に季語となりしや花粉症    福永法弘
ひと群れの鳥の飛翔や紀元節     山田紗衣枝
花の宴場所取り次は振飛車で     久野雅樹
花疲れ俳句の神に愛されず      久野雅樹
もの焚けばグリム童話や春の山    矢野玲奈
ゼンマイの綿毛の中の午睡かな    芥ゆかり
銅鑼の音の海まで届き風光る     市川康子
音たてて飛ぶ啓蟄のポップコーン   市川康子

この記事に

開く コメント(1)

「天為」五月号より

日本はもう5月31日。31日が締め切りたる同人作品集鑑賞文「天心粲花」は、あともう少しで完成。心に残ったけれど、鑑賞文には使用しなかった作品を「天為」五月号同人作品集よりご紹介。使用させていただいた句より劣っていると思ったわけではないのですが、XXシリーズで書いている流れに上手く乗せられなかった。。。
 
(天心集より)
 
チェンバロの音色を抱き枯木星    朱 月英
雪がまた降りだす人をおくる夜    大澤久子
鬼の豆落ちたる雪の白さかな     山田浩司
節分や内なる鬼へチョコレート    中田征二
雪をんな出さうな闇へ猫消える    佐和日那緒
白えぷろん揃ふ教室春来る      佐伯憲一郎
敗軍の将は語らず海鼠かな      池上守人
光源となる鯉しづめ春の水      宮田カイ子
てのひらをひらりと交し牡丹雪    岩田精一
大寒や鏡の中のシクラメン      加藤廣子
厄落しかも知れぬ櫛落ちてをり    小畑柚流
どこからがどこまでが余白雪の原   村上美智子
立春大吉猿の徒競走見てゆこか    高橋のり子
わらルーツ辿ればきつと雪をんな   山内き句子
枯はちす花を夢みて枯れつくす    生出鬼子
岩山は獣色して寒明くる       丸山信榮
春炬燵人のうはさは蜜の味      永島唯男
あかあかと燃ゆる火星に冴返る    永島唯男
掬ひてはささささささ紙を漉く    小林巳之
閻王の袖より零れ年の豆       橋本有史
遊びとて神の目隠し東風の昼     石原一折
寒卵すでに優劣ある重さ       高原 桐
数学といふ美しきもの冬彦忌     宮崎和義
 

この記事に

開く コメント(0)

サンフランシスコ小話

本日、クライアント先の6階のテラスで休憩していたら、今日の通訳パートナーのフレッドの顔の前あたりまでhumming bird(日本語はハチドリですかね)が飛んで来ました。なんで?と思ったら、フレッドがCoke Zeroの缶を手に持っていたことが理由らしい。ハミングバードは蜜みたいなのが大好きな甘党なのですが、コーラの缶を識別できてしまうところが、アメリカらしいというか、何だか変というか。。。でも疲労度がマックスに達していた午後3時頃だったので、大笑いして、ちょっとゆったりした気分にもなれました。
 
ちなみに、Coke Zeroは糖分ゼロを売り物にしているダイエットコークの最たるもの。ま、そこまではハミングバードには解んなかったかな?   

この記事に

開く コメント(0)

quiet afternoon
munching the sun beam
as a salamander
(おだやかな午後の陽を食む山椒魚(はんざき)として)
 
1日1句、歳時記や俳句総合誌などに載った句を英訳して載せている英語のブログ(http://fayaoyagi.wordpress.com)に以下の句を掲載したので、「はんざき」を英語でも使ってみたく、つぶやいた1句。
 
はんざきの身じろぎを混沌といふ  大石悦子
hanzaki no mijirogi o konton to iu
a stir
of a salamander
called chaos
                                    Etsuko Ohishi
from “Gendai Haiku Hyakunin Nijukku” (“Modern Haiku: 20 Haiku per100 Poets”), edited by Kazuo Ibaraki, Kiyoko Uda, Nenten Tsubouchi, Kazuko Nishimura, You-shorin, Nagano, 2004
 
辞書によれば「二つに裂いても生きている意から」の別名だそうでする。
ちなみに上の句を読んだアメリカ人からは「今の日本を表しているような句」とコメントが投稿されました。
 

この記事に

開く コメント(0)

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事