ここから本文です

書庫全体表示

修気泙茲┐襯ランダ人

イメージ 1

16世紀の神聖ローマ帝国です。

オレンジ・・・オーストリア系ハプスブルク家領

ピンク・・・・・スペイン系ハプスブルク家領

このピンクのスペイン領ネーデルラントから、オランダが独立していきます。それは、プロテスタント

の、カトリックからの独立でもありました。北国には、プロテスタントでなければならぬ、のっぴきなら

ない事情があったのです。



2.マルティン・ルターはこういう人
 http://blogs.yahoo.co.jp/fbdby107/34421795.html

3.マルティン・ルターはこういう人でもある
 http://blogs.yahoo.co.jp/fbdby107/35663196.html

4.オランダ人の心の師
 http://blogs.yahoo.co.jp/fbdby107/36776279.html

5.カール5世の引退とオランダの独立
 http://blogs.yahoo.co.jp/fbdby107/37110576.html


結石にはブルゴーニュワインを
 http://blogs.yahoo.co.jp/fbdby107/37110576.html


参考図書
「オランダ紀行 街道をゆく35」 司馬遼太郎 朝日文庫
「航海者 三浦按針の生涯」 白石一郎 文春文庫
「ルター 人と思想9」 泉谷周三郎 清水書院
「エラスムス 人と思想62」 斉藤美州 清水書院
「カール5世とハプスブルク帝国」 ジョセフ・ペレ 創元社 
「痴愚神礼賛」 エラスムス 岩波文庫
「ドン・カルロス」 シラー 岩波文庫

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事