ここから本文です
はとしの電光石火Go!Go!
嵐の中で生まれ風の中を生きる〜♪寝たい時に寝て食べたい時に食べるだけさ♪♪

書庫全体表示

チャーシュー麺

雨模様で交通量が多い国道を、時計を見てハラハラしながら運転です。。
ん〜〜! この調子で行くと、叉焼麺は売り切れてるかもだナァ……(汗)
この世に行く店は数あれど、叉焼麺の売り切れを心配する店は1店しか無い。。
そう!もうお解りバレバレの「一竜軒」です。。(笑)

少しお昼時から外れてお店に到着すると、店内は半分程度の入り。
まだ叉焼麺があることを確認してホッとしながら、私は叉焼麺塩分控えめを、
妻はラーメンを、大好きな味おにぎりもモチロンお願いしました。
味おにぎり クリスマス仕様の店内
待つ間にフト店内を見渡してみると、所々にクリスマスの飾りモノが…(笑)
なかなかお洒落だねぇ〜と妻と話してると、新たにお客さんが入ってきたのですが、
出入口に背中を向けて座っていたにもかかわらず、その背中から強烈なオーラを感じます。。
ふと振り返ってみると、おぉ何とえぬ(N)さんじゃないですかぁ〜!(驚)
「えぬ(N)さ〜ん!」と大声で叫びそうになるのをグッと抑え、
すかさず駆け寄り、モチロンご一緒する事に!!
まぁ会う事は何となく予想出来ても、会った時間帯は神がかり的ですよね…(笑)

麺アップ

思わぬ出会いに驚きながらも、アレコレと談笑していると、
えぬ(N)さんより一足お先に、妻のラーメンと私の叉焼麺が登場です。
ウンウン…。ちょっと濃度がありそうな見た目ですが、いつもながら美味そうなルックス。
先ず、そっとスープを口に含めば、確かに濃度は少し高めな感じですが、
決してクドク無く、グイグイ攻めてくる感じは流石ですね。
妻のラーメン 三色の彩り
この辺りで、えぬ(N)さん大盛叉焼麺も登場してくれば、
あとはズルズルと啜る音だけがこだまし、時々あぁ〜とかうぅ〜とか溜息が(笑)
早目のフレッシュなタイプ、遅めの重厚なタイプ……。
どちらも甲乙つけ難い、それぞれの良さがあって、後は食べ手の好みの問題って感じでしょう。。
とにかく、こういうラーメンはココでしか食べれない!
…やっぱり、そんなラーメンが個人的には好きだし魅力的だよなぁ〜!

ず髄〜〜!

食べ終わった頃には、並び客も出てくる程の感じになってきて、
あんまりユックリして迷惑もかけれないので、早々に退散です。。
聞けばえぬ(N)さんとは、その後のスケジュール予定もカブッテいたので、
また神様が引き合わせてくれれば現地で…と挨拶を交わしひとまずお別れ…(笑)
コチラは家族連れでもアリマシタので、気を遣って頂きました(ペコリ)

同行して、アイアン・ストマックえぬ(N)さんの片鱗を、
是非是非、妻と王子に見せたい気もしたんですけど…(爆)

帰ろうと外に出ると、最後はミイラ取りがミイラになった感じで、
本当に色々とお気遣い頂いて申し訳ない気持でしたが、ただ一言私達が言える事は、
大将、女将さん! ご馳走様でした〜〜〜♪ 
外観
「一竜軒」・・・佐賀県唐津市菜畑4070-2


  • 顔アイコン

    俺もミイラになりたいザンス!(笑)

    [ bus**a41414 ]

    2009/12/13(日) 午後 9:49

    返信する
  • ブースカさん!

    次回は一緒にミイラになりに行きましょう〜♪
    いよいよ年末も押し迫ってきましたし来年あたりでしょうか…。

    お忙しそうですが体調には気を付けられて下さいね!
    主に飲み過ぎ注意…かな??(笑)

    はとし

    2009/12/13(日) 午後 10:44

    返信する
  • 顔アイコン

    お会いできてとっても嬉しかったです(*^_^*)

    二日間に渡るプチオフの始まり〜って感じですねー♪ 削除

    [ えぬ(N) ]

    2009/12/15(火) 午前 7:10

    返信する
  • えぬ(N)さん!

    コチラこそ、まさか唐津でお会い出来るとは、
    嬉しい誤算で、より充実した1日となりました(笑)

    ほんとプチオフって感じでしたが、
    いつ会っても、久し振りな感じがしないのは私だけかなぁ〜?(笑)

    はとし

    2009/12/15(火) 午後 8:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事