全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

『その夜の侍』

イメージ 1

(あらすじ)
小さな鉄工所を経営する中年男の中村(堺雅人)は、5年前に木島(山田孝之)が起こしたひき逃げ事件で最愛の妻を失ってしまい、抜け殻のようになりながらも復讐(ふくしゅう)することだけを考えて日々を生きていた。やがて、刑期を終えて出所した木島のもとに、復讐(ふくしゅう)を遂げる日までのカウントダウンを告げる差出人不明の脅迫状が届くようになる。そして妻の命日の夜が訪れ、ついに中村と木島は対面を果たすが……。

【注意】ネタバレです!
この映画のチラシの堺雅人を見て、きっとすごい壮絶な復讐劇だと予想していた。
でも、そんな単純な映画ではないです。好き嫌いがはっきり別れるが、自分には痛いくらい響きました。不器用で時に滑稽だった主人公中村の生き様、最後のシーンが頭から離れません。

妻を失った中村はプリンをむさぼりながら、あるいは妻の下着を抱きしめながら、ひき逃げされる直前の妻の留守電テープをひたすら再生する。見合いの場でポケットにしのばせていた妻の下着を相手に見せ、「僕はあなたと結婚できる男ではありません」と宣言してしまう不器用っぷり。遺骨が無造作に置かれたままで、途中で5年も経ったいたことがわかり驚かされるが、本当にどうしていいかわからないまま、生き続けたと思うと切ない。

一方、犯罪というのは大半がこういうどうしようもないヤツが引き起こすんだよな〜と思わせる、まさに鬼畜の木島。仲間がいないとダメな弱さと仲間を巻き込むズルさがあるが、中学生の不良レベルの言動と凶暴性がホントスゴい。灯油を浴びせかけるシーンで「バーベキュー」と叫ばせた監督の演出も恐ろしい。山田孝之、20代後半とは思えない見事な演技でした。

「あと○日でお前を殺して、俺も死ぬ」と脅迫状を送り続けた中村、「決闘」直前に風俗に行くものの、目的を果たせず飽きられた風俗嬢のカラオケを聴きながら泣きじゃくる。その前のポテチの袋が開けられないシーンでこの男の非力さにホント悲しくなった(笑)絶対木島には勝てないと確信したシーン。

そして5年目の妻の命日である8月10日、台風の中の泥だらけの「決闘」シーン。
やはり勝ち目がなかった中村だが、メモ帳を取り出し木島の何もない日々の象徴である、食生活の記録を読み上げる。そして「最初から君には関わり合いのないことだった」と。ようやく気づいたんだろうな、こんなこと意味もないって。
この後の木島、こんな壮絶なやり取りがあっても何も変わらない。友人と普段どおりの電話をし、カラオケの誘いにのる…、きっとそうだろうなあと思えるシーンだ。

家に帰った中村がいつもどおり留守電の再生をしながらプリンを食おうとするが、テープを消去。「プリンを食べちゃいけないよ」と心配していた妻にようやく応えるようにプリンを頭や顔にまぶす(笑)
随所にみせたシリアスと滑稽さが合わさる演出の極みを最後に観せられた。
そういえば、劇中では音楽が一切排除されている。前述のスナックでの見合いのオチで客のおっさんが「夢芝居」をかけて歌わないというまさかのシーンで効果的な音演出があったくらいだ。
音楽でわざとらしくなるのを避けた感じでよかったと思った。反動でエンディングのUAの声であたたさに包まれた。

監督の赤堀雅秋が自分の劇団「THE SHAMPOO HAT」でやった戯曲を映画化したことを知り、納得。芝居で表現する世界ってこんな感じだもんな。
映画にするとより一般化しなくてはいけないと思うけど、そこは監督の演出力とそれに応えた堺雅人、山田孝之でしっかり伝わりました。やっぱり映画ってスゴい。

最後に「その夜の侍」っていうタイトルっていいな。果し状を書いて、人を殺しに行くなんて不器用なことをしてしまう中村だが、もちろん侍魂なんて持ち合わせていない。

開く コメント(0)

イメージ 1

(あらすじ)
金持ち女の車を無断借用した事から刑務所送りになった元プロフットボール選手のクルー。そこの所長は看守たちのフットボール・チーム育成に勤しんでおり、クルーをそのコーチにしようとするが、要請を蹴ったクルーは苛酷な重労働に回されあらぬ虐待を受ける。怒り心頭に発したクルーは所長の命令をのみ、看守チームの練習台となる囚人チーム作りを始める。

TSUTAYAとコラボしたWOWOW発掘良品で知った作品。アメリカでは大人気で2度リメイクされてるらしい。舞台は刑務所だから、「スクール・ウォーズ」のような感じを想像したが、そこは70年代のアメリカ映画だから、乱暴でエグい。バート・レイノルズがいい味出してます。看守や館長、殺されちゃう相棒役のブランビルなんかが連続ドラマで観たい感じのキャラクター設定で、そこが人気のヒミツなんじゃないか。試合のシーンに十分時間を割いていてハーフタイムで「21点差で負けろ!」と言われ、一旦言いなりになるクルーだが、そこからの逆転劇はわかっていても気持ちよかった。反則がどこまでいいのか疑問だけど、退場者は出てない(笑)アメフトじゃなかったら成立しない映画だ。
最後の空中でエンドラインに達した得点シーンが名シーン。一回に6点入るって知らないとダメだけど(笑)
試合後、ボールを拾いに出口方向に向かったクルーに「あいつ逃げるぞ!」って言って
銃殺しようとした館長。むちゃくちゃだ(笑)


開く コメント(0)

『鍵泥棒のメソッド』

イメージ 1

あらすじ)
35歳にして定職もなく、売れない役者稼業にもほとほと嫌気がさした桜井(堺雅人)は自殺にまで失敗してしまう。その後、出掛けた銭湯で見るからに勝ち組男のコンドウ(香川照之)が彼の目の前でひっくり返り、頭を強打したせいで記憶を失ってしまった。桜井は衝動的に彼の荷物をくすねてコンドウに成り済ましたのだが、実はコンドウの職業は殺し屋で……。


公開初日に行こうと思ったが、ようやく観れました!隣駅にシネコンがあるのはホント便利。

【注意】ネタバレです!
内田けんじ監督3作目で、オリジナル脚本。ここまで映画で楽しい気分になったのは久しぶり。既に相当面白いと評判だったけど、主役3人が最高に良かったのもあって、期待も超えてしまったほど。"なりすまし"の映画やドラマはよくあるかも知れないが、職業や正確などのキャラ設定に細かい伏線がはられ、面白くってたまらない。
香川照之扮するコンドウ(本当は「山崎」っていうんだけど(笑))の几帳面で勉強家なところが可笑しかった。桜井本人と違って(笑)記憶を戻そう健気に努力する。ノートへのメモがもの凄く、自分が食べて美味しいと思ったらそれが「好物」だろうと思って、すぐメモる(笑)エキストラから這い上がってやろうと必死に勉強する。桜井本人は挫折したのに(笑)その努力家っぷりが香苗の結婚の条件(アルバイトも同条件って小ネタあり)にも合致しちゃうし、後半の桜井に「演技指導」するという最高に笑えるシーンの伏線へとつながります。「便利屋」としてプロフェッショナルで隙のない男がつい銭湯行って、石鹸で転んで記憶をなくす可笑しさとその後の正体不明っぷり(笑)35歳にしては老けてる(笑)とか、服が若くて似合わないところとか。記憶が戻って以降の迫力とのギャップもさすがでした。結論、「香川照之」は何度見ても飽きない。歌舞伎もやってるなんて、どんだけすごいんだ。賞取ってほしいなあ〜。

イメージ 2

極貧役者桜井を演じた堺雅人、どうしようもないヤツっぷりが良かった。冒頭、自殺仕損なって、とりあえず銭湯行くシーンの気怠さがたまらない(笑)
期待どおり、ビビリながらもいいことしようとするけど、結果掻き回すし(笑)役立たずに終りそうだったが、そこはやはり最後に見せ場が…。
広末涼子扮する香苗、冒頭のハンディクリーナーで机をきれいにするシーンから笑えた。最初の結婚宣言の抑えまくった演技が面白すぎ。姉に「私が計画して出来なかったことあった?」なんて言っちゃう(笑)死んだ父の葬式でながされたDVDが途中で結婚式用だったという小ネタも良かったし、クラシック好きだった父のレコードを記憶喪失中のコンドウに聴かせるシーンにドキっ!なるほどっ!
雑誌「VIP」についてはどんなに考えてもああなるのはわかりません。

もう1人忘れてはならない。突然登場する荒川良々に笑ってしまいます。ちょっとホントにいそうだから、絶妙な配役ってことですね。

エンディング、出だしのドラムビートが抜群にはまった吉井和哉の♪点描のしくみ。
カッコ良く引き立てています。

最高に面白いエンターテイメント作品なので、ありえない感は特に気にならない。
テレビドラマで出来そうで出来ない!映画はこのくらいのレベルであってほしいものだ。

開く コメント(0)

イメージ 1

(解説)
デンマークの裕福な家庭に育ったアイザック・ディネーセンの生涯を描いた実話で、自伝的小説『アフリカの日々』を原作にした作品です。20世紀初頭のアフリカを舞台に、愛と冒険に生きたひとりの女の半生を描いた一大ロマンス。スウェーデン貴族と結婚し、ケニアに渡って来たデンマーク人の令嬢カレン。だがそこには幸せな結婚生活は無く、農場経営も思うように進まない。そんな彼女の前にサファリのガイドを務めている冒険家が現れた……。

アカデミー作品賞・監督賞、撮影、美術、作曲、音響ほか総ナメしています。80年代はこういう邦題多いですが、原題「Out Of Africa」。
時代は1910年代のケニア。この時代にアフリカの地で強く生き抜くカレンを演じたメリル・ストリープ、さすがです。本来の逞しさとデニスと一緒にいるときの大好きオーラ全開な感じが良かった。カレン以上に自由人のデニスを演じたロバート・レッドフォード。冒険家がピッタリ。ブルジョワの遊びなのか、あのサファリってたまらなく惹き付けられる。結構な日数かけるし、ライオンに襲われるし大変だけど、アフリカの地は素晴らしい。蓄音機をながしながら、ランチやディナーはいいね。
あのデニスがカレンの頭を洗ってあげるシーン、なんかいいじゃんと思ったら、やっぱり人気のシーンなようで。プロペラ機でやってきたデニスにやり過ぎだなあ…って思いつつ、空撮がきれいで見入ってしまった。
しかし、自由人デニスとうまく行かず、コーヒー農園を火事で失って帰国を決意するカレンにデニスの墜落死の知らせが…。

ちなみに監督のシドニー・ポラックは2008年に亡くなってしまいました。


開く コメント(0)

イメージ 1

突然発表されたサニーデイの久しぶりのワンマン。
2010年11月28日のツアーファイナルの九段会館以来。
自分もこの時以来のサニーデイ。もうしばらく活動しなくなるのかな、と思うほど完成度が高かったことをよく覚えている。その後にイベント出演が少しあったものの、ソカバンの新作があって、この3月
に韓国で単発出演したのが最後だった…。

そして今日は新曲リリースのおまけ付き。しかも7インチアナログ盤!!「聴けない人のためにCDも付いてる(笑)」そう、あくまでもアナログ盤のリリース。念願だったと言ってました。
ちなみにこの7インチ、白スケルトン!CDも別ヴァージョン収録で二度びっくり。さすがです!

その新曲で始まったライブ。すごいセットリストだった。
夏曲のセレクトはこういう結果になるんだ〜と関心と驚き。
初のライブ披露やなかなか聴けない曲などがいっぱいだった。
久々でこのセットリストだから演奏はどうなのかって思うかもしれないが、
ガッチリやり込んだツアーのようにスゴかった。今日は至近距離に陣取っていたことを
差し引いても、サニーデイでこんな迫力あったかな〜と思うほど。
それでいて髪を短くして(子供が泣いたそうです…)、いっそう痩せたのがよくわかる感じの曽我部さんは終始笑顔で楽しそうでした。

3曲目には♬雨の土曜日 
そして、うどんPVの♬今日を生きよう
♬スロウライダー
で夏っぽくてイイながれだな〜と思ってたところに
次のギターのイントロでびっくり!

♬田園風景 

コアなファンはすごい反応だった。
1stで異色を放つギタープレイがかっこイイこの曲が…初披露かな。
こういうのが初期サニーデイの夏曲なんだよな〜と思い出しながらも嬉しかった。
続く♬あの花と太陽と も初めてライブで聴いた。

この後どんな曲が飛び出すのか、ワクワクさせる展開で
田中君がアコギに持ち替え、大好きでたまらない♬96粒の涙 

♬魔法、♬さよなら街の恋人たち 
でギタープレイが凄まじくカッコ良く、中盤のハイライトだった。
この前までやってたソカバンのツアーでの曽我部さんのようだった。
でもってこの2曲もしっかり夏。

次も驚きの
♬雨 
4th収録のベースメインのかっこいい曲、これも夏だな〜。

まだまだコアなファンを喜ばす、アルバム未収のシングル
♬恋人の部屋 
久々に聴けて嬉しかった。昔ソカバンでやったことあったような気がする。

そして『愛と笑いの夜』の終盤のながれどおりの2曲
♬週末
♬サマーソルジャー
これを聴かずに帰れない。

おまけにできたての新曲まで披露してくれた。これもすごい良い曲です。

アンコール、なかなか聴けない
♬シルバースター 
ここでいつ使うのかなと思ったピンクのテレキャスをようやく使用。
ゆったりとした良い演奏。
この時、ホント感謝の気持ちでいっぱいになってた(泣)

これで終わりだったが、アンコールに応えてくれた。
ちゃんと選んできたエンディングのSEが止められたことに文句を言いつつ(笑)
予定外の♬海岸行き

今さらながら、普段生で聴けない曲の良さを実感。
四季折々のサニーデイのすべての曲がいろんな良さを持っているし、
聴けば聴くほど大げさではなく全曲に愛着が湧いたものだ。
で、こういうライブでそれを実感する。良いライブだった!

九段会館のときになかったMCですが、
やっぱり晴茂くん最高です(笑)
曽我部さんが海とか行くの?って聴いたのに
「夜のプールに忍び込んだ」ずれっぷりがウケました(笑)
その前に解放されてる下北沢中学の屋上プールがスゴい良いって話の返しだったみたい(笑)
あとは田中君の「嵐にしやがれ」出演〜夏は"冷やしラーメン"の話がありました。

帰りに癒しが…。
曽我部家末っ子淳くんが大きくなった。
物販で「いらっしゃい」なんて言えるようになってた(笑)

01 夏は行ってしまった
02 恋はいつも
03 雨の土曜日
04 今日を生きよう
05 スロウライダー
06 田園風景
07 あの花と太陽と
08 96粒の涙
09 八月の息子
10 サイン・オン
11 魔法
12 さよなら!街の恋人たち
13 雨
14 白い恋人
15 恋人の部屋
16 NOW
17 週末
18 サマー・ソルジャー
19 新曲
encore シルバー・スター
encore 2 海岸行き  

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事