全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

昨日のひなたプロデュース公演は見送り、今日の二時限目のみFC当選していた。当日、りななんの一時限目を急遽落札!

CD購入でハイタッチありとのことで結構早めに到着。チケットないと買えないことがわかり(ヤフオク出品者が11:50に来る)開演前には買えなくなった。ってことで614番だし、入場を優先。女性エリアの少し後方を選択、しかしいつも答えのない場所確保。

テイラースウィフトでファッションショー風のスタート。この前のAE3周年イベを思い出した。いきなりプレゼント投げ入れ。メンバー、なんと私服。そしてそのまま踊る。これがなんかしびれた。ひなたのダンサー風ファッションがカッコよさに拍車をかけてたというか、終始釘付け。そう、結構近く、視界はステージ端以外は良好だった。打ち込み系の少々干され曲が続く。このながれ大好きだった。最高のセトリ。スーパーヒーローは3回目の披露かと思うが、観れてよかった。いやあ、終盤のひなたがかっこいいねえ。
途中、誰のファッションがいいか、会場に聞いて決めたファミリー賞(ぁぃぁぃ)、校長賞(ひなた)、松野賞(真山)が発表され、それぞれ副賞付きだった(ケーキ、牛丼、りななん手作りお菓子)最後に青テープの特効があったが、当たりは全員のサイン入り生写真。自分には落ちてこなかった…そして、はじめてのハイタッチ。ノリで突っ切った感じ(笑)ちゃんと目を合わせられた(汗)みれいちゃんはいなかったが、大満足の内容。

松野莉奈プロデュース(星名美怜欠席)
〜ebiture〜
M.1 パクチー
M.2 キャンディロッガー
M.3 あたしきっと無限ルーパー
M.4 売れたいエモーション!
M.5 使ってポートフォリオ
M.6 エビ中一週間
M.7 ちちんぷい
M.8 大好きだよ
M.9 誘惑したいや
M.10 フユコイ  安本、真山が会場後方にまわる
M.11 アンコールの恋
M.12 スーパーヒーロー
M.13 スターダストライト
En.1 幸せの貼り紙はいつも背中に
En.2 ラブリースマイリーベイビー

1917番なので、ゆっくりしてしまった。17:40くらいに戻ったらもう最後の呼び込み。後方からの入場のみで、身動き取れない状況、フロアには階段で降りる、通路も確保されていない…。フロアに降りようと探ったが、ルール無視で階段通路はなくなっていた。上から見下ろす状況なのにステージが全く見えない。写りも悪いモニタの定点映像を見る始末。表情やいつもと変えたという髪型もわからず。PCでニコ生見る方がマシな画面だった。オタクの人たちよく我慢して声援送れるなあと感心。おそらく膨大なライブ鑑賞数の中で、ワーストを争うような状況、もちろん失敗したのは自分だが。

開演前はなんか生でラジオ風にあやちゃんがぽーちゃんと話してるのがながれて、その後真山の諸注意がカミカミで爆笑を誘った、「笑ったやつ覚えてろよ」。で、冷静な評価をできないまま時間は過ぎたが、超レア曲「神様の言うとおり」とかよくわからず、アンコールの「ダイビング」も知らない(後で復習しました)、なるほど3B曲か。衣装はぁぃぁぃが用意したもので、みんながぁぃぁぃ色にそまった感じ、と言っていたが、この時点ではよくわからず。企画はぁぃぁぃがブログで質問を募り、それをりななん、りったんが聞くというもの。400個のサインボールを投げられたが、2Fにまわったメンバー(誰かわからない…)がすぐ近くに落としてくれたようだが、ノーチャンス。最後の「また明日」しっかり見たかったな。
一時限目でやった曲も割とあったけど、みれいちゃんなしでやった直後に通常バージョンの振りやるのって簡単にこなせるんだと思った。スーパーヒーロー入れる余地がないほどぁぃぁぃのセトリはいろいろ盛りだくさんだったんだな、ほんと目の前にいるのに姿観ずに終わるって尋常じゃない。
なんとか気分を立て直し、ハイタッチ。さっきと場所を変えて行われた、早々に並びさっさと済ませた感じ。衣装はここで確認、先頭のぁぃぁぃには超よかったと一応伝えといた(笑)ぽーちゃんとあやちゃんは元気に対応してくれた。そういえば、終演したときのSEがぁぃぁぃが歌ってた曲ラブライブの「なわとび」というらしい。

(メモ)
えびぞりダイアモンド‼︎のパートシャッフル 
まやま→りななん
あやちゃん→ぽーちゃん
ぁぃぁぃ→ひなた
みれい→りったん
りななん→ぁぃぁぃ
ひなた→まやま
ぽーちゃん→あや
りったん→みれい


廣田あいかプロデュース
〜matsuriture〜
M.1 キングオブ学芸会のテーマ〜Nu Skool Teenage Riot〜
M.2 出席番号の歌その2
M.3 金八DANCE MUSIC 
M.4 誘惑したいや
M.5 神様の言うとおり
M.6 仮契約のシンデレラ
M.7 えびぞりダイアモンド!!(ひなたがパート指定したバージョン)
M.8 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
M.9 いつかのメイドインジャピャ〜ン(ひなたラップパート)
M.10 ちちんぷい(曲途中で安本マジック)
M.11 大人はわかってくれない
M.12 ラブリースマイリーベイビー
En.1 ダイビング
En.2 また明日
昼間には3singles Projectライブが行われた。
ライブハウス専門だった月刊TAKAHASHI、今日は大箱。いつものスタンディングだけど、ブロック分けされてる、女性エリアは作れなかったよう。
LV観客数は8,900人、現地に当選した人も多いので減ったのかな。

今日は突然、阿部真奈さんMCで開演前の夏菜子トークショーが行われた。会場のみだったのでレポより…阿『ももクロちゃんは誰かに助けられてたりするんですか?』夏『やっぱりモノノフの皆さんに助けられてます。てゆーか、ライブとか、モノノフさんが居なかったら私達やることなくなっちゃうじゃん、ねえ?(笑)』

暗転からのまさかの灰ダイ始まり。いつもと違うテンションで歌うって結構プレッシャーじゃないかな。久々に聴いたし、出だしから感動。杏果の気張りも最高だった。ちょうど震災から4年半って聞いて、こうしたのかも。衣装はGFで発売した復刻5色Tシャツ。

しおりん、フォーク村に送られた緑推しの考えた自己紹介をやってた。
し「心配ご無用」お「おいらに任せろ」り「 理想に向かって」逆境こそがー全員「チャンスだぜー!」今後使うかどうかは「社に持ち帰らせていただきます」

マイクスタンドが出てきて、鋼の意志かな?と思わせ、久々だから間違えそうとの発言から、もリフがきた。途中の掛け合いとか懐かしい。この曲まで引っぱってきてくれるのが嬉しかった。次はUFIもあるな。

イントロで興奮の全力少女、最近やってくれるが今日はまた一段と感動。力いっぱい踊れるようになったれにちゃんに釘付けだった。この振りはももクロらしさが出てるので、何度も見たくなる。
そして、超久々のオレンジノート!この振りもホント好き、これでももクロ好きになったのかなと思いを馳せてた。まあ、立ち位置とか結構間違いがあり、あんだけやった曲でも久々だとこんな感じになるのかと新鮮に感じた。

ちょっと久々感のあるDNA。しおりん曲だと勝手に思ってて、この振りも大好きなので、今日はセトリがバッチリだな。

鋼の意志、煽りも夏菜子のメンバー全員の名をあげて「⚪︎⚪︎好きなやつーーー!」で最後はちゃっかり自分だった(笑)で、超久々の披露は初のハンドマイクで。やっぱりこの曲、かっこいい瞬間がある。
サビでの杏果は低い方歌ってるのがよくわかった!夏菜子のアドリブで「世界中に叫びたい この場所が好きだと」恒例の間奏中の名人「ももクリ」は車での来場不可なのでシャトルバスなど交通関連 頑張ります” と、「ステージはゲレンデ」と宣言。

ちゃんと久々の曲で構成されて、大満足。

アンコール
overture終わりでステージにはれにちゃん一人。「ソロコンやります、だってれにちゃんなんだもん」と惑わし、始まったのはニッポン万歳。他4人はアリーナを走り回る。これは見てても楽しい。夏菜子「しずおかけん」を学生風男子の赤押しにマイクを向けてた。

そして最後は走れ。なぜだかグッときた。この歌を元気いっぱい歌う5人ってホント最強だなあとしみじみ。あーりん、ペンライト点灯しなかったと残念がるも、しおりんが試したら点いた(笑)

LV特典といいつつ、今日は幕がないので客に背を向けてオープンで行われた。
阿部真奈さん再登場して、11月LVでの「ありやすスクリーン」の開催と会場が発表された。さらに真奈さんが杏果の髪を束ね、エラをどアップ(笑)杏果「その前にエラ削りたい」
川上「それは整形の事かな?スターダスト的にキツイな…」れに「New Era・・・・」(ボソッ)

また、川上さんうるさかったれにちゃんへ「なす!おめぇ、ぶっ飛…ぶっコロしてやる!」とわざわざ言い直したwwwその前にもグーで頭をコツんとやってたし。

昼間もやった女川体操(さんまdeサンバ)を踊ってくれた。顔をブルブルさせるやつは川上さんのたるんだ顔肉が大活躍。どアップで映画館は大爆笑。


M01:灰とダイヤモンド
M02:BIONIC CHERRY
M03:Chai Maxx
MC 自己紹介
M04:もリフだョ!全員集合
M05:5 The POWER
M06:いつか君が
M07:オレンジノート
MC
M08:DNA狂詩曲
M09:全力少女
M10:サラバ、愛しき悲しみたちよ
M11:鋼の意志

アンコール
overture
EN1:ももクロのニッポン万歳!
EN2:夢の浮世に咲いてみな
EN3:走れ!
(終了)
LV限定挨拶:『サンマDEサンバ』
イメージ 1

イメージ 1

復活していた千秋楽のチケットを運良く取っていた。今日は前回と逆で上手側、16列目(5列目)。前回気づかなかったけど、せり出した教室の高さに合わせて実際のステージの高さをカサ上げしてる。幕が上がるでは前の人の頭が邪魔という人多かったけど、これだったら少しは違う。

今日の0場でも藤松さんの発声が会場に響く(笑)ギターも演奏してたんだ。で、今日は特別、0場で全員の円陣。気合入って、会場からも拍手がすごかった。その後、見事15分前と3分前の両方のアナウンスを引き当てたと思われる清水さん(笑)3分前で噛んでしまい、会場の緊張もほぐれた感じだった。

2回目の観劇だし、パンフレットでしっかり把握した結果、1回目で追いきれなかった方々の演技やセリフが楽しめた。そうか、あの場面はこの方のセリフなんだね、こういう重要な一言があったんだ、とか。女子高生のたわいもない会話、それが実は面白い。カフカの「変身」やフナの解剖や世界の高校生の記事などは重要な要素になってるけど、うどん屋で全身シャネルの親子がいて…、姉の夫が不倫?、グッチに子供が生まれたけど計算が合わない、クラブがどうだとか。男子高校生の会話とかは男性からしたら絶対くだらないって思うけど、女子はおもろいってことだね。

場面変わる時にスクリーンには富士ヶ丘高校の校内風景が映って、映画の素材使ってたことに今回気づいた。それから、1回目は誰が弾いてるかわからなかったピアノ。小百合役の清水さんだった。4回中、3回の場面転換でホントきれいな演奏、最後は坂倉さんにバトンタッチ。序盤からずっと追ってけど、最後のみんなの机を名前を読みながらさわってく場面、途中で泣いていて、本広監督は千秋楽での涙まで想定してつくったのかってくらい、はまっていた。1回目もそうだけど、最後を見守る19人がこちらから正面で見えるってのもすごい。今日は何人かここで涙。

4回のカーテンコール、最後2回スタンディングオベーション。演者の方々の涙にもらい泣き。千秋楽の儚さと美しさ。21人もの夢がのってる感じで、そういう感じにぴったりの戯曲だったなあと思う。

また いつか どこかで!
8月なのに肌寒い、パーカーが丁度いいくらいの日。
16:30開演の第2部。
幕張メッセイベントホールにて約6000人。

今年、バレイベ@横アリ→あーりんQJイベントに続く、現地…。LVで見まくってるので、不思議な感覚。久々に現地発券だったので、ドキドキ。これも楽しめるポイント。アリーナB1ブロック。半分より後ろ。でも全体の左端から3番目。のちにいい場面をがっちり目撃することに。ステージ奥には大きなヴィジョン。当然ながらこれがなかった満足度は大きく違う。隣は仙台から遠征の方。

最初に登場したのは進行役の川上さん、またよく見るようになった古ちゃん。

メンバーの入場はアリーナを通って。5人とも同じルートで、真ん中通路側席うらやましかった。
1部は浴衣だったようだが、2部は普段着スタイル。私服にしちゃ可愛すぎるので、スタイリストの腕だと思ったがどうでしょうか。れにちゃんがいきなり最高に可愛くて…ゆるふわパーマ。自分の席からも近かった。(登場曲:湘南の風)次はれにちゃんがあーりんを指名。(登場曲:浜崎あゆみ)あーりん、夏っぽい感じ、父兄参観のお母さんと言われてた(笑)あーりん→杏果を指名。(登場曲:アリアナグランデ Baby I)着席してる客席に埋もれていた(笑)ただ、杏果が一番全方位に目を向け一人でも多く目を合わせたいという想いが感じられ、感動しちゃった。服はカーキのジャンパーみたいなやつ秋っぽかった、本人「甘辛コーデです」→川上さん適当な返事に「ホントわかってる??」今日は杏果のテンションも高く、いっぱいしゃべってた。登場曲の「オーベイビー」ってフレーズ歌ったの良かった。杏果→夏菜子を指名。だまさえれて「夏菜子、ででこいやー」で呼ぶ。夏菜子登場曲がデコまゆでびっくり。歌って出てきて面白かった、出だしの入り間違ってた…しおりんに裏で練習したのバラされてた(笑)ライブでは歌うことはないから選曲したと、で、川上さんが中野来た人どれくらいいるか聞いてた、数人だけだったような、AEイベだから、少ないととるか。メンバーは少なくてもいたことに驚いていたけど。夏菜子→しおりん指名。(登場曲:テイラースウィフト)おもいしろいことやるようハードル上げがあり、「加山雄三です、違うか!」で登場、ヴィジョンに映らず残念(笑)

途中、「本能寺の変」って言って踊るリズムネタが流行ってるらしくマネしてた(笑)杏果だけ知らないようでみんなに知ってる?聞いてた(笑)お笑いネタはいつもももクロから教えられるという現実。

完成したファンクラブソング「天使の瞳」の録音。
そういや、Ustream中継で夏菜子に自分の歌詞読まれて興奮したけど、惜しかったなあ。
守道さん、さくみさん登場時にあーりん、THE MANZAIの出囃子マネたのすごい(笑)

会場の子供全員ステージに呼んで記念撮影、完全傍観者だけどこれがももクロなんだなあと思って見てた。最後に川上さん「国会議員送り込んで、全国モノノフ化計画、20年計画でこうやって洗脳していく…」とか言ってておもろかった。

杏果のすいか割企画。
杏果がぐるぐる10回転の後、杖ついたお婆ちゃん状態、歌舞いてたり、座頭市だったり(笑)
すいか余ってるってことで、あーりんも。やっぱり豪快(笑)2回空振りして、イテテ…。
結局、志村けんリスペクトのすいか早食い大会になってた(笑)
川上さんの爆食い、れにちゃんのきれいな早食いで盛り上がる。

30分のライブの曲決めは会場の声を聞いて選んでいく、クノ方式で20曲のリストから選択。
リストにない「愛ですか?」の声があがると夏菜子が歌ってしまい、じゃあ歌いなよ的なながれに…とばっちりで振られ、嫌がるしおりん(笑)
あーりんがスパスパ進めるのがさすが、こうやって普段も考えてるんだろう。

着替え時間にロトマキノ。
4人にAE年会費を無料にするプレゼント。古ちゃん、矢島さん、牧野さんが粉の中から口でボールを見つける罰ゲームっぽいもの。こんなんで運使いたくないとみんな思ったでしょう(笑)

今日はライブ以外は終始着席でOvertureも着席指示が出た。メンバーが会場から登場。衣装は初披露、道着の光沢ありヴァージョンといったところ。

良いセトリだったあ。
そして、れにちゃんダンス復活記念日だった。
アリーナ見にくいけど、"表情はちょっとわからない"くらいの距離でも伝わるなあと思った。

コントラ
久々の5人での完全復活を見た。

キミセカ
若干、立ち位置などの間違いがあり、ゆるかった。

ワニシャンでは扇子の代わりに手書きイラストのうちわ。れにちゃん、曲中さっきやったばかりのすいかの早食い。お腹痛くならないのかなあ。

ツヨクツヨクでれにちゃんが上手側端の通路へ。すぐ近くに来たとき、ちょうどれにちゃんパートで、紫推しの女性の胸元へ指タッチしていた…。こりゃやられるなあ。ワニシャンで使用したうちわは会場のプレセント!れにちゃんとステージ担当のあーりん以外はほとんどビジョンにも映らず、何してたか不明だった。

今日のハイライトはJUMP!!!!!。桃神祭に続き今日の1部で披露し、2部では最後の曲に。
初めて生で見るドキドキを久々に味わった。出だしの夏菜子、素晴らしい!振付も良いではないか。

最後の挨拶で夏菜子ちゃん、エンジェルアイズにかけて「今何個の目で見られてるのか、…1万2千個の目で見られてる、そう考えるとすごいな、これからも新しくて良いものを焼き付けられるように頑張りたい」と話してた。
杏果はHPで始まったマンスリーAEの自分のメッセージに謎の「み」の文字について説明してたんだね。毎月つながっていくんだね、まじめに説明するところが杏果らしい(笑)
2時間40分、後方席でも満足度高いイベントになってた。改めて5人はほんと"天使"だな。
子供や女子は益々行きたくなるだろうなと…(笑)
イメージ 1

本広監督とオリザさんが「幕が上がる」に続き、舞台をやると知ってキャストが気になっていた。幕が上がる組に加え、テレ東の「なぞの転校生」で主演して気になった桜井美南さんも出演するって知って、何かこういうつながりにワクワクしていた。女優発掘プロジェクトというのも楽しみな響きだった。

何日か前にながれてきた11列目までは舞台になっているという情報。チケット取った時に、すでに前の方の席は売れ切れかと思ってたが、自分の12列目が最前列!でもチケット取ったすぐ後にももクロがトークショーする日が8/25と9/2と発表された、惜しい!!

席の右隣には女優目指してるか友達が出演してるか、どっちかだろうなと思った女の子と母親。演者の知人なども多そうな雰囲気だった。芝居特有のこの感じを思い出した。

せり出した舞台には教室、その奥の本来のステージ位置まで地続きになっていてそこにはメイク机をならべていた。そのまま見せちゃってる感じ。会場時間から始まった0場、みんなが声出しやらストレッチを"普通"に行っていた。徐々に着替えを終えてステージ上の楽屋席についていく。そして15分前の場内アナウンスは折舘さん。どうやらくじ引きで決めてるらしい。教室には逢沢さんと石渡さんが早い段階で席について芝居が始まる。そして3分前、伊藤沙莉さんの場内アナウンス。最前列の目の前まで来るとは思ってなくて、驚きました。自分の方にまっすぐ歩いてくるからどこで読むのかなあと思った。

さらっと始まった。いきなり一番の特徴である同時多発の会話、まさにこれは女子高校生の日常にもってこいなわけだ。圧倒される会話は正面の大スクリーンに3段構成で映される。しかも、しゃべってる箇所が陰影でわかるようになっていたのは驚いた。演技を見つつ、気になるワードはスクリーンのセリフを見るという忙しい作業を観客に強いる(笑)おそらく会話がずれないよう、合図になってるセリフがあったりしそうだなと思った。キーとなる話題は同時多発ではなくなり、しっかりクローズアップされるので、その部分は追えたけど、やはり混乱するので何度か観たくなる。これはそういう仕掛けか?(笑)21年前のオリジナルの戯曲はどんなものだったのか、とても気になる。

「教室」に入ったり出るときは演者達のオンオフの切り替えの表情がとても印象深い。幕が上がるでも演者が舞台装置になる場面が美しいけど、転校生では4場面の切り替えは全員で机の向きを「せーの」の号令で変える、こういう舞台しかできない動きが素晴らしい。ピアノの伴奏もついて美しかった。

そして左右にもスクリーン、これはどっちの角度からも死角を補ってくれ、天井からの俯瞰の画も映していた。この立体アングルは特にラストシーンの二人をきれいに映していた、おそらく本広監督のこだわりだろう。

高田美幸役の伊藤沙莉さん、幕が上がるとのパラレルをつなぐ重要な役でそのまま演劇部所属だった(笑)アドリブやチャンバラシーンで大活躍。グッチや吉岡先生の名前も出てくる。最後は青春賦のオフボーカルがながれる。ただ、それだけとも言える。

他に桜井美南さん、川面さん、秋月さんなどは目立つシーンも多かったたけど、他の方々をもっと追いたかったという意味では半分くらいしか楽しめてないかも。特に最後になって小百合役の清水さんが転校してしまう役だったのに、唐突に感じてしまった…ということでもう一回、千秋楽に行くことにした。パンフレットが意外に面白くて600円はお得。

続いて六本木ということで、31日までの開催となっているももクロ大冒険III によった。衣装は見たかった、やっぱり小さい。でもつくりがしっかりしてて、大舞台で着られたものだと思うとちょっと感動する。で、たまたま今日は案内役にキングレコード宣伝コンビの斉藤久美子、バーチャルボーイひろしのAEアカデミーということで二人の話を聞けた。AE限定でベレー帽着用で並びました。20人くらいが二組だったと思う。
展望台に上がった一般の方も見れるので、不思議そうに通過していく人がいっぱいでした(笑)
HPにアップするという記念撮影は一番前で堂々写ってしまった。これはAEのWEBマガジンに掲載されるという事態に…。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事