全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

第2回 公式ファンクラブ「ANGEL EYES」限定イベント
2日目「俺が土曜日」

西武ドームに着く時の西武線のアナウンス
「モノノフのみなさん、ホームに降りた後に走らないでください」が聴けた(笑)
昨日、あーりんがもはやホーム?と言ってたけど、ホントだね。

ギリギリになって小走りで会場へ。今日も晴天!暑かった。
※写真はクイックジャパン販売テントのポスター。この表紙写真、ホント最高だ!

今日の観客数3日間で一番多いは29778人。
スタンド(今日は後方まで埋まってる)を覚悟していたが、アリーナEをゲット。
中央最後列ブロックのさらに後方の角という絶好のポジション。
が、172cmの自分でもステージは全く見えない。モニタスクリーンが何とか見れる程度。
ギュウギュウで脇締めて手を振るしかない状況。

SE:あーりんは反抗期
あーりん×川上さんトークショーも2回目。
・サブタイトル「俺が土曜日」については「俺の」ではなく「俺が」にこだわったよう。
 嵐ニノのドラマからきてるとのこと。
で、土曜日といえばテレビってなって、今日の演出となったようです。
(テレビにちなんだアイディアは秀逸だった!)
・川上さんが会場のかえるの覆面したノフを見て思い出したという顔認証検討中の話。

影アナ 推され隊
何度もかむ杏果。笑いながら読み上げる。ラジオやってても普段言わないことは噛むんだね(笑)

オープニングからコント(設定は朝)
子供祭り時のように布団で寝るナスに扮したれにちゃん、しおりんが登場。
パズーに扮してラッパ吹く夏菜子。
めざましくんとなった有安が2人を起こそうと「5時30分!ジジジジ、ジジジジ」(笑)
「ジリジリジリ」が言えてねえ。
ナスは起きないので、夏菜子が七番勝負のときの再現で、熱いおしぼりとおでんをれにちゃんの顔に。
しおりんのセリフ「おはよう」つながりで1曲目へ。

01:空のカーテン 「おはよう、教室前…」へ
こういうのグッとくるんだよね。
ここで、音がしっかり聴こえてこないことに気付く…。ドームってやつは。
その後もメンバーの会話など聞き取りづらかった。
コント衣装のままバラードを歌うのがももクロらしくていい。

着替えた衣装はレアなNHKディズニー特番の海女風のやつか。
そのまま朝の設定で
「第一回辞めたあの子も朝ドラ出演記念〜こりゃNHKさまさまだな 今年も朝ドラ当たり年素敵なじぇじぇじぇゲーム」
あかりんネタ出すなんて、驚いた!朝ドラ決定はメンバーも相当うれしかったのかな。
「元ももクロ」にナーバスになってることがないってことだよね。
これは回るテーブルの上に青汁があって合図で止まったメンバーが飲むゲーム。テーブルが回りすぎて
一旦直そうと夏菜子が止めたタイミングでtmmnが笛吹いて罰ゲーム決定。さすがリーダー(笑)
本当にキツそうだったレモン汁入り青汁を飲んで、「じぇじぇじぇ!」と叫び、2曲目につながった。

02:Z女戦争(じぇじぇじぇver)
歌詞はあまちゃんオマージュ。
「ワンワンワン」を「じぇじぇじぇ」「でっかいウニが現れたー!」までは聞き取れた。
あとは「種市先輩!」とか「夏ばっぱ!」とか「潮騒のメモリー!」と「鈴鹿ひろみ!」が
あったようです。「もうヤバイのー青汁マズ過ぎるー」もあったな。
ウニも出てきたな。早くも最高に盛り上がってた。

ぶらり途中下車の旅の映像がながれ、着替えと思ったが、
03:宙飛ぶ!お座敷列車
もはやトロッコ曲になっていたので、久々にステージパフォーマンスが観れて良かった。

MC:自己紹介
04:仮想ディストピア 
  あーりん、スタンド席へ。今日はスタンドが埋まってるから中段の通路を通るサービス。
05:キミノアト
  これも生で聴きたかった。うれしかったな。
06:走れ!
  ここで来るとは。明るい時間・場所で披露したことあったかな?

MC:「かなこ先生のモノノフ合唱団」
夏菜子「マジカルバナナでも夏菜子といったら「合唱」でしょー!?」
昨日に続き、今日は「静かな湖畔」
サクミ、岡田先生のお手本が昨日に増してプロ過ぎて驚く。
岡田「大事なのは、ブレス、アタック、母音です」
高城「アタック!ボイーン!」
百田「お前ちょっと来い・・・お前、最低だな」
昨日も反応したれにちゃん、今日も小学生男子レベル(笑)

そして、あーりん、お手本「小さな…」と派手にミスる。

07:堂々平和宣言
  突然、サングラスの集団登場。「のんちゃんとチームD+」とのこと。
  そのままダンスでコラボ。のんちゃんという子のお母さんがダンスの先生でお父さんが
  メイクさんで交流あったとのこと。
08:いつか君が
09:サラバ、愛しき悲しみたちよ  
  ようやくトロッコ移動!!メンバー全員2回くらい通過。国立の時と同じ近さ。
  あまりこちらを向いてくれなかったけどね。
  それにしても後席の緑推しの若い男子にスゴいレスをした杏果に驚いた。
  杏果、あんなロックオンのしぐさまでされたら…。
  サラバでトロッコ移動は初か。セトリ固定曲でも動きをしっかり変えてる。  

10:泣いてもいいんだよ
  今日も熱いね。歌に力が漲ってる。

VTR:2014西武ドームモノノフ限定コレクション
   アド街で人気のやつ。土曜日だ。
VTR:MCZ カウントダウンTV
   また土曜日だ。VTR内のキャラも模倣。
高城のソロパートが少ないランキング
3位 サラバ 2位 チャイマ 1位 怪盗少女
   曲紹介でメンバー登場。衣装はももクリ2012の縦にクロ縞のやつ。
11:行くぜっ!怪盗少女
れにちゃん、ステージ上で玉座へ座り、左右から団扇を煽られる。
そして、自分パートのみ参加。「変身!」「世界中みんな血まなこ」「5!」
こんなに少なかったとは。

続いて、有安が歌ってる時にきばってる曲ランキング
3位 ニッポン笑顔百景 2位 白い風 1位 灰とダイヤモンド
  それぞれ、3シーンずつくらい編集(去年のAEイベの映像も)。どれも熱唱。
12:灰とダイヤモンド
  今日のハイライトがこのシーン。会場は緑色に。
  ステージ上段、間奏で米俵を持ち上げ始める杏果(笑)そのまま担いで「砂にまかれて〜も」
  この曲で遊ぶとは、なんというグループだ。メンバーも笑いこらえてた。
  夏菜子俵安さんと呼ぶ。

13:ツヨクツヨク  トロッコ移動→アリーナ最後列スタンド前へ
  待ってた曲だが集中力を欠いた(笑)スタンドが近づく場所なんで下は向いてくれなかったね。

SE:DOWN TOWN(EPO)
  土曜といえば懐かしのひょうきん族。少ししか聞こえなかったが、うれしかった。

overtureの代わりに
SE:8時だョ!全員集合オープニング・マーチ
昨日と違うイベントTシャツ。文字だけメンバーカラーバージョンで登場。
EN1.My Dear Fellow  トロッコ移動
  今日は歌詞が出ていた。振り付きがみたいな。

MC:土曜の昼に食べたいのは?と観客に聞く。カレー、ラーメンとか返ってくる。
   強引にやっぱり焼きそばだろうと。
   煽り「焼きそば好きな奴拳あげろ!」
   そして特効「焼きそば」噴射(笑)オレンジと緑と赤のテープが舞い、焼きそばに見えた…。
   夏菜子「これがやりたかっただけです」(爆笑)

EN2:鋼の意志
メンバーこだわりの1曲となってるな。

EN3:いい湯だな ビバノン・ロック (ザ・ドリフターズ)替え歌
  子供祭りのときみたい。ファンクラブイベントならではの終わり方。
「歯磨けよ」のところ「会員更新してね!」「グッズ買ってね!」「あったかくして寝ろよ!」
  最後は「また明日ー!」

18時間20分に終了。
昨日より少し長い2時間20分。
規制退場で電車に乗ったのは1時間後。そこから1時間で帰宅。

特に今日は企画してる場面とか見てみたくなる内容。
ホント楽しんで作ったんだなと思うとうれしくなる。
自分たちで作る楽しさを覚えていくんだなあ。「笑顔の天下」、楽しみで仕方ない。


開く コメント(0)

イメージ 1

第2回 公式ファンクラブ「ANGEL EYES」限定イベント 
1日目『もも金18金疲れてるあたたへ よく効く薬です〜ありがとういい薬です〜』

ようやく初の西武ドーム参戦。そして初のホワイトベレー着用(笑)
会場待ちのホワイトベレーの集団は圧巻だったぜ(笑)
今日の観客数18847人。3日間で一番少ないのでアリーナゲットのチャンスだったが、
3塁側スタンド。今日はスタンド上半分は席なし。

認証後に5色のマフラータオルとクイックジャパンを購入。
その後に真反対の場所にあるAE抽選会場へ。あんな登るとはね…。もちろん、はずれ。

会場へ入り、それほど大きくなく見やすい印象だった。
AEイベントということでステージ自体もコンパクト。でもモニタースクリーンは大きかった。
ちょうどGOUNNのDVDがながれていた。

開演20分前、告知どおり、あーりんと川上さんのトークショーが始まった。
SE:だってあーりんなんだもん
あーりん骨折後初登場。車いすにお姫様ドレス。モノノフ興奮が早くもMAXでした(笑)
・メンバーが考えた今日のサブタイトルは天使とジャンプの助監督とのエピソードからで、監督さんが “ありがとう” って言うと、私たちが “いい薬です!!” と言っていたと。
・神出鬼没のれにちゃんがスタッフのフリして看板持って外に立ってたらしく、一番初めに見つけたノフにサインのプレゼントがあったようです。
・「れにちゃんが私の代わりに煽りをやるのでよろしく」というフリが…。

影アナ ももたまい
リーダーの咳払いから始まり、スピリッツの動画を思い出す(笑)
ライブの注意事項を読むがかわいい…。厳しい処分の内容には「わー、大変」かなんか言ってた。
リーダー、「即刻」「規制退場」が読めない(笑)

BGM「決戦は金曜日」(ドリカム)
サラリーマン茶番コント。4人が労働讃歌の衣装で登場。
杏果「会社がキキジョウジで、社長がジャッキーチェンで…」
そして強引に金の斧のくだりへ
しおりんが池に落ちて、天使のあーりんが「お前たちが落としたのは金の玉か普通の玉井か」
「金の玉」と連呼するという…いきなりの下ネタ(笑)
そうか、18禁とかかってる(笑)

01:労働讃歌  
  やはりこれで飛ばすのか〜。最高のスタート。
  間奏のあーりんダンスをれにちゃんが担当。

02:5 the power 
  このながれ最高だった。大好きな曲、久々に振り付き。
  早くもあーりんがトロッコ周回へ。

03:オレンジノート
 EXシアターのアカペラ、国立はトロッコだったので通常のパフォーマンスは久々でうれしかった。 
VTR:「フライデーパラダイス」
    れにちゃんと王子に扮したヘアーメイクとの「アナと雪の女王」のシーン再現だったよう。
    歌うまかったけど、何やってるかわからず?な雰囲気に(笑)
    
MC:電飾付きの春西武の衣装で登場。自己紹介。
 れにちゃん「VTRはついさっき撮影したものだった」やはりそうか…。
 今日は金曜だから会社帰りか?さぼったか?など会場に聞いていた。
 いつもどおりみんな何でもて挙げるといういつものパターン。今日のコント、スピリッツの動画
 といい、何かサラリーマン妄想みたいなものが膨らんでるね。

04:仮想ディストピア 
  いいセトリの予感がしてゾクゾクした。最後はあーりんを囲み手を合わせてた。

「かなこ先生のモノノフ合唱団」のコーナー
弟子としてサクミ(NHK東京合唱団出身)&ボイトレ岡田先生、キーボードはマネージャー村山(なぜか"トミイチ")が登場。モノノフといっしょに歌いたいというアイデアか。会場を4つ(メンバー)に分け、「かえるのうたで輪唱をやりました。会場はサイリウムでしっかり色分けされていた。
「かえるのうたを歌ったのは子供の時以来だ」と思ったおっさんノフが大多数だったでしょう。
弟子2人のお手本はうますぎた。

05:春になったら(miwaカバー) トロッコ移動
   AEイベントならではの選曲。一瞬わからず。

06:堂々平和宣言        アリーナ最後方スタンド前
07:いつか君が          トロッコ移動
   この2曲がトロッコ曲の定番に。

08:サラバ、愛しき悲しみたちよ  
   あーりんがステージ正面で4人のももクロをがっつり観るという面白いシーンも。
   リーダーが照れてた(笑)

09:泣いてもいいんだよ
やっぱりこの曲、歌の力がスゴい。
MC
10:DNA狂詩曲
  モニタスクリーンもいいけど、遠くてもステージで4人が踊る姿を観る楽しさを感じられた。 
 
あーりんに代わり、れにちゃんが煽る段取りになっていた。
そこで、モニタスクリーンには「高城の煽りに応えないでください」の文字。
れにちゃんへのドッキリ企画。
れに「お前ら盛り上がってるかーー!!!?」
モノノフ「…」
れに「なんだその中途半端な感じはー!盛り上がってるかー!?」
モノノフ「…」
れに「まだまだいけんのかーーー!!?」
モノノフ「…」
れに「…なんだこれはーー!!!!?」倒れる。

メンバーは客席側にいたあーりんへふって「Chai Maxx!いっちゃいMAX!」
モノノフ「ウォーーー!」

11:Chai Maxx
12:Z女戦争
  この2曲の圧倒的なパワーを受けて、モノノフの盛り上がりは最高だった。

13:スターダストセレナーデ   トロッコ移動 アリーナ最後方スタンド前

ここでSE。
寂しくなる感じの曲を選曲する意外さ。金曜ロードショーの旧OP曲「シネマノスタルジア」(久石譲)
だったようです。

overture
イベントTシャツのメンバーカラーバージョンで登場。
EN1:My Dear Fellow      トロッコ移動
   日本で初披露!しかし、振り付けはまだない。好きな曲だ。夏菜子のソロもいい。
   常設オーロラビジョンにヤンキースの文字。
MC:マー君との共作話。

EN2:鋼の意志
ここ最近の定番。メンバーも気に入ってる感じ。スタンドマイクや旗振りなどワンパターン化
  してる感は否めない。
EN3:僕等のセンチュリー
  この曲は盛り上がるね。 

影ナレ 玉井&高城

21時。2時間きっかりで終了。
今日はあーりんが踊れないのを逆手にとり、4人と離れてトロッコでアリーナをぐるぐるしてる時間が長く、メンバーもいつもより「縦横無尽」にまわっていた。外周だけでなく、アリーナ内にもトロッコ用の通路幅をとっていた。満足したノフも多かったよう。
自分の位置からは表情がわからないくらいの距離だったけど、日産のような阻害感はなかった。
AEイベント楽しい!!

開く コメント(0)

昨日終ったときも2日目があるという贅沢さにうれしくなった。
今日も快晴!春らしい暖かさ。
季節を感じるももクロライブにふさわしい日だ。

昨日の反省から12時半集合したものの、すぐに事前認証が済んでしまい
あとは秩父宮ラグビー場でやってるテシロパークへ。
しおりんの似てないものまねを盛り上げるモノノフがスゴかった。

今日の席はスタンドのかなり上段。わかっていたがとにかく席がびっくりするほど狭い。
でも下から見ると密集度がスゴくて壮観なんだよね。聖火台も少し遠いが、国立特有の見下ろす感じもらしくていいじゃないかと自分を慰める。実際、サイリウムで埋め尽くされた国立を見下ろせた。

すでに聖火の火がついている。
オープニングVTR2回目だけど、気持ち昂る。
ジェットコースターは今日は横からながめたけど、やっぱりありゃスゴい。

昨日同様ももパン衣装で登場し、シングル曲のリリース順の披露だった。
やっぱり歴史を振り返る部分は昨日観てない人には観てもらいたいということだろう。
イメージ 3
以下写真:ナタリー
01. ももいろパンチ 
02. 未来へススメ! 
03. 行くぜっ!怪盗少女
高い場所からエビ反りをしっかり目に焼き付けた!

04. ピンキージョーンズ
歌詞を「天下を取りに行くぜぃ」から「天下を取りに来たぜぃ」と変えたことで盛り上がった!昨日も変えた??

05. ミライボウル
VTR:結成からZ誕生まで
06. Z伝説 〜終わりなき革命〜
立木さん、今日も大活躍。

07. D'の純情
08. 労働讃歌
09. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

MC:自己紹介
昨日に続き、会場は5色ペンライトで盛り上げる。これが恒例になるのかな。
しおりん「おい!国立!声が出せるのかーー!」
夏菜子「わっしょい!SAY!」で会場にSAYまで言わす(笑)

10. Z女戦争
あーりん「ベルが鳴る襲来だ!」で大幅に声裏返る(笑)
音響の不備かと思った。

11. サラバ、愛しき悲しみたちよ
12. GOUNN
13. 泣いてもいいんだよ
この新曲が出来た時、キング宮本と川上さんが泣いて抱き合った話が披露。

VTR:ヤマダ電器を再訪問
昨日と合わせて4回目ももパンを観たことになる。

14. Neo STARGATE
これは今日一番だったかも。圧巻の東響コーラスの生声!からの
センターステージを蛍光ライトで光らせた衣装で登場!

15. BIRTH Ø BIRTH
続いてもテンションそのまま。

16. 黒い週末
外周路へ。ここからだと表情までは見えず。昨日の自分の席を観てたのだが、今日はその前では誰も止まってなかった。昨日はスゴい運が良かったな。
夏菜子が頭を抱えたのはれにちゃん、あーりんが怒るという段取り(笑)

17. Chai Maxx
2日続けて披露。夏菜子は今日もキレキレですぐ近くのファンへ向けてパフォーマンス。
遠目でも感動する光景。

MC:新曲のPVには北川景子さん出演。

18. Believe
モニターをバックにシルエットで始まるカッコ良さ。細かい部分にも拘りがある演出だ。
最高のながれ。しおりん「SAY!」でみんな大合唱!
※しおりんが22時のももクロくらぶ生放送で国立川で1人も歌ってくれなかったリベンジと告白

19. いつか君が
これも2日続けて。しかし、トロッコではなかった。

20. 灰とダイヤモンド
この曲は何度でも聴きたい。今日は生ストリングスで最高でした!
大量の白い風船演出で最高の雰囲気に。

21. 鋼の意志
れにちゃんの昨日と同じ煽り。いや、「高見沢俊彦!鋼の意志を持ってるか!!」
ついに来たか、という感じ。髪を短く切ってた(笑)
ギターソロで夏菜子が待つセンターステージへ。
おとなしめの大人にはめっぽう強気の夏菜子とれにちゃんはたかみーいじりをしてました(笑)
3Bジュニアも昨日同様参加。盛り上がる。なぜかだんだん好きになる。
完全にこの曲を推してるのがよくわかった。

<アンコール>
22. CONTRADICTION
ドレス風衣装で。ペプシ以来だが、結構みんな久々のようで盛り上がる。

23. 堂々平和宣言
2回目聴くと聴きどころに気づく。掛け声が楽しそう。
リヤカートロッコへ。
イメージ 2


24. オレンジノート
25. ももクロのニッポン万歳!
ゆっくり一周。メンバーはボールを飛ばすのに必死(笑)

26. あの空へ向かって
待ってました。バンド演奏も最高だった。2日間の集大成の想いが伝わり、涙が出そうでした。
メンバーとしてはももクリでは泣いて歌えなかったのでリベンジという感じもあったかな。
「世界のももクロNo.1」は現場で初めてコールしたぞ。
花火とメンバー紹介。

そして、ステージに5人が残る。れにちゃんが突然歩き出し、モニターには結成当初の写真が映され何かあるのかと思ったら聖火台へ向けてひとり、ひとり歩く演出。
そしてジェットコースターで上にあがり、あの聖火台へ。カッコいい表情だった。
ここで、再び5万人の「世界のももクロNo.1」今日はコールしてもいいでしょ。

そして、締めの言葉。
ナタリーは全文掲載してますが、このコメントが今日のハイライト。
ちょっとまとめさせてもらいました。
みんなスゴい。5人が泣くとは思わなかった。
我らがリーダー夏菜子の言葉で涙腺は崩壊しました。

(高城れに)
「ももクロは絶対終わらないって、自信を持って、このメンバーとモノノフさんと一緒なら大丈夫だって、胸を張って言えます。ももクロを応援してくれて関わってくれる人全員と一緒なら、その奇跡も起こせる自信があります。ここで誓ってもいいです。」

(佐々木彩夏)
「ももクロが夢を叶えたって思われがちだけどそうじゃなくて、みんなが叶えてくれた夢だから、すごいのは私たちじゃなくて本当にみんなだと思うのね。ももクロにこの人生をかけて、がんばりたいと思います。皆さんも私たちと一緒に、これからも一緒に、本当に一緒にいてほしいんです。お願いします。」

(玉井詩織)
「初めは大人の思いつきで、歌もできないし、プロフィールにダンスって書いてあったからただ集められたメンバーだと思ってた、そのときに集められたメンバーが、本当に奇跡の5人だったなって。モノノフさんと私たちで新しい道を作って、ずーっと、ももクロを存在させ続けましょう!」

(有安杏果)
「絶対にまた絶対に、また、みんなと一緒に会いたいなあって、すごく思います。だから、みんなにまた会えるように、これからもずっとずーっと、この5人と、最高のスタッフさんと、そして、みんなモノノフと一緒に、これからも一歩ずつゆっくり歩調合わせながら前に進んでいけたらなって思います。ちょっとね、寒いと思うし、そろそろずっと上向いてて首もね、疲れてると思うので(笑)今日はゆっくり休んでください。」

(百田夏菜子)
「私たちは大きな会場でやりたいから、やってるわけじゃないんです。会場をゴールにしてたら、大きな会場でやったらそれで終わりみたいになっちゃうけどみんなに笑顔を届けることにゴールはないと思うんです。私たちは、天下を取りに来ました。でもそれは、アイドル界の天下でもなく、芸能界の天下でもありません。みんなに笑顔を届けるという部分で、天下を取りたい。そう思います。これからもずっとずっと、みんなに嫌なことがあっても、私たちを観て、ずっと笑っててほしいです。2日目、私たちメンバーの中では、何かサプライズがあるのかななんて思ってたんですけど、こうやって何もないまま最後まで来て、わかったんです。もう悪い大人は、私たちの前に壁を作ってくれないんだなあと思って。だから私たちが今度は自分たちで、大人の事情とか関係なく、もっといろんなことをやっていけたらいいなって思いました。目の前が真っ暗になってしまったときは、みんなのそのサイリウムを目当てに、進んでいけたらいいなと思います。」

国立という特別な場所で、メンバーの想いがじっくり語られました。
ももクロについてまわる「目標」。
ずっとももクロを存続させるという最も難しいことを口にするメンバーが3人も。
杏果は正直に自分の気持ちを話し、リーダーはここ一番でスゴい言葉を放つ。
奇跡の5人。みんなに言われるようになってほしい。

最後に5人の叫ぶような「ありがとうございました!」が生で聴こえたことがうれしい。
イメージ 1


風が強くて花粉症の自分には厳しい状況だったけど、
2日間現場で体感したことはこれ以上ない思い出。
きれいに沈む夕日、聖火の上に浮かんだ月、新宿高層ビルの夜景とともに。


※このあとの22時のラジオ生放送の締めで夏菜子は「今、すごいラーメン食べたいんだけど」(爆笑)
さすがリーダー。

選手紹介 BGM爆勝宣言(橋本真也)
オープニングVTR
SE:overture
01:ももいろパンチ
02:未来へススメ!
03:行くぜっ!怪盗少女
04:ピンキージョーンズ
05:ミライボウル
VTR:過去映像
06:Z伝説 〜終わりなき革命〜
07:D'の純情
08:労働讃歌
09:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
MC:自己紹介 
10:Z女戦争
11:サラバ、愛しき悲しみたちよ
12:GOUNN
13:泣いてもいいんだよ <5/8新曲作詞・作曲:中島みゆき>
VTR:悪夢ちゃん・過去映像
14.Neo STARGATE
15:BIRTH O BIRTH
16:黒い週末
17:Chai Maxx
MC:
18:Believe
19:いつか君が
20:灰とダイヤモンド
21:鋼の意志 with高見沢俊彦
MC
SE:overture
EN1:CONTRADICTION
MC:
EN2:堂々平和宣言
EN3:オレンジノート
EN4:ももクロのニッポン万歳!
EN5:あの空へ向かって
MC:聖火台から感想
エンディングVTR 


開く コメント(1)

ももクロ晴れ。こう呼びたくなるほどの快晴を呼び込むももクロ。

14時半くらいに事前認証へ。ところが、さばききれないと思ったのか、事前認証を終了して
各入場門へ行くよう指示される。

15時過ぎ、入場。中にもAE抽選ブースと主要なアイテムのみの物販があり、
なんとか予定を済ませた。

会場に入る時は興奮する。情報が漏れていたように芝生にアリーナ席。
モノノフで埋まったスタンド席のものすごい圧を感じながらアリーナへ。
そして、自分の席はは中央よりで最後列から2列目。つまり聖火台の下のサブステの近く。
すぐ後ろに外周通路が…。

橋本真也の爆勝宣言でメンバー紹介!

オープニングVTR。今いるこの国立でのショットやあのフロム中武で語るメンバー。
集大成のライブなんだなあと実感。
♬SOMEWHERE OUT THERE/Linda Ronstadt and James Ingram 
♬PE'Z - 花咲ク DON BLA GO!

イメージ 1
                                以下写真:ナタリー

そして、登場したのはやはりあの聖火台。
ももパン衣装!(B.L.Tで先に披露しちゃったんだな)
聖火点火!やると思ってても感動する光景。
どうやって降りてくるのかと思ったら
大砲&overtureでまさかのジェットコースター!これは驚いた!

01:ももいろパンチ
予想というか希望が一番多かったが、それが実現!
感慨深いというより、サブステが近く興奮。

02:未来へススメ!
そのままサブステ。もしかしてリリース順か。
無印セットリストで会場も興奮。

03:行くぜっ!怪盗少女
センターへ移動。やっぱりリリース順か。歴史を振り返るセットリスト!
ここからダウンタウンももクロバンド!怪盗の生演奏好きです。
夏菜子のエビ反りを生で観る喜び。

04:ピンキージョーンズ
05:ミライボウル
遠いメインステージ移動して披露。最高のながれ。ダウンタウンももクロバンドの振付けしてた。

ここでVTR。立木さん、生ナレーション。
結成からZ誕生まで。
メンバーそれぞれの初ショットと思われる映像が出てきた。
こういうのはあると思ったけど、当時の映像ホントいいね。
何度も見てるあかりん脱退告白シーンもながれた。

06:Z伝説 〜終わりなき革命〜
2つ目の衣装はZ伝説時のものをリメイク。頭にはとさか。
立木さん、そのまま参加。アニメ紅白の再演。これ最高だった。

07:D'の純情
豪華にストリングス。
08:労働讃歌
09:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
曲間あけずつなぐ演奏がカッコ良かった。東響コーラスのみなさん登場。生の迫力。

ここでようやく自己紹介。
杏果のときに緑一色!杏果涙ぐむ。モノノフ素晴らしい。
国立グッズの5色ペンライトが大活躍。これ買って良かった。それにしてもみんな買ったんだな。
でも、次の夏菜子でも赤一色に(笑)
夏菜子が松潤のまねして「いいかお前ら、私たち5人で全員幸せにしてやるよ!」

10:Z女戦争
11:サラバ、愛しき悲しみたちよ
ここまで生演奏。特効の炎が近くて熱かった(笑)これも現場の臨場感!

12:GOUNN
中盤でスモーク。映像に切り替わる演出だったけどみんなすぐわからず。
歌詞も「あなたに逢いたいよ、国立のどこかで〜」と歌われ、ざわざわ。
着替え時間の確保はいつも試行錯誤してるけど、この新たに作った映像は良かった。

13:泣いてもいいんだよ
シングル披露のながれで新曲発表だった。
まさに中島みゆきの曲。衣装もいい感じ。またいい曲増えた。
再びバンド演奏。
イメージ 3


ここでVTR。
ももパンデイリー11位発表の地、ヤマダ電器を再訪問。
同じ場所でももパンを踊るメンバー最高だった。
店員の方とヤマダ電器の歌を仲良く歌うシーンで終る。ももクロらしさが溢れるVTR。

14:DNA狂詩曲
4つ目の衣装でセンターステージ。鉄板曲来ました!
さあ、ここからどんな展開かという興奮。

15:BIONIC CHERRY
ようやく外周路へ。あーりんが近くに来ました。
今日は気合いの入った本来のあーりんだった。パフォーマンス中の表情に凄みがあった。

16:PUSH
目の前でしおりんがかなり長く踊ってくれた。
こういう場面に遭遇すると曲の記憶があまりない(笑)

17:Chai Maxx
今度は夏菜子が来てくれた。キレキレのチャイマを目の前で!夢見心地。放心状態だったような。

近くに来た時は、サブステ側を向くのでモニタが観れず、他のメンバーの動きがどうなってるか
わからなくなるが、プロのパフォーマンス見た感動があったなあ。

そして、主役杏果の誕生日お祝い。再び緑のサイリウム一色に染まると、バンドの演奏と東響コーラスに合わせて「Happy Birthday To You」をメンバー、モノノフが一緒に合唱。
川上さんが持ってきた作り物ケーキからともみんがサプライズ登場。顔に落書き(笑)
最近、結構出て来るようになったなあ。
杏果「お母さん、幸せです!」
イメージ 2


18:words of the mind - brandnew journey -
夏菜子が曲紹介を指示して「吉祥寺でwords of the mind」とカッコ良く決めた杏果!
最高のワーズだったね。

女川からの大漁旗、れにちゃんが訪問した郡山の小学校生徒の夢を書いたパネルが紹介された。
こういった部分も最近のももクロらしさ。
そして、国立川ライブの話からの
19.いつか君が
国立川のリヤカーを再現ということでトロッコ移動。
れにちゃん、杏果の2人が通過。
今日の主役、杏果のレスがあった…と思う。杏果のファンサービスが一番スゴい!

20.ツヨクツヨク 
ここでこの曲を聴きたかった!大量の風船飛ばす演出。

21:鋼の意志
れにちゃんの煽りから入る。夏菜子のソロで力を感じる。
3Bジュニアの子たちが通路へ。ジャニーズっぽいな。
本編終了。

EN1:仮想ディストピア
5つ目の衣装は鼓笛隊風。この曲も鉄板だ。盛り上がる。

そして、聖火台に南国ピーナッツ登場。
夏のバカ騒ぎは予想どおり、日産スタジアム。でも2Daysで14万人動員!
芝生解放予定と発表。

EN2:堂々平和宣言
初聴きだったけど、ホントにチャレンジするね。サングラス(笑)
でも、掛け声みたいなので盛り上がるかも。

EN3:月と銀紙飛行船
満月が聖火台の上に。メンバーも気持ちよく歌ったようす。

EN4:コノウタ
再び、リヤカートロッコでボール投げ&テニスラケットでバッティング(笑)
近過ぎて飛んで来ず。

EN5:走れ!
締めにふさわしい。国立のサイリウムもスゴかった。
最後は花火。

最後の感想。夏菜子の成長を毎回感じるようになった。
「1本のサイリウムも皆さんが掲げるとこんなにも明るくなる。この会場はパワースポットなのかなと思います」と名言が出たにもかかわらず「これからもそんな皆さんと一緒に……どっかに行けたらいいなと思います(笑)」

エンディング映像、相変わらずしっとりしたいい曲持ってくるな。
♬Money Talks (Am7 Remix)/The 49ers

しかし、夜が冷えた。
ももクリは現地行ってないがこれより寒かったなんて。メンバーも寒そうだったけどそこはプロ。
大箱のパフォーマンスはやっぱりすごかった。 ゲストは立木さんのみ。
ゲストなしでがっつりライブ。ももクロの原点はここにあり。
3時間半。短く感じたけど、パフォーマンス中心でこの時間だから十分。

今日は杏果、れにちゃんのブログが更新された。

選手紹介 BGM爆勝宣言(橋本真也)
オープニングVTR
聖火台点灯
SE:overture
01:ももいろパンチ
02:未来へススメ!
03:行くぜっ!怪盗少女
04:ピンキージョーンズ
05:ミライボウル
VTR:過去映像
06:Z伝説 〜終わりなき革命〜
07:D'の純情
08:労働讃歌
09:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
MC:自己紹介 
10:Z女戦争
11:サラバ、愛しき悲しみたちよ
12:GOUNN
13:泣いてもいいんだよ <5/8新曲作詞・作曲:中島みゆき>
VTR:悪夢ちゃん・過去映像
14:DNA狂詩曲
15:BIONIC CHERRY
16:PUSH
17:Chai Maxx
MC:有安誕生日祝福
18:words of the mind - brandnew journey -
MC:
19.いつか君が
20.ツヨクツヨク 
21:鋼の意志
SE:overture
EN1:仮想ディストピア
MC:松崎しげる <日産スタジアム 7月26・27日>
EN2:堂々平和宣言
EN3:月と銀紙飛行船
EN4:コノウタ
EN5:走れ! バンド紹介
MC:感想
エンディングVTR

開く コメント(0)

EXシアター六本木2DAYSの2日目。ライブビューイングだけど2日続けて参加できて良かった。
今日は何やるか情報なしなので、結構みんな予想するの楽しそうだった。

今日の現地のキャパは1,700人。1Fはオールスタンディングで下手は女性エリア。2Fには子供席もあり。昨日より多いけど、今後もこんな規模でやるのは年1回あるかないかだろうな。

開演前のSEは「ニューヨーク・ニューヨーク by F・シナトラ」こだわってるなあ。

メンバー登場して現場大興奮。ライブハウスの盛り上がりはスゴい。
ポーズを取るも、曲にいかずいきなりしゃべりだす。
しおりん「安い方のライブへようこそ」(今日の現地のチケ代3800円で昨日は6000円だった)
れにちゃん「この貧乏人め!」「今日ははしょってくから」
夏菜子「値段安いので、値段になったライブやりますんで」
国立の話題で3/15が誕生日の杏果へ「セレモニーやるみたいだよ、泣く準備しといてね」のような
やりとりなどありました。

冒頭から面白いなあといまさらだけど感心した。小箱の時の方が面白い。

で、不機嫌キャラ定着のあーりん怒りだす。「日頃から思っていることがあるの!」
しおりん「さあ、ということで今日も始まりました。ももクロの茶番劇。」
あーりん「国立まではっきりさせたい。みんなは色を推してるのか、推しが先なのか」
色を変えて試してみようということでくじ引き。それを佐藤守道さんが審査し、最下位は罰ゲーム。
みんな緑を引きたがらない。

結果は
れにちゃん 自信ないため「始めから謝っときます」
夏菜子
あーりん
杏果
しおりん  決定後すごい嫌がりよう「緑はいやーーーっ!」
                  
夏菜子はれにちゃんをからかい「わたし早取り(食い気味で)で歌わないと」
れにちゃん「じゃあ鼻の穴広げて歌おう」→夏菜子に追いかけられる

パート決定に使われた5色ボールはその場でサインされ、会場内のファンに投げ渡された。
遠くに飛ばす振りして数メートルしか飛ばす。(発砲スチロールだったという情報が)

着替えのつなぎで登場したのは
テレ朝アナウンサーのユニット「ゴーちゃん&ゴーちゃん。GIRLS」の3人。
れにちゃん恒例の女子アナいじり「スキップスコップハスカップ!何カップ?」
森アナまさかのマジ返し「Bカップ」爆笑!
3月に解散するのに記念シングルを出すとかで、歌ったのがPerfumeそのままな感じ。
ノリの良い曲で現場の以上な盛り上がりが映画館にも伝染してた。
森アナを感動の涙へ導いたモノノフのすごさ。

overture
それぞれ決まった色の衣装で登場し、大歓声!!
やあ、これいいなあと思った瞬間。れにちゃんは夏菜子風ポニーテール。
イメージ 3
                                       写真:ナタリー
01:GOUNN
れにちゃん始めのソロばっちり決める
夏菜子 歌詞飛ばしてた
杏果 あーりんのように「カルマっ」
しおりん ものまねする余裕、フライングの「甘露の匂い」

02:PUSH
曲が速くなっても結構できてたのでスゴいと思ったが、さすがに「負けたくない」そろわない

03:黒い週末
夏菜子
杏果「all aboard aha aha aha…あーりん(エコー)」は何か言い換えて気がするがやりきる。
タイミングがわからないれにちゃんを杏果が肩をたたき助ける場面も。

04:行くぜっ!怪盗少女
アユレディ番号間違える
間奏アクロバットもグダグダ
あーりんの「2番」忘れ!しおりん叫ぶ!ここは個人的に大爆笑!
れにちゃん 馬跳びできず。エビ反りはなんとか成功
夏菜子 反り過ぎ背面ケチャ
しおりんイエーイイエイパートの後、遅れ気味に戻るところまでマネる

MC:色チェンジでの自己紹介
ものまね自己紹介となり、
杏果「二階席〜盛り上がってるー!? アリーナ盛り上がってる〜?」
しおりん マネしようとしてアゴしゃくれる
あーりん「ん〜?…今日も一緒に〜!」
れにちゃん アホっぽくしゃべり「ちょっぴりおバカな…」

05:words of the mind - brandnew journey -
しおりん 軍手投げ、ムーンウォーク
杏果 ラップ良かった。「MCももか」と変える対応。
あーりん ラップが得意なのがわかった。

06:ツヨクツヨク
あーりん れにちゃん 杏果 ともにラップパートやりきる 
決めポーズでタオルの向きはみんなあってた(笑)
イメージ 1


07:事務所にもっと推され隊/夏菜子しおりん
しおりん 早口は「さしすせそ、ジャッキーチェン、キチジョウジ」

08:あーりんは反抗期!/杏果
「ももちゃんの事、有安って言うな! ももちゃんだよ〜、ももちゃんだよ〜」
あーりんの怒りによって途中で中断、やり直し(笑)間奏ダンスがコサック、有安ダンスなどアドリブを入れて逃げ切る

09:サラバ、愛しき悲しみたちよ
れにちゃん 背中見せながら豪快に見せ場のソロを飛ばす
夏菜子がれにちゃんを気にしながらパフォーマンス

10:BIRTH Ø BIRTH
11:灰とダイヤモンド
あえて昨日やった曲をやるという挑戦を感じた。
各自バッチリ、特にれにちゃんスゴかった!
しおりん 何とか「砂にまかれても」歌いきる。さすがのしおりんも間奏のとき夏菜子、れにちゃんと顔を見合わせドキドキ感を伝えてたのが印象的だった。

あーりんの終了宣言のあと、終ってみて感想を言い合う。
れにちゃんがライブ後でもカラオケに行くので対応できたでしょと聞かれ
「カラオケとは違うよ、だってみんな見てるもん!」照れが可愛かった。

真剣にさぐりさぐりの感じが面白かったなあ。総じてスゴい対応力だった。振りは無理と言いつつ、主な決めポイントは振りもチェンジしてた。怪盗が一番面白かった!
くじ引きガチだったか怪しいとの話もあるが、セットリストの曲を全部を通してリハすれが可能と思った。歌詞はモニタあったようだし。まあ、衣装がよく入ったなあとは思うが(笑)で、今日のあーりん、動きも増えて結構参加してた。今日の企画でもユニットはなかった。

ここから通常パート。
12:ももいろ太鼓どどんが節
れにちゃん活き活き。
13:仮想ディストピア
杏果 珍しく歌詞を忘れ「ナ〜ナ〜」とごまかす
14:泣いちゃいそう冬
この冬の定番となったけど、今日も楽しそうで良かった。

あーりんが今日の企画について語る。
「みんな自分のパートの大切さ分かった?私は国立の前にこのことを伝えたかったの。」
「私ケガしちゃったじゃん、脇から観てたももいろクローバーZがすごい光ってたの。
「ももクロもモノノフも、自分のパートも大切にして欲しかった」
「みんなで行こうよ国立の向こう側」
みんな泣きマネするも、おや?? れにちゃんマジ泣き!
メンバーも驚いてた。昨日に続き、QJ特集にリンクし感動。でも少し心配になった。

あーりん「れにちゃん、でもね、ルールはルールなの。」
こんなときでも段取りを進めるあーりん(笑)
佐藤守道さん結果を持ってステージへ、「本当の私とやらを出す事は出来たのかな」
反発なのか夏菜子が会場盛り上げてという無茶ぶり。ステージに上がったら最後だね(笑)
で、マイク置いて叫んでました!
「よっしゃいくぞー! れに! かなこ! ももか! しおりん! あーりん! 行くぜっ! 
ももいろクローバー! 俺も国立の向こう側に行くぞー!」(守道コール)
メンバー倒れながら爆笑。
そして今日の意義を説明。
「国立前にレクリエーションみたいなことをやっていいのかという人もいるかもしれないけど、意味のないことなんてないと思う。パート割を意識したことでユニゾンの出来がいつもより良かった」
と評価。守道さんはいつもはダメ出しするとのことでメンバーは褒められてうれしがってた。

パートチェンジの審査結果発表。あーりんが読み上げ。
4位れに 3位ももか 2位しおりん 1位あーりん 最下位 夏菜子
夏菜子のマイナス10点の理由はソロパートが少ないのに抜けが多かったからとのこと。
(れにちゃんが私が楽みたいじゃんとツッコミ)
罰ゲームは青汁の炭酸割り 気落ちした夏菜子へみんなができる?と聞くと
夏菜子「できるーーー!」爆笑。
何度にも分け休憩を入れながら飲み干して「待ってろ国立ー!」
本編終了。

アンコールのコール中、
川上さんが映って「お客さん大丈夫ですか?」  
客「おー」
川上さん「じゃあアンコール続けてください(笑)」

あんなとこから川上さんに見られてやりにくいだろうに、ももクロちゃんたち(笑)

アンコール:七色のスターダストのTシャツで登場。
EN1:走れ!
ライブハウスでこの曲、はまる。現場の熱気スゴかった!
EN2:いつか君が
昨日に続いて。ももクロちゃんもこれが好きなのが良く伝わる。

ここで、間をうめるどうでもいい会話(笑)
あーりん「ねえ、かなこちゃん私のことどう思ってるの?」
かなこ「割と好き」
あーりん不機嫌顔。
その間「雑用係」(笑)3人は鋼の意志の旗とハンドマイクをセッティング。

会場のタイトル由来の質問に答えてた。
川上さん「お前らライブのタイトル考えろ〜」
れにちゃん「おしいろマンハッタン」
夏菜子「なんてこった!」
しおりん「パンナコッタ」
で決定したとのこと。"おしいろ"以外は関係なかった。

EN3:鋼の意思
夏菜子のソロパートに締めの曲への成長を感じた。

今日もMVP決めてみよう!
れにちゃんだな。
イメージ 2


2時間40分。予想に反して今日もこんなにやってくれた。今日も「挑戦」だったな。
自分たちはライブを一番大事にしてると宣言している意味を深く理解したぞ。
引き出しがまた増えた。

いつかライブハウスのももクロライブに当選しますように(祈り)。

次にセーラームーンのイベントがあって、

いよいよ国立!2日間参加する、ドキドキ。



開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事