全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

                                       写真:ナタリー
ももクロの挑戦!スゴかった!完成したパフォーマンスとはならなくても所々で挑戦してる姿が見られた今日のライブ。カバーするってスゴい難しいことも改めてわかった、でも今の力を出し切って楽しませてくれた。期待値をはるかに超えた感動。大満足の2時間50分。(あーりんの限界時間ちょっと前の21:50終了)

2012年11月の「ももいろ夜ばなし 白秋」に続いて待望の2回目で、生楽器中心のアレンジで構成される"アンプラグド"ライブ。
会場はEXシアター六本木で着席スタイル(920席)。来月国立2DAYSを行うグループがキャパ1000人に満たないこの会場で観れる素晴らしさ。がしかし、今回もFC先行ではずれ、なんとかライブビューイングで観ることができた。映画館の客層、EXシアターの客層がいつもより若い層が少なかった、この企画の内容を反映していたように感じたし、自分もいつもとは違うワクワク感でいっぱいだった。

聞き覚えのある久米明さんの大きな古時計歌詞朗読で始まった。

バンド編成には4名のストリングス隊もいることがわかりちょっと興奮。ベース(ウッドベース)は浜崎賢太さん、ギターはももクロバンド皆勤賞と後で紹介された佐藤大剛さん、ピアノはejiさん(浜松が地元らしい)、パーカッションは福長雅夫さん、コーラスはmarronさんの9名だったかと思います。

緊張感に包まれながら1曲目はこの冬いっぱい聴いた「空のカーテン」。
出だしから声の調子が悪かったしおりんが気になった。

続いてしおりんの歌詞の朗読からソロ曲が続く。
4曲目、杏果の歌詞朗読。れにちゃんがMy Little Loverの「Hello,Again」を披露。これが本人の声質にマッチしていてスゴい良い出来だった。

続くあーりんの力を込めた歌詞朗読。夏菜子が披露したのは中島みゆきがTOKIOに提供した「宙船」。
夏菜子節の力強い歌に楽しくなった。次に何が来るかワクワクする中で登場したのは、池中弦太(笑)に扮した杏果。もみあげとキャップ(なぜか「TOP GUN」と書かれたヤツ)が最高過ぎて爆笑!もうこれがいい意味で緊張感に包まれていた雰囲気を笑いに変えてくれた。大好きな「もしもピアノが弾けたなら」がこうやってカバーされるうれしさ。うますぎる杏果、笑いを感動に変え、最後はトイピアノを披露。

そして、れにちゃんの歌詞朗読。誰もがわかる歌詞、尾崎豊「卒業」…この時点で誰が来るんだ??順番的にあーりんか??そこへ白いTシャツ(袖まくり&パンツイン)にジーパンで髪をオールバック風にして登場したしおりんが映ってどよめく会場。仁王立ちでハンドマイク。声の調子の悪さがわかる感じだったが、歌のイメージを大切にしながらの熱唱!男前でカッコ良かった。演奏もシンプルで曲も長い、歌唱力が問われる状況で後半「先生あなたは…」以降のたたみかけがすごい迫力だった。   
多くの人が今日のMVPだったと評価。帰るころまで気づかなかったけど、そうです、しおりんは3月で高校卒業。ここ最近ずっとももクロを引っ張っているしおりん、今日もちょくちょく出るアドリブも最高だった。この後もしばらくこの衣装のままで、「着替えたいな」ってボソッて言ってた(笑)
イメージ 2


続いては以外だったDNA狂詩曲。封印されてわかった!わがままな感想ですがやっぱりアコースティックアレンジとは言え、ダンスも観たい。

ここからはゲスト登場。久米明さんとお話。90歳で現役というのがわかるしっかりとした感じで、GOUNNツアーのナレーションがうれしかったこと、朗読するのに今でも緊張感と闘うというような内容の話など元気にうれしそうに語ってくれました。れにちゃんがGOUNNの教えで好きなところを話したのに久米さんが軽く「はい」で終らせた場面はみんな笑ってました。
その久米明さんが紹介して登場したのは辛島美登里さん。クリスマスのCS番組に続いて2回目。
ニューミュージック講座と題してももクロちゃんたちへ歌詞の想いをどう歌に込めるかという話があり、ももクロの苦手分野(笑)である恋と愛の違いについてメンバー1人ずつ説明することに。

百田(なぜか足を肩幅に広げ、なぜか身構える(笑))「恋はするもの…愛は…するもの??」…常識以外のこういうやつにも答えられない夏菜子…、誰かが書き込んでたが、こんな夏菜子もいつか愛を感じる日が来るんだとしみじみ思ったと。そう思います!
高城「恋は自分優先になるもの、愛は自分を犠牲にしてでも守りたいもの」…れにちゃんはさすがでした。これは台本ではなかったし、普段考えてる証拠ですね。
玉井「恋はキュンとするもの愛はホッとするもの」…しおりんもさすがです。
有安「恋はドキドキするもの愛は自然と生まれるもの?」
佐々木「愛はこの会場みんな! みんなももクロを通して愛があると思うの!」

想いを込めて歌ってみましょうということで、小田和正「たしかなこと」を全員でカバー。ホントいい歌詞だなと思って聴いてたら、れにちゃんが感極まり泣いていて、クイックジャパンの特集を読み終えたばかりだったので、もらい泣きしそうになった。これは特にメンバーも触れなかった。
そして、サイレント・イブの歌詞ができた時のエピソードが語られ、ここで今日ようやくソロで歌うあーりん。またリベンジみたいな状況となった。ここも「挑戦」を感じた場面。引き込まれる歌声であの時以上に格の違いを見せつけた、辛島美登里さん。書き込みでは「辛島道場」と書かれてた(笑)
でも、感動に包まれてた。終った時、確かしおりんが「会場に泣いてる人みつけちゃった!」と発言。

続くブロックはアップテンポな3曲、踊らないけどノリノリな感じで。
ピンキーで緊張から解放されたあーりんが、おもいっきり歌詞がとび、確か「なんだっけ?」と言い、テヘペロをするという大物っぷり!夏菜子の冷やかしもあった。
以外な選曲だったコントラのバンドアレンジも良かったです。
トイピアノで始まって少しどよめいたゲッダーン!。アレンジが秀逸。やっぱりこの曲はいろんな可能性がある。夏菜子名物うひょ顔も最高でしたが、バンドも主役でした。

MCのバンド紹介でバンマスの佐藤さんにメンバーが一番難しい曲は?と質問、この後やる曲は言ったらマズいよねとかいいながら乙女戦争をあげる(まさかやるとは…しおりん「…でも、歌う方もあの曲は大変なんですよね〜…」、あーりんがはけてるので「ビッグボイスがいない」とかささやくようなアドリブが笑えます。そんなしおりんはこの場面まで"尾崎"で、杏果にまだその格好なんだとつっこまれてたような)。
着替えでいなくなってたあーりんがデビュー時の松田聖子に扮して登場。披露したのは「Rock'n Rouge」。河合奈保子のようでしたが(笑)、この曲ホントよく聴いていた。

暗転の中、れにちゃんの声から始まった「星空のディスタンス」もはや鉄板ネタのアルフィー。桜井さんに扮するれにちゃんはおなじみですが、なんと夏菜子が坂崎さん、しおりんがたかみーに。夏菜子の子供っぽさが際立つ顔や、すまして歌う姿がたまらなかった(笑)きっと楽屋受け最高だっただろうなということで今日の裏MVP? 
で、板状の安っぽいベース、ギターは弦もだらーんとしてて悪のり感あった(しかも、しおりんのギターには夏菜子坊主顔?が描かれてる意味不明さ)けど、歌は良かった!
れにちゃんとしおりんのキスがよくわかんないし(笑)
イメージ 3


続いて、"俺の藤井"で話題となったてんかすトリオ衣装の杏果の姿が映った時にまたもどよめき。
「永遠のトリニティー」めちゃくちゃ迫力あった。杏果すげえ。カッコいい目のアニソンって感じ。なんか嫌だけど杏果の"ひとり立ち"を想起させるシーンだった。
その後のMCでメンバーがこの曲を1人で歌う大変さを話し、れにちゃんはこの曲好きって言ってた。

次にユーミンのライブに行ってこの曲いいなとみんなが思ったと紹介された「ノーサイド」を披露。
今日ずっとアラフォーのモノノフの為の選曲に感動してたけど、ここでMAXに。
この曲をももクロのカバーで聴く日が来るなんて。世代を超えていく感動とはこのことか。
後でわかったが、昨年12月に改修前最後の国立でのラグビー早明戦のセレモニーでユーミンがサプライズでこの曲を歌ったようで、これはきっと国立競技場オマージュに違いない。

そして、最高の演奏の「Z女戦争」で盛り上がりメンバーがはけて暗転となるもさっきまでの暗転と同じ感じだったので本編終了かわからずいまいちアンコールしていいか悩む現場がちょっと可笑しかった。

アンコールは衣装チェンジ。
辛島さんも加わり、「宙飛ぶ!お座敷列車」。生に拘り、ナレーションパートは久米さん。
ノリノリだったれにちゃんがさっきのに続いてしおりんへキス(笑)

続いて夏菜子が「会場にいる皆さん、そしてライブビューイングでご覧の皆さんも一緒に歌っていただこうかなと思います」と語り、5人が後ろにマイクを置く。
なんと「オレンジノート」を生声で披露!
会場との合唱がスゴかった、ラップ前の間奏パートを杏果が口で表現したりして最後のサビはアカペラ。泣いたよこれは。あの東京タワーライブの音響トラブルアカペラの再現か!
表情もすごい良かった。ゲスな言い方ですが、今日のEXシアターの最前列のみなさんがこの時ほどうらやましいと思ったことはないです。メンバーが会場のモノノフと一緒に歌いたいと前から言ってけど。こういうライブで実現させるところがいいね、しかも生声。

曲が終わり、あまりの感動かEXシアターが沈黙に包まれると、夏菜子が沈黙を感じ間を取った。
沈黙には慣れないと冷静に語る姿にも成長を感じてしまった。ほめ過ぎかな。

もう終わりかなと思ったら、元気いっぱいの「いつか君が」。この曲はバンド演奏がぴったり。

最高に盛り上がって、締めのゼーーット!

からの暗転。うん???

はじまったのはあのピアノのイントロ。

まさかのもう1曲!
「灰とダイアモンド」
4名のストリングスがここでも最高の演奏。
いつもに増して、
今日の杏果の「砂にまかれて〜も〜」はすごい迫力だった。


さらに暗転、椅子に座る久米明さんがスポットを浴び、再び大きな古時計の朗読。「玄冬」の意味を考えさせる演出に拘っていて良かった。ももクロライブの演出の幅の広さを感じる最後でした。
メンバー自己紹介がいれなかったのも異例。時間の都合だったのかな。

ライブ開始数時間前から
川上さんが「今日、見逃すな。」「濃密です。」「挑戦状だね。
と連続でつぶやいていたのがよくわかった内容だった!
一般世間にこういうライブやってること知らせたい気持ちになったな。こういうの深夜番組で放送したらみんなファンになるぞ!(いい意味で決してゴールデンの番組という感じではない)

ちなみに今日行った映画館ではEXシアター同様着席でしたが、サイリウムなしのコールなしでした。
個人的に今日はこれでいいと思ったが、まわりの空気を読んでそうなった感じだった。マナー問題が話題になってますが、夏菜子が恋と愛の違いを答える時、あるモノノフさんが大きい声で“頑張れー”とたぶん悪意はなく叫んだのですが、当の夏菜子本人からはわりと真面目に“それイラっとする!”と言われてた。空気読めない若い奴らがいっぱいいるのも事実だが、夏菜子はすげえな。東京03の飯塚さんにいじられて本気で怒ってるときもある。「バカ」って言い返すとき(笑)

さらに、スゴすぎるパーケンネタ。ライブ終わりに東京タワーを見に行ったツイートが(笑)

朗読:久米明(大きな古時計→空のカーテン歌詞)
01:空のカーテン
朗読:玉井詩織
02:太陽とえくぼ 
03:涙目のアリス
朗読:有安杏果
04:Hello,Again〜昔からある場所〜(My Little Lover) /高城れに
朗読:佐々木彩夏
05:宙船(そらふね)(TOKIO) /百田夏菜子
06:もしもピアノが弾けたなら(西田敏行) /有安杏果
朗読:高城れに
07:卒業(尾崎豊) /玉井詩織
朗読:百田夏菜子
08:DNA狂詩曲 

MC:ゲスト登場 久米明・辛島美登里
09:たしかなこと(小田和正) /ももクロ&辛島美登里 
10:サイレント・イヴ( 辛島美登里) /佐々木彩夏&辛島美登里

11:ピンキージョーンズ
12:CONTRADICTION
13:ゲッダーン!
MC:バンドメンバー紹介
14:Rock'n Rouge(松田聖子) /佐々木彩夏
15:星空のディスタンス(ALFEE) /高城・百田・玉井
16:永遠のトリニティー(てんかすトリオ) /有安杏果
MC:
17:ノーサイド(松任谷由実)/メンバー全員
18:Z女戦争

EN1:宙飛ぶ!お座敷列車 /ももクロ&辛島美登里  語りパート久米明
EN2:オレンジノート
EN3: いつか君が
EN4:灰とダイヤモンド
朗読:久米明(大きな古時計)

開く コメント(0)

イメージ 4


                                                                                                         以下写真:ナタリー

現地横浜アリーナのFC先行にはずれ、ライブビューイング(以下LV)のFC先行は当選。

予定は3時間だったらしいが、押してたっぷり4時間。すごろく、ドラマ、ゲスト、昨日の川上さんのオールナイトニッポンRの収録の模様など盛り沢山の内容でした。超楽しかった。

去年は東京国際ファーラムで当然LVなし。ニッポン放送のイベントながら横アリを使用し、LVまで。スゴいね。一応公開収録のイベント。
川上さんが今日のツイッターでLVしても映像化はないと言ってるので
気持ち悪い感じに詳細までまとめときます(笑)

メンバー登場。
今日のあーりんはいったいどんなロボか…ピンクのロボコップで登場!
怪我したスネあたりはテーピング固定してあり、わざと露出。
一回のイベントごとに制作するのってスゴい。毎回ニュースにのるし、モチベーションあがってるのかな。

いきなり労働讃歌。あーりんは上半身のみのダンス。
2曲目ミライボウルでマスクを取り、顔を披露。(夏菜子の片手側転あり)
続いてあーりん煽りでChai Maxx。

横アリは中央の天井にモニターがあり、メンバーからも見える。
MCであーりんが自分が映って「自分じゃないみたい」と自分に爆笑。

4曲目にラフスタイルがきて、ちょっと驚きました。早くも聴き入る。

メール質問コーナーでゴボウ(吉田尚典アナ)登場。
先日ゴボウへの節分マメで犯行声明した"いたずら"の話(マリモッコリの目とえくぼが手がかりという件で夏菜子がえくぼを出さないよう我慢した顔が秀逸!)、メンバー間で討論する時はしおりんが切り出すという話、他のアーティストのライブで誰が良かったかという話(れにちゃん湘南の風について話す)で、この前の苗場のユーミンライブの話が始まりメンバーにもサプライズでユーミンのマネしながら清水ミチコ登場!(Zになった直後の野音のザンジバルナイトの時に同じ楽屋だった話、「ステージがすべる」ということを「すべる」が厳禁のミチコさんへさかんに言ってたそう。出番前にバック転やってたというのは勘違い?)
で、トーク中に勝手に近寄って鍵盤を押す夏菜子(笑)「コラっ」って言われてもまた押す自由さ(笑)そんな夏菜子は昨日のリハ後にモノノフに遭遇し、いきなり「15x15は」とバカにされた話をして
杏果が計算し、225と正解を答えてた。モノノフもおもろいヤツが多いです。

そして、ものまね伝授コーナーへ→すぐそれをドレミの歌にのせる
かなこ→森山良子 (ざ〜あわわで変顔に)→れにちゃん直太朗披露!
しおりん→平野レミ
あーりん→昔のファックス送信音 
ももか→大山のぶ代版ドラえもん とトランペット
れに→美輪明宏
続いてメンバー着替えのつなぎでネタ披露。佐村河内ネタ最高(笑)

続いて久々な感じのユニット&ソロ。
推され隊(新衣装?)の杏果の「言えてねー」早口はニッポン放送の番組「武井咲と柳田理科雄のラジオ空想科学研究所」だったようで、ホント何言ってるかわからなかった(笑)
あーりん、ロボコップの上に花を装飾した簡易衣装、間奏はロボットダンス。
夏菜子はスタンド最上階に出現。すぐ近くのモノノフの興奮が伝わった。歌唱力あがってる。
しおりん、後方客席から登場、会場を一周。手足が長くて話題のしおりん、全身映ったときにホント足長く見えた。背もまだ伸びてる?
アリーナの通路沿い席の人たちが大喜びだった。2012夏ツアーのような至近距離。
ランウェイとセンターステージがすでにかなり近そうだ。

次にラジオドラマ「吉祥寺ベストフレンド物語」
映画主演が決まった杏果が滑舌が悪く「きちじょうじ」が言えない。みんなで協力するも杏果は映画を断ってしまうというストーリー。このあたりは自分たちで考えたような感じだね。で、オチになぜか夏菜子のホンモノ衣装で松本明子が登場。ニッポン放送つながりのゲストとはいえ、唐突。ひょっとしてこれもメンバーのアイデア?
だいぶラフな作りのわりに小道具で古屋マネージャー表紙のファッション誌がありました。
最後はストーリーにちなんだkiroroの「Best Friend」をカバー。お互いの顔を見ながらの「ありがとう」に照れまくる姿が良かったです。
イメージ 2


客席方向をつなぐランウェイにはマス目が書かれていたが、これを使って番組でも告知されてたすごろくゲームが行われた。
事前に5名のお客さんが座席番号で選ばれており(5名の内4名が女性だったのでホントに抽選かな?と思うも確かに女性客の割合が増えてる実感もある)5名なのに赤、紫推しがいないことにクレームをつける2人(笑)マス目ごと過去のエピソードや指示がでる。昔のからあげ事件はま未だに語られる面白さ。夏菜子の読み間違い「パン屋やーん」ネタは勉強不足でわからず。
川上さんかられにちゃんへのリアルダメ出しが面白かった。「あなたは表に出る人でしょ!」と言われショックで立てないれにちゃん(笑)
その他以下のような感じ。
かなこ 【ダジャレ指示】 妖怪になってみようかい 
れに 【変顔指示&一発芸】えなりくん顔マネ&ネックスプリング 
あーりん 【一発芸】ブラジルの皆さんこんにちわー
しおりん 【一発芸】チョッコだけよ〜
ももか 【一発芸&指示】アイーン(大照れ)&エビ反りジャンプ

お客さん5名はメンバー全員とのハイタッチ。若い子から中年まで幸せそうな笑顔が良かった。

で、優勝はしおりん。
協賛のロッテガーナチョコ30年分(12,000枚 660kg)が優勝商品と判明して大喜びする。
メンバーに場内モノノフへのバレンタインチョコとして譲ることを迫られる。
「(モノノフさんの姿は)見えない!」何度も抵抗するがファンであるモノノフにチョコを渡す苦渋の決断。この時のしおりん、チョコ配布は決まっていたような気もするが表情が秀逸だった(笑)

着替えタイムに昨日開催の川上アキラのオールナイトニッポンR ダイジェスト映像が流された。
メンバーも登場し、大盛上がりなのがよくわかった。正直ずっと見てたかった内容。
ラジオ本編も楽しみ。

続いて、overture でさあいくぞの合図。
このサラバからのブロックがあーりんとの特別フォーメーションが続き、やっぱすげえと感心。
この時はあーりんもTシャツ+下半身ロボコップだったので上半身でよく踊ってた。
いつも販売するTシャツを衣装さんがバージョンアップしてるけど、
このブロックから着てた今日のイベントTシャツをスパンコール化しててスゴいなと思った。
ここで、夏菜子「以上…なんだっけ」何歌ったか忘れるほどだったよう(笑)

新曲5/7発売の告知がありました!うれしいニュースだ。れにちゃん振りのイメージ披露(笑)

GOUNNで本編終了。夏菜子の出だしも相変わらずいいね。

イメージ 3


アンコールは後方から旗を持ち行進。開催中のオリンピックと鋼の意志の小道具をつなげた感じ?
今日の熱唱パフォーマンスを象徴するような1曲だった。

ラストは僕等のセンチュリーあーりん以外メンバーみんなが会場通路を歩いてサービス。
アリーナ通路沿い神席!大量の風船が舞い降り、大盛り上がりで終了。先日のももクリでは1曲目となったこの曲もどんどん育ててる感じする。

エンディングは大箱同様、エンドロールありました。
去年カバーしたユーミンのValentine's Radioでメイキングシーンとこの前の苗場のスキー遊びの映像が早くも使用されていた。
最後に来年も横アリで2/11に開催と発表!


で、家帰ってびっくり!
みなとみらいの映画館3つのスクリーンで音声不良があって、お詫びで終演後にメンバーが登場!
大和市から来た元気なももか推しのお母さんの為にキミノアトとみんなにオレンジノートのサビ
をそれぞれワンコーラスずつ披露したとのこと!
ももクロ側は直接悪くないのに川上さんの行動力が素晴らしい。

こういうももクロが好き。

↓川上さんツイッターより 
イメージ 1


SE:カルミナ・ブラーナ(去年BTイベント映像)
01:労働讃歌
02:ミライボウル
03:Chai Maxx

MC 自己紹介
04:ラフスタイルfor ももいろクローバーZ
05:いつか君が

MC メール質問コーナー ゲスト:清水ミチコ
06:事務所にもっと推され隊
07:だって あーりんなんだもーん 
08:太陽とえくぼ
09:涙目のアリス

MC
ラジオドラマ『 吉祥寺ベストフレンド物語』ゲスト:松本明子(夏菜子衣装で登場)
10:Best Friend(Kiroroカバー)

番組連動企画すごろくゲーム
川上アキラのオールナイトニッポンR ダイジェスト映像

SE:overture   
11:サラバ、愛しき悲しみたちよ
12:BIRTH Ø BIRTH
13:猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
MC:NEWシングル5/7発売発表
14:GOUNN

EN1:鋼の意志
EN2:僕等のセンチュリー 
Valentines'Radio:松任谷由実(エンディング映像)

開く コメント(0)

イメージ 1
                                     以下写真:ナタリー


このペプシの招待制ライブは夏のキャンペーンでペア2,000組、シングル500名の4500名の当選者限定ライブ。見事32口申し込みでシングルの方で当選!

本館(さいたまスーパーアリーナ)ではエレカシのライブ(WOWOW生中継、録画予約済…)。
駅からの道はすごい人だった。

会場入り口にれにちゃん推し有志一同からの成人祝(花で飾られた肖像画?)が飾られていた。
中に入るとペプシが1本ずつ配布された。
座席はB7ブロック(かなり中央)7列目。Aブロックで10列あってその後にBブロック。
サマソニの時よりも近くてメンバーの表情も見える距離。
後ろはひな壇席になってた。(だいぶ揺れたらしい)

席に着き、BGMにおやっと思った…。
冬のリビエラ、やっぱ好きやねん、大瀧詠一、たかじん追悼か。川上さん選曲したみたい。

5人のインタビュー映像がながれ、いよいよスタート。

いきなり驚いた。オープニングから茶番が(笑)
あーりんロボをバージョンアップした、あーりんペプシロボが高田延彦入場テーマに乗って場内からゆっくり歩きステージへ。結構クオリティ高い(笑)「I love 健康!  I love ペプシ!  Say!」で客席を煽る。4人も登場し夏菜子が胸のボタンを押すとペプシのミニペットボトルが。そう、自販機だった(笑)
そしてれにちゃんが一気飲み(高校に毎日ペプシ持って行って飲んでた本当のペプシ推し)

そして一旦さがってoverture。

いきなりのChai Maxx。攻める感じがびんびん。
コントラ、ワニシャン、BC、これぞももクロ。サマソニではまわりの密着により、思うように動けなかったけど、今日は狭いながらも動けて気持ちよかった〜。

今日の自己紹介は全身を使うバージョン。しおりんは美木良介ロングブレスのまね、滑舌悪いももかは
お口の運動…「あえいうえおあお…」マ行まで、夏菜子は後ろ反らし状態で(笑)
続いてあーりんの煽り…おやっ??またもやChai Maxx!
どうなってんだと思いながらも楽しむ。
PUSHでは日産の時と同様、曲が止まり川上さんの声が。古屋マネージャーが登場。(飴を舐めながらステージに上がりヒンシュクをかう。川上さんからも「謝れ!」)で、ステージ前で3対3のリレー+パン食い競走がはじまった。れにちゃんのバット頭付け回転が異様に高速なんで盛り上がった(笑)
続く上球物語でしおりんが腕立て10回やってた。

その後、ミュージカル調MCで天使のジャンプの歌でもやるのかと思ったが、あーりん「3回目だからかなり走る『Chai Maxx』!」と歌う。3回目のChai Maxx!は高速で…。
これを生で観れたのは良かった。久々にももクロの"全力"っぷりに感動。
で、バラードはもうないなと思ったけど、ここでココナツ、労働。

疲れ知らずでまたまた茶番。ペプシブラックのCM(見たことないよ〜と歌って踊るヤツ)を5人が再現、エリカ様のバージョンではしおりんボトル役(笑)
そろそろエンディングという涙ながらの茶番から、あーりん「ゴールまであと少し…ゴールまで一緒に走ってくれますか」で4回目のChai Maxx!
ほんとこれは驚いた。3回は中途半端と思ったのか、メンバーのアイデアか…。
歌い忘れや疲れがみられたけど後悔してたりして(笑)

でも、最後は感動のツヨクツヨク。生で聴けて嬉しかった。
イメージ 2


最後は夏菜子の思いつき?
左サイドは「バンザイ!」右サイドは「ペプシ!」を3回繰り返す「バンザイペプシ三唱」。

ももクロちゃん達のピュアさが微笑ましい、これでもかという「ペプシ」アピールだった。

アンコールが叫ばれる中、川上さんの「アンコールありません」で終了。
リレーの川上さん仕切りといい、自分たちだけで手作りした感じだった。

1時間半、やはりもっと観たかった。スポンサー主催なのでシンプルにやるだけでもいいと思うのだが「ももクロは普通にはやりません!」と宣言された気分。

シンプルに"5人"のパフォーマンスをしっかり観れるライブ(大箱演出ではない)は貴重だった。
普段映像越しだと俯瞰で観れない。当たり前だけど、この距離であれは、生が最高。
今後、フェス(時間は短い…)でしか観れそうもない。
     
    〜overtureフルバージョン〜
01. Chai Maxx
02. CONTRADICTION
03. ワニとシャンプー
04. BIONIC CHERRY
      MC自己紹介
05. Chai Maxx
06. PUSH        〜リレー対決〜
07. 上球物語 -Carpe diem-
      MC
08. Chai Maxx(高速ver)
09. ココ☆ナツ
10. 労働讃歌
      MC
11. Chai Maxx
12. ツヨクツヨク

開く コメント(0)

イメージ 1
                                      以下写真:ナタリー

新年1発目はスタダアイドルフェス的なお祭り。前橋グリーンドームまではさすがに行けない!
ってことで最初からライブビューイングのチケットに応募。

最後に大トリで登場したももクロ姉さんたちの貫禄がすごかった〜。妹グループをあれだけ観たら、待ち遠しくってそう見えたのだろうか(笑)いや、表情、ダンスのキレ、歌唱力、曲の良さ、やっぱり違うなと思った。シンプルにパフォーマンスに徹するももクロ、やっぱいいなあと思った。労働讃歌ではビール瓶パフォーマンスがエスカレート(笑)怪盗では夏菜子がひとりサブステまで行っての渾身のエビ反りジャンプ!何度観ても最高。ナタリー、さすがの激写!!

イメージ 2


最後は夏菜子がMCを仕切ってまわしてた、まあ当然でしょとは思うけど、嬉しい限りです。5年の活動を短期間でさかのぼって見てきたので、リアルな時間の経過を感じられませんが、改めて今日はちびっ子やら中学生ばっかり観た後なんでなんか感慨深い。
夏菜子があいあいモノマネを振ったりしてて、(しおりんうまくできなくなってた…)言い間違えた夏菜子へあいあいが「かなこちゃん!だめだこりゃw」
さらに六本木LVでスタダ社長が観てるからとれにちゃん「私がスタダを支える」(笑)
(来年は日本青年館で7days。「藤井の7日間戦争」)

ももクロの前に登場した2組のユニット。
1組目は杏果とエビのひなたとしゃちのちゆりの"てんかすトリオ"。歌唱力選抜って感じだった。かなり練習した感じでクールなダンスユニットだね。
もう1組は"チーム東名阪" エビ(真山・安本)、しゃち(柚姫)、たこやき(堀くるみ)で、こっちはスタダアイドルっぽいあがる曲だった。
両方オリジナル曲とのこと。

初めてちゃんとエビ中を観るのがこのタイミングになってしまったが、いいじゃないかエビ中。
いい曲だな♬誘惑したいや 
年末に3人の"転校"が淡々と発表されて、1人留学する関係で9人でやるのが今日と4月の武道館になる
ということだった。チーム大王イカ(初めて文字で打ったwww)の終わりに海に帰れなかった2人
の寸劇??があって意味不明だったが、どうやらその2人が加入するらしい。

しゃちほこも姉さんグループ2つに負けないくらいの若さ溢れるパワーを感じた。曲もくせになる感じだね。やっぱり場内もここからは一気に盛り上がった。

3B junior卒業証書授与の参加者はしおりん他女優の子3名(長尾寧音、大久保聡美、青山奈桜)。
女優組はさすがスターダストということで、アイドルグループと質の違いに驚いた。♬七色のスターダストの時に加わってくれてました。
しおりん「卒業したぞー!」「みんなの妹だったのにいつの間にか最年長になってた」「リーダーに言われたのでみなさん一緒に、いつ卒業するの!?」と去年の流行語を無自覚に堂々と使用(笑)しかも、最後のさがる時にもう1回かましてしまいました(笑)

そういえば、みにちあが終ったあとのVTRで藤井校長がももクロが来てるか確認して来てってエビ、しゃちメンバー(振り袖)に言われ、ももクロ控え室に入り、いじられるやつがありました。
やりとりが面白かったので書き込みのやつを以下へコピー。
“エビ中で贔屓してるメンバーを言え”「完全は箱推しです」 “ぁぃぁぃのものまねをやれ”
「ぁぃぁぃです」(ちっとも似てない) “これだけ一緒にいて少しも特徴を捉えてないぞ じゃあみれいちゃんをやれ”「みれいです」(ちっとも似てない) “仕事さぼってモルジブ行くそうだな” 「行かせていただきます」 “じゃあ奥さんの好きなところ3つあげろ” 「1つ 家庭的 2つ おおらかなところ 3つ やさしいところ」“おおらかでやさしいなら高城さんでもいいじゃないか”
「いや 高城さんはちょっと」

4時間半の長丁場。ただ、各グループ終了ごとに暗転し、結構時間かかってた。バンド入れ替えもないし、ちょっと場が冷めてた。

イメージ 3



セットリスト

みにちあ☆ベアーズ

01. みにちあ応援歌
02. みにちあ☆123
03. みにちあ☆100

→オープニング映像
たこやきレインボー

01. オーバー・ザ・たこやきレインボー
02. なにわのはにわ
03. めっちゃFUNK

KAGAJO☆4S

01. およげ!しらすちゃん
02. 決められないよ、どっちかなんて
03. 毎日がクリスマス

チームホタルイカ

01. 最強パレパレード
02. ベビーローションZ

チーム大王イカ

01. ダイビング
02. かえして!ニーソックス

卒業式(青山奈桜、大久保聡美、長尾寧音、玉井詩織)
チームしゃちほこ

01. いいくらし
02. ピザです!
03. そこそこプレミアム
04. 乙女受験戦争
05. 大好きっ!

私立恵比寿中学

01. 未確認中学生X
02. 仮契約のシンデレラ
03. 誘惑したいや
04. 使ってポートフォリオ
05. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX

てんかすトリオ(有安杏果、柏木ひなた、伊藤千由李)
01. 永遠のトリニティー
チーム東名阪(真山りか、安本彩花、大黒柚姫、堀くるみ)
01. 膝栗毛
ももいろクローバーZ
〜overture〜※紅白衣装からの早替え

01. BIRTH Ø BIRTH   ※出だしでエコーが…音響ミス?
02. 仮想ディストピア
03. 泣いちゃいそう冬

MC 自己紹介

04. いつか君が
05. 空のカーテン
06. 労働讃歌     ※ももたまいのシュプレ飛行ポーズ、ビール瓶は4人からと自分
07. 行くぜっ!怪盗少女
08. 鋼の意志

出演者全員
01. 七色のスターダスト

開く コメント(0)

イメージ 2
                                                  写真:ナタリー

泣いた、泣いた、涙が止まらなかった。まさかの国立2DAYS!発表。

恒例の松崎しげるの愛のメモリーにのせての発表だが、会場のモノノフにも歌わせるという
泣かせる演出。ビジョンに映ったあの驚くべき内容をみんな歌えたのだろうか??

ライブビューイングでは歌詞は見れず、ただ驚くばかり。

発表直後で♬あの空…につなぐ最高演出だけど、ありゃ歌えないよ。れにちゃんの号泣もすごかった。
特にしおりんの涙がぐっときた。泣き虫じゃなくなった彼女の涙ってよっぽどなんだよね。

そして最後の5人の挨拶にまた涙。
夏菜子は泣いてうまく話せない状況だったが、やはり最後に決めてくれた。
「たくさんの夢をかなえる自分たちにビックリしながらも、こうなったらどこまで行けるかな。
皆でありえない所まで、進んでみませんか?」
そして楽しく終ろうと「みんなの笑顔に……(カメラ目線)1兆返しだ!」

見所だった新曲や今日のドラマの布石Twinkle5、モノノフの村主さんの感動のスケートなどが
吹っ飛ぶ衝撃だった。ここを逃すとやれないかもと思ったのかな川上マネジャー。
今後どっかで話して!

では、その他について振り返ります。

まずは、開始時間の遅れ。トラブルが長引くにつれて最悪のケースも想像した。
37分遅れの16:37スタート。

オープニングでピアノソロから村主さん登場。これスゴい良かった。♬白い風ではメンバーから
剣、盾、ティアラなどを受け取る演出もあった。春西武ではPA卓などの場所にしていたところを
スケートリンク(実際は樹脂らしい)にして、全日本フィギュアに対抗した(笑)
MOVIXさいたまにいたんでまさにすぐそこのSSAで開催されてたんだよね。

今日は最初のMCから結構自由度高くて面白かった。
「だんご3兄弟」に爆笑しました!ももかの「テッパンです!」連発とでんぐり返しに爆笑。

毎年恒例、れにちゃんマジックショー。ハードルが上がっていくなか、ちゃんとびっくりさせてくれる。人体切断はベタかもしれないが、れにちゃんがやるとスゴいなあと思っちゃう。
夏菜子は半身人体にカンチョーするし…。

そういえば、♬全力少女でトロッコに乗ってステージの最後方のスタンドに行った時、
夏菜子が1人行動。川上マネジャーにマイクを向けたり(笑)、スタンド席の立ち入り禁止エリアに入って立ち見エリアの3人の女の子だけに向けて自分パートを歌った場面は驚いた。なかなかこういうことしなかったのに、ちょっとグッときた。

TV中継終ったあとにUST生中継したってのにも驚いた。前半以外はTVとUSTで観れたわけだ。
みんなあの感動のシーンを観れたのは良かったと思う。
川上マネジャー、これはみんなに観てほしかったのだろう。

今日の衣装も最高だった。大箱ライブの楽しみのひとつになってる、ホントいいのつくるよね。
最後はシスター風の衣装で衝撃の♬黒い週末(あーりんの腹パンチかられにちゃんの咳のくだり
最高に笑った)、でも♬灰ダイはぴったり合ってた。

ももクロバンドの演奏する曲も増えてる。怪盗が生演奏ってすごい。

初のマイクスタンドで高見沢の新曲。もろアルフィーなんだけど、ももクロだと面白い。
そして、広瀬香美の曲はアップテンポで楽しい曲。

最後の♬スターダストセレナーデがメンバー念願の会場の大合唱となり、ラストで大感動。
開始時間の遅れで、最後の挨拶のあと、世界のももクロNo1コールに応えそうだった場面で
ライブビューイングはブツ切り!!→『モノノフさん大好き』と叫んでくれたそう。

常識外れの極寒の西武ドーム開催、最低気温4℃で4万人だったらしい。
(ライブビューイングは全国52会場70スクリーン計2万5000人を動員)
現地に行けなかったので寒さの実感はなかったけど。
この国立発表はモノノフみんなが全然予想してなかった。

ダウンタウンももクロバンド:
本間昭光(Key)、清水俊也(Key)、松原“マツキチ”寛(Dr)、安達貴史(B)、西川進(G)、
佐藤大剛(G)、若森さちこ(Per)、竹上良成(Sax)、村瀬和弘(Sax)、竹村直哉(Sax)、
ルイス・バジェ(Tp)、小林太(Tp)、竹内悠馬(Tp)、榎本裕介(Tb)、鹿討奏(Tb)、
加藤いづみ(Cho)、marron(Cho)

‪♬Theme From Ice Castles ‬ピアノソロ【村主章枝さんによるスケートで幕開け】
1 僕等のセンチュリー (エスキモー風衣装) 
2 ミライボウル
3 労働讃歌
4 サラバ、愛しき悲しみたちよ   1-4 生演奏
MC 自己紹介
5 Gounn
6 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
7 空のカーテン
VTR(アニメ) 【見習いサンタかなこ】前編
8 Twinkle Wink!(Twinkle5)
MC     …夏菜子を呼ぶ
9 DNA狂詩曲
10 仮想ディストピア
11 きみゆき    〜〜〜ここからTV生中継〜〜〜
MC 
12 鋼の意志(マイクスタンド)
13 Chai Maxx
14 走れ!                                    9-14 生演奏
VTR(アニメ)【見習いサンタかなこ】後編
15 サンタさん 〈夏菜子さる れにキリン パンダりん ももペンギン あーライオン〉 
   ※れにマジックでしおりん切断
MC          〜〜〜TV生中継終了→UST開始〜〜〜
16 泣いちゃいそう冬  
17 いつか君が (トロッコ移動)
18 全力少女   (トロッコ移動)れにちゃんフライング&チャリンコももか
〜ママがサンタにキスをした
19 行くぜっ!怪盗少女
20 白い風 【村主章枝さん再登場】            19-20 生演奏
MC エンディング
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
overture 
en1 黒い週末(メンバーはシスターの衣装)   en1 生演奏
en2 灰とダイヤモンド
MC →れにが夏菜子に「給食のおばさん?」)
南Pサプライズ 
   愛のメモリー 国立競技場3月15&16日春の一大事2days決定!
en3 あの空へ向かって    (トロッコ移動)     
   〜赤鼻のトナカイ
en4 スターダストセレナーデ        en3-en4 生演奏

昨日のブログの5人の写真、今これ見ると泣けるなあ。

イメージ 1





開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事