過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

(あらすじ)
Blowin' in the Windを口ずさみながら引越しの後片付けをしている椎名に「ディラン?」と声を
掛けたのは、黒ずくめで長身の男、河崎だった。河崎が言うには、となりのとなりに住むブータン人
のドルジは、最近彼女がいなくなってしまって寂しがっているらしい。そんなドルジが欲しがっている広辞苑を奪いに「一緒に本屋を襲わないか?」と椎名を誘う河崎とドルジと、その彼女琴美。
そんな3人にまつわるあるストーリーを描いた第25回吉川英治文学新人賞受賞作である伊坂幸太郎の
同名小説の映画化。

全く予備知識なしで観た。こんな話が裏にあるとは想像もしなかった・・・。
東京から仙台に来た濱田岳演じる椎名が良かった。序盤のドルジとの掛け合いも何だ?と思いながら
観たけど、椎名自身がここではストレンジャー。観る側の視点だ。
「本屋を襲う」ってなんだ?と思わせ、違和感を感じるくらいはっきりした瑛太の日本語を伏線に
物語は展開していく。瑛太のこんな演技は見たことない・・。

伊坂ワールドやらトリックやらも感心するが、ドルジが河崎を慕い、
髪型と服装を真似て、ボイスレコーダーを何度も聴いて日本語を猛勉強したことを思うと
ただただ切ない。正義感溢れる琴美を轢き殺された復讐。
ブータン人の潔く爽やかな人柄もちゃんと描かれていた。琴美との出会いのシーン、道路に
飛び込んで犬を助け、「犬を助ける人が車には轢かれない・・・」と言うところは印象的。

ボブ・ディランを流したラジカセをコインロッカーに隠し、神様に見逃してもらおうよ・・。

伊坂幸太郎作品がすごい読みたくなった。

イメージ 1

(あらすじ)
とある地方都市にある芝崎高校。文化祭・ひいらぎ祭の前日に、恵(香椎由宇)、響子(前田亜季)
望(関根史織)の3人は途方に暮れていた。高校生活最後の文化祭のためにオリジナル曲を作って
練習を重ねてきたのに、ギターの萌が指を骨折してしまったのだ。

文化祭前日からの3日間を描いた映画、山下敦弘監督らしい今どきの女子高生の雰囲気を
十分に感じさせる演出。とにかく、早く演奏が聴きたいッ!って感じさせるような展開。
最後はスタジオで寝過ごして、豪雨の中、急いで学校へ戻らなければいけなくなり
演奏は大丈夫なのか?と勝手に心配した(笑)

部室で昔の先輩が置いてったと思われるテープの中からジッタリンジンを聴こうとして
たまたま流れたのはブルーハーツ!飛び跳ねてハシャグ姿がすごく良かった。
「何やるの?」「ブルーハーツ」「おッいいねー」の会話も好き。
今の子達にとってもブルーハーツは特別なんだな。オレにとっても思い出深い。

ボーカルは韓国人留学生役で日本映画初主演というペ・ドゥナ。あえて、日本語が十分でない
韓国人をボーカルに・・。カラオケ屋にひとりで練習に行き、ドリンクはいらないと必死に訴える姿、
本番前日に体育館でメンバー紹介の練習してみたり、印象に残るシーンだ。
本番の♪終わらない歌、♪リンダ リンダ リンダはホント楽しかった。

ベースの子はBase Ball Bearのベーシスト、そしてバンドの遅刻で素晴らしい曲を披露したのは
湯川潮音。制服着てると全く本人とわからない(笑)
ちなみに群馬高崎の高校がロケ地だったようです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事