過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 2

久々のサニーデイ、こんなに待ち遠しい気持ちを抱くバンドはそうない。
去年の夏に発表された、ツアーではない、単発のホールコンサート。フェスやライブハウスとは
違う雰囲気になる貴重な「コンサート」だ

少し早めにいったけど、物販は相当並んでた。
でも30分くらいでお目当の「若者たち」アナログ盤ゲット。

4列目のど真ん中、座ってちょっとゾクっとした。
ドラムセットと3人分のマイクのみのステージを見て、ドキドキした。
このシンプルさ、サニーデイならでは、3人だけで勝負する感じを早くも感じた。
これはこれで見所いっぱい。
3人が登場、暗いステージにスポットライト、なんかタイムスリップした感のある
3人の楽器だけのステージ。晴茂くんの長髪は後ろで結ばれて、帽子でよくわからず。

baby blue
スポットライトだけ、やはりこの曲は1曲目がよく似合う。でも難しいんだよ、
よくチャレンジしたな。晴茂くんのドラムドタドタ感、すごかった。

恋におちたら
ああ、何度聴いたかわかんない。田中くんのベースラインを堪能。

花咲くころ
やっぱりやってくれた春の名曲。

あじさい
雨の土曜日


このまま、何もしゃべらないかもと思ったが、ちょっとここで挨拶。
北陸新幹線開通記念(笑)で、

スロウライダー
虹の午後に
出だしミスってやり直し。いつもだけど、さっさとやり直すのがなんか好き。


おせんべい
今日はこれが聴きたかった。引き算の組み立て、名曲。

アビーロードごっこ
新作からは2曲だった。

恋人の部屋
ここらで演奏がのりまくり。

夜のメロディ
シルバー・スター
3人編成のアレンジ、良かったなあ、これで泣いた。割れんばかりの拍手。

NOW
星を見たかい?
24時のブルース
シンプルな照明、これがハマってた。
特に24時のブルース。銀河鉄道の夜のような世界観だった。
演奏する姿と後ろの照明が巨大スクリーンに映された映画の名シーンかのようだった。

ふたつのハート
成長するってこと
嬉しかった。ここでまた泣いた。

胸いっぱい
演奏が激しく、すごい声援。

夢見るようなくちびるに
青春狂走曲
いつもだれかに
軽快なギターカッティングで始まる。こんなかっこいい曲だった?というほど最高な演奏。

白い恋人
これも泣けるいい演奏、思い出いっぱい。

旅の手帖
若者たち
荒ぶった演奏。これが一番すごかったかも。間奏で曽我部さんがハープを吹いた、
吹き終わったら投げ捨てる。音源の10倍かっこ良かった、でまた、泣いた。

(en1)
ここで逢いましょう
蘇る記憶、サニーデイがどれだけロックか。あの間奏、レスポールでニールヤングオマージュ健在。
田中くんとの掛け合いがクレージーホース!
演奏終わって、すぐに引っ込む。かっこええええ。で、晴茂くんがフラフラ歩き袖に引っ込む。

(en2)
東京
アコギと鍵盤。

ここで最後まで着席状態だったことに言及。
「最初にわーっと皆が立って、『まあ座って』とかなると思ったのに」
曽我部さんの「また逢いましょうね。」にまた泣きそうになった。
「年末頃、晴茂くんが肩の病気になっちゃって、練習が出来ないときとかもあって、
本当に今日のライブが出来るのか心配だったんですけど、何とかなって本当に良かったです。
みんな元気で行きましょうね。」

コーヒーと恋愛
お約束のエンディング。久々だったし、最後の曽我部さんの吐息が、もう最高さ。


最後のMCでも言ってた、渋谷公会堂に立つのは2000年に行われた「LOVE ALBUM TOUR」以来、15年ぶりとなる。自分がそのライブに行ってるの思い出した。今日と同じように東京を演奏したこと
を覚えている。

時折、曲の始まりにアイコンタクトする曽我部さん&田中くん。
田中くんのコーラスも力が入ったものばかり、ここに来てまた違う面を観れるとは。
そして、曽我部さん「成長するってこと」の時にあの「兵士の歌」みたいに
口を大きく開けてしっかり伝えようとするように歌ってた。
本編ではギターはひとつ、テレキャスターのみ。
その楽器を変えないというのもMCを入れないで、突っ走るためだったかのようだ。
テンポ感がすごかった。年齢的にしゃべりながら休むことをしそうなのに。
途中、いったい何曲やるつもり?とゾクゾクした。

春の出会いと別れ、新たな門出を祝う曲がならんだセットリスト。
相変わらず、季節感のあるバンドだ。シンプルな照明が夜や夕方や朝方などを表現して、
意外と効果的だった。

全27曲、まあどんな曲きても全部大好きだ。
3人のシンプルな演奏、どこまでも追求した3人しかだせない音だった気がする。
2時間20分くらいの夢のような時間。
もういつこんな気持ちなれるかわかんない、またあってほしいけど。
映像化なんて絶対されないのわかってるけど、また夢のような時間を味わいたいものだ。

そういえば、5月に香港、そして台湾でのライブも決定しているではないか!!
イメージ 1

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事