かしめ工具

新品だと1万円程

使う頻度は少ないのですが、有れば便利だと思っていました。

今までは、大型マイナスドライバーで対応していました(横向きで、🔨一発!?(笑))

この手な物は、中古では滅多に見かけませんので、新品をどうしようかなぁと………
でも高い

で、見つけました‼️
リサイクルショップで約半値の税込5000円弱

イメージ 1

イメージ 2

ケーブル(電線)端子カシメ工具です。

あと油圧式(高価)も有りますが、専門職ではないし、そうそう使う事もないからね。

カシメていくと、内部ラチェット機構が働いて、最後迄カシメないと、途中で解放出来ない仕組みです。


コレでインバーターの配線、22→38に変更出来ます🎵
22でも問題無いのですが、余裕が有った方が良いと思ったので……

この記事に

開く コメント(8)

マッシュのメインバッテリーを海外メーカー品に交換してから……


年明けそうそうに
娘のBb

イメージ 1




そして年末年始事情が有り、静岡市内でイプサムをほったらかしにしたら❗
年の暮れ位からセルの回りが悪く、そろそろかなぁ?!と兆候は有ったのですが、
年明けに引き取り一発目

セルが回らない


オマケに積んでいたと思い込んでいた、ブースターケーブルが無い!!

夜中にJAFのお世話になりました。

イメージ 3






同容量で国産より安く、世界的に有名なメーカー品
マッシュに取り付けて良さそうだったので
娘のバッテリー交換して直ぐに、再度発注して

イメージ 2


同じように補充電して
交換です😆🎵🎵
見かけよりも、重たいですよ(笑)

あと通販での最低限確認する事は、
箱の中見て、液漏れの確認する事を忘れずに‼️
輸送中に倒れていることも有りえるので、
要注意です。

この記事に

開く コメント(4)

皆さん、明けましておめでとうございます。
ラインでは、スタッドレスタイヤ6シーズン目の事をカキコしましたが、コレは保管状態にも左右されると思います。
最低限日光、雨に当てないのは勿論ですが、ホイールに組んだ状態では、エア圧も落とす事も重要だと思います。
今回圧雪路、アイスバーンを走行しましたが、圧雪路ではほとんど問題無く、アイスバーンでは古い事考えて、用心深く走れば、問題有りませんでした。
ただし、毎年スタッドレスを履くのは、12月半ば以降から遅くても、3月初め位です。
昨シーズン終わりに、スタッドレスタイヤに初めてタイヤ保護材を試しましたが、良さそうでしたので、夏タイヤにも塗布しました。
この事はあくまでも私的に行い、感じた事なので、あしからずです。
でもさすがに、来シーズン交換しますよ🎵
半分程度山有りますので、もったいないと思いますが………(笑)

イメージ 1

ちなみに、シーズンオフに塗布したまんまです。

この記事に

タイヤ保管

昨日座骨神経痛が長引いている為に、自分で交換をあきらめ、タイヤステーションにてタイヤの点検も兼ねて、マッシュのスタッドレス交換をしてきました。
丸5年、6シーズン目なので‼️
結果は年数経っていることも有り、トレッドの硬化は多少有るものの、ひび割れも無く今シーズンは注意して走行すれば、問題無いとの事でした。
なので、来シーズン交換入れ替えする事を話して、値段安くして貰うことを(・くまんえん程で!!)(笑)



保管に関してですが、

昨シーズンスタッドレスをしまう時に、
タイヤ保護を目的に

イメージ 1

ダメ元で、
タイヤ艶出しスプレーを、試してみました。
タイヤに優しく、有機溶剤を含まない

イメージ 2

塗りっぱなしで良い物を選んで

イメージ 3


塗布していました。

で、
今回10ヶ月ぶりに見た処、タイヤ表面は新品タイヤに近いテカり(しっとり感)でした。
なので今回保管時にも、塗布しときました。
出来れば高いですが、(あーまーおーる)が良いとの事でした。
それと、タイヤエア圧も落として

イメージ 4

ラックに入れて、

イメージ 5

イメージ 6

カバーも掛けて、夏タイヤはシーズン明け迄冬眠です(笑)

この記事に

以前購入したkyoshoドローンですが、元々付いていたバッテリーが、駄目でした!!
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
来週末に向けて練習をと思い、初期充電したところ!!
充電中の左側バッテリー、膨らんできました。
専用充電器で充電する事数分経った時、やけに外装フィルムが膨らんでいるな〜と?!
これは尋常ではないと……
直ぐに充電plugを外して……
以前kyoshoサイトで購入していた予備バッテリー
イメージ 4


をセットして、充電開始

数分経っても異常なし

膨らんだバッテリー、20分程経ちますが、膨らんだままです(爆)
予備で2個購入していて良かったです。
それよりも、目を離さなくて幸いでした。
下手すると、破裂発火する可能性が有りました。

ちなみに、今ではメーカー欠品(欠番)です。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事