中途半端な園芸道楽

プテロスティリスってご存知ですか? オーストラリアに自生する地生ランです。 いま実生にはまってます。

全体表示

[ リスト ]

我が家の庭(やぶ?)や温室に散乱している チランジア ウスネオイデスです。
                            (Tillandsia usneoides) 
イメージ 1
落葉した梅の木にからみついています。 真冬は、氷点下になることもありますが、寒さで傷んだことはありません。 ただからみついているように見えますが、中にはこんなようなものもあるのでは?
イメージ 2
からみついているのではなく、着生根で支えて立ち上がっています。
イメージ 4
 
ちょっと太めのタイプも立ち上がってはいませんがくっついています。
イメージ 5
多くのチランジアは根を出しますし、根付いた方が元気なような気がします。
 
根は確認していませんが、ウスネオイデスもいろいろなタイプがあります。
イメージ 6
       ちょっと太めのカールの少ないタイプ
 
イメージ 7
       ちょっと太めの普通のカールするタイプ
 
イメージ 8
          細めのタイプ
 
イメージ 9
       我が家で最も細いタイプ
これらの内、細いタイプの花は確認していません。
 
屋外にあるのは普通のタイプがほとんどです。
 
そのほか屋外にあるのはベルゲリ、アエラントスなどですが、寒さの影響は無いようです。
イメージ 10
元の茎に付いた赤ちゃんもだいぶ大きくなりました。 3芽あります。
イメージ 11
赤ちゃんは指の先です。 ベルゲリ(アエラントス?)もこの時期は夜露も少ないのか葉が丸まっています。
 
数年前、種まきしたもの(ラベル落ちで種名は?)もだいぶ大きくなってきました。
イメージ 3
 この子たちは3年近く、屋外に放り出されたままここまで大きくなりました。
よく見ると、分けつしているのもあります。 実生は株立ち(クランプ?)で育つのでしょうか?
チランジアも種類で耐寒性も異なるのでしょうが、がんばってます。
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(4)

顔アイコン

屋外って凄いですね! こんな風景はじめてみました(笑) 赤ちゃん可愛すぎます〜

2012/1/27(金) 午前 0:04 [ れいね ]

顔アイコン

ウスネも根っこ出るんですね〜!!!見た事無いですw

細いウスネ寒さで痛みませんか?家のは結構ボロボロになってますよwww

2012/1/27(金) 午後 3:29 [ ルイン ]

顔アイコン

ルインさん
温室内のウスネもヘゴにくっついているのを見かけますが、モジャモジャしていて根が出ているのがわかりにくいです。 でも、そんなところからは元気な新芽が多数伸びていますよ。
細いウスネはまだ温室内だけですので耐寒性はわかりません。
この極細は、1年前の倍くらいになりました。
カールの少ないのはルインさんから頂いたものです。
1.5倍くらいの長さになり、ボリュームも増しました。
並べないと比べられないですが、それぞれの違いと成長を眺めて楽しんでいます。

2012/1/27(金) 午後 10:46 [ fcx*y*02 ]

顔アイコン

れいねさん
赤ちゃん、ヘゴについているのは自分で蒔きました。
すごく成長が遅くて、肉眼(老眼のため?)で見えるようになるのに1年以上かかりました。 2〜3歳かな?
ベルゲリ(アエラントス?)についていたのはそれ以上年月がかかっているようです。(自然発芽)
小さいときは分けつしやすいのかも?!
たまに成長を観察しています。

2012/1/27(金) 午後 10:49 [ fcx*y*02 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事