アジア4カ国不動産投資法での結果 Okada備忘録

不動産投資を25年間行って来た木村裕之さんが教える不動産投資法
これは、不動産投資を25年間行って来た木村裕之さんが教える不動産投資法です。

英語が話せる必要もなく、物件の選び方から買い方、貸し方、売り方まで最小のリスクで行う事ができるのだそう。

この方法の内容を真剣に検討してみたいと思います。

まずは、 ここから







.

この記事に

アジア4カ国不動産投資法はどこの地域の物件が利益するかの『儲かる地域の選び方』、『出口を意識した物件の選び方』、『現地の税制を意識した選び方』などの[物件の選び方]全てのノウ












































































ハウをお伝えするものです

『不動産投資=買った瞬間から価値は下がる。良くて前年同様。キャピタルゲインが0でも良い方』とされる中、キャピタルゲイン年に10%以上は当たり前。最低でも10%は切らない『超』高キャピタルの秘密を公開!

もしあなたが、アジア向けの不動産屋さんから物件を紹介されたら、このノウハウを使うことで、ある程度この物件が良い物件か、不動産屋さんが買わせたい質の悪い物件かの見極めが出来ます。 あなたの利益が普通の不動産投資の、それこそ数倍に跳ね上がる程、物件の見極めが出来てしまいます。

どのように融資を受ければ利益が最大かするのかの『海外銀行口座設立』と『融資』、プレビルド物件で利益する『支払い方法』、間違うと購入できなくなる『購入時の法律知識』などの[物件の買い方]の全てのノウハウもお伝えするものです

アジア4カ国不動産投資は、日本の不動産のように既に出来上がっている物件を購入して購入後は価値が下がる、ということはありません。むしろ日本にはないプレビルド物件を購入することで、完成時には大きな値上がりが得られる不動産投資です

『物件の選び方』から『物件の買い方』、『物件の貸し方』、『物件の売り方』まで最小のリスクで行う事ができて、しかも社会的位置づけの高い両者ともWIN-WINの投資です

日本で長年不動産投資を行って成功している人も、失敗している人も、全く初めての人も、誰でもキャピタルゲイン10%とインカムゲイン10%の物件を買える方法を公開します

世界中、どこにいても可能です。日本にいても、仕事でアメリカにいても、家族でオーストラリアにいても可能です。どの国、どの地域に住んでいても投資できる方法を伝授します

海外不動産投資は一般に値上がり益は取れるけど利回りは取れないと言われます。そんな中、アジア4カ国では利回りも充分取れる地域があります。なぜアジア4カ国では利回りが取れるのかについて説明しています。

このアジア4カ国不動産投資教材で勉強される方には、分かりやすく解説していますが、実際にアジア4カ国で不動産投資を実践される時には、具体的なところで分からないことや疑問が湧いてくるものです。 その為、この教材を購入後12ヶ月間はあなたからの相談メールに無料でお答え致します。あなたを全力でサポートさせて頂きます









.

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事