かっちゃんのカゴ釣り日記

餌取りかわして,何とか1匹・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

狙いはやっと1匹

 3月18日(月)に山口県萩市へ釣りに行って来ました。
 当日の天気予報は晴,風は東系3〜5m,波は1mの予想でした。
 潮は中潮

 年度末に向け忙しさ倍増の予感
 行ける日は限られ,その日を逃せば今月はもう行けない・・・
 だったら近くより遠くじゃね
 思いついたのはお昼

 まずは普通に考えたら遠いけど,比較的近くの見島から☎
 平日だから無理だろうと思ったけど
 まぁ☎して見よ・・・

 明日出ますか
 出ますよ
 えっ

 意外な返事にこちらもびっくり
 即座に行きますと答えてしまいました。
 3時30分集合
 
 何人ですか?って聞くと8名だって
 少ないしラッキー

 空いてるとこ聞くと
 ほんずけ以外は空いてるとのこと

 だったら「かど」って即答しました。
 相性のよさ抜群の場所だもんね
 ちょっと危ないけど・・・

 もちろん鯛狙い
 今年のスタンスは誰が何と言おうと崩しません

 まぁ1匹釣ればよしとします。
 絶対釣るぞ!!
 意気込みだけは人一倍

 オキアミを購入し自宅で解凍
 準備

 1月にタクシー船を釣って道糸がだいぶ無くなってたので巻替え
 8号250mおにゅうに

 準備万端だけど
 棚がねぇ・・・

 ちょっと悩むなぁ
 深めよねいつもより
 鯛狙うなら

 まぁ8〜10ヒロ強ってとこにしとこ
 皆と違う棚で餌撒きます

 どうなることやら??

 色々準備してたら夜になっちゃいました。

 しかもまたno睡眠

 10時過ぎに自宅を出発
 中国道経由で向います。

 ねむっ

 何とか着いたよ
 2時過ぎに・・・

 もう2台の車が来てますよ

 少し睡眠

 餌解凍
 全然寒くて解凍の解の字も解けてません。
 
 結局またもやno睡眠

 船長登場で荷物積み込み
 何時だったか覚えてないけど出港

 少しうねっているのか船底を叩く音が

 5時過ぎエンジンがスローに
 「ケーソン」到着
 釣り人下ろして「日崎」に

 最後に「かど」に降り立ちました

 今日は思ったほどうねりもないし
 気持ちいい

 準備して6時過ぎ第1投
 棚は深く
 ハリス7号3ヒロ半

 潮は左へ

イメージ 1
 
 何投かすると直ぐ当たりが・・・
 ウキが何やら鈍い入り方しました。

 何だろう?
 
 定番のイサキでした。

 釣れるじゃん。

 よし朝まずめ大量生産へ

 しかし

 2匹目はあえなくぶり上げ出来ずに
 ぺたん,ぺたん,どぼんと海に帰って行きました。

 もったいなぁ・・・

 こんなことするから
 釣れなくなるんよ

 餌取りもいるみたいなので
 長く流さないでとにかく間隔短めに餌撒き撒き

 そうすると釣れました。
 と思ったら針外れ

 何か食いが悪いのかなぁ

 結局8時過ぎまでに4匹
 2匹は海に帰っていったけど・・・

 ちょっと餌の効き目が悪いのかなぁって
 少しカゴ変えて棚でバく撒き
 
 魚さえいれば絶対釣れます
 というかおるでしょ

 2投目で直ぐきました。
 やっぱりね

 ヒラマサさん
 ・・・・

 針外れ

 えっ
 またなん

 また逃げた
 やっぱり食いが浅いのか・・・

 今度はウキ鈍い入り方したなぁ〜
 って合わせを入れると

 えっ
 ちょっと違う
 サイズが・・・

 耐えてたけどふっと軽くなりました。
 えっ7号切れたん

 ハリスざらざらで切れてました。

 くそっお・・・
 ハリス8号にチェンジ

 絶対糸は出さんよ
 今度はね

 よ〜くこんなことになってから,次はって準備するけど
 次は大体来んのよね
 ホント
 1日1回のチャンスを逃がすと後はない

 まぁ考えてもダメなので
 ひたすら手返し

 しかし鯛釣れんね
 どうやったら釣れるん??

 もう手を変え品を変えやっても当たり出ず

 くそっ・・・

 そうしたらやっとヒラマサさん釣れました。
 でも後が続かない

 10時過ぎになり
 潮は右へ

イメージ 2

 もう釣れん

 ちょっと
 遊んでもいいかなぁ・・・
 鯛も釣れんし

 上カゴで・・・
 何投かするとヒラマサ来ました。

 しかしまたもや2連続で針外れ
 ほんまどうなっとるん??

 その後やっとヒラマサさんタモの御用に

 やっと2匹

 厳しぃ・・・

 そうして投げ続けてると
 海面からすっーとカゴが海中へ
 鬼合わせ

 するとちょっとサイズが違う

 朝のやり取りを反省し冷静に対応
 
 釣れてタモ入ったのはデカっ

 良く見るとブリ
 美味しそう・・・

イメージ 3
 
 こりゃもうええわ・・・

 上カゴ止め〜た

 底カゴに戻して鯛釣りに専念

 ホンマ釣れん

 鯛おるん??

 投げても投げても釣りゃしません

 そうしたら久々に当たりが
 ヒラマサさん釣れました。

 ああ・・・

 鯛釣りに来たのに鯛はゼロか・・・

 12時過ぎ
 
 超遠投深棚釣法に切り替え
 ハリスも4ヒロ半に

 投げてたら
 まぁ釣れんのよほんま
 天気もいいから餌取り元気

 ほんとよ〜飛んだなぁって感心して
 流して
 誘いをかけて
 少したってから

 ウキがスパッて入った

 やった鯛じゃろう・・・

 うん??

 ヒラマサじゃ
 これもサイズが違う

 上がるかなぁ
 ハリス長いし
 ちょっと無理かも

 何とかタモにおさめました。

イメージ 4

 もう手がつってきた感ありあり

 13時になりました。
 ああ時間がない

 願いを込めてあと10分に集中

 そうしたら・・・

 超遠投していたウキが
 誘いをかけた次の瞬間

 スパッと消えた

 うん??

 もしかして鯛??

 鯛じゃ・・・

 結局乳酸がたまった二の腕のタモおさまったのでした。

 やった・・・

イメージ 5

 終わりよければ全てよし

 はい納竿します。
 直ぐ止めました。

 14時過ぎお迎え
 ほんと荷物の積み込みが大変危険な「かど」だから最後まで気を抜けない

 全員を回収し船内へ
 気づいたら港でした・・・

 本日の釣果(ヒラマサ4匹,ブリ1匹,イサキ4匹,鯛1匹)でした。

イメージ 6

 時間的にはいつももう少し釣りたいなぁ〜って思ってしまいますが
 鯛が釣れたのでよしとしました。

 釣れなかったせいで
 5,6種の針が色々試せて良かった
 私にとって針は特に重要なアイテムのひとつだから
 1釣行1袋以上必ず使います。
 
 ちょっと磯に引っ掛かったり
 針先が気になると,たとえ1回しか投げてなくても即交換

 だから種別号数注文で10袋単位で購入
 釣りの幅が少し広くなっていい釣りだった。

 今日の針外れした魚は全て普段使ってる針じゃなかったから
 どの針にも一長一短あるね

 鯛は48cm
 美味しかったよ!!

 次回もどこかで鯛釣り決定 

開く コメント(0)

 3月1日(金)に島根県浜田市へ釣りに行って来ました。
 当日の天気予報は晴,風は東系3〜6m,波は1.5〜1mの予想でした。
 潮は長潮

 今年は余り降雪もなく,比較的温度も高かったせいで海水温もそこまで下がってないような??
 鯛も釣れてる様なので鯛を求めて釣行決定
 釣れるかなぁ??

 いつものこと。

 様々な情報のせいで,あたかも釣れてるような感じになり
 行って見れば釣れないよくある話です。
 私もよく騙されますが・・・

 多くの釣り人が釣行した際の一握りの情報
 宝くじといっしょで何にも釣れない人もいっぱいいることを忘れてはいけません。

 だから釣るんだという強い信念と,辛抱強さを持ち合わせていなければならないのです。

 私は持ち合わせているのだろうか・・・

 あれこれ考えても仕方ないので準備することに
 この前の釣行の片付けがやっと終わったのに・・・

 行きたい場所
 平島

イメージ 1

 無理かなぁ・・・

 1番船に乗るため
 自宅を2時過ぎに出発

 浜田道経由で向います。
 途中オキアミ,お弁当を買って渡船場へ

 着いたのは4時過ぎ
 3名の方がおられました。
 先客様は平島・・・ありゃ
 渡船名簿に記入して
 沖の遠島にしました。
 帰りは15時

 準備して4時40分過ぎに出港
 外海へ

 生湯方面に
 少しうねってるような
 大丈夫かなぁ??

 まずは平島

 そして私の番

 ちょっとうねってる見たいなので無理と判断

 大桂へ

 前日は時化だったのでヤリイカ釣りの泊り客はゼロ
 危ないから暗いうちは動かず明るくなってから動いてと指示を受け
 1人で降り立ちました。

 どこで釣りゃ〜いいの??
 高いとこ
 ええっ・・・

 どこから上がるん??

 さっぱり分かりません・・・
 ちんぷんかんぷん

 波も結構駆け上がってくるので荷物を上へ

 まずはヤリイカ釣り
 こんなこともあるだろうと1本だけ竿持って来ました。
 
 どこへ投げるの??
 まぁ船着けてもらった湾の中へ

 そうしたら直ぐ釣れました
 その後もう1杯

 その後は当たりなし
 いつもの感じ

 ちょっと奥の方がいいんじゃないかと場所移動
 気をつけてゆっくり移動しました。

 この変がよさそうってところに投げると
 すぐさま1杯
 
 そのあとがまた音無し

 もう面倒くさいけど
 竿持って誘ったら,釣れる。
 6時30分までに結局9杯釣れました。

 夜が明け始めたので移動

 どこから上がるの??

 もう・・・
 まさしくロッククライミング
 大変じゃ・・・
 大汗かきました。

 クーラーだけ下において後はなんとか持って上がりましたよ。

 準備棚は9ヒロ半
 ハリス3ヒロ半で

 どこから投げるん??

 もう分からんことばかり

 まぁ何とか投げられる場所確保し
 7時前第1投げ

 潮は右へ

イメージ 2

 夜が明けてびっくり
 目の前には定置網のブイが・・・
 この時期にはこんなことになってるんだと一人感心

 網があっても釣れるんかなぁ
 疑心暗鬼

 まぁ
 右に見える平島も網の向こうだし

 この島周りを周って魚も入るんかなぁ??
 よう分からん

 あれこれ考えても仕方ないので釣りに集中

 餌はいつもの大量撒き

 入りましたウキ

 釣れました鯛

イメージ 3

 でもこまい

 9時頃までに3匹釣れました。
 サイズupせんね

 鯛ってウキがすぽって気持ちいいくらい入るから
 ついつい思い切り合わせてしまうんよね

 そのせいで初めて
 鯛の唇が千切れて針にひっついてきた

 はじめ針を見ると何か変な虫でもついてきたのかなぁ??
 って感じだったけど良く見ると鯛の色してるし唇ってことが分かった。

 10時過ぎから潮の動きが鈍くなり
 ほとんど動かなくなった。

 でも餌は残ったり無くなったり
 餌取りもいるみたいだけど
 何なんだろう??

 そうしたら釣れました。

 スズメ鯛

 これか餌取りは

 この餌取りに負けちゃいけないと餌大量撒き

 14時過ぎまでに結局7匹釣れました。
 強引なことしたから2匹逃げちゃったけど・・・
 
 まぁまぁ
 楽しめました。

 最後までサイズupはしませんでした。
 
 本日の釣果(鯛さん7匹,ヤリイカ9杯)でした。

イメージ 4

 しかしロッククライミングは素人には無理
 足腰バラバラになりました。

 次回も鯛を求めて〇〇〇〇里

 まぁろくなもんは釣れないでしょうけど・・・
 
 ストレス解消&現実逃避が目的だから

開く コメント(0)

 2月24,25日に島根県浜田市へ釣りに行って来ました。
 当日の天気予報は晴,風は東系4〜6m,波は1.5〜1mの予想でした。
 潮は中潮

 遠征しようと思って釣行延期をすること1か月
 どうも日程調整がつかず

 もうどうでもいいやという感じになってきたので,仕方なく浜田へ向かうことに決めました。

 狙いはずばり「ヤリイカ」&「鯛」

 いつも同じ釣りもので変わり映えしませんが
 行くからには釣って帰ろうという意気込みだけは人一倍

 今回は相性が最も悪い磯にします。
 なぜかって・・・

 何年も浜田へ通ってるのに波止ばかりで磯を制覇してないから
 ただそれだけ

 今年は少し磯を攻めて,ひそかにいいとこさぐっちゃろうという魂胆です。
 危ないからと敬遠してきましたが
 自分自身の安全管理がしっかりできれば大丈夫なので・・・

 どこいくの??
 生湯の磯
 平島行って見たい
 行ったことないから

 ただそれだけ

 無理なら男島
 何年か前にボウズくらったとこ,・・・
 リベンジしたいし

 まぁどちらか行けるとこ行こう

 午前中に渡船さんに☎すると「まだ1組です。」だって
 余裕か・・・

 後で読みが甘かったことに後悔

 15時過ぎに行くことを伝え☎を切断

 準備
 しかし泊りとなると,なぜこんなに荷物が多いのかいつも思います。
 超膨大な荷物群になりました。
 運ぶの大変

 何とか車にぶちこんで13時前に出発

 いつもの浜田道経由で向います。

 童謡にもあるとおり
 行きはよいよい帰りは怖い・・・にならなきゃいいけど
 いつも同じなんだよね,ホント

 釣具屋,スーパーに寄って,渡船場へ
 
 到着してびっくり!!
 もう11組が泊まりで磯に行かれてるんだって

 それで空いてるとこ聞くと
 
 3か所しか言ってもらえませんでした。
 ついでに平島は?っていうと

 今は時化ると危ないから,よほどの凪でないと泊りは無理らしい

 じゃ男島は??
 もう3名が上がってるけど,大きな島だから全然大丈夫だよだって

 迷惑かけるの嫌だから
 スズメ岩にしました。

 もうこの時点で諦め半分

 準備していざ出港

 外海へ出るとかなり風が強く海はうねってます。

 着けれるのかなぁ??

 到着

 厳しそ〜
 怖い・・・

 ちょっとけわしい岩だこと・・・
 かなりの注意が必要

 夜は注意しなくちゃ
 
 まずは荷物を高台へ
 大汗かきました。
 こんなに着て来るんじゃなかった。

 準備して4時過ぎ第1投
 棚9ヒロ半,ハリス3ヒロ半

 潮は左へ流れています。

 釣れそう
 でも日が暮れるまで投げ倒しましたが何にも釣れることはなかった

 まぁこんなもんよね
 知らんとこじゃし
 どこへ投げればベストなのかさっぱり分からん
 自分の目だけがたより

イメージ 1

 暗くなったので,ヤリイカ釣り
 準備しておけば良かったと後悔

 何とか暗い中準備完了
 第1投

 直ぐに当たり
 びょよよよ〜んと電気ウキの明かりが海中へ

 釣れました!!

 えっ
 どうなっとるん??

 喜びは最高潮
 ここでもしかしたら爆釣
 いらんことばっかり考えるから
 結局・・・なことに

 そのあと
 もう1杯

 いや〜
 暗くなる前に準備しておけば良かったと後悔

 魚釣りするから
 訳も分からんとこで釣ろうとすること自体が無理なんよ
 
 まぁ考えてもしょうがないので
 もう1本竿準備
 暗いから中々準備出来ません

イメージ 2

 0時過ぎまで11杯
 結局こんなもんかと複雑な心境
 
 疲れたので少し寝ることに
 しかし寒くて寝れないのはいつものこと
 何時間も寝れないのは分かってます。

 シート引いて
 寝袋入って
 アラームセットは1時間後
 おやすみ〜

 アラームが鳴って起きたら
 なんと寒い事
 真冬だものね

 体が冷え切って
 ぶるぶる震えが止まりません
 安い寝袋だから

 高いののなら暖かいのかなぁ??
 お試しでも使用して見たい

 少し岩場を往復しながら
 身体に温かさが戻ってきました。
 良かった。

 さて1時15分過ぎ
 寝起き第1投

 いきなりぼよよよ〜ん
 しかも2本とも
 なんじゃ??

 釣れました
 ヤリイカ到来

 2時過ぎまでの約1時間
 13杯釣れました。

 こりゃ朝まで・・・
 はいおしまい
 考えるほど現実は甘くない

 朝7時までの5時間投げ続け
 当たりの「あ」の字もない

 ホントつらかった
 寒いし,むなしいし・・・

 ヤリイカ釣りはこんなもんです。

 帰りは12時って言ったので,何とか鯛釣りたい

 7時30分過ぎ準備出来たので第1投
 棚は昨日と同じ

 潮は前日よりにぶい動き
 左へ動いてるような

イメージ 6

 私の目を信じて
 あの当たりがよさそうな場所へと
 投げ続けると・・・

 8時過ぎ
 ウキが綺麗に入って
 うん??

 大きいかなぁ??
 鯛じゃ

 久々なので大きさ判断着かず

 上げて見るとまあまあのサイズでした。

イメージ 3
 
 私が思った通り
 あの場所で喰ってきた
 間違いない

 あの場所
 集中的に攻めてたら
 9時過ぎ

 またもや綺麗にウキが消え
 鯛さん

 もう満足です。

 12時って帰りを言って来たけど
 疲れたので帰ろっ

 10時過ぎ納竿しました。
 片付けして☎

 11時に迎えに来てもらいました。

イメージ 7

 2日間の釣果(ヤリイカ24杯,鯛さん2匹)でした。

イメージ 4

イメージ 5

 疲れました
 岩場の高低がかなりあり,足腰ばらばら
 腰は痛いし,4,5日回復しませんでした。

 雑魚はベラ2匹くらい釣ったような

 訳のわからんとこで釣るのって
 ほんと冒険だね

 行き慣れたとこなら
 どのあたりがいいとか,この棚がいいとか,情報が入り乱れるほど引き出しがあるのに
 初めての場所はさっぱり

 これも魚釣り
 次回はまた違うとこ行きます。
 行ったことないとこ

 ヤリイカはやっぱり美味しいね!!

開く コメント(0)

どこも同じ様な感じ

 1月18日(金)〜19日(土)に福岡県宗像市へ釣りに行って来ました。
 当日の天気は曇り,風は西系3〜8m,波は1〜1.5mの予想でした。
 潮は中潮〜大潮

 もう,新春初釣りから嫌〜なことばかり
 このまま1年を過ごすのは先が思いやられそうなので初心に帰る意味合いも含め沖ノ島行きを決定

 でも,久しく行ってないから・・・
 どういう感じだったのか忘れた

 鯛もなかも食べた事だしやはり鯛狙いで行って見よう!!
 釣れればいいけど・・・

 くじらに上がりたいなぁ〜

 しかし,いつものことだけど準備万端とはいいがたい

 3日前に予約確認の☎をするも行こうと思っている日の予約はゼロ
 えっ・・・
 だいたい当日の天気を見て予約が入ってくるらしく,出船は当日昼以降に決まるらしい

 なので18日昼すぎに☎
 そうすると今6名の予約が入っているらしく,多分出ると思いますとの声

 また,出船可能になれば折り返し☎がもらえるとのこと
 じゃあ,予約お願いしますと私の携帯電話番号を告げ電話を切断

 じゃあ準備
 しかも14時出発にしたので
 1時間しかない

 えっ〜
 準備出来ないかも

 いつも忙しいので
 午前中も黙々とノルマをこなし
 昼から釣りの準備
 朝からご飯も食べてないし・・・

 やっぱり思った通り
 予定時間までに準備出来ず
 時間を30分オーバーで完了

 14時30分過ぎ出発
 山陽道,九州自動車道経由で向います。

 波は落ちる予想だったけど
 少し風が強い見たい
 
 寒いかなぁ〜
 少し薄着にしてきたので,もう1枚追加すれば良かったと後悔

 日差しは良く
 夜は冷えそうです。

 ごはんも食べてなかったので
 セブンで買って来たものを食べながら運転

 軽快に進みます。
 しかし,遠いなぁ・・・

 どうせ着くころには日は暮れてるだろうし
 そうこしてると九州へ

 古賀icで下りることに
 どう行くんだったぁ??

 忘れてました
 街並みを見て少しづつ思い出し20時前に無事到着
 遠かったね

 車内でお弁当を食べ
 ゆっくり準備

 続々と釣り人が集まり始め
 皆さんどこに行くんだろう??

 船長へ鯛釣れますかって聞くと
 釣れんよだって・・・

 早くも夢破れる
 
 うん・・・
 じゃあ何釣るの??

 色々考えてるうちにいい場所なくなった感がありあり
 仕方なくケーソンに行くことに

 中々あこも渋いっていうのが頭の中に残ってるので
 どうやって攻めるか頭の中で整理するも出口は見えず

 もう考えるの止め〜た。

 荷物を積み込み船底に
 寝ちゃる

 ほどなくして凄い勢いで恵比寿丸加速する
 うねっているのか少し船底を叩く音が聞こえてたけど

 ひと眠り
 
 着いた・・・

 しかも船酔い
 ゲロゲロ
 気持ち悪っ
 吐きそう

 最悪じゃねぇ

 船上に出て見ると凄い風
 しかも,西磯に来とるし
 船着けれるん??

 のり瀬ばんばんに波かぶってるし
 絶対無理な様子
 信じれん
 大丈夫なん??

 のリ瀬は諦められた様子で
 次はたこ足かなぁ
 凄いうねりで,何度も船を着け
 やっと終わった

 怖いなぁ
 
 次はくじら
 ここもうねり半端なし

 その後も大谷とか上がられてたけど
 うねりは凄かった
 
 西磯は夜は釣りになりそうな感じしなかった
 まず風,うねりが凄い事

 私の船酔いは最高潮

 はぁ・・・

 やっとケーソンに
 疲れたというよりふらふら
 何時に着いたのかさえも見る余裕がなかった。

 ちょっとケーソンにうまく着地出来るか不安だったけど何とか着地
 荷物を受け取り休憩

 しかもまだぐるぐる地球が回ってる感あり

 あぁこの感じ懐かしい
 しかも階段の足場最初はもっとあったのに・・・

 千切れてからの感じはそのままだね

 オキアミ解凍
 3枚半持って来たので全解凍
 解かし網でいけすの中にどぼ〜ん

 準備出来ました。
 棚8ヒロハリス4ヒロで行きます。
 釣れないと言われれば燃えます。

 鯛さん釣れて
 
 第1投
 潮どまりでした。

 投げてるうちに徐々に上げ潮に

 しかも挿し餌丸残りで魚の存在感すらなし

 流しても,流しても釣れる気配なし

 ほんま釣れんね
 相変わらず

 これが忘れたころにやっと1匹釣れるのがケーソン
 この1匹を逃がすととっても大変なことになるので
 そこはおさえて

 投げ続けますが
 何も釣れん

 やっぱダメじゃね
 まぁ折角来たんだから投げ倒してみよう

 3時間くらいたったころ地球のぐるぐるもおさまり
 体も正常な状態に

 そうしたら,やっと当たり

 釣れた
 鯛じゃ
 しかも食べごろ

イメージ 3

 まぁ1匹釣れたので初期の目的達成!!

 でも・・・その後

 朝まで竿が曲がることは皆無だったのです。

 しかも寒いこと
 ぶるぶる
 信じれん
 もう1枚来てくれば良かったと更に後悔
 風邪ひかなきゃいいけど・・・

 アクアさんの朝出し
 4時過ぎには来るって聞いてたけど時間通り小屋島へ到着したみたい
 小屋周りの瀬づけが終わり,東磯へ行ってケーソンに

 3名の方が来られました。

 往生際の悪い私は釣れないと分かってても
 あくまで鯛狙い

 ほんま釣れん
 しかも朝から潮が下げになってから餌取さんお目覚めって感じで
 ダメじゃね

 8時過ぎにやっとイサキが釣れました。
 長い道のりじゃね

イメージ 4

 しかも激流になって来たし
 もう流して巻き取るの大変

 忘れた頃にまたイサキ

 ほんま釣れん

 だんだん風も強くなってるし
 白波も凄くなってきた
 
 普段あんなに見回りしない船もしょっちゅう走り回ってる
 安全第一だもんね

 しかし西磯釣りになってるのか心配

イメージ 5

 10時過ぎ
 およそ200m流してたころに

 どこかのタクシー船がすぐその上を通っていき
 まさかフロートラインだからやばいって思った時はもう遅かった

 港に入っていく船が釣れてドラグが凄い勢いで出て

 大きな鉄のマグロが釣れた!!(笑)
 じゃない!!

 切れた!!
 信じれん・・・

 釣りをしてるって分かってるはずなのに
 少し遠回りしてくれるとか
 思いやり,配慮が足りないよね

 しかも,仕掛け3,000円ちょいがパー
 痛い・・・
 もったいない・・・
 道糸も短くなるし
 ダメ・・・

 もう止め〜た。
 ここで上カゴにチェンジ

 チェンジするの遅くないですか??

 鯛が釣りたいから辛抱してたのに
 船が釣れた時点で心が折れた

 腹立つから
 爆撒き

 どこ投げても餌残らず

 あのあたりがよさそうと思って
 集中的に攻めてたら

 釣れましたイサキ

 その後

 目を離したすきに
 道糸が張ってるような

 ヒラマサ見たいです。
 なんなく上がってきました。

 掬っていただきありがとうございました。

 これ釣れても複雑な感じ

 13時15分過ぎ納竿しました。

 本日の釣果(鯛1匹,イサキ3匹,ヒラマサ1匹)でした。

イメージ 1
 
 やはり冬の海はどこもいっしょ
 辛抱あるのみなのかなぁと改めて思いました。

 朝焼けの小屋島は綺麗でとっても満足。
 初心に帰って今年も頑張れそうな感じがしました。

イメージ 2
 
 しかし,どこまでこの澄み切った真っすぐな心が続くのか
 心って直ぐにぽきって折れるから

 折れたらあて木でもして,満身創痍で今年も走り続けます。
 
 メンタルの向上=技の向上につながると思うので

 技はないか(笑)・・・

開く コメント(2)

歯が立たず


 1月7日(月)に島根県浜田市へ釣りに行って来ました。
 当日の天気予報は曇りのち晴れ,風は3〜8m,波は1〜1.5mの予想でした。
 潮は大潮

 昨年12月もう1回釣行の予定も,願い叶わず
 中途半端な釣行で平成30年は終了したわけですが・・・
 まぁ釣れんかったこと
 ええこといっそありませんでした。

 平成31年を迎え
 初釣りに行って見ますか??

 行ってやろうじゃないですか
 ヤリイカ食べたい!!

 どうせアジ地獄なのは分かってますから(笑)
 1月は交通事故の釣りしかできません。
 要するに私には魚が釣れないって事
 素人だから・・・

 とはいっても
 新年早々超忙しい

 前日も往復300㎞超えの用事
 ホント疲れ切ってますが・・・
 行くことに決めてたので
 21時過ぎに帰って来てから準備開始

 めんどくさ・・・
 イカ釣りって妙に時間がかかるから準備が大嫌い
 竿の準備から餌まで
 おおよそ2時間かかってしまいました。

 釣れんかったら目も当てられん

 寝る時間3時間弱で,自宅を3時前に出発

 釣具屋,コンビニに寄って渡船場へ

 5時前に到着
 少なっ
 釣れんのかね・・・

 伍八と渡船名簿に記入し
 準備すること

 少人数で5時40分過ぎに出港
 
 5時50分着いてから直ぐにイカ釣り
 潮は右に
 釣れそう??

 しかし全く当たりのないまま時間は過ぎて行く
 やっぱり海水温が高いせいなのか
 イカがいないのか
 潮が悪いのか

 結局7時まで当たりなし
 明るくなって止めようとしたら
 
 何か釣れてる様な・・・
 当たりの分からないような小さい動き

 上げて見ると釣れてました
 雌イカ
 はぁ??

 もう終盤戦??
 ちっさ・・・

 もう一杯
 さらに,小さく
 どうなっとるんかね??

 はい終了

イメージ 3

 まだ早い見たいですというか
 そういう風に考えたいです。

 片付けを済ませ,とぼとぼと表側へ
 皆さんもう釣りを始められてます。
 私も準備

 少し時間が掛かりましたが準備完了
 今年も重たいカゴ振って見ますか
 棚5ヒロハリス4ヒロで
 餌爆詰めで新年第1投

イメージ 1

 潮は左へ
 はい餌残りません
 思った通り
 これは釣れないと直感

 まぁ投げても投げても釣れんこと

 やっと1時間過ぎた頃
 何やらウキ沈んだ
 
 新年1匹目は何が釣れたのか??
 何か嫌な予感
 フグでした。
 しかもでかっ

イメージ 2

 やっとられん
 今年1年最悪な予感

 気を取り直し
 投げ続けますが当たりなし

 11時までに
 オキアミ1枚撒いたけど
 針に掛かる魚は皆無
 さぞかし小魚は豊富な餌に満足してることでしょう

 結局12時までに
 もう1匹フグが釣れただけ

 風もめちゃ西風が強くなり
 波気も出てきて
 全然と飛ばんし

 釣りゃ〜せん
 
 やっと獲物が釣れたのは
 13時前
 グレ

イメージ 4

 結局14時30分納竿

 本日の釣果(グレ1匹,ヤリイカ2杯)でした。

 ほんとつまらん初釣りでした。
 約7時間休みなしで投げ続け,針に掛かった魚は3匹
 アジも針に掛からない位,マメなアジ
 時化んとダメじゃね

 次の週も行こうかと思ってたけど
 状況が目に見える様に分かるので
 止〜めたぁ・・・

 まさしく
 海の小魚に餌やるだけ
 時間の無駄

 5,6時間当たりもないのに投げ続けるって
 メンタルかなりやられます。

 今年も山あり谷ありの釣りじゃなく
 ずうっと・・・
 日本海溝の中から這い上がれない私が見える

 まぁ
 今年も素人の釣りは続きそうです。

 釣れなかったのでおまじない??

イメージ 5

 鯛もなか食べてやりました。
 これで今年は鯛漁(笑) 

開く コメント(2)

全49ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事