ここから本文です
美土里の花咲か爺さん
癒される花々、有難う町内会の皆様、有難う愉快な仲間たち

書庫日記

記事検索
検索

全165ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

三師会の絵画展

             
             忙中閑あり


イメージ 1

この会は医療関係三者会

杏林画会は医師の方

柘榴会は薬剤師の方

鳩紫会は歯科医師の方

イメージ 2


イメージ 3

築地本願寺

イメージ 4

錦帯橋と月に浮ぶ城

イメージ 5

フランスは余りに遠い

イメージ 6

シャムネコ

イメージ 9

パ リ 風景

下3点は91歳になられる翁
油絵から只今水彩画を夫妻と共に勉強中とか

70歳80歳は洟垂れ小僧
爺さんだって万年青年団

夢中の 醉 歌

孫と酒を酌み交わしたり
ひ孫と酒を呑める日まで
喜寿に米寿越える卒寿も
白寿もその先見えてくる
先ずは寝込まず日々送る


不老不死は叶わぬまでも
食事忘れず他人との会話
笑い声だし腹揺すりつつ
断舎利なんて思う事無く
在るがままに今日生きる


気楽に白寿も乗り越える
心配ご無用金など要らぬ
歩き健康維持しておれば
迎える努力はしなくても
歳は勝手にやって来るぞ


目的叶わず逝ったと言う
現世の吾らは知らねども
彼方の地域で吾今のまま
きっと命は繋がれながら
菩薩に成るまで続くはず


先の見えない人生と言う
吾に見えないだけなのさ
忍耐と努力は運を掴む鍵
光に乗るか歩みて行くか
出発も執着駅も皆皆同じ


四苦八苦と言うは安いが
聞くも安きは忍耐努力だ
吾が身に背負い歩くなら
成ろうことなら近寄らず
避けれるならば吾もまた

 八苦とは  〔仏〕生・老・病・死の四苦に、              愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五陰盛苦
を合わせたもの。   
 人生の苦の総称。

   転じて、非常な苦しみ。また、さんざん苦労すること。



「弁解に―する」
広辞苑第六版より引用


案ずるな今日終わりても
明日がある明日終りても
次の明日が吾を待ってる
努力し耐えて吾歩むまで
腐臭の小甕の蛙なりたる


成せば成る成さねば成らぬ何事も
成らぬは人の成さぬなりけり


今やらねば何時出来る
わしがやらねば誰がやる


程よき酔いの回りたる時
形相の厳し先輩現れ語る
今でなくても何時かやる
吾やらなくても誰かやる
かがの違い諭し消え行く


イメージ 8



薄髪に霜降る朝の部屋寒し
夢から覚めて布団より出る


  検知されてもアルコールは出ませんよ

老いてなお人恋しきは秋の夜に
夢中のほろ酔い消える空しさ

    
イメージ 7

真昼の平和大通り


学ぶに年齢なく努力を惜しまず歩み続ける作者

常日頃安きに動き岩陰に身を潜めつつ泡を吹く蟹

爺さんは反省の一日でした。
  


         あ〜した天気に  な〜あれ



この記事に

紅葉狩り

            三 滝 寺
イメージ 1

時折晴れ間も見えて

イメージ 2

寒さもあって参拝者もまばら

イメージ 3

紅葉もあれば未だ緑葉も

イメージ 4

鐘楼の近く鮮やかな色も

イメージ 5

苔生した吾らも永久に

イメージ 6

仏の見送りに感謝して

イメージ 7


あ〜した天気に  な〜あれ

この記事に

移ろい

            映る景色は飛行機雲か

イメージ 1


時を得ずして姿を変える


イメージ 2


一時たりとも止まることなし

イメージ 3


冷たき風は心を揺らす

イメージ 5


留まる事の叶わぬ吾ら

イメージ 4


飛び去りて残る飛行機雲も

イメージ 6

やがて消え行く過ぎ去る時と


あ〜した天気に  な〜あれ

 



この記事に

燻炭作り

              
暖かき陽射しを浴びて

イメージ 1

              
           碧空に煙昇りて
           ふと見れば綿雲の湧く

           吾の焼く籾殻の煙
           白き故雲と成りたか


イメージ 2


長閑なり山郷の秋
風無きに煙漂う

山々は何時しか色づき
里人に冬はまじかと

イメージ 3
           

           肌に汗初夏かと紛う
           音も無く人の声無し

           眠気誘う午後の一時
          この至福里に在りて知る


イメージ 4
           
              
            燻りし時は7時間 
            籾殻全て炭となる

            畑に入れて花野菜
           望みの姿出来るや否や                              


イメージ 5


あ〜した天気に  な〜あれ

この記事に

茸と菊


                                椎茸 ナメコ ヒラタケ

イメージ 1


霜の降りるこの時期になると
菌を仕込んだコナラの榾木に


イメージ 2

手間暇かかる大輪の菊を諦め

イメージ 7

今年は畑で小菊の切り花に

イメージ 3

仏様用にはちと多すぎるけど

イメージ 4

ご近所様には喜ばれてます

イメージ 5

もとより様はご満悦にて

イメージ 10

鉢植えの小菊も切り取りて

イメージ 8

来訪者にも御裾分けする

イメージ 9

作る人その菊手折り飾る人
生花愛でて笑みになる人


イメージ 6


ぼくちゃんは茸も花も無関心

翁と媼良ければ良いワン


あ〜した天気に  な〜あれ

この記事に

全165ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事