ここから本文です
紆余曲折
ロハス&ヴァナキュラーな開墾生活。湖畔のログハウスでスローライフ?いや、悪戦苦闘しています。

書庫┃┣ジャガイモ

すべて表示

ジャガイモ植えましたよ。(4月15日の記事です)
今年は、今までサボってきたツケがまとめて回ってきて、もう待てない、後がない状況で、造成からハウス建造から樹木の伐採から何から何まで大急ぎでやらねばならず、エライ事になっています。
でも、食べるものも作らないとね。

当然、時間はかけれません。
当然、雑な仕事になります。
当然、ただミゾを掘って種芋を埋めるだけです。

ここは2年前に3mくらいの灌木が密生していたのを一気に伐採した場所です。
私はその後にココを借りました。
誰がやったのか知りませんが、メチャクチャな伐り方で、その上、伐った木はその場にメチャクチャに放置されていたので、片付けるのが大変でした。
当然、土の中は根っこだらけ。

すぐには勝負にならないので、1年ほっといたら、まず、ノイバラなどのツル性の小低木が繁茂しました。
それからワラビ。
ワラビはたくさん食べれて良かったですね。
イバラなどが酷く茂ったら草刈機で刈り倒して放置しました。

イバラなどは一応「木」ですから、根付いていると強いんですね。
他の樹木は切り倒すとあまり伸びてきませんが、蔓性のヤツは平気で復活しますからね。

次の年は、多年性雑草が茂りました。
ギシギシ、オオマツヨイグサ、ヨモギ、ススキなどです。
これも茂ったら刈り倒す、です。

痩せた土地では、宿根草が強いんだろうと思います。
毎年タネから芽を出して急速に繁茂する一年生雑草は一定程度土地が肥えていないと厳しいんでしょうね。
宿根草はしぶといので抑草が大変ですが、痩せ地でしっかり茂ってくれるって事は、その分、土地を肥やして行くって事でもありますから、植物が育つ環境作りには貢献してくれてるワケです。
自然農法でも農地や耕作放棄地の様に既に出来ている場所でやってると、ソコはとうの昔に植物が育つ様に先人達が環境作りし終わってる場所ですから、ホントの生態系のダイナミクスが見えにくいと思うんですよ。
圃場ってのは出来上がった、もう安定状態に入ってる環境ですからね。
山を切り開いた開墾地や造成地などの更地から順に見て行くと、植物がどう言う順番で進出して来て、それに伴って動物や昆虫がどう増えて行って、「自然」がどうやって環境構築して行くかが良く分かります。
まあ、わざわざそんな事をやるって言うのは不経済ですけどね。

で、今年です。
地面は一面多年生雑草です。
気にせずに10cmくらいにミゾを切ります。
種芋を置いて、土かぶせてオシマイ。
イメージ 1

条間は80cm以上です。
草刈り機振り回しますから広めがイイです。
そしてジャガイモの芽が伸びたら、抑草を兼ねて、草を刈り倒した後、真ん中から少しずつ鍬で返してジャガイモの株元に土寄せします。
これで雑草を抑えながら作物を育てます。
イメージ 2

まだ腐植は堆積していないので、少し掘ると真砂土が出てきます。
イメージ 3

時々、こんな根っこも出てきます。
イメージ 4

こんな痩せ地にはギシギシが良く生えます。
完全に枯らそうと思うと厄介な雑草ですが、刈り飛ばしていさえすれば、大した害はありません。
イメージ 5

名前の分からないイネ科の宿根草です。
コイツは40cmくらいの株になり、細い葉が密生するので刈り飛ばしにくくて面倒ですが、繰り返し刈っていると突然枯れます。
イメージ 6

これも厄介者のオオマツヨイグサ。
でも、考え様によると、地上部も大きいし地下部もゴボウみたいな太い根っこですから、上手く抑えて行けば、土地にたくさんの有機物を残してくれます。
イメージ 7

ススキです。
どうも共生菌を持っていて、窒素固定するみたいです。
痩せ地に生える植物にはそんなのが多いですね。
だから土地が肥えて行くんですね。
ただ、ススキはとても根茎が硬いので、あまりデカくしてしまうと後が大変です。
イメージ 8

最後にワンコ兄弟の乱入を防ぐネットを張って出来上がりです。
ワンコ君達は、穴掘りが大好きなので、気を付けないとイノシシ君と同じ仕事をしてしまいます。
イメージ 9

戦場の跡、みたいになってます。

ジャガイモは芋の力が強いですからね、芽は出てきますし雑草以上に伸びます。
雑草の方は伸び始めたら草刈り機をかけます。
更に作物だろうと雑草だろうとドンドン茂るように条間に鶏糞と米糠を撒きます。
無肥料栽培なんかクソ食らえ、です。
そりゃそうでしょ、まず、圃場環境全体が活性化しないと勝負にならないんですよ。
そして「植物」は生態系の基盤です。まず植物が繁茂しないとダメです。
あ、だけどね、肥料で茂ると考えるのはあまり良くないですよ。
順序としては、まず「水」です。
「水」を多くすると植物は必ず茂ります。微生物も必ず増えます。
それでスイッチが入った所に「肥料」です。それも鶏糞や米糠の様な微生物、土壌生物、昆虫等を増やす働きの強いものをやります。

で、全体の物質生産が盛んになったところで、「依怙贔屓」をします。
どっかのソーリみたいに、自分に都合のイイ奴を優遇し、都合の悪い奴を迫害します。(農業やると性格悪くなるね)

順序としては、作物 > 一年生雑草 > 多年性雑草 です。
抑草の方法は色々ありますが、自然農法ではとりあえず草が作物を邪魔しなければ良いだけで、慣行農法の様に雑草を撲滅する必要はありませんから(むしろ滅ぼしてはダメ)、時々草刈機で刈り飛ばしとけばOKです。
草刈りはメンドクサイんだけど、何度も何度もやってると雑草の動きも良く分かる様になるので、オススメです。
草生栽培では作物以上に「草」の事が分かっていないとダメだからね。

て、エラそうに書きましたけど、コレで上手く作れるって事じゃありませんからね。
ご存知の通り、かなり失敗率高い実績を残して来ました。
さあ、今回は上手くいくでしょうか?
「良い子はマネをしないように」って栽培です。


春播きの野菜のタネ販売中です。コチラから!!

クロニャ・シーズのフェイスブック・ページはコチラ

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 圃場は造成工事や樹木伐採で戦場みたいになってます。(4月17日の記事です) 日報に「戦闘行為」と書きたいくらいですが、バレるとソーリが困るので、平和を装っています。 夏モノの作付けはまだなので、申し訳ありませんが栽培の記事が書けません。 ...すべて表示すべて表示

  • 「むかしの農業」です。(4月12日の記事です) ユーチューブにこの手の動画が色々上がっているようです。 動画はコチラ→  https://youtu.be/HkQX-2Vt-TA?list=WL ウチみたいに機械を殆ど使わずに栽培しょ ...すべて表示すべて表示

  • 春なので、「タヌ吉」だって、浮かれるんです。(4月10日の記事です) 堆肥の中のカブトムシの幼虫でもホッ返してるんでしょう。 ソ〜ッとソ〜ッと近づいて5mくらいまで寄れました。 が、思わぬ妨害が・・・・ 発見!!距離は20 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事