ここから本文です
FDY家具デザイン研究所ブログ
背景はイギリス ハイウィカムチェアミュージャム 1996年頃

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ゴールドスミス・ウィンザーチェアのなぞについて その2
(アメリカン・ウィンザーチェアがなぜゴールドスミス・チェアに似ているのか?)
 こういう話があるのです。ジャック・ヒル氏の「カントリーチェア・メーキング」(7ページ)のなかで書かれている「17世紀後半、王政復古後のジョイナー(指物師)とターナー(旋盤工)の間で論争があった。材料がオークからアッシュ(とねりこ)やビーチ(ブナ)に変わる時期にそれまでは指物師が組み立てる部品を旋盤工が作っていたが、指物師が自ら旋盤を使うものが現れると、独自に椅子を作る旋盤工が現れ始めた。」というのです。私はその旋盤工が作った椅子こそがゴールドスミス型ではなかったのか?詩人で劇作家であったゴールドスミス(1728−1774)が使用していたことから1750年から60年頃のものとされていますが、実は1708年以前に作られたものではなかったのか?おそらくその時代は王侯貴族が使うガーデンチェアとして作られていたためにダークグリーンに塗られ、テームズバリーに集結した旋盤工たちによって当時にしては数多く量産された初めての椅子ではなかったのか?と推測したのです。(私がV&Aミュージャムで身近にこの目で確かめ、その作り方から、1,2脚ではなく数多く作られていたに違いないのです。)たまたまゴールドスミスがその椅子を気に入って自分の家で愛用品として長く使っていたのではないかと想像されるのです。そうするとジョン・ピットとリチャード・ヘウトのコムバック・ウィンザーチェアは一品制作の椅子として作られていたもので、当時はまだウィンザーチェアとは呼ばれてなかったのではないか?(あるいはこれこそがウィンザーチェアにカブリオール脚を取り付けた一例であったのかもしれません)これは私の推測でしかありませんが、ウィンザーチェアはゴールドスミスチェアのように最初から分業で作られていたものでピットのように個人でつくるものではなかったのです。しかし後にそのシンプルで安っぽい形態をなんとかしようということでゴールドスミス型にカブリオール脚が取り付
イメージ 4
イメージ 1けられたり、笠木を装飾的にしたりすることでコムバック型のアーム・ボウ型チェアが現れたのではないか?そうするとゴールドスミスとアームボウ型コムバックが合体したものがキャプテン・クックの椅子ということになるのです。そのシートの形が後のウィンザーチェアの原型になっていったと考えられるのです。アメリカに渡ったウィンザーチェアが1725年にアメリカで生産が始められると、アメリカになじむためにいろんな装飾が付け加えられていくことでアメリカン型が生まれたのではないかという推論が成り立つのです。要するにアメリカに渡ったウィンザーチェアはゴールドスミスウィンザーチェアではなかったのか?つまりジョン・ジョンズの所有していたウィンザーチェアとはゴールドスミスウィンザーチェアそのものではなかったのかということになるのです。結論として、ゴールドスミス・チェアはウィンザーチェアの名前の由来になった、つまりウィンザーの方から来る安物の椅子と言われたそのものではないかということなのです。ジョン・ピットとリチャード・ヘウト上記ジョン・ピットとリチャード・ヘウトの椅子(1750年頃)の前脚はカブリオール(猫脚)となっています。その頃はチッペンデールが活躍しているころで、以前 にはカブリオール脚のウィンザーチェアは存在していません。また古いウィンザーチェア型の椅子がウィンザーチェアの原型として紹介されたり扱われたものがありますが、それらは個人によってウィンザーチェア風に作られたものであって、ウィンザーチェアは最初から分業システムによって量産されるものとして作られたものだったと言うことができるのです。 
2018.08.10 追記    2018.12.11  一部修正 
 
イメージ 2     イメージ 3
ゴールドスミス・ウィンザチャー   アメリカン・ウィンザーチェア

アメリカンウィンザーチェアがゴールドスミスウィンザーチェアに似ているのはなぜか?私にとってそれは長い間疑問でした。以前には逆にアメリカから入ってきたのではないかと推論したこともありました。しかしその似ていることから、ゴールドスミスウィンザーチェアが17世紀後期から1708年ごろに作られたという証拠にもなるのです。つまり当時の形を残す最も古く、ただ1脚残った貴重なウィンザーチェアではないかということになるのです。 
                     赤は2017.05.09追記 
 ※この結論はあくまで私の個人的推論の域を脱していないかもしれません。




イメージ 3
ゴールドスミス ウィンザーチェア
製作年:1998〜2003年
イメージ 4イメージ 5

イメージ 6

ゴールドスミス ウィンザーチェアの人間工学の人体プロトタイプへの応用

イメージ 7
2005年 九州産業大学芸術学部デザイン学科山永研究室作成
小原二郎監修:渡辺秀俊・岩澤昭彦著の「インテリアの人間工学」より

人間工学のいすのプロトタイプⅢ型をゴールドスミス ウィンザーチェアの
側面図に合成してみたところ、みごとに一致しました。18世紀初期に
すでに現代の人間工学にマッチする椅子が作られていたことに驚愕さ
せられたことが私がウィンザーチェアの複製を作り始めた動機で
もありました。
2017.03.23 加筆

9回のゴールドスミス・ウィンザーチェアの項の続き
ゴールドスミス・ウィンザーチェアのなぞについて その1
 
イメージ 2
ゴールドスミス・ウィンザーチェアより以前に現存するウィンザーチェアはジョン・ピットとリチャード・ヘウトのコムバック・ウィンザーチェア(下図)ということになります。
それ以前のウィンザーチェアがどういうものであったのかはなぞであり想像するしかありません。1740年ころと思われるオックスフォード・ボドレーン図書館のファンバック・サイドチェアやコムバックアームチェア(1776)から創造するしかないのです。もちろん1708年にジョン・ジョンズ商人が所有していたウィンザーチェアがどういうものであったのかもなぞのままなのです。ウィンザーの方向からくる安物の椅子がどんな椅子であったのイメージ 1か?これもなぞのままです。その安物とはゴールドスミス・チェアではなかったのか?これが私の見解であります。その理由の一つがウィンザーチェアが作り始められたころのものはアームチェアであったということです。そのころにはサイドチェアは作られていませんでした。オックスフォードのボドレイン図書館のファンバック・サイドチェアは該当しないことになります。も一つはゴールドスミス・チェアを人に見せた時にシンプルで恰好が良く現代的という感想が聞かれることです。そのとおり現代の家具は当時の装飾過多な重厚で、豪華な椅子と比べて軽くて安っぽく見えるのは皆さん共通ではないでしょうか?今日、ラスバックやスモ−カーズ・ボウなどと比べて、現代の若い人たちが好むシンプルな椅子を我々高齢者が見ると軽く安っぽく感じる感覚と同じようにウィンザー地方から来るゴールドスミス型の椅子を見て、17世紀の人々は驚きをもって迎えたことでしょう。当時、重厚で豪華な家具になれ親しんでいた人々にとって、ゴールドスミスチェアが新鮮ながら、なんだか安っぽく見えたということに納得いただけるのではないでしょうか!繰り返しますが、ウィンザー方面から来る安っぽい家具とはゴールドスミスチェアのことではなかったのか?そうだとするとゴールドスミスの生産された年代は1750年もしくは1760年頃とされていますが(これはオリバー・ゴールドスミスが使用していた時期から想定されたものであって、使い古された跡からして少なくとも50年は遡ると考えられます)1700年前後に遡ることになるのです。ゴールドスミスチェアこそがウィンザーチェアの名称が誕生したそのものの椅子ということになるのです。


※これはあくまでも私の個人的見解をはみでるものではありません。
 
・・・・・次回につづく
 
 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事