ややたいやや 木下電機RT

アドベンチャーバイクで遊ぼう! https://togetter.com/li/1172702

全体表示

[ リスト ]

1月のいなべ外車試乗会のときVRM300R GNCC Tackeeを展示していたのですが、お客様どうしても履いてみたいとおっしゃるので、インプレをいただくことを条件にお貸ししました。
 何でもこのタイヤでT-BOUT 総合で3位 Bクラス優勝されたみたいです!?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■走行(オフロードバイクトライアル大会)
T-バウト当日、疑惑のフロントタイヤの空気圧をチェックした所、全く問題無し。フロント0.8まで空気圧を落とし、リアも0.8まで落としましたがそれでメコメコに変形する訳でもなく昨日みた感じとそんなに変わらない感じ笑
どうやらそう言うモノのようなので、フロントはそのまま、リアは0.3-.5ぐらいな感じに落として使ってみました。流石にここまで落とすとかなりグンニョリ変形してますがバイクがヨレる感じはそんなに感じられず、低速競技ならコレで良いかなーと感じました。

イメージ 1
ライダーズミーティングが終わり、朝一発目のセクション
どのセクションから入っても良いとの事だったので、足ついても良いので頂上まで登れば点数高いヒルクライムセクションからアタックしました。
路面は山砂に少し粘土が入り、冬の朝一発目なので霜柱&べちょべちょ路面で結構憂鬱な感じの路面、、そして角度、長さ、ライン上にある嫌な角度の木の根等、、、

とりあえず、タイヤの様子を見る為に登ってみると、、、お?おおおおおお!?ムチャクチャグリップします。ビックリして足ついてしまうほどの劇グリップ!
ベチョベチョ区間は全く問題なくグリップします、恐らくブロック高が高いお陰なんでしょうね。そして、中腹あたりのライン上にある嫌な角度の斜めの木の根も、、通常なら濡れた土を引っ張ってそう言う所はいると弾かれるのですが全く問題なくと言うか、気がつかないぐらいな感じでスルー、上部の霜柱区間も全く問題なくクリア。
気がついたら登頂して0点クリア。さえ先よすぎます。

ヒルクライムセクションで解った事は、通常の山によくある路面は基本的に劇グリップ
何の問題も無い。

イメージ 2 そして下り、グニョグニョで不安だったタイヤ、ブロックがサイド向いて立ってなかったタイヤ、、劇グリップです、路面に押し付けられたブロックがサイド方向に変形してガッチリ路面掴んでました。
ブロックが横向きっぽくついてるとコレが逃げちゃうんでしょうねー。
朝一発目のヒルクライムセクションで何となくタイヤの感触を確かめ各セクションを回りましたが、山土エリアではグリップが無く不安になったり登れない等の事はおこりません。
(写真は嫌な感じの木の根)


その2に続く

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事