ややたいやや 木下電機RT

アドベンチャーバイクで遊ぼう! https://togetter.com/li/1172702

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

もう先週ですがMFJのエンデューロ選手権に1090ADVで出場してきました。
内地じゃ久しぶりのオープンエンデューロ開催ということで、主催者の方はエントリーが埋まるか心配していたようです。
 なぜなら、公道を使うためいつも選手権で使っているバイクにナンバーはもちろん保安部品なんかもちゃんと機能するように取り付けておかないといけません。 今じゃ戦えるトレールバイクもないですし、外国EDレーサーを登録するのが現実的かな。 なのでこれまで選手権に出場していた選手にはハードルが高いのは確かです。

 ところが蓋を開けたら承認クラスやLite'sに結構な数のトレールバイクや、ラリー系の方々がエントリーして80台の定員埋まり、逆に普段ナンバー付きでダート走行楽しんでいる方へのハードルが下がったんじゃないかと想像しました。

大会概要(JEC東日本エリア戦長野原大会)

イメージ 4
  2019JEC東日本第3戦長野原大会のコース図
(テスト同士をつなぐルートはほとんど舗装道路です。 あとアサマレースウェイの中はダートのルートでした。)

 かく言う自分もアドヴェンチャーにナンバーあるし、アサマの火山灰のコースならウェットでも谷地になることはないでしょうから、他のエントラントのじゃまにならない程度に走行できると踏んでエントリーしました。

イメージ 1
 アドヴェンチャーのインパネと、バーパットに埋めたエアモニ

アドヴェなら保安部品は心配ないし、インパネに燃料計もあるし、時計もある。
朝イチの始動もインジェクションとセルで掛かりの心配がないので準備にはホント手間がかかっていません。
タイヤはチューブレスで装着したので空気圧だけ見るようにして、携帯工具にはチューブレス用のパンク修理キットを入れておきました。 これでよっぽど大きなタイヤの裂けでもない限り補修してピットまで帰れるはず。

タイヤはフロントにVRM-211R 120/80-19 リアにVRM-109R 4.60-17を装着しました。
レギュレーションではリアタイヤにFIMタイヤを要求されているのですが、17インチのものがないので公道走行可能タイヤであれば良いとの回答を主催から得ています。
イメージ 3イメージ 2






















リアのVRM-109 4.60-17                    フロントのVRM-211R 120/80-19

で、朝イチに車検を受けて
イメージ 5

パルクフェルメにin
イメージ 6
朝イチのスタートラインに並んでスタート時刻になるまではエンジン始動できないので、パルクフェルメの出し入れでバイクを押すのが一番大変でした
ガードのあたりに引っ掛けてあるタイダウンはいざというときのレスキュー用です。
ほんとにヤバイときは複数人で引っ張って貰う必要があるので、そのための準備です。

自分の時間が来たらタイムカードをもらいつつパルクフェルメに入って
イメージ 8

順次時間とともに数台ずつスタート

イメージ 7
でスタートしたらまずは一路アサマレースウェイまでツーリング。
TC1までは時間設定的には数分しか余裕がなかったので、途中でアイスを食べたりコーヒー飲んだりはできませんでした。 レースの進行もありますがもうちょっと余裕があっても良かったかな。
イメージ 9

アサマレースウェイのTC1を抜けたらまずはルート。
朝まで雨が降っていたので水たまりもあったのですが、ぬかるみはないのでスムーズにクリア
イメージ 10

で、いつものアサマをうりゃ〜っとタイムアタックして
イメージ 11イメージ 12










そういえば一箇所ワダチできて来ていていやだったな〜
イメージ 13






















ハマっちゃうと嫌なので避けて走ります。
タイムアタックが終わったらまたもう一つのテストに向かいます。
イメージ 14























2つ目のテストは鬼押出しのすぐ麓なのでスキー場ほどではないですがちょっと傾斜があります。
イメージ 15
アサマレースウェイに比べるとちょっとスリッピーで細かいコーナーも多くアドヴェンチャーではなかなかタイム出せませんでした。やはり車重があるので細かいコーナー後速度の落ちたところから、坂を登ってゆくのがなかなか速度が乗らなくてもどかしかったです。
 ワダチができやすかった路面だったのですが、EDマシンの作るワダチはコーナーRが小さくて曲がりきれなかったり深すぎるのでなるべくワダチに入らないようなオリジナルラインで走っていました。

当日撮影した写真のリンクです。
こちらは公式写真

2つあるどちらのテストも大体3分ぐらい、ここのタイムが競技になります。
1時間のうち6分を真面目に走るだけなので、体力的には割と余裕がありました。
でもインターバルトレーニングみたいなものでとにかくお腹が空く><
この日は5食位食べてます。
(1周目パドックに戻ってきてから会場内ケータリングのカレーライスを注文してバクバク。 パドックを出たらまたしばらくルートなので消化する時間はありました)

そういや、ほとんど筋肉痛にはなりませんでしたね。

リザルト(JEC公式ページ)
出場したクラスはNBで順位は20位、流石に上位を目指すのは厳しいですね^^;
なれたアサマのテストではまあまあのタイムが出ましたが、浅間園のテストはボロボロです。ちょっと悔しい。


ビッグオフロードバイクでJEC長野原大会に出るのは結構チャレンジングだと思います。
何度も転倒して、バイク起こすのに手間取るとタイムはもちろんボロボロになるし、遅着もあるでしょうね。
まずは転倒しないで走れること、転倒してもすぐ起こせることが大事だと思います。
ここをクリアできればビッグオフでも完走できるんじゃないかな?

たぶん790ADVRならもっと楽に走れるはず。
HP2EDも十分行けるでしょう。
興味が持てましたらぜひチャレンジしてみて下さい!
もう2ヶ月放置じゃんかよ
2018年11月5日に滋賀県高島市の朽木スキー場でフリー走行会をやりました。
エンデューロバイクはお断りで、640cc以上or2気筒以上のモーターサイクルって条件です。
(GSX-RとかVTZでもOKです)

去年のいなべオフにいらっしゃった、高島市森林組合のKさんのイメージ 1「朽木にビッグオフ集めてや」
の一言で計画されたこの走行会。

6月に下見して

10月にも下見
https://photos.app.goo.gl/S99KGZMwGiB8EtdAA
と、いなべオフ参加者の皆さんにも手伝ってもらって開催

いつものいなべオフと違って、今回はコース設営や安全管理もやらなくちゃなりません。

いなべオフな皆さんよく手伝ってくれました。

雨天中止なので天気予報はよくチェックして、当日も晴れ予報だったのに朝から小雨
コースチェックしたらコンディションは悪くなかったのでそのままやっちゃいましたが。


雨の中ブリーフィング><
イメージ 2

参加者の皆さんをテントにかくまってスタッフは雨ざらし^^;
イメージ 3

雨降っているのにみんなやる気です!
イメージ 4

場所によっては勢い必要なコースでしたが、概ねみんな走れたかな?
イメージ 5

WEB

ツイートまとめ


今シーズンもはじめました
ビッグオフローダーいなべオフ
三重県いなべ市のいなべモータースポーツランドをビッグオフローダーで遊んじゃおうって企画です。
コースの協力も得られて、ビッグオフローダーだけでMXコースを走れる走行枠も頂いています。
(朝昼の2枠)
前のシーズンは3月末で終わって、あいだ8ヶ月コースも荒れたりコース変更があったりしているので今回はゆるゆる走ります。

今回木下は下見したかったので土曜日朝から走行
イメージ 1
久しぶりに来たら台風の影響もあって荒れてましたね〜

土曜日は時間もあるので、軽くアドバイスしてみちゃったりして。
イメージ 2
なかなかかっこよくなりました!

日曜日は集合写真
イメージ 3

からのエンデューロコースアタック!
イメージ 4

ってな感じで遊んできました。

写真集アルバム3つに別れています。

この週末は長野県大町市の信州大町チャレンジフィールドで開催されたCGC信州大町HARD ENDUROに出店してきました。
イメージ 1

土曜日は雨天の下、最悪のコンディションではじまり、天候の回復とともに路面状況がどんどん変わってゆくタイヤ選択の難しいコンディションです。
CGCのイベントなので上りはもちろんですが、それよりもキャンバーの厳しいコース設定のため角のある新品タイヤが望ましいです。そのなかでもフロントスリップは致命的なのでフロントタイヤの交換をおすすめしてきました。
VeeRubberでおすすめは VRM-211F 90/90-21 ですね。スリップし始める感触がわかりやすく転ぶ前に対処できるのでフロントからスリップダウンすることが少なくなるタイヤです。

リアに関してはVRM-500R 110/100-18VRM-140 120/100-18をおすすめしてみました。 空気圧を下げたときの土を掴む感覚と新品であればタイヤの角が土を掻く効果が期待できます。

その他今回多かったのは厳しいコンディションを見てのビードストッパー追加作業依頼ですね。
現場作業なので仕上げ等を丁寧にできないデメリットがあるのですが、もしお困りでしたら申し付けください。
セローのチューブレスリムにも施工できます。 ビードストッパー用穴開け1個1,000円(チューブレスリムでは2,000円)

ビードストッパーも フロント用1.60インチ リア1.85インチ 2.15インチと各サイズ在庫しています。(1,500円)
タイヤ交換時にリムバンドが傷んでいるときも替えのリムバンドもご用意しています(200円)

出店の際には、他社タイヤ装着の場合でもタイヤについてお困りでしたら相談いただいて結構です!
ぜひぜひブースまでお立ち寄りくださいませ〜

イベント概要
信州大町HARD ENDURO情報

コースマップ

リザルト

うちで撮影した写真です。ご自由にお使いください。
写真に不都合ありましたらこちらまでご連絡ください=> veerubber@nifty.com

受付〜ミニバイククラス
さわやか日曜&レディースクラス


今年ももう10月大分涼しくなってきたのでビッグオフローダーでもイゴイゴ出来る季節になってきましたね〜


イメージ 2 イメージ 3

この先ビッグオフローダむけイベント目白押しなのでリストアップします。
ちょっとでも興味あればじゃんじゃん参加表明してくださいね!

11月4日
朽木スキー場走行会! WEB ツイプラ FB

滋賀県高島町の朽木スキー場を借り切り、走り回ります!
これはちょっといろいろ準備の手間があるので有料イベントです。
OP-NET加入も必要です。

11月25日
ビッグオフローダーいなべオフVol5. ツイプラ FB

今秋初のいなべオフですね!こちらはいなべMSLの走行料のみで参加できます。
(いなべMSLの走行にはOP-NET保険会員への加入が必要です。)

12月22日
ビッグオフローダーいなべオフVol6. いなフェスジャック! ツイプラ FB

この週末は「いなフェスFB というコースのお祭りを開催しています。
お祭りだけに走行料特別価格2,000円でOP-NET保険も不要です。
いなべのコース体験には最適かも。


12月23日
は「いなフェス」のイベントとしてビッグオフローダのパレードが開催される模様。
エントリーするとゼッケンステッカーが届くので、それを車体に貼ってお昼ころにいなべMSLに到着すると、いなべのMXコースコースを観客の前で数周パレードします。
その後有志の方のビッグオフローダーエキシビジョンもあるみたい!
イメージ 1

去年の「いなフェス」の写真など

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事