ややたいやや 木下電機RT

アドベンチャーバイクで遊ぼう! https://togetter.com/li/1172702

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

4月にKLX400SRにVRM-401を前後装着してテストはじめたのですが↓
https://blogs.yahoo.co.jp/fe550e/66206731.html

だいたい1000km位走ったので結果から。
ブロックの高さが9mm=>7mmになりました。
3mmが高速走れる限界の溝深さなのであと2000kmは走れる計算ですね。
軽いバイクで林道かっ飛ばしたりして3000kmというところでしょうか。

やっぱりヒルクライムアタックなどすると減り感があります。
この時点で舗装の他、シーサイドバレーのイベントマーシャル含めて400km強走っています。
イメージ 1

乾いた岩盤にちょっと砂が乗って滑りやすい斜面(シーサイドバレーバンザイヒル)をホイルスピン気味に登ると、表面がザラッとした減り方になりました。
軽いバイクで1.1barだとタイヤも割と潰れてグリップは悪くなかったです。
エンデューロタイヤなんかに比べるとブロック剛性が高くなるので、グリップのON/OFFがはっきりしてきます。

乾いたダートのグリップ感はとても良かったです、プッシュアンダーが出るぐらい。
リアがオーバーサイズなのも原因でしょうね。

そこから更に350km走って750km走行
イメージ 2
表面のザラザラがちょうどなくなったぐらいかな。
タイヤがいつもより太い分、コーナーリングで倒すバイクの角度が深くなっててちょいビビる。
けど舗装でのグリップには安心感がありました。
濡れたマンホールなどがあってもそれほどグリップは落ちないようです。

コーナーリングが楽しくなってきたので、有峰林道に走りに行きました。

フロントは変わらなすぎて写真撮っていません^^;
イメージ 3
オフ車のシングルディスクだとブレーキ力のほうが負けてる感じ。
前後とも案外走行音は大きくないです。






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事