ややたいやや 木下電機RT

アドベンチャーバイクで遊ぼう! https://togetter.com/li/1172702

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

CRF1000Lアフリカツインの販売を引き金にビッグオフローダーで遊ぶ方がふえてるようです。
フロント21インチ、リア18インチの上チューブ装着なのでタイヤの選択肢がたくさんあるんですよね。
ダートをがっちり攻めるならモトクロスタイヤも使えます。

ただこのクラスではフロント19インチ、リア17インチの一回り小さいホイールのバイクも少なくなく、タイヤ選びにひと苦労あるとのこと。

水冷BMW-GSの方から伺った、フロントにVRM-175 FIM 120/80-19を装着するのが一つの答えです。
(テレレバーなのと、くちばしがあるのでフェンダーレス化でタイヤ外径対策したそうです。)
イメージ 8

フロントがしっかりするだけでコーナーの進入が不安なくスムーズになり、ワンランク上のダート攻略が可能になります。 ただしタイヤの外形が、純正のタイヤより2cm程大きくなるのでダウンフェンダーに対策が必要です。
このタイヤでアサマレースウェイを走行してきたときの記事です。
https://blogs.yahoo.co.jp/fe550e/66291907.html

ブロックが大きい上、フロントに使ったので寿命は結構長くて6000km近く走りました。
最後は段減りして乗り心地が悪くなったので交換しましたが山はまだあります。
イメージ 1

う〜ん、ブロックタイヤ侮れじ。
舗装でのグリップ感はロードタイヤと比較すればアンダーで不満はありますが、21インチのブロックタイヤよりもよくグリップします。 FIMタイヤでブロック高さ13mmとやや低めなのも効いていそう。

そして問題の17インチリアタイヤ。 30年ぐらい昔はトレールバイクもリア17インチだったのでノビータイヤが手に入ったのですが、今ではほぼ壊滅。
そういうバイク用にVRM-109 4.60-17 を仕入れていたので、戯れにモタードホイールに装着してみたのが
https://blogs.yahoo.co.jp/fe550e/65607334.html
この記事

そしたらこの記事をみてBMW-GSに装着した勇者が現れました!
イメージ 2
先日の白馬のイベントでこのGSがヒルクライムをグイグイ登る。
https://www.facebook.com/groups/368747493291477/permalink/877230415776513/
やっぱりモトクロスタイヤの効果は絶大ですね〜!

とは言えどうしても舗装道路でのグリップがイマイチで安全性に不安があるため、ソコをわかってるユーザさんにしかおすすめできる使い方ではない。 なので大きな声でセールスできませんね><

危険なテストを誰かには依頼出来ないので、まずは自分でテストしてみました。

イメージ 3

イメージ 4

リムの幅は4.5インチです。試しにチューブを入れないで装着してみたらエアが漏れなかったのでそのままチューブ無しで装着です。
だいたいリムとタイヤ側面が面一になりました。

もう、効果は絶大。サンドでもすごく進みます。
タイヤのパターンのせいかパーシャルでコーナーに入ると横に流れる傾向はありますが、ON/OFF兼用のVRM-401に比べると格段に進みます。
スモールホイールでダート攻めるならこの組み合わせかな。
イメージ 5
F:VRM-175 FIM 120/80-19
R:VRM-109 4.60-17

舗装往復500km走行、土日でダートコース走行して減りはこれぐらい。
イメージ 6
最終的には高速道路も含めて走行して1000km持ちました。
ブロックタイヤとしては上出来です。
イメージ 7

まだ山あるよね。
もちろんデメリットもあってフロントリアともブロックタイヤ装着すると走行音がとてつもなく大きいです。
トンネル走るとブザー鳴らしているような騒音。
なので舗装メインのツーリングにはあんまりおすすめできないです^^;

ダートでの走行性能を追求するとこういう選択肢もあるよってお話でした。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事