ややたいやや 木下電機RT

アドベンチャーバイクで遊ぼう! https://togetter.com/li/1172702

Vee Rubberタイヤ販売

[ リスト | 詳細 ]

販売しているタイ国 Vee Rubber社製オフロードタイヤに関する記事です。主にインプレかな。
記事検索
検索
CRF1000Lアフリカツインの販売を引き金にビッグオフローダーで遊ぶ方がふえてるようです。
フロント21インチ、リア18インチの上チューブ装着なのでタイヤの選択肢がたくさんあるんですよね。
ダートをがっちり攻めるならモトクロスタイヤも使えます。

ただこのクラスではフロント19インチ、リア17インチの一回り小さいホイールのバイクも少なくなく、タイヤ選びにひと苦労あるとのこと。

水冷BMW-GSの方から伺った、フロントにVRM-175 FIM 120/80-19を装着するのが一つの答えです。
(テレレバーなのと、くちばしがあるのでフェンダーレス化でタイヤ外径対策したそうです。)
イメージ 8

フロントがしっかりするだけでコーナーの進入が不安なくスムーズになり、ワンランク上のダート攻略が可能になります。 ただしタイヤの外形が、純正のタイヤより2cm程大きくなるのでダウンフェンダーに対策が必要です。
このタイヤでアサマレースウェイを走行してきたときの記事です。
https://blogs.yahoo.co.jp/fe550e/66291907.html

ブロックが大きい上、フロントに使ったので寿命は結構長くて6000km近く走りました。
最後は段減りして乗り心地が悪くなったので交換しましたが山はまだあります。
イメージ 1

う〜ん、ブロックタイヤ侮れじ。
舗装でのグリップ感はロードタイヤと比較すればアンダーで不満はありますが、21インチのブロックタイヤよりもよくグリップします。 FIMタイヤでブロック高さ13mmとやや低めなのも効いていそう。

そして問題の17インチリアタイヤ。 30年ぐらい昔はトレールバイクもリア17インチだったのでノビータイヤが手に入ったのですが、今ではほぼ壊滅。
そういうバイク用にVRM-109 4.60-17 を仕入れていたので、戯れにモタードホイールに装着してみたのが
https://blogs.yahoo.co.jp/fe550e/65607334.html
この記事

そしたらこの記事をみてBMW-GSに装着した勇者が現れました!
イメージ 2
先日の白馬のイベントでこのGSがヒルクライムをグイグイ登る。
https://www.facebook.com/groups/368747493291477/permalink/877230415776513/
やっぱりモトクロスタイヤの効果は絶大ですね〜!

とは言えどうしても舗装道路でのグリップがイマイチで安全性に不安があるため、ソコをわかってるユーザさんにしかおすすめできる使い方ではない。 なので大きな声でセールスできませんね><

危険なテストを誰かには依頼出来ないので、まずは自分でテストしてみました。

イメージ 3

イメージ 4

リムの幅は4.5インチです。試しにチューブを入れないで装着してみたらエアが漏れなかったのでそのままチューブ無しで装着です。
だいたいリムとタイヤ側面が面一になりました。

もう、効果は絶大。サンドでもすごく進みます。
タイヤのパターンのせいかパーシャルでコーナーに入ると横に流れる傾向はありますが、ON/OFF兼用のVRM-401に比べると格段に進みます。
スモールホイールでダート攻めるならこの組み合わせかな。
イメージ 5
F:VRM-175 FIM 120/80-19
R:VRM-109 4.60-17

舗装往復500km走行、土日でダートコース走行して減りはこれぐらい。
イメージ 6
最終的には高速道路も含めて走行して1000km持ちました。
ブロックタイヤとしては上出来です。
イメージ 7

まだ山あるよね。
もちろんデメリットもあってフロントリアともブロックタイヤ装着すると走行音がとてつもなく大きいです。
トンネル走るとブザー鳴らしているような騒音。
なので舗装メインのツーリングにはあんまりおすすめできないです^^;

ダートでの走行性能を追求するとこういう選択肢もあるよってお話でした。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

4月にKLX400SRにVRM-401を前後装着してテストはじめたのですが↓
https://blogs.yahoo.co.jp/fe550e/66206731.html

だいたい1000km位走ったので結果から。
ブロックの高さが9mm=>7mmになりました。
3mmが高速走れる限界の溝深さなのであと2000kmは走れる計算ですね。
軽いバイクで林道かっ飛ばしたりして3000kmというところでしょうか。

やっぱりヒルクライムアタックなどすると減り感があります。
この時点で舗装の他、シーサイドバレーのイベントマーシャル含めて400km強走っています。
イメージ 1

乾いた岩盤にちょっと砂が乗って滑りやすい斜面(シーサイドバレーバンザイヒル)をホイルスピン気味に登ると、表面がザラッとした減り方になりました。
軽いバイクで1.1barだとタイヤも割と潰れてグリップは悪くなかったです。
エンデューロタイヤなんかに比べるとブロック剛性が高くなるので、グリップのON/OFFがはっきりしてきます。

乾いたダートのグリップ感はとても良かったです、プッシュアンダーが出るぐらい。
リアがオーバーサイズなのも原因でしょうね。

そこから更に350km走って750km走行
イメージ 2
表面のザラザラがちょうどなくなったぐらいかな。
タイヤがいつもより太い分、コーナーリングで倒すバイクの角度が深くなっててちょいビビる。
けど舗装でのグリップには安心感がありました。
濡れたマンホールなどがあってもそれほどグリップは落ちないようです。

コーナーリングが楽しくなってきたので、有峰林道に走りに行きました。

フロントは変わらなすぎて写真撮っていません^^;
イメージ 3
オフ車のシングルディスクだとブレーキ力のほうが負けてる感じ。
前後とも案外走行音は大きくないです。






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

FIM Tackeeタイヤ

最近人気のオンタイムエンデューロ
IB以上はリアタイヤにFIM規制のある会場がほとんどです。
IB以下でも雰囲気を味わうためにFIMタイヤを選ぶのもアリですよね。
FIM規制の内容はリアタイヤのブロック高が13mm以下と言うものです。
コレでイベントのときだけ使用する特設コースに刻まれる轍の深さが圧倒的に浅くなるようです。
コースも荒れないし、補修も簡単。環境へのダメージを考慮した規制なんです。

もちろんモトクロスタイヤ同様のブロックパターンのままブロック高さを低くしただけでは、軟質路面での性能が落ちてしまうので各メーカーともFIMタイヤ専用に特徴的なブロックパターンとしているところがほとんどです。
よくあるのはトラクターのタイヤのようにV字にブロックを配置したうえ、ブロック間隔を広く取って泥ハケをなるべく確保していますね。(とは言えモトクロスタイヤほどにはマディーに強くないので、トラタイヤでマディーを走るときのようにタイヤをホイルスピン気味にしてブロックに詰まった泥を飛ばしながら走るテクニックが必要です。)

また、ブロック高さが低いということはブロック自体の剛性を上げやすいのでタイヤの乗り味もかっちりとしたものになりやすく、ハイスピードでのコントロールに有利だったりもします。

ただ全日本エンデューロ選手権で使うコースの中には、エンデューロタイヤでは厳しいコースが存在するのも確かです。 SUGOとか日高とか。
 そこで比較的ブロックサイズが大きくTackee化してもブロック剛性の稼げる
VRM-175 120/90-18 のTackeeバージョンを用意しました。
イメージ 1
写真では2st250cc KTM250EXCへの装着です。
河原や岩の埋まった路面の表面に泥がまみれた状況などで効果を発揮します。
いわゆる泥の深くない沢みたいなところ。
木の根などにも引っかからずにすみますね。
凍結路面や積雪路も良かったそうです。

数年前SUGOのエクストリームテストではIBの方が一番時計を出したりもしています。
マディーやサンドはFIMタイヤですねというレベルでイマイチです。

もちろん表面は柔らかいコンパウンドなので摩耗は早めです。
中級以上のライダーではタイヤの減りが気になってくると思います。

VRM-175 FIM GNCC Tackee 120/90-18 税込10,000円です。
試してみてください!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

KTMアドベンチャー導入

ビッグオフローダー用タイヤVRM-401のセールスには、やっぱり自分で乗ってみんと如何。
ということで1090ADV導入しました。漢のフルローンですが…

で、早速この週末のアサマファンライドで走ってきましたよ。
イメージ 1
オフロードでバリバリ走るならRじゃないの?
というところですが、普段の足としての実用性も考えるならスモールホイールのこちらのほうが良さそうです。
価格も税込145万円(写真はオプションが追加されています)なので、エンデューロレーサーのつもりで買えちゃいますしね。
またがった感じはともかくコンパクトで重心が低く押さえられていて、ステップの踏み変えでもうヒラヒラバイクが倒せます。

とはいえ、このままじゃアサマ走れないので
フロントにVRM-175 120/80-19 (FIMエンデューロリアタイヤ)
リアにVRM-401 150/70-17
を装着して
イメージ 2
こんなかんじに。
フロントのVRM-175がノーマルのタイヤより外形が大きくなってしまうので、カラーを作ってフロントフェンダーを2cm嵩上げ
写真で見るともう2cm、計4cmぐらい上げてもよいかな?
フロントシールドも取っ払っちゃいました。

今回はトレーラーにこいつをのせるスペースがなかったので、バイクは自走でアサマに向かいました。
国道を走っていて
フロントに履いたVRM-175の立ちが強く、バイクを倒しても勝手にカウンター当てようとします。セルフステアよりもちょっと強めにハンドルを切り込ませて、コーナーを曲がる挙動はまさにオフロードバイクって感じです。
車重もあるしブロックタイヤはもっと滑る感じが出るのかと思ったら、ブロックが大きいせいかあまり不安な感じもありませんでした。濡れたマンホールでも一気に怖い滑りは出ません、ABSも相まってかなり不安は解消されます。

リアタイヤのVRM-401はデュアルスポーツ向けを唄うだけあって全く不安なし。ウェットグリップも不安なかったです。

到着して早速アサマ初日、雨が振ったのか結構水たまりありマディーで滑ります><
シェイクダウンがコレですか…
フロントはマディーでもよくグリップして、ハンドルこじれば水たまり脇の斜面に乗れるのですが、さすがにリアは滑り落ちますね^^; コレはまあしょうがないです。

翌日はだいぶん乾いてきて走りやすくなってきました。
でこんなかんじ。
イメージ 3
ばばーんっと。
こんぐらい楽しめます。
とにかく安心してフロントから突っ込めるのが楽しい!

アサマに自走で往復して、2日間楽しんだタイヤの状態はこんな感じです。
イメージ 4
フロントはさすがに減らないですね。
このタイヤはチューブタイヤなのですが、今回はテストのためチューブを入れないまま装着しました。
空気圧は事情で3.5barほど入れています。
このあたりはまだセッティングの煮詰めが必要です、フロントにVRM-175を使うのはレーシング用途ということで考えてください。

イメージ 5
リアは1/3ぐらい減った感じ。
バンバン攻めると寿命1500kmぐらいかな。
(追記:2200kmほどで交換しました。2500kmは行けそう)

ちなみにトラクションコントロールとABSはカットしないとやっぱ走りづらかったです。
SPORTSモードにすれば良いかなと思ったけどやっぱりイマイチでした。
ダートでのトラクションコントロールはアフリカツインのほうが出来良い気がします。

もちろん雨上がりの舗装山岳路、コーナーに流出している土や砂利、落ち葉などに乗っても安定した挙動を示し、アドベンチャーのトラクションコントロールとタイヤの相性はバッチリでした。

そのほか走行写真↓
https://photos.app.goo.gl/mSjUSqqYuBM5IErj1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Vee Rubberのビッグオフローダー向けタイヤのVRM-401
これまだ自分でしっかり乗り込んでないので自信を持ったセールスがなかなか出来なかった。
装着された方からのインプレでは
「林道安心して走れるよ〜」
「リア減り早いね」
「ウエットグリップ良いね」
「フロントアンダー出た」
等等聞いてます。
ダート走行に振ったタイヤだけどビッグオフローダーで林道しっかり乗り込むような方はなかなかいらっしゃらないのもありますね。
なのでどうにか手持ちのバイクでテストできる環境を整えてみました。
イメージ 1
じゃじゃ〜んKLX400SRです。
DRZのOEMモデルですね〜
乾燥重量で132kg (満タンの装備重量は150kg超えそうですね)
KTM690SERの10kg落ちぐらいの重量車です、パワーないけど^^;

これにHUSABERGで使ってたモタードホイール4.25*17をポン付け。
昔聞いたことがあったのですが、ほんとにDRZにはKTMのホイールポン付けだった!?
ブレーキディスクもそのまんまw ハブダンパーも入ってかなり重たいですw
これにVRM-401 150/70-17を装着。
フロントは21インチのままで90/90-21を装着してみました。
空気圧は前後とも1.1barに。

聞いているとおりフロントの90/90-21は、ビードがとっても出づらいです。
ビードクリームと中性洗剤を駆使してやっとこビード出しました。
これはチューブレスタイヤのせいかな?


で、まずは裏山に向かってみました。
オフロードバイクにロードタイヤを装着したときのようなフロントの切れ込みはなくて、ナチュラルなハンドリング。
ブロックタイヤから履き替えると走行音が静かで良いです。跳ねるような感じもありませんね。
ブロック面積が広いからかコーナー進入でリアブレーキ残していてもなかなか流れ出しません。
ダートに入るまでの舗装で違和感は感じませんでした。
これは逆にフロントアンダーを感じる方がいらっしゃるかもしれませんね。

さて、ダートです。
慎重に入ってゆくとまずは普通に走れます。
砂利に対するグリップ感は十分に感じられます。
そこからアクセルを開けていって滑らせてみてもスムーズです。
どちらかと言うとフロントにプッシュアンダーが出ますが、これはバイクの問題もあるでしょう。
(リアモタードホイールでフロントに対して太すぎ)

ブレーキング、バイクが立っている状態ではかなり強くフロントブレーキをかけられます。
ただしバイクが寝ている状態ではエンデューロタイヤのように粘りませんね。

ところどころ濡れた黒土が出てきました。
通過する時は緊張します、フロントもリアも黒土ではニュルッと嫌な感じに滑ります。
滑り出してからの回復は遅め、普段装着しているエンデューロタイヤとの比較なのでこんなものなのかも。

ただ、このあたりはもっとフロント荷重の大きいバイクだとフィーリングが大きく変わる可能性が大きいです。
ちょっとハンドルのセッティングを変えて、フロント荷重を意識して走ってみます。
実際に転ぶまで滑らせてみて最後の踏ん張り具合を確認する必要がありますね^^;

マディーに関してもう少し乗り込んでみます、特にスライドからの回復具合が気になるので。
リアもホイールスピン気味に走ったときのフィーリングが知りたいところ。

で減り具合
ダートと舗装合わせて45km走行してタイヤ表面のローレットがなくなってきました。
(このタイヤは前回BETAに装着してドライのオフロードビレッジを走行してみています。ですので2回走行分の減りですね)

イメージ 2
温まっているのもあって指で変形するぐらいコンパウンドは柔らかめ。
結構減っているけど大丈夫なのかな?モトクロスタイヤなんかはここから具合良くなったりしましたけど。

フロントは積極的にブレーキ使ったのですが目に見えた減りはないですね。
イメージ 3
これからしばらく普段の足やツーリングなどに使ってみます。
白井とか案外良いかもね^^;

ウエットの舗装や砂浜にも行ってみます〜

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事