ややたいやや 木下電機RT

アドベンチャーバイクで遊ぼう! https://togetter.com/li/1172702

Vee Rubberタイヤ販売

[ リスト | 詳細 ]

販売しているタイ国 Vee Rubber社製オフロードタイヤに関する記事です。主にインプレかな。
記事検索
検索
今年もオフロードバイクパーティーinシーサイドバレーを開催します!
日時はGW明けの5月17日
こんなイベント!!=>
去年の写真!
http://www.kdenki.com/bike/20140518seasideparty/20140518seasideparty.html
PDFイベントチラシ
FBページ

主催:VeeRubber木下電機
後援:糸魚川シーサイドバレースキー場

バリバリ走る人向けじゃないです。
どっちかといったらBBQを楽しんだり景色を眺めていたい方向け^^;
バイクエントリーは50台限定です。

webサイトからお申込みお願いします。
http://seaside-ed.kdenki.com/party.html

開催概要:
春の佳き日、シーサイドバレーでバーベキュー!

☆☆☆カリカリしたレースにお疲れのライダー向け。
「レースはあくまでもお遊びです!」を再確認するためのイベント。
オフロード未体験者、初心者もどうぞ!
バイクに乗らない彼女さんや奥さまお子さまも
一緒に楽しめる時間を設定しました。

昼食はエントリー1台につき3人分ほど用意する予定なの
一人でお腹いっぱい食べるもよし、
バイクに乗らない彼氏彼女と一緒に食べることも出来ます。

♡♡♡と言うかスキー場バーベキューを口実に連れ出しちゃいましょう♡

オフロードバイクのフリー走行と、タイムアタックレースとチームレースもついています。


チームレースはタイムアタックのリザルトを見て主催者が戦力均等に
なるよう勝手にチーム分けしますので激闘必死♪

※チームレースは豪華賞品(カニとかねw)を用意します。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

2月12日付JNCC発表「JNCC公認タイヤから VeeRubber「TACKEE」シリーズを除外します」
http://www.jncc.jp/cn12/pg460.html

を読まれてTackeeタイヤの安全性に不安を感じたお客様に説明いたします。


結論

安全性に問題ありません。
これまでどおりご使用ください。

以下関係リンクとその説明

JNCC発表記事では

http://www.jncc.jp/cn12/pg460.html
「その安全証明が示されていない事。」「安全かという確証が得られない事。」と記載あり。

JNCC星野代表の見解

https://www.facebook.com/VeeRubberKdenki/posts/649581851837238
のコメント欄にてJNCC代表星野見解『「危険タイヤ」と断定しているわけではありません。』

今回公認除外申請元である

ハムスクエアさんの公式発表

http://zao.jp/index.php?blog=3&p=314&more=1&c=1&tb=1&pb=1
公認除外申請理由はタイヤサイドクラックが不安だから(but 安全性に問題なしとの見解)

Vee Rubber USAからの見解

https://www.facebook.com/VeeRubberKdenki/posts/649746398487450
At first this seems disastrous, but in my testing it is not a safety or performance issue.
(当初、私たちもこれはダメかと思いましたが、テストを重ねていくうちに、安全上、あるいはパフォーマンス上、何ら問題はないと分かりました。)

発表や見解のまとめ

JNCCの表現以外ではTackeeの安全性に疑問を持つ表現はなく
代表の星野氏は「危険タイヤ」と断定しているわけではない

=>誰も安全性に問題があるとは考えていない。



今回話題に登ったTackeeタイヤサイドのクラックについては
http://veerubber.kdenki.com/20141111crack/
こちらで木下が安全性に問題ないことを確認しています。参考まで

一方Vee Rubberでも「この2つのコンパウンドの継ぎ目問題が解決するよう取り組んでいる」
そうです。



以上ユーザーの皆様の参考になれば幸いです。
もちろんタイヤ自体の問題がある場合もありますので
気がついた所があればお気軽にご相談ください
よろしくお願いします。

VeeRubber木下電機サイトに戻る


20150218木下電機記す

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2014年のJEC日高2DAY'sにVRM-211FとVRM-211Bを装着して参戦しました。
リアタイヤはTUBLISSで装着しタイヤ交換なしで2日間走ります。
タイヤの空気圧は前後とも0.8です。
イメージ 1

日高2DAYS タイヤ交換無し200km超走って減りはこんなもん。
ここで空気圧を1.2kにしてツーリングに備えます。
イメージ 2

さすがにレース含めて1000km超えるとタイヤ減ってきた。
イメージ 3

帰ってきてウチで撮影
VRM-211B をレース含めて1,600km走るとさすがに山は無くなりますね(^^;
TUBLISSでツーリングしたけど空気圧も変わらずよい感じ。
バルブの部分が重たいみたいなのでバランスとったら快適でした。
イメージ 4

1,600km走ってフロントはこれぐらい
イメージ 5

さすがにリアはもう寿命ですね。林道走行レベルならフロントはまだまだいける感じ。

2010のBETA RR4t400でフロントスプロケを13Tから1T落として12Tにしているので1速2速のつながりが良く、滑りやすい箇所で落ち着いて走行できたのは良かったです。
この後のツーリングで燃費はだいたい20km/l タンクのサイズを考えると走行100kmを超えたらガソリンスタントを探さないとまずい感じでした。 もう少しタンク大きくてもいいかな。

Vee Rubber VRM-211F VRM-211B の性能はどうだったか。
これは特にミシュランやピレリに劣るところは感じられませんでした。
日高ではハイスピード林道区間もテストに含まれていたのですが、フラットダートのコーナーでドリフトコントロール性がよくIBはもちろんIAにも食い込めそうなタイムを出しています。
ルートの滑りやすい牧草地でも不満のないトラクションでスタックすることはありませんでした。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

VRM-340のクリアランス

VRM-340 Tackee 120/100-18
何故か人気です^^; スパルタンなパターンのせいでしょうか?
凸凹ランドや白井を走行している方が選んでくれるということは難所系に強そうです。
ところがこのタイヤ外形も幅も大きくて装着できるバイクを選びそう。
VRM-300R Tackee 120/100-18 より外形で1.5cm 幅で1cmぐらい大きいです。

例えばBETA RR4t400に装着してみたのがこの写真↓
イメージ 1

























前側も横側もどうにかって感じです。
サイレンサーには当たっていますorz
バイクによってはチェーンのコマ数も増やさなければいけないかも。

装着してみた方にうちのバイクで大丈夫だったよ!報告いただけると幸いです。

装着確認できたバイク
YZ250FX

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2st125クラスなどの1.85インチの細幅リムに組んだ時のタイヤサイズを測ってみました。
タイヤはVRM-140R Tackee 100/100-18,VRM-140R Tackee 110/100-18,VRM-175 120/90-18,VRM-211R 120/90-18の4種類です。
VRM-140 Tackee 100/100-18サイズはラインナップ化するかどうか検討用にサンプルを仕入れました。
現状販売しているサイズは110/100-18です。
(今回掲載している寸法は実際に1.85インチ幅のリムに装着し空気圧1kg/cm^2での値です。
なのでタイヤ単体で測定したwebサイト掲載の寸法と多少異なります。)
では以下写真をご覧ください。

・VRM-140R Tackee 100/100-18
外形675mm、幅115mm
トレッドは硬めで110/100サイズよりもソフト寄りパターンかな。 1.85リムにはベストマッチかも。
Tackeeなので公道走行には向かないです (すぐ減ります)
イメージ 1イメージ 2






















・VRM-140R Tackee 110/100-18
外形675mm、幅125mm
100/100に比べるとブロック大きめでハード路面も行けそうな感じ。
110/100-18サイズはAT81のようにトレッドが柔らかいです。
Tackeeなので公道走行には向かないです (すぐ減ります)
イメージ 3イメージ 4






















・VRM-175 120/90-18
外形690mm、幅115mm VRM-211Rからみたら外形が少し大きめですね。
セローやSL230などはチェーンのコマを増やさないといけないかな。
ナンバー付きならこのタイヤがライフとグリップのバランスいいかも。
イメージ 5イメージ 6






















・VRM-211R 120/90-18
外形665mm、幅115mm
今回装着してみた中ではもっともソフト路面寄りのパターンですね。
セローやSL230に装着実績あります。
舗装をぶっ飛ばさなければ4000kmぐらいはいけるみたい。
イメージ 7イメージ 8






















1.85の細幅リムにはVRM-140R Tackee 100/100-18サイズが良さげですね。
機会を見てKX125でどんな具合か試してみます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事