ここから本文です
Made in Hokkaido
蝦夷っこだより

書庫全体表示



上湧別から内陸の向かう。幹線道路に入ると
アライ運転の車が多くなる。なぜか道の駅まるせっぷは、狭い
植木くらいしか置いて無いのに超込み具合。すぐに出発。
そこから山道7キロを進むと目的キャンプ場に到着。
丸瀬布森林公園いこいの森オートキャンプ場

イメージ 1

受付のセンターハウスは、お祭り騒ぎような大賑わい。
フリーサイトも車を乗り入れOKなので
ワンボックス群、コールマンテントの乱立。
この時は早い時間だったからこんな状態だが時間経過とともに
ビッシリ一杯の家族連れになった。


イメージ 2


川が流れ、子供連れには色んな施設があり最適なキャンプ場である。


イメージ 3

さらに場内には、北海道遺産 森林鉄道機関車 雨宮21号が
煙をあげて走ります。


イメージ 4


イメージ 5


道を挟んで向こうには 昆虫生態館 400円 この規模でこの金額って…。

イメージ 6


アニキの寄贈されたカブトムシなど展示されてた。


イメージ 7


イメージ 8


さらに隣に温泉施設やまびこ 400円
さらっとした泉質なのは…


イメージ 9


イメージ 10

この温泉の奥にも温泉施設がありますが 「マウレ山荘」
道内の情報誌「HO ほ」という月刊誌がありましてその本の付録みたいに
日帰り温泉の無料券があって「マウレ山荘」のも無料券があったので
混んでるかな思ってパスした。
この本本州長期滞在者の必需本、バイブル的存在となっていて、タダ風呂最高!

ここは、ファミリー向けのキャンプ場で 1000円
子供連れのキャンプには、最高に楽しめる所です。
ココを選ぶなら夜遅くの子供の声は我慢でしょう。





顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事