全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2月1日生まれのオスメス2頭のお迎えが決まりました。
理想的な1カ月半でのお迎えです。
メスのうち1頭は家に残すことにしました。
26日生まれのオスメス2頭のうち男の子は家に残すので女の子のお迎え募集中です。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 2
2月26日にフェネックの赤ちゃんがオス1、メス1産まれました。
オスはうちに残して飼うので女の子の新しい家族を募集します。
飼い始めは45日頃が最適なので4月12日頃のお渡しになります。
①家や家族など飼育条件の整っている方
②犬猫フェレットなどの飼育経験のある方
③転売などせず愛情をもって終生飼育する方
もし、ご希望の方がいましたらお早めにご連絡ください。
イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

遺灰をサハラに・・・

初代フェネックのジャスミンとミントの遺灰をサハラ砂漠に埋めて頂きました。
最後の日に弔おうと思い、待っていたら機会を失ってしまったのでHamadaトラベルのHasnaさんとYoussefさんに
託してモロッコを後にしました。
先日素晴らしい場所に埋めて頂いたとご報告がありました。
イメージ 1
ジャスミンは1998年静岡県生まれ、ミントは1999年アメリカ生まれですが、せめて遺灰だけでもいつか故郷に帰してあげたいと思っていました。
荷物に入れながら空港の荷物検査で「この白い粉は何ですか?」と咎められないかドキドキしたのを覚えています。
19年経って全国のフェネックの少なくとも半数以上はジャスミンとミントの子孫だと思います。
偉大なご先祖様に合掌。

この記事に

開く コメント(2)

やっと会えた

イメージ 1

この記事に

開く コメント(5)

2019年1月12日から8日間でモロッコのサハラ砂漠に行ってきました。
運良く砂漠の民「ベルベル族」のガイドさんと知り合えたことで
シェビ砂丘では3日間フェネックの鳴き声を聴いたり巣穴を見つけたり足跡を追ったりして過ごすことができました。
ラクダや4WD、徒歩で、昼は30度、夜はマイナス10度の満天の星空の砂漠を彷徨いながら
厳しい世界にたくましく生きているフェネック達に改めて尊敬の念を抱きました。
この経験を今後の飼育に活かしていきたいと思います。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事