桐生市運動公園の紅葉

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14

イメージ 14

 11/19(日)行田市遍照院の紅葉の後は、妻沼から太田を抜けて大間々の手前の桐生市運動公園に来ました。公園内にある2本の紅葉の木が見頃のようでした。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

行田市遍照院の紅葉

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14

イメージ 14

 11/19(日)今日は西の東郷神社の紅葉を見に行く予定でしたが、ニトロ兄様の情報により北の紅葉を見に行くことに急遽変更になりました。
 いつもは12月上旬が見頃の行田市遍照院の紅葉も早まっているかもしれないと立ち寄ってみました。門の左手に駐車場があって助かりました。
 8時20分頃でしたので太陽光線も少し低くて、鮮やかな赤の色が少ししか撮影できませんでした。山門裏の大阪紅もみじはまだこれからのようでした。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18

イメージ 18

 11/12(日)上から見た権田城跡を下から眺めます。水の流れが豊です。最後の道祖神を眺めると、出発地の倉渕小学校が見えてきました。最後は小栗上野介の墓地がある東善寺に参拝いたしました。
 小栗家の家紋は丸に立波というのだそうです。墓石の両側を守る像の微笑みが楽しいです。
 渋川市内の自宅から寺に移されたという、「滄野の碑」の石は、ニューギニアで戦病死した弟雄二さんと遊んだ山茶花の白い花びらをかたどったものだそうです。建立者の兄である画家の雨さんは、弟が苦労して貯めたお金で購入した絵具をもらったそうです。後でネットを調べてわかりましたが、道祖神めぐりの日はなんだろうと思っただけでした。滄野とは、青い海原のことだそうです。
 小栗さんの像も若々しかったです。帰路の門の前に子供たちの喉を潤すのでしょうか、湧水にコップが添えてありました。一口いただくと小学生に戻ったような味がしました。
 ゴールで回った7個の道祖神のスタンプを押して、あつあつのなめこ汁で、持参したおにぎりも美味しくいただきました。
 パンフレットの隅に印刷された割引券で入場料510円が160円になった相間川温泉でまったりして帰りました。帰るころには参加者がみな来たのでしょうか混雑しておりました。ニトロ兄様も求めたという、特産品の道祖神最中は口の中ではらりと溶けて、混ぜ物のないもち米だけで作られたのでしょう。餡も上品で美味しかったです。
 大麻生の先輩を送った後で、行田での野暮用を済ませましたが、駅前通りはドラマ「陸王」の6回目の放送分のロケで、通行止めであったらしくニューイヤー駅伝のジャンパーを持った人が解散するところでした。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

旅人岬

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7

イメージ 7

 11/4に訪れた土肥温泉の旅人岬の小説が気になり、手に取ってみました。主人公は土肥温泉旅館の2人の娘のお話でした。姉は薬剤師として、妹はスチワーデスの道を歩むお話です。
 旅館の女将もそれぞれ忙しく、仕事を持った女性の夫となる男には、ある程度の我慢が必要のようです。小説の記念碑には、最終章で主人公が再出発の門出となる岬の情景の抜粋でした。読んでから岬に立ったほうがより一層感銘を受けたかもしれません。
 500ページの本は読みごたえがありました。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

朝練と朝食と蛇石峠

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13

イメージ 13

 11/5(日)朝日も登り、ユウスゲ公園の記念撮影を終えて、朝の温泉につかって朝食になりました。のんびり休んで9時に宿を出ました。
 今日は用事で戸田港に戻るため、蛇石峠に向かいました。5月に見た蛇石に再開し、くねくねとした峠を下りて松崎に出ました。恋人岬でWC休憩をして、戸田港で用事を済ませました。
 当日は美浜のお祭りで誘導員がいるのですが、Pに入る車の渋滞で、入ったら出るのに3度もバックさせられて大変でした。最後は強引に出てきました。
 大仁南インタから東名沼津に出て、駒門のPAで軽い昼食になりました。310円のハーフカレーはおまけで盛が良かったです。運悪く東名は5台の玉突き事故で渋滞をしておりました。
 圏央の坂戸インタで下りて給油し、近くのマックで清算をしました。600kを越える旅で少し疲れました。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18

イメージ 18

 11/12(日)4:00起床、着替えとおにぎりを作り、相棒宅迎え6:00、大麻生先輩宅6:40で、17号を走行して高崎市君が代橋を渡り、406に入って最初のセブンで休憩をして、会場の倉渕小学校の校庭には8:45頃到着しました。
 イベント会場と駐車場が近いのは有難いです。はがきの受け付け番号は6番で、出発前の列に並びます。今年の案内人は中学生の男の子2人でした。ニトロ兄様も8班にいらしたらしく、百舌のグループは少し前の4班でした。
 申し込みは200名を越えたそうですが、当日の参加者は170名くらいであったようです。
 今年は権田地区の道祖神をまわります。何よりも増して秋晴れのおだやかな気持ちの良い一日で、山里の散策はとても気持ちが良かったです。
 案内人の説明を聞きながら、権田城跡の竹林を上って、甘さけのふるまいのある休憩所に着きました。ここから榛名山にも登れるとのことでした。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18

イメージ 18

 11/11(土)下流に架け替え工事の行われている上武大橋を渡って、世良田の歴史公園に駐車をしました。早川の自転車道から291を北上します。
 東町のY字路を間違えて291方面に行ってしまいました。迷った時は地図を出すべきでした。早川自転車道に出てしまいおかしいと気が付いて、地図を取り出しますと、国定町1丁目を左折すれば、102に入れて74号で小菊の里に行けそうなことがわかりました。
 北西の風がとても強くて大変でしたが、無事小菊の里につきました。まつりは明日まででしたが、菊の花も盛りを過ぎたとはいえたくさん咲いておりました。
 かかしに御挨拶と少しの募金をして、追い風に乗って帰りました。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18

イメージ 18

 11/5(日)4:30起床です。新聞配達のバイクの音が聞こえました。間もなく夜明けであたりが明るくなってまいりました。予定通り5:30に宿を出て石廊崎方面一周に行くことにしました。
 弓ヶ浜に向かう道のY字路の橋の上から、西の空には月が見えました。海岸沿いの道は気持ちが良かったです。途中で朝日が昇ってきました。雄大な景色に大満足でした。
 灯台を過ぎて伊豆半島南端の岬のユウスゲ公園に上ってみました。カメラ台のところにあるカップルの陰のように、思い出を作れたらと思いながらも、場違いな男2名で記念撮影をしました。
 下の海岸では、朝から漁師さんの船が忙しそうに走り回っておりました。昨日のようにバックを忘れないようにと言っているそばから危なく忘れそうになりました。
 そろそろクラブランの集合場所にみんなが出発する時刻でしょうねと相棒と話しました。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18

イメージ 18

 11/4(土)宿の朝食を美味しくいただいて西伊豆海岸沿いを下賀茂温泉に向かうことにしました。小説のモデルとなった土肥温泉の旅人岬で一休みしました。読んだかどうか忘れてしまいましたので、週末にでも探してみようかと思っています。岬の風がとて強くて帽子が飛ばされそうでした。
 松崎では長八美術館の案内もありましたがパスしました。左下田、蛇石峠の看板もありましたが海岸沿いの石廊崎方面を目指しました。5月に来た波勝崎を過ぎて下賀茂温泉には11:30に到着です。
 宿の前のペンションで昼食をと思いましたが、OPENの時間が過ぎているのに扉が施錠されたままでした。仕方がないので弓ヶ浜海岸に来ました。青木さざえ店で日替わり定食900円をいただきました。本日は金目のお刺身でした。隣では動くイセエビのお刺身がテーブルの上に乗っておりました。金目の煮つけも大きくて美味しそうでした。
 宿に戻って自転車に乗りましたが昼食後はあまり走りたくありません。町立図書館に詩人石垣りんの記念館がありました。NHKのビデオを見せていただきました。親交のあったダムに沈む村の写真家のことも織り交ぜてのビデオでした。復刻版の詩集を無料で配布しておりましたので、宿にも土産にいただきました。
 少し時間があったので、宿の前のペンションでコーヒーと焼チーズケーキをいただきました。温泉でのんびりした後は、楽器の練習を少しして、夕食はなべ物が暖かかったです。百舌。

この記事に

開く コメント(2)

戸田港美浜から出逢岬

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17

イメージ 17

 11/3(金)達磨山を西に下って戸田港に下りてきました。美浜の灯台の所から夕方の富士がきれいでした。商店街を回って買い物をして入浴後質素な食事をいただきました。
 早めに就寝したのですが11/4(土)の朝練は6:30発となりました。美浜の先と出逢い岬の間からも富士が見えました。戸田は平地が少なく、すぐに登りになりました。
 30分くらい走行して戸田港を見下ろす場所に出逢い岬の展望台がありました。記念撮影を終えて半分くらい下ったところで、ヒップバックを忘れたことに気が付きました。また登るのかと思いながらも登り返し、バックがそのままであって良かったです。
 何人か展望台に人がおりましたがそのままにしておいていただけたようで有難いなと思いました。美しい風景を眺める人に悪い人はいないのですね。相棒まで登り返しで朝から良い練習になりました。百舌。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事