はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

全体表示

[ リスト ]

岩国市民の自民党員ですら、「こんな低次元のえげつないやり方がまかり通れば、もう選挙でも何でもない」と嘆く。
「ここまでデマがはびこっているのは、井原さんを正面切って批判できる材料がないため。艦載機移駐だって誰も歓迎していないのだから争点にできず、残る手はありもしない話をまき散らして、住民を不安にするしかない」

「商工会を先頭に総力態勢を組んでいますが、なぜそこまで井原攻撃をやるのか。理由は艦載機問題でも何でもない。井原市長誕生後、以前のような利権のうまみを吸えなくなったからにすぎません」

「これまでの市政は、一部の有力者や市議が圧力を加え、談合や情実で市の事業にたかる古い体質でした。それが9年前に『市政をガラス貼りにする』と公約した井原さんが当選後、そんなやり方が通用しなくなった。しかも、赤字財政の脱却を目指す井原さんは、余分な支出をカットして借金を少しずつ返済できるようにしたから、なおさらたかれなくなっている。彼らにしてみれば、井原さんが邪魔でしょうがないだけなんです」

米国の世界支配の野望を賭けた米軍再編に直撃された形の岩国市だが、そこで繰り広げられているのは「国策」の是非や「政策」の内容を問う論議ではない。
あるのは土建国家特有の自治体財政を食い物にする業者やそれと癒着した地方議員、さらには自治・主体的判断といった意識が乏しい住民を牛耳る地域ボスが、欲だけのため、艦載機移駐がもたらす全国最大規模の騒音地帯出現から、市民を守ろうとあえて一人「国策」との対決の道を選んだ前市長を、デマで貶めて葬り去ろうとしている光景だ。

       〜以上、週刊金曜日688号(2008.2.1)P.15からの転載〜

 
つづけて以下に、天木直人氏のブログから部分転載します。(http://www.amakiblog.com/blog/

   【2008年02月04日 岩国市長選とこの国の行方―メディアよもっと報道してほしい】

 この選挙は普通の市長選挙ではない。日本中の国民が注目しなければならない国政選挙としての意味を持つ選挙だ。しかもそれは与党と野党の対立という国政選挙にとどまらない。それは巨大な国家権力の悪政と弾圧に抗する一般市民、住民の直接的な闘いである。もっとも根源的な選挙なのである。

 日本のいまの政治状況は、「国民生活最優先」という掛け声とは裏腹に、国民の意思を無視した政治家たちの党利党略、自己保身の政治に堕している。その事は、テロ特措法、ガソリン税の顛末や、総選挙から逃げて大連立、政界再編という生き残りに奔走する政治家の姿を見れば、もはや歴然としている。

 国民は置いてきぼりだ。国民の暮らしと安全はどんどんと脅かされている。それにもかかわらず政治はなんら手を打つ事は出来ない。年金しかり、医療・介護しかり、格差問題の放置しかりだ。もはや徒手空拳の市民、国民が、政府の悪政・嘘に対して直接に抵抗していかなければならないほど切羽詰った状況になっている。

 市民の力が、メディアを動かし、メディアが世論を動かして政治を変えていく、そういう状況を作りださないかぎり日本を救う事は出来ない、そういう状況の中で岩国市長選挙が行われるのである。

 何がいまの日本の最大問題なのか。それは、一つには政府が米国に従属して国民生活を困窮に追い込んでいること、二つには、その政府が、自ら犯している不正を隠すために情報操作や嘘を繰り返し、それを批判し、抵抗す国民をどんどんと抑圧しようとしていること、この二大巨悪である。私がブログを書き続けるエネルギーの原点はこの巨悪に対する怒りである。・・・・

  井原支援の応援に集まった2000人を超える住民によって市民会館は埋め尽くされた。その前で応援演説をした私は、いままでのどの集会で話した時よりも勇気づけられた。
  しかし同時に、過去2回の選挙を勝ち抜いた井原前市長の、「今回は厳しい戦いだ」という言葉に、決して楽観は許されない選挙であると直感的に感じ取った。
  私も井原前市長も長年官僚を経験して来たから知っている。国家権力が本気で抵抗するものを叩き潰そうとしたらとてもかなわない。今回の選挙がまさにそうである。国民より米国政府を優先する政府にとって米軍再編を妨げるあらゆる障害は潰さなければならないのだ。・・・・

  岩国市長選挙を岩国市民だけの責任にしてはいけない。全国の国民が共に考え、その選択の苦渋を分かち合うべきだ。メディアはこれからの一週間、この岩国市長選挙を大きく報道して欲しい。・・・・
                     〜以上、転載〜

★山口県岩国市の市長選挙は、「米軍の世界戦略にもっと巻き込まれたい」という『国策』の是非を問う選挙のはずなのに、そうはなっていない。もっとマスコミで知らせるべきなのに・・・というか『国策』を問う選挙にさせないために、マスコミは逃げている?!?

閉じる コメント(10)

顔アイコン

ハンノキさん、こんにちは。
岩国の直面する問題の大きさに比例して、「中国」餃子問題報道が大きく一面を銅線していますね!
問題が小さければ小さいほど、意見・報道百出、万出である一方、
問題が大きくなればなるほど、意見・報道が僅少なのは、どういうことでしょうかしらんね〜。右見て左見て、様子見て、かな?みんなと同じ意見でないと不安で言えない臆病な「ひと」が多いようです。
やっぱり出る杭は打たれるからでしょうか?
出る杭を打つ社会に、黙ってい続けることが、その体制を支えることになり、その体制を支持することになる、のですが、黙って耐えている「支持者」の方々はどうお思いなのでしょうか?心の中で、不賛成でも、それを示さなければ、賛成、支持していることになるし、責任も生じてきます。
その場しのぎの処世術では、結局、自分の財産から平和からすべて、根こそぎされてしまう世の中が到来しているのですが。。。。

2008/2/6(水) 午後 9:46 mgm*wn 返信する

顔アイコン

テレビをつければ、「ギョーザ」か「オバマ」か「ヒラリー」か?ですね!アメリカに飲み込まれているこの国にとって、米大統領選は大関心事なのでしょう。岩国の問題など言わずもがなという感じ。
今こそ、いわゆる右翼の方々は、マスコミに対して怒りの声をあげるべきでは?「アメリカと一体化した報道はやめろ!」と。

2008/2/7(木) 午前 9:04 [ どんぐり ] 返信する

顔アイコン

確かに、ギョウザとヒラリーかオバマは関心がありかすが、岩国の基地問題を日本人として関心をもたなくてはいけないですね。

2008/2/7(木) 午前 9:41 [ ろく ] 返信する

顔アイコン

ぶんぶくさん、こんにちは。あのゴルフ接待三昧の守屋が、ほぼ一手に取り仕切ったという米軍再編ですね。「札束で頬を叩く」あからさまな利益誘導も守屋のやり方です。日本人の見識が問われる市長選挙です。

2008/2/7(木) 午後 5:15 [ どんぐり ] 返信する

顔アイコン

いよいよ、市長選開票です。
投票率は76パーセントを超えました。

2008/2/10(日) 午後 9:16 岩国よいとこ 返信する

顔アイコン

76%の投票率は、前回よりも11%高かったそうですね。しかし、僅差で基地容認派の勝利となってしまいました。これからが大変です。

2008/2/12(火) 午後 5:15 [ どんぐり ] 返信する

顔アイコン

初めまして、今回の選挙は本当に残念な結果に終わってしまいました。相手候補の戦略で若い人の大半の票が相手側に流れてしまったのでしょうね。 削除

2008/2/12(火) 午後 8:59 [ PD9 ] 返信する

顔アイコン

PD9さん、ほぼ五分五分でしたから、岩国の人達の苦悩が伺えます。アメとムチというむごいやり方をする国に怒らなくてはいけませんね。

2008/2/14(木) 午後 5:23 [ どんぐり ] 返信する

顔アイコン

岩国市付近のPCB汚染は,東洋紡績岩国工場の熱媒体で用いていたものが流出したとみられている。

2010/8/1(日) 午後 6:30 [ 環境のよい不動産が好き ] 返信する

顔アイコン

[ 汚染土地の有効利用セミナー09.16 ]さん、岩国市付近のPCB汚染?知りませんでした。

2010/8/19(木) 午後 2:10 [ どんぐり ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事