はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

全体表示

[ リスト ]

裁判員制度がスタートして5月21日で10年になるという。
法律に素人の市民を裁判に参加させるのなら、民事・行政裁判が適当なのではと、今でも思う。
しかし、なぜか刑事裁判に参加させているこの制度。
しかも最高刑が死刑や無期懲役になりそうな重大事件の裁判に参加させる。
死刑制度のある国での裁判員制度!!
当初から疑問点が多かった。最高裁の本当の目的は何か?
良い市民と悪い市民の分断を狙う?
市民参加という表看板のもと、実質は『国家権力の一翼を担わせる』?
市民はけっして権力者側に引き込まれてはいけない。

以下は、ちょうど10年前の拙記事をそのまま掲載。

     ★     ★      ★
今年の5月21日から‘何の修正もしないまま’始めてしまおうという裁判員制度。
もうすぐです。
しかし未だに、裁判員制度に対して、アメリカ映画「12人の怒れる男」を
イメージしている人が多いようです。
先日も新聞の投書にありましたが、「映画を見て感動したから、
裁判員制度もいいのでは」と思い込んでいました。
「12人の怒れる男」で描かれているのは、陪審制です!
日本がスタートさせるのは参審制です。
日本の最高裁は、以前の記事で記したように、一貫して陪審制に反対してきました。
なぜなら、あの映画のように市民が主体的に本気で司法に参加されては困るからです。

最高裁は、真の市民参加には大反対なのです!
あくまでも“市民参加風”の裁判でいきたいのです。
裁判所は主導権を市民に渡すつもりはさらさらありません。
だからプロの裁判官が主導権を握れる参審制にしました。

あの映画の感動に惹かれて、裁判員になってもいいと考えるとしたら、
それは無知による無責任です。
「裁判員になるのを逃げてはいけない」「尻込みせず前向きに引き受けよう」
そういうことではないのです。
たとえばアメリカの陪審制では、検察が持っている証拠は全面開示されますが、
日本は全面開示ではないので、検察が隠せばそれまでです。
この一点だけでも、公正な判断ができるはずもないので、
私だったら絶対に引き受けません。
というか、引き受けてはいけないのです。
また陪審制では認められていない調書裁判も、日本では認められています。

「裁判員になって、がんばろう〜」などと言っている人は、
見せかけの市民参加に惑わされています。
真面目で正義感の強い人ほど、結局は『えん罪作り』に加担してしまう
可能性が大なのに・・。

しかも、死刑制度のある国では、初の「司法への市民参加」となります!!
世界広しと言えど、日本だけです、こんな制度。
たしかに欧米のほとんどの国では陪審制や参審制があります。
でもアメリカ以外はすべて死刑は廃止しています。
そのアメリカは陪審制で、原則的に量刑〈刑罰の軽重)判断はしません。
ですから死刑判決を陪審員が出すという場面はありません。

さらに陪審制は、プロの裁判官は加わらず、市民12人による陪審員だけ
で有罪か無罪かを審議します。
12人の意見が全員一致になるまで、時間の制限をつけずに、
とことん論議するのです〈映画のように)。
それにひきかえ、プロ3人と裁判員6人の裁判員制度では、過半数による多数決です。
(ただし、被告人に不利な決定になるときは両者が混じってなければならない)
有罪か無罪かを決めるのも量刑(死刑か無期かなど)を決めるのも、
多数決なのです。
過半数多数決で、死刑判決が下る!!
こんな異常な国、日本だけです。
5月から本当に裁判員制度をスタートさせてしまってよいのでしょうか?

閉じる コメント(2)

顔アイコン

穿った見方かもしれませんが、死刑制度への非難をかわすのも目的の一つではないかと思ったりしています。国民は洗脳されているので深く考えず、死刑賛成者が多いです。国民を参加させて死刑を決めれば国民も死刑に賛成という見方ができますから…私は死刑制度に反対ですが、
難しい問題ですね。

2019/5/16(木) 午後 5:24 mimi 返信する

顔アイコン

> mimiさん
死刑制度は国家権力側にとっては、国民を統治するのに都合の良い便利なシステムなのかもしれません。凶悪犯罪者=死刑 という刷り込みによって、良い国民と悪い国民をつくりあげる。死刑の対象犯罪は、多岐にわたります。殺人はその一つに過ぎませんからね。

2019/5/17(金) 午前 8:41 [ どんぐり ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事