はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

昨日から今日にかけてのテレビの異様な改元報道に、気が滅いります。
前記事につづき、以下も、2006年2月の記事からです。

     ☆     ☆     ☆

きこさんが、第三子を妊娠されたとのこと、おめでとうございます。
小泉首相は、このタイミングで皇室典範改正を断念したようですが、
うーん残念・・・。
女系天皇を認めるか認めないか、と言う大きな分かれ道でしたが、
とりあえず今のままと言うことでしょう。
象徴天皇制は、再確認しますが、一夫一婦制で「理想の家庭」と
いうことが大前提にあります。
「男系男子による万世一系」にこだわるのであれば、
たとえ理想の家庭像は崩壊しても、一夫一婦多妾制と華族制度の復活が
必要となるのです。
この“大いなる矛盾”をとりあえず先延ばししようということでしょう。

さて、あまりマスコミでは取り上げていない宮中祭祀の問題。
宮中祭祀とは、主に皇居内の宮中三殿(賢所、皇霊殿、神殿)
で行われる天皇家の祭りのことです。
天皇が出席するものだけでも、年に25回以上あるそうです
・・私たち下々の者には知らされていませんが。
このうち天皇が自ら行う祭祀は、13個です。
新嘗祭、神嘗祭をはじめとして、元始祭、紀元節祭、神武天皇祭、
春秋二季の神殿祭、皇霊祭・・などなど(皇霊祭などは一般で言うところの
法事みたいなものか?)。
特に11月23日の新嘗祭は、最も重要で、女性は出席できません。
(大嘗祭は、天皇の代替わりの時に行われる即位してはじめての新嘗祭)
秋に収穫した穀物を皇祖神に供えて、一緒に食べるというこの祭祀では、
穀霊が女性とされています。
生産する力、生殖する力をそなえた女性の霊格とされるそうで、
だから、その祭祀を執り行う天皇は、男性でなくてはならないというわけです。
また、女性は汚らわしく、祭祀を執り行えないという価値観が宮中では
今なおあります。女性は、生理中(8日間)は宮中三殿に上がることはできません。
皇后は生理になると、どんな祭祀でも出席しないそうです。
こう見てくると、やはり女系は無理そうですね。

でも、もう一歩論を進めると、これら数々の祭祀のほとんどは、
明治になってから創られたという事実を私たちは、きちんと知るべきです。
天皇が自ら執り行う祭祀13個のうち、新嘗祭と神嘗祭以外の11個は、
明治期に新しく創られた!!(発明された)のです。
だから、女系・女性天皇に合わせて、また新しく“古式ゆかしい伝統”
を創ればいいのではないでしょうか。

皇室典範論議を先送りせず、女系をこの際、認めちゃいましょう。
そのほうが、まさこさんも踏ん切りがつくと思います。 

女性皇族は、生理中は宮中祭祀に出席できない・・・これは、
女性を不浄のものと見なす価値観です。
宮中内では、今なおこういう価値観が、はびこっているようです。
天皇家では、女性が生理の場合、「汚らわしい」と、
お風呂は最後にされてしまうのかな?
我が家では、全く気にしないというか、生理なんだから、
なるべくきれいなお風呂がいいという考えです!
だから「一番風呂」にどんどん入ります!
「汚らわしい」なんて言わせません!!

さて、現天皇は1989年の即位の時に、「朝見の儀」において、
日本国憲法の遵守を誓いました。
この発言に、戦前のような天皇制の復活を望む人々は、がっかりしたそうです。
日本国憲法の遵守・・・つまり「国民主権の下での象徴天皇制」
を遵守するということです。
現天皇は、国民の意のままに従いますと、言っているのです。
皇室に対して、“理想の家庭像”を望む国民の声が、
圧倒的に多いわけですから、当然“理想の家庭像”優先で行くべきです。
「男系・男子・万世一系」優先は、“理想の家庭像”を崩壊させます。

まさこさんは、この「両立が超困難なこと」を求められ続けててきたわけで、
体調を崩してしまったのは、当然といえば当然です。
まさこさんは、もともとは健全でまっとうな価値観を持っていたと言うことでしょう。
天皇家に嫁ぐにあたっての読みは、残念ながら甘かったとしか言いようがありません。

開く コメント(0)

今日は、2019年4月30日。
明日は、 2019年5月1日。
ただそれだけなんですけど。

以下は、2006年2月3日の“思想犯的な”記事。

2年以上の長きにわたって、体調を崩しているまさこさん。
皇太子妃がこんなにも長い間公務に就けないというのは、
「万世一系」始まって以来の重大事かもしれません。
週刊誌のタイトルには、「離婚」の文字が躍るようになってきました。
妃の唯一にして最大の公務が、「お世継ぎ」を産むことであり、
「万世一系」そのものが皇室の存在意義であるならば、
まさこさんにのしかかる重圧は、想像を絶します・・・・。
国会に皇室典範改正の法案が提出されるようで、これに関わって、
政治家(ほとんど男性)たちが、勝手なことをしゃべっています。
現代の皇室に求められているのは、理想の家庭像です。
もちろん一夫一婦制です。
それが象徴天皇制ということです。
それなのに、皇位の継承については、「男系・男子・万世一系」となって
いるわけです。これは矛盾しています。
両立が無理なことは、はじめからわかっていました。
美智子皇后が、乳母制度を廃止して、母乳で育て、
はじめて親子同居に踏み切ったのですが、一夫一婦制になれば当然のことでしょう。
それ以前は、側室の子が多かったのですから、親子同居はギクシャクしてうまく
いかなかったのではないでしょうか?
そこで、まさこさんの幸せさがしのために、
私がタブーをものともせず、提案しましょう。
世界のどこか超秘境に(そんなとこあるわけないか)、
皇太子さん・まさこさん・娘さんの3人でにげちゃうのです
(皇籍離脱は認められていないので覚悟の逃避行になる?)。
もしくは、まさこさんが皇室から離れることです。
つまり離婚です。
娘さんを連れてということは、まず不可能でしょう。
本当につらいでしょうが、これが決断できるかどうかです。
もし私だったら、子供の年齢にもよりますが、正直わかりません。
今が一番かわいい年齢ですから、ほんとにむずかしい・・・・。
でも私は、皇室に嫁ぐ以前の颯爽としたまさこさんに戻ってほしいなーと、
思ってしまいます。
いまさら私が言うまでもなく、彼女のキャリアはすごかったのです。
「ああ、もったいない」の一言です。そして「皇室ってねー、ホントに
大変なところだったのよー。しきたり、伝統、わけのわからない儀式とか、
想像を絶する世界だったわー。」だなんて・・・。
でもまさか、イギリスのダイアナさんのように、
謎の死を遂げさせられる??なんてことはないですよね。

さて大切なことを確認しましょう。
「お世継ぎ問題」は、起きるべくして起きたということです。
「男系の男子継承が、万世一系の日本の伝統」といいますが、
一婦一夫多妾制がこの伝統を支えてきました。
「歴代の天皇は、皇后のほか、妃、夫人、女御、更衣ら多くの側室を持つ。江戸末期からの天皇の配偶者を見ると、光格天皇は8人、仁孝天皇は7人、孝明天皇は4人、明治天皇は7人いた。江戸時代の115代桜町天皇から明治天皇に至るまでの連続8代の天皇の母は側室で、彼らは嫡子ではない。後の大正天皇も、側室の権典侍との間に生まれた庶子である。」(「女性天皇論」中野正志著、朝日新聞社より)

開く コメント(0)

不安感と危機感

  世の中の動きに、今、様々に不安感を抱いている人は多いのではないでしょうか。
  不安感は、どちらかと言うと「情緒的感情的」なものです。
  不安感があまりにも大きくなると、もうどうにもならないと、
  現実から目を背けたくなり,【思考停止】に向かいがちです。
  それに対して、危機感は、「理性的」で冷静さを保とうとします。
  まっとうで適切な危機感を持たなくては、と思います。
  そうでないと、世の中の動きにただ飲み込まれるだけでしょう。


実はこの文章↑は、2006年1月16日(ブログ立ち上げの日)に書いたものです。
ヤフーブログが、終了してしまうというので、どうしようか悩んでいて
ブログの最初の頃を久しぶりに目を通していました。
今もそうですけれど、やっぱりエラそーに、上から目線な文章ですね。

しかし2019年の今、不安感と危機感はますます募るばかりだ・・・。

開く コメント(0)


世論調査などによれば、天皇制を支持する人が約8割だそうです。
マスコミはもちろん世間でも、天皇制批判はずっとタブー。

私は個人的には、明仁さん、美智子さんの誠実そうな人柄を好ましいと
は思ってます。でも、だからといって象徴天皇制という日本と米国の
支配層にとって好都合なシステムを良しとすることはできません。
天皇制は、米国による日本への“間接統治”の便利な道具立て(モノ)です。
天皇家の人々に、人権はありません(特権はある)。
「モノ」とは、人間扱いされていないということです。
天皇制を支持する人たちは、いつまで天皇家の人々をモノ(人形)扱い
していくのでしょうか???
天皇・皇后の「個人的な人柄」と天皇制という「間接統治の仕組み」とを
混同してはいけないでしょう。

天皇や皇后の、最近の度重なる真摯な護憲発言は、憲法を土足で
踏みつける安倍首相の言動に危機感を抱いてのことです。
戦争放棄(武装放棄)とひきかえに天皇制は残されました(国体の護持)。
天皇家の人々にとっては、日本国憲法の平和主義(戦争放棄)は、
自らの生存基盤そのものなのです。

先日の日米トップ4人(2プラス2)による合意で、
もはや日米安全保障条約も、平和憲法も、実質的に改定(白紙に?)
されてしまったようなものです。
今後、米国はシームレスに日本を“直接統治”していくのでしょうか。
その場合、米国にとり、天皇制という道具は、もはやどうでもよい「モノ」
なのかもしれません。米国の一存でどうにでもなる天皇家は、
日本一の親米家(従米家)でもあるわけです。

逆に、先日の拙記事 http://blogs.yahoo.co.jp/ff6988m/63798292.html
の中で記した、天皇や皇室の人たちへの忖度が引き起こすことの危険性は、
支配層の思惑により、今後ますます大きなものとなっていくかもしれません。
どちらに転んでも、天皇家は八方塞がりです。


以下は、天木直人氏のメルマガ2015年5月7日号より

===========================================================
「米国に利用された象徴天皇制」をバラした毎日新聞の真意は何か
===========================================================

5月4日の毎日新聞が、特集連載「日本国憲法 制定過程をたどる」の
2回目の記事の中で、昭和天皇はマッカーサーの米国によって戦争責任
を無罪放免された、という昭和史の秘話を書いた。

この事は、いまや知る人は知っているが、それでもまだ多くの国民は
知らないタブーである。
一昔前なら、決して新聞などで明かされるような話ではない。

私が昭和天皇とマッカーサーの関係の「不都合な事実」をはじめて詳
しく知ったのは、豊下楢彦氏の秀作「安保条約の成立過程ー吉田外交と
天皇外交」(岩波新書)だった。
ちなみにその著書には、東京裁判を乗り切った昭和天皇は、その直後
にもうひとつの恐怖、つまりスターリンの共産主義革命の恐怖に襲わ
れ、この恐怖から逃れるために昭和天皇はマッカーサーに在日米軍によ
る防衛を乞うたという、もう一つの「不都合な真実」が語られている
が、さすがに毎日新聞はそのことには触れていない。

いずれにしても、毎日新聞が、戦争放棄と象徴天皇制がセットになって
GHQによって昭和憲法に盛り込まれた事を、このタイミングで書い
た事に私は驚いた。
そして思った。なぜこんな事を書いたのかと。
ひょっとして、このような米国による押しつけ憲法だから、我々は自
らの手で憲法を書き直すべきだと言いたかったのか。

あるいはそれとは真逆で、天皇制を守るために実は日本の当時の指導
者もそれを喜んで受け入れた、そんな日本にとっても都合のいい憲法を
変えるべきではない、と言いたかったのか。

実は、私が憲法を一字一句変えてはいけないと考え始めた大きな理由
の一つがここにある。
つまり、我々日本国民は、平和憲法の成立過程について知らない事が
多すぎるのだ。
そして、いまではかなりのことが明らかにされたが、それでもまだ隠
されている事は多く残っている。
なによりも、日本国民はほとんどそれらの歴史を知らないままだ。
そのような状態の中で憲法を変えて歴史の真実を消し去ってはいけない。

私は憲法を未来永劫変えるなというつもりはない。
しかし、少なくとも日本国民が憲法の成立過程と米国の関与を十分知
るようになるまでは、そして平和の大切さについて意識を成熟させるま
では、憲法を変えてはいけないと思う。

もし憲法を一事でも変えてしまったら、その時点で憲法は新しい憲法
となり、次々と変えられて行くことになる。
そしてそのような修正と共に、我々がもっともっと知らなくてはなら
ない昭和の歴史が葬り去られていく。
そうあってはならないと思うからだ。
昭和憲法は、我々の意識がもっともっと成熟しないうちは一字一句変
えてはいけないのである(了)

転載元転載元: はんのき日記 PART2

開く コメント(0)

今さら私などが指摘するまでもないことですが、
元号は、権力者が人々のその時間をも支配する巧妙なシステムです。
テレビをつけると「平成最後の〜〜」のオンパレードで、
本当に気分が悪くなりますょ・・・。
5月1日以降は、「令和最初の〜〜」があちこちで聞かれることでしょう。
それにしても、「令和」がまさに、安倍の一声で、3月27日に提案され、
ドタバタでチャッチャと決まったとは・・・。何という軽さ。
あまりにも馬鹿馬鹿しい〜!
(もちろん重ければ良いということではなく)

以下は、本日の天木直人氏のメルマガです。

【「令和」は安倍首相と中西進氏の合作だったことを認めた読売】 

私が元号「令和」について書くのはこれが最後だ。
読売新聞が令和決定の背景についての特集記事を三回に分けて連載を始めた。
その第一回である「令和改元 上」がきのう4月27日に掲載された。
そこには、今年3月の時点で、安倍首相が、古谷一之官房副長官補が
挙げてきた新元号案のリストを見た上で、「ほかにも元号案を出して
もらえないか」と難色を示したと書かれている。

新元号決定日が4月1日と差し迫った中で、古谷官房副長官補が
土壇場で頼ったのが万葉集研究の第一人者として知られる中西進国際
日本文化研究センター名誉教授だったと書かれている。

そして、3月27日に新元号についての極秘会議が首相、菅官房長官、
杉田和博官房副長官らの出席のもとに開かれ、古谷官房副長官が新た
に取りまとめた案が説明され、その中に中西進氏が政府の追加依頼に
応じて考案した「令和」があったという。

かくて「令和」4月は1日の懇談会に示された6案の一つとなり、
懇談会ではほぼ全員が令和を推して決まったのだ。
読売新聞が4月1日2日に行った世論調査で、62%が令和に
「好感を持っている」と答えた事を知った安倍首相は、
「大成功だ」と手放しで喜んだという。

以上が、読売新聞の令和決定に至る検証記事の概要である。

これを要するに、令和は安倍首相と中西進氏の合作であり、
発表された4月1日のわずか3日前に安倍首相の一声で決まった
ということである。
これがすべてだ。
それにしても、ここまで詳しく読売新聞が令和決定の経緯を公開して憚らない。
誰もそれを批判しない。
驚くべきことである(了)

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事