はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

   ――新崎原発の事故から10年後、除染しても除染しても線量の減ら
   ない関東平野に、世界中の放射性廃棄物を貯蔵する施設が設置された。
   施設と言いながらも、コスト削減のために建屋は設けられず、野ざらし
   で、コンクリートキャストがいくつもいくつも並んでいるだけ・・・・
   首都高の高架下には、続々とキャスクが並べられていく。
   ちょうどそれは、新崎原発の事故によって急性放射性障害やその後の
   甲状腺がんなどで亡くなった者たちの墓標のようでもあった。
   
   一応、名目的には最終処分場ではなく、最終処分するまでの間の中間
   貯蔵施設ということにはなっているが、世界の原子力発電所の放射性
   廃棄物の最終処分場を、事実上、一手に引き受けている・・・・
   そんな三流国として生きていくしか、日本に道は残されていなかったのだ。
   
   日本国内の残りの原発も、引き続き次の事故を目指して稼働していた。
   日村は経済産業事務次官を経て、近畿電力の代表取締役副社長に天下って
   いた。小島は関東電力の会長に収まっていた。
   赤沢は加部のあとを継いで総理を務め、その後、政界を引退していた。
   守下は出世コースから大きく外れ、定年間際のスタッフ職として、原子力
   発電の検査官を務めていた。

   家が朽ち果ててもシロアリは生き残る。
   日本が放射能汚染にまみれても、電力マネーに群がる政治家や官僚は生き
   残る・・・・。2度の原発事故を起こしても原発推進は止まらない。
   それが「電力モンスター・システム」の復元力だった。
       
        ☆    ☆    ☆    ☆

上記は、「東京ブラックアウト」(若杉冽  講談社)の最後の一節です。
福島原発事故のあと、日本は懲りもせず再び過酷事故を起こしてしまう設定に
なっています。この本を読んで何よりゾッとしたのは、ここに描かれていること
は、けっしてフィクションではないということです!
いま再稼働にひた走る日本では、近未来、東京ブラックアウトがほぼ確実に現実
のものとなります。その“時"が、少し早いか遅いかの違いです。
地震列島上に、現在9基が稼働中です。九州4基、関西4基、四国1基。
3月15日、四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた
住民たちの仮処分申し立てが却下されました。

ヒロシマ・ナガサキ〜ビキニ水爆実験〜フクシマ〜〜
何度も何度も被曝を繰り返しつづける国は、世界の中で、唯一日本だけ・・・。
やっぱり日本は、スゴイ国なのか?!

開く コメント(9)

3.11から8年

再び3月11日が巡ってきます。
今日はすっきりと晴れ渡った青空でした。
そして本日も福島第一原発からは、放射性物質がダダ漏れ中です。
しかも現在、漏出量が昨年の2倍に増えているそうです。

私は20年前に、福島第二原発を見学しました。
そのとき東京電力の説明係が「5重の壁によって放射能は絶対に(!!)
外部へ漏れません」と言いました。
しかし8年前の3月11日、あっけなく5重の壁は崩壊しました。
放射性物質の存在を見て見ぬふりする「食べて応援」は、あまりにも罪深い!

あの日からもう8年が経つのですね。
津波被害に遭った方々から比べれば、たいしたことないと言われそうですが、
この8年間で我が家も一つひとつを選択しながら、大きく変わりました。
長男は関西に就職し家庭を持ちました。次男は今海外にいます。

先日、国会中継をラジオで聞いていました。
森ゆう子議員の「核のゴミの廃棄場所さえ見つからないのに、
原発再稼働を進めるのか?」の質問に対し、
安倍首相は「今後も原発を推進する」と迷うことなく答弁しました。
過酷なフクシマを経験してもなお、原発を止められない日本。
原子力発電(核の平和利用)が核兵器技術の温存(核の軍事利用)の
隠れ蓑であることは、公然の秘密でしょう。
しかし、地震が頻発する日本列島での原発再稼働は、
国民の生命・財産を確実に奪います。日本滅亡への最短コースです。

安倍の国会答弁を聞きながら、私は20年以上も前のことを思い出しました。

・・・その日は家族4人で立山連峰の3003メートルの雄山の頂上を
目指し登っていましたが、あいにくの悪天候でした。
夏山とはいえ、冷たい雨と強風にさらされながらの登山は、
大人でもきつかったのです。先を行く中学生くらいのグループの中の男子が
半分べそをかいていました。途中の山小屋で休憩したあと、再び私たちは
一歩一歩頂上を目指していましたが、寒さと視界の悪さがいよいよ増す中で、
それまで我慢強く頑張っていた5歳の次男が突然「もう、戻ろう!」と言いました。
「せっかく来たのだから登るしかない」と思い込んでいた私と夫は、
その一言でハッと我に返り、もと来た道を戻り下山したのでした。
あのまま登り続けていたらどうなっていただろうと、今でも思い出します。
生命の危険を知らせてくれた息子の言葉は忘れられません。


愚行とも言える「原発推進への道」をひた走る安倍政権。
いつまた大きな地震が起きてもおかしくない中、原発の中止を望む
のは当然です。それでなくても廃炉には時間がかかります。
多くの脱原発の声が安倍首相の耳には届かないのでしょうか。
もう間に合わないかもしれませんが、安倍には「戻る」という選択を望みます。

開く コメント(4)

続・北朝鮮の現状は?

昨年の秋に9年ぶりに北朝鮮を訪問した米津篤八氏のレポートの続きです。
米津氏が撮られてきた約40分の映像を見ながら報告を聞きました。

金正恩がこれまでに何人もの側近や身内などを粛清してきたことなど、
恐怖の独裁者という事実は、もちろん否定できません。
しかしその上で、金正恩のこの間の施政やこの国の現状について知っていく
ことは、東アジアの今後の動向を把握するためにも必要なのではと思います。
米津氏は北朝鮮を[独裁的な福祉国家]と言っていました。
私の勝手なイメージでは、江戸時代の徳川軍事独裁政治を思い浮かべました
(的外れか?)。

まず確認したいこと。
★朝鮮半島の南北分断の下地を日本の侵略加害行為がつくった。
★北朝鮮との国交のある国は、現在164カ国。(世界の80%以上)
★食糧自給率95%(偏りはあるとしても)。日本は約30%。

久しぶりの訪朝の感想として、米津氏は以下の5点をあげました。
1.生活レベルの急速な向上・質のよい国産品
2.金正恩委員長への支持率7割以上か? ←有言実行による
3.地方も経済が活性化中
4.科学技術の発展・民生部門のめざましい発展
5.交通・エネルギー面の向上

【教育・福祉】
1990年代後半(飢餓の酷い時期)から、継続的に人道支援してきた2つ
の孤児院(育児院)は、いずれも大きく立派な設備の充実した(プール付き)
建物に建て替えられていた。以前よりも収容の子供の数は減り、衛生管理が
行きわたり、スタッフも多く、皆健康そうだった。
日本の幼稚園・小学校・中学校に当たる教育施設もゆったりとした建物。
医療費・教育費無料(社会主義国だから当たり前か)。
孤児に対して、12年間の義務教育期間をすべて寝食付きで保障している。
教育費無償なので、意思と能力に応じて大学に進学する孤児も多い。
育児院の壁には、金正恩の次の言葉が掲げられている。
「元山育児院は資本主義がまねすることも、つくることもできない、
朝鮮式社会主義の優越性をはっきり示す証言者」
国家プロジェクトとして弱者のための福祉政策に取り組んでいる。
日本では、教育・福祉・医療など目先の利益(お金儲け)につながらない(政治
家にとってあまり票に結びつかない)取り組みは、二の次・三の次・・・。
ダウン症・自閉症・ろうあなど様々なタイプの障がい児のための障がい児回復院
が2013年に開館した。ヨーロッパ・オーストラリア・カナダなどの海外の
専門家の指導も受ける。

【民生部門・科学技術経済の発展・食糧事情】
ISO22000(食品安全の国際標準規格)を取得する企業も多くなっている。
従業員の福利厚生も充実。生産工程のコンピューター化が進行中。
国産品の充実(米津氏は朝鮮で購入した900円の靴を履いていた)。
電気自転車やスマホがほぼ一家に一台あり、バッテリーももちろんある。
スマホで読書。中国経由でUSBで韓流ドラマなど見られる。
15万人収容のスタジアム入場の際は、QRコードの座席カード。
8ギガのUSBが内蔵されていて、中国語と英語で馬息嶺スキー場の宣伝動画。
地方は農業中心。一定のノルマを果たせば、それ以上の生産物は自由に
売ってよいとなったため、地方も経済が活性化している。
大豆の生産を重視し、豆乳・豆乳ヨーグルトは平壌市内の小・中学校に配布。
2015年に平壌子ども食料品工場の設備が近代化し、現在のミルク生産量
は、35〜40トンとなり、国内の粉ミルクの需要を満たせるようになった。
2016年、科学技術殿堂オープン。科学大国を目指す朝鮮の象徴的な施設。
科学技術の普及・振興のための電子図書館機能を備える。全国各地のコンピュ
ーターから接続して知識・情報を得ることができる。併設したホテルに宿泊して
講義を受けることができる。 

開く コメント(0)

日本はこのままでいくと、極東の孤独なちっぽけな国になっていく?
ロシアやアメリカからは金品をむしり取られ尽くされ、
韓国や中国からはもはや相手にされず、
それどころか、近未来、北朝鮮からも馬鹿にされてしまう・・
そんな国へと転落してしまいそうな気配。
安倍が戦後の日本外交の積み重ねを「不可逆的に」一つひとつ壊している。
以下は、本日の天木直人氏のメルマガです。

     【安倍外交の失敗の本質】

 安倍外交の何が問題なのか。
 もちろん、すべてにわたって、ことごとく失敗し、行き詰まっているからだ。
 しかし、単なる失敗ならまだ救いがある。
 政権が替わり、首相が替われば、一から出直せばいからだ。

 安倍外交の失敗の本質は、その失敗が単なる失敗ではないということだ。
 安倍首相の好きな言葉で表現すれば、外交を「不可逆的」に失敗させて
 しまったことにこそ、その失敗の本質があるのだ。

 今朝早朝のNHKニュースが報じた。
 ロシアは北方領土に、よりによって中国の技術(ファーウェイ)を
 使った光通信回線を張り巡らせることにしたという。
 ここまでくれば、もはや誰が安倍首相の後になっても、北方領土は
 永久に返ってこない。
 そして韓国との関係だ。
 ついに文在寅大統領はきのう26日の閣議で「親日を清算し独立運動
 にしっかり礼を尽くす」と訴えた(らしい各紙)。
 この発言は、韓国国会議長が天皇陛下を戦犯の息子とよ呼び、
 その謝罪を求め、その発言と撤回を求めた安倍政権に対し、
 「盗人猛々しい」と反論した事と合わせて考えると、
 もはや韓国は日本を相手にしないということだ。
 日本との友好関係を絶って、北朝鮮や中国との関係を重視するほうが
 得策だと決断したということだ。
 ここまで来れば、もはや誰が日本の首相になっても、
 日韓関係は元には戻れない。

 おそらく安倍首相は、最後は、その対米従属を耐えきれないところ
 まで徹底させて、日米同盟関係すら耐えきれないほど悪化させてしま
 うかもしれない。
 つまり、安倍首相は、これまでの指導者が築き上げてきた戦後の
 日本外交を、「不可逆的」に壊そうとしているのだ。

 だから一刻も早く引責辞任しなければいけないのに、
 わずか1年で腹痛辞任した恥を挽回しようと、歴代首相在位最高記録
 を更新しようと、なりふり構わず居座っている。
 日本の不幸、ここに極まれりである(了)

開く コメント(0)

北朝鮮の現状は?

先日、北朝鮮"情報(映像と話)を伺う機会がありました。
1999年から北朝鮮に粉ミルクを送るなどの人道支援を続けてきた
ハンクネットの米津篤八氏のレポートでした。
正直言って私は強い衝撃を受けました!
社会体制はどうあれ、(中国や韓国にはとっくに追い越されている日本ですが)
数年先には北朝鮮にもあっけなく先を越されてしまうのでは!?
日本国内のメディアはこの間、北朝鮮の何を伝えてきたのか? ・・・などなど。

折しも、27日からベトナムでトランプ大統領と金正恩委員長による首脳会談
があります。東アジアの状況は、米中の丁々発止の貿易協議や朝鮮半島の融和
への動きなど大きく大きく動いています。
そのような中で、日本だけがポツンと取り残されつつあります!!
アメリカの言うがままの日本。自主外交ができない赤児のような日本。
日本の没落に危機感を抱いている息子の言葉が、頭の中でぐるぐる〜。

さて、報告者の米津篤八氏は、人道支援でこれまで10回訪朝してきました。
昨年秋(2018年)に9年ぶりに訪朝し、その経済発展ぶり・人々の生活の
豊かさに目を見張ったそうです。
軍事独裁の金正恩ですが、並進路線(核開発と経済発展)を"みごとに"実現中です。
なによりも福祉・教育・医療に力を入れ、次々と有言実行で政策を実現させて
つつあるようです。
とにかく日本のメデイアは、まだ北朝鮮は悲惨でとんでもない国というイメージ
を植え付けていますが、ちょっと違うようです。

もちろん北朝鮮は、「報道の自由度」が毎年180位(最下位)です。
私は北朝鮮を賛美するつもりはありません。
でも私たちは、近隣国の現状を知る努力をもう少しした方がよいのではないか
と思います。ギクシャクしている韓国との関係もそうですが、
安倍政権の思惑と日本の大手メディアの忖度によって、近隣国への敵愾心が
意図的に醸成されてしまっているとしたら、こんな恐ろしいことはありません。

元朝日新聞社の記者だった米津氏は、次のように語っています。
「客観的な事実を知ることが大事。日本のマスコミは、なぜか中国や韓国や
 北朝鮮のことになると、一斉にたたき始める。朝日新聞や東京新聞でさえも」

                      つづく

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事