はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

黒板とスマートボード

イメージ 1

日本の子どもたちが当たり前のように受けている『一クラス40人の一斉授業』
によって、目上の人には逆らわない、黙って聞く、言われた指示を黙々と
こなす・・・という大人しい日本人気質みたいなものを作り上げているのでは
いかとあらためて思います。
(これは昔、教育現場に身を置いていた自分自身の反省でもある)

一斉授業という形式は、そもそも明治期以降の富国強兵・殖産興業の日本では、
効率的な生徒への知識注入、人材養成には適していたのかもしれません。
以下は、オランダ在住の教育研究家のリヒテルズ直子氏の本から抜粋です。


   日本からオランダに教育視察にくる人たちが必ずといっていいほ
  ど声をあげて驚くのは、オランダの学校のIT設備の充実ぶりです。
  現在、小学校から高校まで、オランダ国内のほぼすべての教室には、
  教師用のコンピューターが1台と生徒用のコンピューターが2台置か
  れています。チョークの粉が舞い飛ぶ黒板やホワイトボードなどはど
  こにも見当たらず、代わりに、インターネットに接続され、タッチボ
  ードなどでインタラクティブにスクリーンを使えるスマートボードが、
  文字通りどの教室にも設置されています。このほか、学校には、クラ
  スの子どもたち全員が調べ作業や試験の際に一斉にコンピューターを
  使える教室があります。
   移民や難民の子どもなどオランダ語のできない生徒が多い学校では、
  コンピューターの数を増やしたり、貸出用のノートパソコンを用意す
  るなど、子どもたちが個別のレベルとテンポでオランダ語を学べるよ
  うに、デジタル教材を使って授業をしています。
   日本の教室とのあまりの違いにびっくりしている日本人視察団を見
  て、反対に驚いているのはオランダの先生の方です。「ええっ?でも
  日本はコンピューター生産国でしょ、このスマートボードは日本製よ。
  こんな機器は、日本ならもうずっと前から学校に浸透していると思っ
  ていたわ」
   私も日本の学校の授業を見ることがありますが、いまだに黒板やホ
  ワイトボードが主流。研修授業などに出ると、公開授業をする教員が
  前夜に睡眠時間を削って準備したらしい、画用紙や模造紙、色紙を切
  り貼りして作った教材を、セロテープで黒板に貼ったり剥がしたりし
  ながら授業をしています。先生たちが、限られた時間の中で満身の努
  力をしていることを思えば、それを批判することなど私にはできませ
  ん。むしろ批判したいのは、日本の公教育への投資の小ささです。
   子ども一人ひとりのニーズに応じるためには、教え方を多様に分化
  させることのできるさまざまな教材やIT設備が必要であるということ
  は、オランダの学校では常識です。しかし、公教育費が少ない日本の
  学校では、「画一一斉授業が最も効率的である」という不動ともいえ
  る前提のもとで授業がつくられているために、個々の子どもの発達段
  階とニーズに柔軟に応じることができないのです。

「公教育をイチから考えよう」リヒテルズ直子・苫野一徳(2016年8月発行)

開く コメント(0)

“talk and talk and talk ”(熟議)の国のオランダで・・・。
単純にオランダと日本を比較することはできないのですが、
知れば知るほど日本と対照的なことが多いのには、今さらながらびっくり。

オランダで学生として暮らす息子の話によると、オランダの学生(18歳以上)
は『まるで小学生のように!!』遠慮なく率直に無邪気(?)に、しかも意欲的に
先生やクラスメートに対し、質問や意見をポンポンぶつけ合うそう。
つい最近も「黙っているよりも、間違ってもよいから口に出して言った方が
よいよ!」と、同じグループ内の年下のメンバーにアドバイスされてしまったとか。
息子曰く「アジア系はとくに大人しい。ラテン系(?)の活発さはスゴイね」

時間割は変則的で、日によっては午前から夜まで同じ授業になっていて、
皆ランチしながら、課題に取り組んでいるそうです。
先生もコーヒー片手にゆったりとグループワークの様子を見て回り・・。
日本の高校生や大学生の場合、授業中に居眠りする学生がいますが、
「授業中に居眠りする子はいない!皆やる気あり、活気がある」とのこと。
課題やテストやプレゼンが多く、日本の学生のようにアルバイトする余裕は
もちろん無いそうですが。

そもそも一斉授業という形式が、日本の義務教育ではまだ当たり前のように
行われてます。教室の正面に教卓があり、先生の話を黙って聞く子が良い子
という雰囲気。小学生は高学年ともなると、早々と周囲に気兼ねして発言を
控えるようになったりし、中学生ではさらに発言が少なくなります。
オランダの学生の前向きな無邪気さは、小学校からずっと受けてきた教育
(イエナプランなど)の延長なのではないかと勝手に想像します。
(イエナプランについては、後で紹介)

ところで日本の大学生は、現在2人に1人が奨学金(借金)のお世話に
なっていて卒業後の借金返済がとくに問題になっていますが、
オランダの学生は、学費が安い(約30万円・入学金無し)ので、
夏休み中のアルバイトで次の年の学費を稼ぐそうです。
それでも奨学金制度(たぶん給付制か?確認不足)も完備されてます。
ちなみに隣のドイツは無料です(留学生も)。
オランダの場合、EU外の留学生は、年間約90万円です(入学金等無し)。

そして皆、18歳過ぎたら親と離れて格安のシェアハウスなどで暮らします。
息子のシェアハウスでは、先日、洗濯機が故障したそうで、それを修理に
出すか、新品または中古を買うか、その費用はオーナーも含めて割り勘に
するかどうかで熟議してましたが、中古を3万円で購入したそうです。
費用は、オーナーも含めて5人で割り勘にしたそうです。

開く コメント(0)

先日、オランダで暮らす息子からびっくりするエピソードを聞きました。
さすが“talk and talk and talk ”(熟議)の国、オランダです。
学生である息子は、オランダ北部の田舎町で4人定員の
格安シェアハウスに住んでいます。
大学から近く、光熱費とWi-Fi込みで、家賃は日本円にして約3万円。
その一部屋に空きができたそうで、オーナーによると、その部屋に60人
のネット申し込みがあったといいます。
大学の先生でもあるオーナーは、まずネット上で60人から10人に絞りました。
そしてここからが驚きなのですが、オーナーの提案により、その10人を
5人ずつ二晩かけてシェアハウスに招いたそうです。
息子達3人は、彼らと顔をつき合わせて話し合いました。
長時間の熟議(面談)の結果、息子達は1人を選出しオーナーに報告しました。
引っ越してきた新メンバーは、息子達とスムーズに暮らし始めているそうです。
ちなみに日本人は息子1人で、他の3人はオランダ人です。
息子がいるときは、皆が英語で話してくれるそうです。

さらについ最近、洗濯機が故障したそうで、それを修理に出すか、
新品または中古を買うか、その費用はオーナーも含めて割り勘に
するかどうかで熟議中だそうです。
「この間ずっと話し合いを続けているよ。実家が近い子は実家で洗濯してくる。
皆が納得するまで話し合うんだよ。多数決なんか取らないね。
でも手洗いするのが大変なのでそろそろ決めたいね」
と、息子が苦笑いしながらスカイプで話していました。

「多数決なんか取らない」・・これが象徴的です。
ひるがえって日本は、悲しいかな〜【民主主義=多数決】という間違った
思い込みに支配されています。
本来は、【民主主義=熟議=合意形成】のはずなのに。
日本の国会は、とくに安倍政権は、政府側が論議を軽視・無視して、数に
まかせて熟議に至らないまま、多数決で物事を決めています。
しかも強権的な意味合いの強い法案ほど、強行採決という熟議(=民主主義)
に反する手法を使って成立させています。

多数決とは、熟議の末どうしても決まらないとき、そのままでは物事が
前に進まないので、便宜上こうしようという“仮決め”でしかないのです。
多数決で決まったことが絶対に正しいということはありません。
つまり、100人のうち99人が賛成したことでも、反対した1人の意見
がじつは正しいこともありえるのです!!
だから多数派はとくに『謙虚さ』が大切なのです。
誰も完ぺきな人間はいません。相手の意見を聞いて、自らの考えの間違い
に気づき、考えが変容することもあるのです。
ですからこの一人ひとりの変容を認めない「党議拘束」は、もってのほかです。

長くなりそうなので、今日はここまでにします〜。

開く コメント(0)

イメージ 1

原発も戦争も武器の輸出も、そしてカローシ(過労死)も、
「経済成長」のためには必要なのでしょうか?
経済成長に縛られない世の中・生き方を一緒に考えてみませんか。
緑の党グリーンズジャパン初代共同代表の高坂勝さんを囲んで、
時代を先取りする素敵なライフスタイルを語り合います。

日時:11月25日(土)13:00〜15:00(12:30開場)
会場:浦和コミュニティセンター第5集会室(JR浦和駅東口徒歩1分・パルコ10階)
主催:緑の党埼玉県本部準備会主催
資料代:500円

盧笋気鵑離屮蹈  『たまにはTSUKIでも眺めましょ』
https://ameblo.jp/smile-moonset/page-2.html#main

盧笋気鵑涼書
『次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -』
https://honto.jp/ebook/pd_28246998.html
     もう、やめよう。できもしない成長を目指す、
     無理ながんばりをやめて、幸せこそを目指そう。
     経済成長なんてクソ喰らえ。
     その神話から、イデオロギーから脱出しよう。
     今までの暮らしを...

開く コメント(0)

イメージ 1

画像は、ツイッターからです。
各政党・政治家の立ち位置がわかりやすく示されています。

保守本流の頃がまだましだったな・・・。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事