はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

物事の決定過程が問題

小池都知事が、築地市場移転の延期を発表したとテレビでは大きく
報道されています。そもそも計画段階でなぜこんな杜撰な内容が
まかり通ってしまったのか??
これは築地市場問題だけのことではないでしょう。
一事が万事、こんな調子なのだと思います。
事実を根拠にしてオープンに議論を重ね、物事を決定していくということが
日本ではなされていないのでは?と疑わざるをえないのです。
民主主義なんて、日本には根づいていない。
形式だけの民主主義もどき・・・。

天木直人氏が、本日のメルマガで『よくもこんな豊洲移転が認められたものだ』
と題して、以下のように語っています。同感です。
↓転載します↓


 小池百合子新東京都知事が豊洲移転延期を正式表明した。
小池新知事と敵対する東京都連側も、小池候補に負けた野党共闘側
も、小池知事が格好良すぎて素直に喜べないに違いないが、誰が東京都
の新知事になっても延期せざるを得なかっただろう。
ここまで豊洲移転の不備が明らかにされたのだ。
移転を延期しなければ、それこそ袋叩きだ。

いま我々が問わなければいけないのは、よくもこのような問題だらけ
の豊洲移転が決定され、11月移転が当然視されてきたものだ、という
事だ。
歴代の都知事の誰一人として本気で移転に待ったをかけなかったとい
うことだ。
もしその元凶が、巷間伝えられているように、内田某に牛耳られてき
た東京都議会であるとしたら、吊し上げられるべきは彼らだ。
責められるべきは、それに屈した歴代の東京都知事である。

それにしても、よく内田某という一介の都議が、これほどまでに東京
都議会を牛耳って来れたものだ。
よくも歴代政権は、民主党政権も含め、そんな都議会を野放しにして
来たものだ。
東京都議会改革は、そっくりそのまま、この国の政治改革である。
小池百合子都知事一人の責任ではない。
都民の責任だ。
いや、メディアを含め、国民全体の責任である。

この際、徹底的に叩きのめさなければ、日本の政治は何も変わらない。
長きにわたり禍根を残す事になるだろう(了)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事