はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

語ろう憲法

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

憲法は、「法律の一つ」または「法律の親分」・・などと誤解していないでしょうか。
憲法と法律は、違います。
その違いを、以下4点にまとめてみました。

 1. ベクトルが違う
一般の法律の多くは、人々に何らかの規制を加えるときのルールです。法律はそのベクトルが、人々に向かっていて、人々が守らなければいけないものです。
しかし、憲法は、ベクトルがまったく正反対で、国民が国家に課す義務、国民の人権保障のために国家権力に縛りをかけるものです。権力を持たない市民は、弱い立場です。弱者にとって、憲法は、自分の身を守る道具です。もし、憲法違反の政治が行われているときには、「憲法を守れ」と人々は声をあげなければいけません。憲法を守らなければいけないのは、国家権力者です。

 2. 憲法は恒久的な価値を示す
法律は、その時々の国際情勢や社会・経済状況によって、随時作られたり、変えられたりするものです。
しかし、憲法は、時代に流されない、どちらかというと恒久的な価値を示すものです。

 3. 現実と理想
法律は、現実とかけ離れていると意味がありませんから、現実に密着しています。
しかし、憲法は、理想を掲げるものです。もし理想と現実が食い違ってしまった場合は、現実のほうを理想に近づけるように、努力しなければなりません。現実に合わせて、理想を引き下げてしまうのは、政治の怠慢です。人々が政治の怠慢を許すならば、行く行くは自らの首を絞めることになるでしょう。
★憲法12条「この憲法が国民に保証する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」を忘れてはいけません。

 4. 憲法は世界に開かれている
法律は、一般的には国内の(閉じた)ルールです。
しかし、日本国憲法は、世界に開かれた、世界に向かって発せられた法典です。
とくに★第9条は、外に開かれています。「日本はもう2度と戦争はしません。どうぞ安心して仲良くおつきあいください。」と、かつて日本が侵略してしまったアジア太平洋諸国に向かって発しています。ですから9条論議は、日本国内の議論だけでなく、「周りのアジア対日本」という視点も避けてはいけません。

転載元転載元: はんのき日記 PART2

開く コメント(1)

ここ数日来の舛添問題フィーバーは異常だ〜。
このマスコミあげての“熱狂”は、もはや全体主義のような気配・・・。
そもそもテレビはプロパガンダ(権力広報)の道具なのだから、今さらテレビ
批判をしても始まらないのだけれど、この熱狂ぶりを見ていると、怖くなる!
7月10日の参院選のことは、なるべく話題にしない作戦だな。
投票率が上がって困るのは、自公なのだから。
でもここまでくると、以下にあるように、だまされる人も悪い悪い、悪人だ。

http://www.magazine9.jp/article/taidan/28539/ より一部転載。


中島 当時のことを調べていくと、空襲があるまではそんなに実感がなかった
   ようなところもあるんです。戦地に行っている人は違うんですけれども。
   たとえば、日中戦争が始まり、まだ太平洋戦争が始まる前くらいの頃は、
   女性たちが三越デパートにいって、兵士に送る慰問袋を買っていたんで
   す。自分たちでチクチク手縫いしていたのかと思いきや、デパートで売
   っているものを「じゃあ、これを送っておいて」とやっていた。
   戦争の実感はほとんどなくて、景気がよくなるので、むしろ歓迎してい
   たという印象でした。

中島 今日があって明日が来て…と生活している中で、突然何かが大きく変わ
   るわけじゃないんですよね。じんわりじんわりと、気がつかないうちに
   変わっていく。

太田 それって「今がまさにそうじゃん!」と思うんです。
   そこまで生活に不自由していないかもしれないけれど、おそろしいこと
   が政治で進行している。気づいて声をあげている人もいますけど、気が
   つかないで能天気に暮らしていると、ある日、「ボンっ」と…。

中島 戦前の人たちだって、ぼんやりしていた人だけじゃなかったと思う。
   だけど、そういう声は小さくなっていったり、消されたりということ
   があったわけです。

太田 伊丹十三さんの父親である伊丹万作さんが、戦後に書いた「戦争責任者
   の問題」という文章の中で、日本国民全員がみんなだまされたと言うけ
   れど、夢中になってお互いにだましだまされたりしていたんじゃないか
   と書いているんですよね。それから「だまされるということ自体がすで
   に一つの悪である」として、だまされたのは悪いことなんだ、というこ
   とも言っています。
  『多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はつきりしてい
   ると思つているようであるが、それが実は錯覚らしいのである。たとえ
   ば、民間のものは軍や官にだまされたと思つているが、軍や官の中へは
   いればみな上のほうをさして、上からだまされたというだろう。上のほ
   うへ行けば、さらにもつと上のほうからだまされたというにきまつてい
   る。 「戦争責任者の問題」(伊丹万作)から引用』

太田 この文章を読むと、70年前に書かれたとは思えないくらい。「だまさ
   れている」というと、きつく聞こえるかもしれないけれど、「気づかない」
   「気づこうとしない」ということも同じ。

開く コメント(0)

 〜日本国憲法について、第九条について、どのくらい知っていますか?〜

           【初級コース】・・・・中学生の正解期待率→83%

1.日本国憲法は、前文と第何条までありますか?
  。械馨髻    ´■牽馨髻   ´103条

2.日本国憲法は、1946年11月3日に公布されましたが、施行されたのはいつからですか?
  。隠坑苅掲1月1日 
  ■隠坑苅掲5月3日 
  1948年5月3日

3.戦争をしないこと、軍事力を持たないことが書かれているのは、第何条ですか?
  ‖茖云髻    ´第9条     B茖坑鮎

4.日本国憲法を守らなければならない人はだれですか?
  ‘本の国の権力者
  日本に住むひと全員
  9駝碓貎佑劼箸蝓          、┘劵鵐函‖茖坑江

5.生存権と言われる第25条の第1項の正しい条文はどれですか?
,垢戮胴駝韻蓮健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
△垢戮胴駝韻蓮家族で仲良く最低限度の生活を営む権利を有する。
すべて国民は、穏やかで庶民的な普通の生活を営む権利を有する。

           《答えとコメント》
1.  103条
★ 各条は11章にまとめられています
  第1章(1〜8条)   天皇
  第2章(9条)     戦争の放棄
  第3章(10〜40条) 国民の権利及び義務→(この憲法の目的)
  第4章(41〜64条) 国会
  第5章(65〜75条) 内閣
  第6章(76〜82条) 司法
  第7章(83〜91条) 財政
  第8章(92〜95条) 地方自治
  第9章(96条)    改正
  第10章(97〜99条)最高法規
  第11章(100〜103条) 補則
2. ◆。隠坑苅掲5月3日
 ★ 戦後初めての男女平等の普通選挙で選ばれた国会議員によって、改正案は審議され、
   可決成立しました。1947年1月1日は、いわゆる「天皇の人間宣言」が発表された日です。
3. ◆‖茖江
 ★ 前文とともにこの第9条によって、日本国憲法は“平和憲法”と世界の人たちからも
   呼ばれています。
4.  ‘本の国の権力者
 ★ 憲法は国家権力が暴走しないように、権力者にしばりをかけ、国民を守ってくれるものです。
   これを立憲主義的憲法といいます。もし権力者が憲法違反を犯していると思った場合は、
   黙っていないで声をあげることが、国民一人ひとりの責任です。
※第99条→「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、
        この憲法を尊重し擁護する義務を負う」
5.  屬垢戮胴駝韻蓮健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」
 ★ 「健康で文化的な最低限度の生活」とはあいまいな言い方ですが、
   少なくとも人としての尊厳が保たれる暮らしということでしょう。
   今年の夏、電気もガスも止められた家で、亡くなられた方がいました。
   生活保護申請は断られてしまっていたそうです。本当に困っている人へ手がさしのべられる
   社会にしていかなければなりません。


            【中級コース】・・・・高校生の正解期待率→91%

1.日本国憲法の前文の最初の文章を完成させましょう。
 「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫の
  ために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由をもたらす恵沢を確保し、
 (     砲砲茲辰萄討喟鐐茲了寛劼起こることのないようにすることを決意し、
  ここに(◆    砲国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」
   .◆‖捷颪諒響茵 .ぁ‖捷颪旅況癲 .Α\府の行為
  ◆.◆ー由     イ 主権     ウ 安全

2.日本国憲法の文章は、国際法学者の横田喜三郎と、何という作家によって口語化されましたか?
   〇核寨三    太宰治    5楝賢治

3.旧憲法である大日本帝国憲法(明治憲法)を、日本国憲法に改正する土台となったのは、
  日本が受け入れた何という宣言ですか?
  .櫂張瀬狎觚澄  ´▲イロ宣言    E傾弔痢嵜祐崟觚澄

4.第9条には1項と2項があります。
  1項では戦争をしないこと、2項では軍事力を持たないことと『何を』認めないと、
  明記されていますか?
  々颪凌略権     国の交渉権    9颪慮鮴鏝

        《答えとコメント》
1. 、ウ 政府の行為
   □イ 主権
 ★ 日本国憲法は、第9条だけでなく、憲法全体が平和主義に貫かれていて“平和憲法”と
   言われています。とくに前文では政府の行為によってなされた戦争の惨い体験から、
   平和への固い決意が語られています。

2.  〇核寨三
 ★ 1946年3月に憲法改正の政府草案が発表されましたが、文語体で読みにくかったため、
   山本有三らによって各条文が口語化されました。それが国会に上程され、審議されました。

3.  .櫂張瀬狎觚
 ★ 1945年7月26日にアメリカ、イギリス、中国によってポツダム宣言が発表されました。
   その内容は、軍国主義の除去、民主主義の復活強化、言論・宗教・思想の自由、
   基本的人権の尊重などです。
   しかし、時の政府はこの宣言の内容で、はたして天皇制が維持できるのか不安で、
   なかなかこの宣言を受け入れる決断が下せませんでした。 
   広島や長崎に原爆が落とされ、ソ連も参戦するに至り、ようやく8月14日に無条件降伏を
   決断しました。

4.  国の交戦権
 ★ 日本国憲法第9条の先進性は、第2項です。
   第1項の「戦争をしないこと」を定めた憲法は他国でも見かけられますが、
   第2項のように「軍事力を持たない」「国の交戦権を認めない」と明記している憲法は、
   珍しいのです。
   しかし、実際は自衛隊という「軍事力」が日本には存在します。
   現実と理想が違うとき、私たちはどうすればよいのでしょうか。
   日本人の大きな宿題です。


             【上級コース】・・・・社会人一般の正解期待率76%

1.第12条の条文を完成させましょう。
 「この憲法が国民に保証する自由及び権利は、(    )によって、これを保持しなければならない」
  政治家の努力   国民の不断の努力   警察の力

        [ここから記述式です]
2.第9条の1項では、戦争放棄を徹底するために、『戦争』を3つに分けています。
 (1)国権の発動たる戦争 (2)武力による威嚇 (3)武力の行使
 では、満州事変(1931年)はどれにあたりますか?
 その理由も述べましょう。

3.第10条から40条には、国民一人ひとりの人権を大切にするための内容が書かれ、
  人権条項とも言われています。
  人権には【自由権】と【社会権】があります。
 【自由権】→国家は介入するな、自由にさせてくれ。
 【社会権】→国家は介入してくれ、放っておかずに手を差しのべてくれ。
  第10条から40条において、自由権と社会権にあたる条項をそれぞれ3つ以上挙げましょう。
  自由権→
  社会権→
 
              《答えとコメント》
1. ◆々駝韻良埣任療慘
 ★ 権力者ではない一人ひとりの国民には、自らを守るために保証されている諸権利(基本的人権)
   があります。私たちは、これらの権利をたえず保持・活用する責任があります。
   これが「不断の努力」ということです。
   もし、この努力を怠るならば、せっかくの基本的人権は“絵に描いた餅”となりますので、
   ご用心!!

2.  満州事変は、(3)「武力の行使」です。
  ★理由→「国権の発動たる戦争」とは、宣戦布告をして行う軍事行動のことで、
      「武力の行使」は、宣戦布告しないでやることです。満州事変、支那事変がまさしく
      これです。「宣戦布告をしていないから戦争ではない」と言い訳して、実際は戦争を
      してしまいました。「武力による威嚇」とは、武力をちらつかせて脅すことです。

3【自由権】→ 18条 奴隷的拘束・苦役からの自由
        19条 思想・良心の自由
        20条 信教の自由
        21条 表現の自由
        22条 職業の自由、居住の自由
        23条 学問の自由
        33条 不法に逮捕されない権利
        35条 住居の不可侵  ・・・など
【社会権】→ 25条 生存権
        26条 教育を受ける権利
        27条 勤労の権利
        28条 労働者の権利
   ※このほか、人権には平等権、参政権、請求権などもあります。

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

あまり注目されずほとんど話題になっていませんが、参議院でもいよいよ憲法審査会の規程がつくられそうで、私はけっこう、かなり気になっています。
東京新聞(2010年10月20日付)に、ちょこっと載っていました・・・。
          
           参院憲法審査会 
         〜規程制定 民自が合意〜

   民主、自民両党は19日、憲法改正原案などを審議する参院憲法審査会の委員数や
  議事手続きを定める審査会規定を制定することで合意した。衆院はすでに審査会規程
  を設けており、参院で規定が設けられれば、2007年8月の設置後与野党の対立で休眠
  状態が続いていた両院の憲法審査会はようやく最低限の体制を整え、一歩前進する。

「一歩前進する」ときましたか〜。
憲法審査会と言ったら、憲法改正で一番やっかいで手間のかかる原案作りをしてしまうところです。
原案を国会に発議する権限もあります。
憲法改正原案が発議されたとたん、物騒な国が物騒なことどんどんやらかしたりして・・・(苦笑)。
そうでなくても、マスコミの世論操作に弱い日本人は、コロッといきますよ。

以前に書いた記事・・・ 
      ≪「憲法審査会」は、憲法改正の近道なのです!≫
       http://blogs.yahoo.co.jp/ff6988m/57829190.html

開く コメント(2)

突然ですが、“憲法☆九条”クイズ。
  (日本国憲法について、第九条について、どのくらい知っていますか?)

1.日本国憲法は、前文と第何条までありますか?
  。械馨髻
  ■牽馨
  103条

2.日本国憲法は、1946年11月3日に公布されましたが、施行されたのはいつからですか?
  。隠坑苅掲1月1日
  ■隠坑苅掲5月3日
  1948年5月3日

3.戦争をしないこと、軍事力を持たないことが書かれているのは、第何条ですか?
  ‖茖云
  第9条
  B茖坑鮎

4.日本国憲法を守らなければならない人はだれですか?
  ‘本の国の権力者
  日本に住むひと全員
  9駝碓貎佑劼箸蝓               、┘劵鵐函‖茖坑江

5.生存権と言われる第25条の第1項の正しい条文はどれですか?
  ,垢戮胴駝韻蓮健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
  △垢戮胴駝韻蓮健康で文化的な普通の生活を営む権利を有する。
  すべて国民は、穏やかで庶民的な普通の生活を営む権利を有する。

6.日本国憲法の前文の最初の文章を完成させましょう。
 「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
  われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、
  わが国全土にわたって自由をもたらす恵沢を確保し、
 (     砲砲茲辰萄討喟鐐茲了寛劼起こることのないようにすることを決意し、
  ここに(◆    砲国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」
   .◆‖捷颪諒響茵 .ぁ‖捷颪旅況癲 .Α\府の行為
  ◆.◆ー由     イ 主権     ウ 安全

7.日本国憲法の文章は、国際法学者の横田喜三郎と、何という作家によって口語化されましたか?
  〇核寨三
  太宰治
  5楝賢治

8.旧憲法である大日本帝国憲法(明治憲法)を、日本国憲法に改正する土台となったのは、
  日本が受け入れた何という宣言ですか?
  .櫂張瀬狎觚
  ▲イロ宣言
  E傾弔痢嵜祐崟觚澄

9.第9条には1項と2項があります。
  1項では戦争をしないこと、2項では軍事力を持たないことと『何を』認めないと、
  明記されていますか?
  々颪凌略権
  国の交渉権
  9颪慮鮴鏝

(ここから記述式)
10.第9条の1項では、戦争放棄を徹底するために、『戦争』を3つに分けています。
    (1)国権の発動たる戦争
    (2)武力による威嚇
    (3)武力の行使
   では、満州事変(1931年)はどれにあたりますか?
   その理由も述べましょう。

11.日本国憲法の第3章(第10条〜40条)には、国民一人ひとりの人権を大切に
   するための内容が書かれています。
   人権には【自由権】(国家は介入するな、自由にさせてくれ)と【社会権】(国家は介入してくれ、
   放っておかないで手を差しのべてくれ)があります。
   第10条から40条において、自由権と社会権にあたる条項をそれぞれ3つ以上挙げなさい。
      自由権→
      社会権→


★今年も公民館まつりの時期となりました。
 私が世話人をしている地域の9条の会は、今年も展示で参加します。
 今年の目玉は、憲法☆九条クイズ。
 ただいま内容を検討中です。
 ここに並べたクイズは、私が先日、世話人会に提案したたたき台です。
  
                        ※ 解答は後日の記事にて。

開く コメント(2)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事