はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

緑の党 グリーンズジャパン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

「成長を求めるな、幸せを求めよう!」

 江戸時代末期に3000万人だった人口がこの140年で4倍にもなり、
2008年にピークを迎えた。その後減少に転じ、今後100年で1/3の
人口になる。人口増が前提の経済と社会の制度設計を早く書き
換えないといけないのに、人口減に転じて9年、政界と財界の
ほとんどが未だ経済成長路線の妄想にしがみついている。
 人口減に目を伏せて今後も経済成長を求めるとしよう。
東海道新幹線の横にリニア新幹線を作ろう、と大きな予算をつける。
空港やコンベンションセンターを各地に作ろう、となる。電気消費
量が増えるはずだとして原発や化石発電やダムを増やそう、となる。
マンションや家をもっと作ろう、となる。高速道路を増やそう、
となる。とすると大量にお金が必要だ。だから福祉にはあまり回せ
ない、削れ、となる。

 人口減を前提にした脱成長に舵を切るとしよう。リニアに投じる
予算があれば、在来線を充実させて各駅停車を増やす、路面電車や
路線バスやコミュニティタクシーを増やすとなる。原発廃炉やダム
撤去でもゼネコンの技術や仕事は長く確保できるし、働く人々にも
名誉になる。省エネ技術と省エネライフスタイルのキャンペーンを
張り、持続可能な自然エネへのシフトを図ろう、となる。防衛費や
公共事業や箱物作りなどのハード面より、教育や医療や介護などの
ソフト面や人に投資にしよう、となる。今後も必要な建物やインフ
ラはメンテして耐久性を高め、ニーズがなくなったものは撤去した
り減築しよう、となる。まだまだ使える空家や空ビルや遊休農地や
遊休山林などを希望者に有効斡旋できるようにして所得が少ない人
が安心して暮らせる制度設計を作ろう、となる。空きビルや廃校は、
地域起業の拠点や福祉施設にも使えるだろう。更地に戻された点々
とした土地は、無理に有効利用する必要なく、田畑や林に戻そう、
となる。さすれば、予算少なくても田園都市化が自ずと進む。市街
地でも半農半Xなどの自給が可能になる。田畑や樹々が風を呼び寄せ、
雨は大地に沁み込み、減災への導きになる。何より、人の安らぎに
なる。

以上のように、人が減るのに新たに家やマンションを増やす政策
では、空家空室がもっと増え、危険なゴーストタウンが増えるだけだ。
解体や減築やリノベーションと、田畑や林の再生などの政策を取るな
ら、人が減っても安全安心で住みやすい村や町になる。

 人の暮らしはどうなるか。人工知能(AI)とモノのインターネット化
(IoT)は、相当に生活の利便性を高め、人の労働を少なくする。人は
あまり働かずに済むという側面と、人の仕事が奪われる側面と、並存
するだろう。便利を享受しながら、食の自給、暮らしの自給、楽しさ
の自給ができる人ほど、お金を稼ぐ労働を積極的に少なくできる。す
べてをお金に依存した消費で賄う生き方の人ほど、より稼がねばならず、
意義のない辛い仕事にしがみつくことになる。  

 だからこそ、気づいた人は、人の営みとしてのアナログなことを手放
さないようにしたい。もしくは今から、アナログを取り戻した方が良い。
食べ物を自分で作るとか、健康や病気に自分で対処できるとか、いろん
なことをDIY(自分で作ること)できるようにしておくとか、支え合える
コミュニティーを作ってゆくとか。それは、「ねばならない」と書くと、
対処法や義務感に聞こえるかもしれないが、人間が本来行ってきた生存
のための活動であり、同時に、何よりも楽しく、幸せの根源になるので
ある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そんなこんな、
脱成長を伝えてゆくことが私のミッションだ。

11/25(土)は、
昼と夜を二つのイベントを渡る。
昼は埼玉の浦和で。
夜は東京の江戸川橋で。

https://ameblo.jp/smile-moonset/entry-12329128189.html より転載しました)

イメージ 1

原発も戦争も武器の輸出も、そしてカローシ(過労死)も、
「経済成長」のためには必要なのでしょうか?
経済成長に縛られない世の中・生き方を一緒に考えてみませんか。
緑の党グリーンズジャパン初代共同代表の高坂勝さんを囲んで、
時代を先取りする素敵なライフスタイルを語り合います。

日時:11月25日(土)13:00〜15:00(12:30開場)
会場:浦和コミュニティセンター第5集会室(JR浦和駅東口徒歩1分・パルコ10階)
主催:緑の党埼玉県本部準備会主催
資料代:500円

盧笋気鵑離屮蹈  『たまにはTSUKIでも眺めましょ』
https://ameblo.jp/smile-moonset/page-2.html#main

盧笋気鵑涼書
『次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -』
https://honto.jp/ebook/pd_28246998.html
     もう、やめよう。できもしない成長を目指す、
     無理ながんばりをやめて、幸せこそを目指そう。
     経済成長なんてクソ喰らえ。
     その神話から、イデオロギーから脱出しよう。
     今までの暮らしを...

1人で48票も投じられる?
夢ではありませんよ〜。現実に存在する完全比例制の選挙です。
こんな選挙だったら、みんな楽しくてワクワクするんじゃないかな。

緑の党のニュースレター「緑でいこう Go Green vol.14」
http://greens.gr.jp/newsletter/11800/ から転載し紹介します。

  [目からウロコ!]
 〜1人で48票投じられるハイデルベルグ市議会選挙〜
 〜ドイツ、ハイデルベルグでEU選/地方選をみて〜
私が生活するドイツBW州のハイデルベルグは人口15万人の小さな地方都市です。
路面電車とバスが縦横に整備され、旧市街と新市街の間にその停留所が集まる
ビスマルク広場が位置しています。私はこの広場を通って毎日通勤しています。
この広場には各党のポスターがあちこちに掲示されました。
左翼党はストレートな「○○反対!」が多いのと対照的に、
緑の党はGenug!(充分!)など、ちょっとオシャレにもじった表現でした。

5月に入ると候補者の写真入りポスターが貼られはじめ、週末土曜日は必ず
どこかの政党がパラソルやテントを広場にだして、パンフレットやチラシを
配っていました。投票日の1週間前には市報が全戸配布されました。
バリアフリーの投票所情報や、投票用紙の書き方も掲載されています。
ハイデルベルグ市議会議員選挙は完全比例制で定数48、有権者は48票与えられ、
1人の候補者に3票まで入れられます。今回は4人の学生候補が当選しました。
ハイデルベルグのような小都市ではみんなが知り合いです。各有権者が定数だけ
入れられる制度はご近所や仕事仲間がいがみ合わなくてよい、地域社会に優しい
選挙制度だと思います。

かたやEU選は1人1票、政党名で投票します。EU選ではドイツ緑は少し議席数
を減らしましたが、EU全体で55議席獲得。緑の党、左翼党ともに銀行システム
の改善を訴えました。ドイツでは現在、日本の借金は爆弾になりうるとの評価も
あります。日本の緑のみなさんが原発、国家の借財などに反対や改善を訴えること
は世界にとって必要なことなのです。
               太田美紀 Brecht(ハイデルベルグ)

【声明】 特定秘密保護法案は廃案へ
http://greens.gr.jp/seimei/9245/
                           2013年11月19日 
                 緑の党グリーンズジャパン運営委員会

 「特定秘密保護法案」が国会で審議されています。

 この法案は、政権にとって不都合な真実を恣意的に「秘密」とし、それを明かそうとしたりアクセスしようとした人々を厳罰に処すことのできる、民主主義社会や人々の安全とは相容れない希代の悪法です。また、これは「日本版NSC法案」と一体で、「集団的自衛権」の行使、戦争の準備と遂行を可能にする体制づくりをめざす中で提案されているものです。

 しかし、世論の過半数がこの法案に反対し、さらに8割以上の市民が「慎重審議」を求め、国内のジャーナリストや文化人、そして海外のメディアもこれを強く批判しています。また、日弁連も指摘するように「国家安全保障と情報への権利に関する国際原則」(ツワネ原則)にも反しています。圧倒的な世論、正当な意見や批判を封殺するとともに、人権に関する国際基準を無視しながら数の暴挙で成立を推し進めようとする姿勢に、この法案の本質が表われています。

 国会では、この数日間、与党と維新の会やみんなの党との「修正協議」が重ねられており、与党側は一定の文言修正で応じようとしています。しかし、小手先の修正でこの法案の密室性や不当性が解消されることはあり得ません。いったん成立すれば政権側の意図的な運用や拡大解釈に道を開くことは明白であり、廃案しか道はありません。

 私たち緑の党も、多くの市民や各団体・ネットワークの人々とともに声をあげ、廃案へ向けてさらに力を出して動いていきます。

<参考>
◆ 9/18緑の党運営委員会声明
 「市民の安全のため必要なのは秘密保護法制定ではなく、より一層の情報公開」
  http://greens.gr.jp/seimei/8767/

◆ 11/15日弁連 「特定秘密保護法案に反対し、ツワネ原則に則して秘密保全法制
  の在り方を全面的に再検討することを求める会長声明」
  http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2013/131115.html

◆ 11/20(予定)午後6時半〜文京区民センター
 「三宅洋平さん、山本太郎さんと特定秘密保護法案を考える」
  (主催:明日の自由を守る若手弁護士の会)
  http://www.asuno-jiyuu.com/2013/11/1120.html
  →緑チャンネルで中継予定  http://www.ustream.tv/channel/gj-tokyo

◆ 11/21(予定)午後6時半〜日比谷野外音楽堂
「STOP!「秘密保護法」11.21大集会」(主催:STOP!「秘密保護法」大集会実行委員会)
  http://goo.gl/g3AFRv

先日、国会議員会館前を通ったら、右翼(国粋?)団体のおじさんが
「山本太郎は辞職せよ!!」と息巻いていましたわ。
日本の“伝統”を守るためなら、
日本なんぞ滅びてもよいというお考えのようでした。
つくづく「愛国心とは何??」と思いました。

以下は、緑の党の声明です。
山本太郎「お手紙」問題というより、『逆政治利用』問題かなあ。


【声明】政治を変えるのは市民自身 −天皇への山本太郎議員の「手紙」問題−

2013年11月11日 緑の党グリーンズジャパン 運営委員会

 山本太郎参議院議員が原発事故問題などの「手紙」を天皇に渡したこと(10月31日)で、自民党をはじめ複数の政党や政治家が山本議員への処分や辞職を求めて来ました。これを受け、参院議長による「厳重注意」と「皇室行事への出席禁止」という処分が決まり(11月8日)、本会議に報告して議事録に残すことになりました。政治家・マスコミや文化人などによるバッシングは今も続いています。

 しかし今回の「処分」は、国会外の行動に対して厳罰を強行できなかったという側面があるものの、正規のルールに基づかない異例の措置で、合理性を欠くものです。

 また、原発事故被災地の深刻な苦しみに向き合うことなく、再稼働や原発輸出を推し進めている自民党や民主党右派などに、山本議員を非難する資格はありません。さらに、政府や自民党こそ、天皇や皇室を「政治利用」し続けてきました。特に本年4月28日、安倍首相は自らが強行した「主権回復の日」に天皇・皇后を動員しましたが、沖縄の人々にとってこの「4・28」は本土の主権回復と引き換えに統治権が米国に委ねられた「屈辱の日」であり、歴代政権もこの記念式典自体を避けてきたものです。この「政治利用」は、山本議員の「手紙」と比べればはるかに露骨かつ重大で、政権による違憲行為と言えます。自ら重大な政治利用を重ねながら、今回の事件を山本議員潰しや脱原発運動批判に利用しようとする動きは強く批判されなければなりません。

 一方、山本議員の行動の背景には、原発事故の深刻な影響や被曝労働の実態に対する危機感があったことは理解できるものの、今回の行為は「主権在民」の観点からは問題があると言わざるを得ません。

 原発問題を含めて政治を変えるのは市民自身であり、その代表たる国会議員は「制度圏」において法や施策の確立に向けて活動する責務があります。また、日本国憲法は、旧帝国憲法下における「天皇主権」とその政治利用の反省を踏まえ、基本原理に「主権在民」を謳い、第4条で「天皇は、国政に関する権能を有しない」と規定しています。したがって、自ら立法によって原発問題に対処すべき国会議員が、天皇の権威に頼って政治的課題について具体的な要請をしたり政治的メッセージを発しようとするのは不適切であると言わなければなりません。

  私たちは、市民主権の観点で山本議員の行動にも一定の問題があったと認識しますが、一議員の「手紙」への過剰なバッシングに終始する政治家やマスコミの議論はきわめて浅薄であり、政権与党による天皇・皇室の「政治利用」が事実上放任されていることこそ、きわめて重大な問題であると考えます。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事