はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

脱・自民党!

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

これまでの日韓関係の積み重ねをちゃぶ台返ししてご破算にしてしまった・・。
安倍首相の罪は、どこまでも重く、許せない。
国内マスメディアは、相変わらず安倍に気を遣ってばかり。

以下は、本日の天木直人氏のメルマガより転載。

 【安倍の挑発に始まって安倍の完敗に終わったレーダー照射騒ぎ】
「ビー」というあらたな探知音を公開してまで、「白黒つけようじゃないか」
と凄んでいた日本側が、「これ以上交渉を続けても無意味だ」と言わんばか
りの捨て台詞を吐いて突然交渉を打ち切った。
韓国側が「協議中断は残念だ」と言っているのだから、交渉打ち切りは
日本側が突然言い出した事がわかる。

なぜ突然交渉打ち切りを日本側が言い出したのか。
それは安倍首相が外遊先から打ち切れと命じたからだ。
おりから米朝首脳会談の再開が決定的になった。
米日韓同盟関係が揺らぐような事を米国は許さない。
しかも、米朝関係が進展すれば拉致問題は取り残される。
北朝鮮との関係改善にとっても韓国との協力関係は必要だ。
いまいましいが、安倍首相にとってはこれ以上韓国と喧嘩を続けるわけ
にはいかないのだ。

それにしても、今度のレーダー照射事件をめぐる一連の大騒ぎは、
喧嘩を仕掛けた安倍首相が、文在寅大統領に反撃されて完敗に終わった、
安倍首相のひとり茶番劇だった。
韓国をいたずらに刺激する事を懸念して、外務、防衛両省は映像公開に
慎重だった。
その判断を否定し、頭ごなしに公開を命じたのは安倍首相だった。
そして、懸念通り、韓国は猛反発した。
それどころか、文在寅大統領みずから歴史認識問題を持ち出して
安倍首相を批判した。
こうなれば、もはや両首脳の政治判断なくしては、
レーダー照射事件の解決はあり得ない。
官僚たちがいくら協議しても妥協する余地ははじめからなかったのだ。
実務者協議が平行線で終わる事ははじめから分かっていたのだ。
そして、実務者どうしが勝手に交渉を打ち切る判断などできるはずがない。

突然交渉打ち切りを日本側が言い出したのは、間違いなく安倍首相が
止めろと命じたのだ。
外遊中の安倍首相と相談した菅官房長官が、交渉を打ち切れと外務、
防衛両省に命じたのだ。
まさしく、安倍の挑発に始まって安倍の敗北に終わったレーダー照射事件
のバカ騒ぎだった。
日本にとって得るものは何もなく、残ったのは、これまで歴代の政権が
築き上げてきた日韓関係のぶち壊しである。

これだけでも内閣総辞職ものである(了)

安倍首相と入れ違いで(笑)、オランダから帰国している息子が
テレビのワイドショーを見ていて、日本の没落を確信中・・・。

「日本はいつまで韓国を下に見ているのだ??とっくに韓国は日本
の先を行っている。日本国内の日本人だけがいつまでも日本スゴイと
思い込んだまま。オランダでは、韓国のことは話題になっても、
日本の印象はとても薄く、関心の対象にさえならない。特に若者は、
"ジャパン アズ ナンバーワン"さえ知らない。JポップよりもKポップ。
ソニーよりもサムスン。文大統領の記者会見は、海外からどう見られる
かを意識して、とてもオープンな雰囲気になっている」・・と息子の弁。


以下は、天木直人氏の本日のメールマガジンからです。

【世界の前で文在寅大統領に「技あり一本」取られた安倍首相】

きのう1月10日の韓国のソウルにおける文在寅大統領の記者会見で、
誰もが想像しなかったハプニングが起きた。
その結果、安倍首相が世界の見ている前で、
韓国の文在寅大統領から「技あり一本」を取られるという醜態を演じた。

さぞかし安倍首相と官邸は怒り、悔しがっているだろう。
しかし、それも自業自得だ。
ここまで深刻になっている韓国との外交戦に真剣に取り組むことなく、
用もないのに御用はじめと言わんばかりに夫妻で無駄な外遊を
繰り返しているからだ。

もし安倍首相が外遊などせずに、あらかじめ1月10日に行われる
ことがわかっていた文在寅大統領の記者会見に備えていたなら、
ここまで面罵されたのだ、ただちに記者会見を開いて自ら反論すべきだ。
その安倍首相は、遠いヨーロッパの地で、日本とは直接関係のない
英国のEU離脱問題に口をはさみ、オランダとの二国間関係強化に
いそしんでいる。
なんというピント外れだろう。

「韓国政府が作り出した問題ではない。不幸な(日本統治の)歴史の
ために作られている問題だ。日本はより謙虚な姿勢であるべきだと思う」

「日本の政治家や指導者が政治争点化して問題をさらに論議の種に
拡散してことは賢明な態度ではない」

ここまで言われてしまったのだ。
文句があるなら安倍首相は直ちに反論しなければいけない。
さもなくば、安倍首相は安倍政権の非を認める事になる。
ところが安倍首相はヨーロッパを外遊中だ。
もっとも、いくら外遊中でも反論の記者会見を開くことはできる。
それをしなかったということは、世界の前で反論できなかったということだ。

まさしく文在寅大統領の「技あり一本勝ち」だ。
しかもである。
文大統領のこの発言は、NHKの記者が記者会見の時間切れ間際に
質問したことに対する返答の形で行われた。

そして、本当はNHKの記者を指名したのではなかったが
間違って質問を受けたから答えたというのだ。
それが本当なら、まさしくハプニングであり、NHKの記者が安倍首相
を忖度して文在寅大統領が受けたくない質問を仕掛けていったために、
そこまで聞くのなら言わせてもらうと言わんばかりに発した発言なのだ。
まさしくこれ以上ないカウンターパンチだったのだ。
面子をつぶされた安倍首相は腹の虫が収まらないだろう。

果たして安倍首相は帰国後にどのような対応を官邸・外務省に命じる
のだろう。
はっきりしていることは、これで日韓関係は改善不可能になったと
いうことである。
安倍長期政権のために、戦後の日本外交はすべて壊されるだろう。
廃墟の中から新しい外交を築いていかなければならなくなる。
それはそれでいいことだ。
まさしく戦後外交の総決算である(了)

安倍首相が消費税10%への増税を正式表明するそうです。
今朝のテレビでは、消費税10%に増税されるときのために
早々とその対抗策などを取り上げているようです。
増税前に買うべきものと、増税後に買った方がよいものとか、
せめてもの庶民のささやかな対策を報じ始めています。

でも本日の天木直人氏のメルマガを読んで、もしやこれは
『壮大な芝居』の始まりかもしれない?と思い始めました。

以下は、本日の天木直人氏メルマガです。

【消費税10%引き上げの発表は衆参同日選挙のめくらましだ!】
いよいよ安倍首相はきょう10月15日の臨時閣議で、来年10月に
予定している消費税率10%への引き上げの準備を閣僚に指示する。
そして記者会見を開いてみずから国民に理解を呼びかける。

誰もが、来年10月からの消費税10%増税を疑わないだろう。
二度も先送りして来た消費税10%増税だ。さすがにこれ以上引き延
ばせば、安倍首相はいよいよ「やるやる詐欺だ」と言う事になる。
モリカケ疑惑で安倍首相に忖度して来た財務官僚も、三度目の延期は
許さないだろう。
それに、景気冷え込みを防ぐための数々の対策も講じている。

いよいよ消費税は10%に引き上げられるのだ。
誰もがそう思い、そして大手メディアも当然のごとく、そればかりを
報じている。
ところがである。
安倍首相は来年の3月までに、突然消費税10%引き上げの三度目の
延期を発表するというのだ。
消費税10%引き上げの3度目の延期について民意を問うために、来
年7月に衆参ダブル選挙に打って出るというのだ。

その事をきょう10月15日発売の週刊現代(10月27日号)が見
事にすっぱ抜いた。
あたかも安倍首相の記者会見をあざ笑うよう、絶妙なタイミングで発
売された週刊現代だ。
そしてその週刊現代の記事は、次のように舞台裏を解説して見せる。
安倍首相はリーマンショック並みの株価暴落を見越しているというの
だ。
引き延ばしに十分な理由が出てくるというわけだ。
そして、世論の批判を承知の上で麻生太郎を財務大臣に留任させたの
もこの消費税増税引き延ばしの為だという。
つまり、麻生太郎に悪役を演じさせるためなのだ。
麻生大臣もそれを承知で留任を引き受けたというのだ。
あくまでも財務官僚側に立つ麻生財務大臣に、岡本薫明次官をはじめ
とした消費税増税シフトの人事を行わせ、三度目の消費税増税延期に反
対の合唱をさせる。
朋友である麻生財務大臣とその配下のある財務官僚たちの反対を押し
切ってまで、安倍首相は国民の為に中止を英断して、拍手喝さいを得
る、そういう猿芝居を行うというのだ。

私はこの週刊現代のスクープ報道は当たりだと思う。
そして、消費税10%増税延期と同時に国民の信を問うのは、もちろ
ん自衛隊明記の憲法9条改憲である。
そのために、米中対立と中国の脅威がこれからどんどんメディアを賑
わすだろう。

どうやら安倍首相は残りの任期が最後と覚悟したようだ。
そして、その任期を全うし、その間にすべてをやりつくすつもりだ。
そんなことをされては日本はお終いだ。
一日も早く引きずり降ろさなければいけない(了)

空白の66時間

イメージ 1

空白の66時間 タイムテーブル

気象庁が緊急会見を開いてから、
政府が非常災害対策本部を設置するまでの66時間に何があったのか。
https://note.mu/jun21101016/n/na37e1fa2f191

“外交が得意の安倍”と、そもそも誰が言い始めたのでしょうか??
ポケットマネーのように日本人の貴重なお金をバラ撒くか、
アメリカの方針にただひたすら従うだけの安倍外交。
安倍の胸の青いリボンは、自分を引き立たせるためのアクセサリー。

また今日も、天木直人氏のメールマガジン6月12日号より転載です・・。

  【これぞ首脳会談であり、首脳の記者会見だ】
 午後5時から始まったトランプ大統領の記者会見を聞きながらリアル
タイムでこれを書いている。
 予想通り以上の米朝合意だ。
 文字通り首脳同士の決断で物事が決まった。
 そして金正恩はすべてをトランプに委ねた。
 体制保証と引き換えに核放棄を誓った。
 今度の米朝首脳会談の手柄をすべてトランプ大統領に与えた。

 署名式の主役はトランプだった。
 そして記者会見をすべてトランプ一人に委ねた。
 こんな記者会見は初めてだ。
 金正恩がそこまでトランプ大統領を信用したということだ。

 そしてトランプ大統領は見事に一人で対応した。
 記者の質問をすべて受け入れ、記者が納得いくまで答えた。
 かつて橋下徹が大阪市長になりたての時、記者が止めるまでいつまで
も質問に応じると誠意を示した、あの時を彷彿させる光景だ。
 これこそが首脳会談であり、首脳の記者会見である。
 そこにはウソも八百長も質問の打ち切りもない。
 
 それにくらべてNHKはどうだ。
 トランプ大統領が、記者の質問に答えて、拉致問題も話した、と言っ
たとたん、テロップを流した。
 安倍首相の要請のおかげで拉致問題は取り上げられましたと言わんば
かりだ。
 トランプ大統領は、それ以上の具体的な事は何ひとつ言わなかった
が、それでも大きな成果があったと言わんばかりだ。
 悲しすぎる。

 そして、トランプ大統領が記者に対して、まだ質問があるならいつま
でも答えると話そうとした時に、NHKは中継を中断し、安倍首相の米
朝首脳会談に関する記者会見を流した。
 そこまでして安倍首相の出番をつくりたいのか。
 そしてそこで安倍首相は何と言ったか。
 米朝会談の合意を祝し、トランプ大統領の功績をたたえた。
 そんなことは安倍首相に言われなくても、世界中が目撃したことだ。
 そしてNHKは安倍首相の記者会見で、トランプ大統領の記者会見の
中継を打ち切った。
 もはやトランプ大統領の記者会見などどうでもいいと言わんばかり
だ。

 かくして歴史的な米朝首脳会談は終わった。
 米朝首脳会談の後は、ただでさえ出番のない安倍外交であるが、完全
に出番はなくなるだろう。
 お願いだから邪魔な口出しはしないでくれと、北朝鮮も韓国も中国
も、そして何よりもトランプ大統領の米国が言い出すだろう。

 安倍外交は木っ端みじんに砕け散ったということである(了)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事