はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

オランダ・デンマーク

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

日本の学費

イメージ 1

イメージ 2

日本の学費の高さは世界でも有名です。
奨学金も事実上の借金です。
いっそのこと、大学受験する若者は、日本を脱出して海外へ?
その方が安上がりかもしれません。
息子の友人は、ドイツに留学していますが、留学生も学費は無料です。
卒業までに語学習得が課せられていて、苦労はしているようですが。
うちの息子はオランダですが、学費は授業料のみです。
入学金や寄附金などありません。

黒板とスマートボード

イメージ 1

日本の子どもたちが当たり前のように受けている『一クラス40人の一斉授業』
によって、目上の人には逆らわない、黙って聞く、言われた指示を黙々と
こなす・・・という大人しい日本人気質みたいなものを作り上げているのでは
いかとあらためて思います。
(これは昔、教育現場に身を置いていた自分自身の反省でもある)

一斉授業という形式は、そもそも明治期以降の富国強兵・殖産興業の日本では、
効率的な生徒への知識注入、人材養成には適していたのかもしれません。
以下は、オランダ在住の教育研究家のリヒテルズ直子氏の本から抜粋です。


   日本からオランダに教育視察にくる人たちが必ずといっていいほ
  ど声をあげて驚くのは、オランダの学校のIT設備の充実ぶりです。
  現在、小学校から高校まで、オランダ国内のほぼすべての教室には、
  教師用のコンピューターが1台と生徒用のコンピューターが2台置か
  れています。チョークの粉が舞い飛ぶ黒板やホワイトボードなどはど
  こにも見当たらず、代わりに、インターネットに接続され、タッチボ
  ードなどでインタラクティブにスクリーンを使えるスマートボードが、
  文字通りどの教室にも設置されています。このほか、学校には、クラ
  スの子どもたち全員が調べ作業や試験の際に一斉にコンピューターを
  使える教室があります。
   移民や難民の子どもなどオランダ語のできない生徒が多い学校では、
  コンピューターの数を増やしたり、貸出用のノートパソコンを用意す
  るなど、子どもたちが個別のレベルとテンポでオランダ語を学べるよ
  うに、デジタル教材を使って授業をしています。
   日本の教室とのあまりの違いにびっくりしている日本人視察団を見
  て、反対に驚いているのはオランダの先生の方です。「ええっ?でも
  日本はコンピューター生産国でしょ、このスマートボードは日本製よ。
  こんな機器は、日本ならもうずっと前から学校に浸透していると思っ
  ていたわ」
   私も日本の学校の授業を見ることがありますが、いまだに黒板やホ
  ワイトボードが主流。研修授業などに出ると、公開授業をする教員が
  前夜に睡眠時間を削って準備したらしい、画用紙や模造紙、色紙を切
  り貼りして作った教材を、セロテープで黒板に貼ったり剥がしたりし
  ながら授業をしています。先生たちが、限られた時間の中で満身の努
  力をしていることを思えば、それを批判することなど私にはできませ
  ん。むしろ批判したいのは、日本の公教育への投資の小ささです。
   子ども一人ひとりのニーズに応じるためには、教え方を多様に分化
  させることのできるさまざまな教材やIT設備が必要であるということ
  は、オランダの学校では常識です。しかし、公教育費が少ない日本の
  学校では、「画一一斉授業が最も効率的である」という不動ともいえ
  る前提のもとで授業がつくられているために、個々の子どもの発達段
  階とニーズに柔軟に応じることができないのです。

「公教育をイチから考えよう」リヒテルズ直子・苫野一徳(2016年8月発行)

“talk and talk and talk ”(熟議)の国のオランダで・・・。
単純にオランダと日本を比較することはできないのですが、
知れば知るほど日本と対照的なことが多いのには、今さらながらびっくり。

オランダで学生として暮らす息子の話によると、オランダの学生(18歳以上)
は『まるで小学生のように!!』遠慮なく率直に無邪気(?)に、しかも意欲的に
先生やクラスメートに対し、質問や意見をポンポンぶつけ合うそう。
つい最近も「黙っているよりも、間違ってもよいから口に出して言った方が
よいよ!」と、同じグループ内の年下のメンバーにアドバイスされてしまったとか。
息子曰く「アジア系はとくに大人しい。ラテン系(?)の活発さはスゴイね」

時間割は変則的で、日によっては午前から夜まで同じ授業になっていて、
皆ランチしながら、課題に取り組んでいるそうです。
先生もコーヒー片手にゆったりとグループワークの様子を見て回り・・。
日本の高校生や大学生の場合、授業中に居眠りする学生がいますが、
「授業中に居眠りする子はいない!皆やる気あり、活気がある」とのこと。
課題やテストやプレゼンが多く、日本の学生のようにアルバイトする余裕は
もちろん無いそうですが。

そもそも一斉授業という形式が、日本の義務教育ではまだ当たり前のように
行われてます。教室の正面に教卓があり、先生の話を黙って聞く子が良い子
という雰囲気。小学生は高学年ともなると、早々と周囲に気兼ねして発言を
控えるようになったりし、中学生ではさらに発言が少なくなります。
オランダの学生の前向きな無邪気さは、小学校からずっと受けてきた教育
(イエナプランなど)の延長なのではないかと勝手に想像します。
(イエナプランについては、後で紹介)

ところで日本の大学生は、現在2人に1人が奨学金(借金)のお世話に
なっていて卒業後の借金返済がとくに問題になっていますが、
オランダの学生は、学費が安い(約30万円・入学金無し)ので、
夏休み中のアルバイトで次の年の学費を稼ぐそうです。
それでも奨学金制度(たぶん給付制か?確認不足)も完備されてます。
ちなみに隣のドイツは無料です(留学生も)。
オランダの場合、EU外の留学生は、年間約90万円です(入学金等無し)。

そして皆、18歳過ぎたら親と離れて格安のシェアハウスなどで暮らします。
息子のシェアハウスでは、先日、洗濯機が故障したそうで、それを修理に
出すか、新品または中古を買うか、その費用はオーナーも含めて割り勘に
するかどうかで熟議してましたが、中古を3万円で購入したそうです。
費用は、オーナーも含めて5人で割り勘にしたそうです。

イメージ 1

世界の報道の自由度ランキングが発表されたそうです。(↑グラフはツイッターから)

2017年度  1位 ノルウェー
         2位 スウェーデン
         3位 フィンランド
         4位 デンマーク
         5位 オランダ
          ・
          ・
          ・
        72位 日本


2016年度  1位 フィンランド
         2位 オランダ
         3位 ノルウェー
         4位 デンマーク
         5位 ニュージーランド
          ・
          ・
          ・
        72位 日本 


2002年からのランキングは、以下↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/Template:%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A0%B1%E9%81%93%E8%87%AA%E7%94%B1%E5%BA%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

いよいよ日本へ帰る日。
ロッテルダムから‘新幹線’でスキポール空港へと向かいます。
公共交通を利用したのは、街と街をつなぐこの‘新幹線’だけでした。
切符を買うのに、現金が使えず、銀行のキャッシュカードを使うようです(?。
結局、電車の切符はすべて息子に手配してもらいました。
街の中は、トラム(路面電車)やバスがたくさん走っていましたが、
乗り方もわからず、一度も利用しませんでした。
・・・というか、見学する範囲がだいたい徒歩圏内でしたので。

さて、スキポール空港でのあれこれ。
行きは、私も夫も一人ずつでしたので、かなり緊張しましたが、
帰りは、とりあえず二人だし、もう帰国するだけだし、気が楽でした。
早めに空港に着いて、お土産を買って、いよいよチェックイン。
成田のときは、自動チェックイン機ではなく、そのまま列に並び、
パスポートだけを提示して、搭乗券をもらえました。
案内係から機械はあまり良くない(調子悪い?)のでそのまま列に
並んでくださいと言われたのでした。

ところが、スキポール空港では、そのまま列に並んでいたら
「機械でやってきて」と係員に機械の方を指さされてしまいました。
息子がまだ付き添ってくれていたので、彼に教えてもらいながら
機械に向かい、日本語にチェックして、いろいろやっていると行き先の
空港コードの入力が?!なになに?あわてていると、NRTと息子が
やってくれました。一度やればどうってことないのに、初めてだと
ついついあわててしまうのでした。
夫と私は、搭乗券を持って、再び列に並び直しました。
前の人に続いて進もうとすると、若い係のお姉さんに‘Wait!’と
注意され、ボケッとしていると、‘Next!’と飛んできます〜(こわ)。

ようやく中に入り、ここまでで息子ともお別れとなりました。
私には預け入れ荷物がなかったのですが、夫には大きなスーツケースが
ありました。その預け入れも、機械による自動でした。
前の人のやるのをよく見て真似しながらどうにか預け入れができました。
ここまででなんだか疲れてしまい、背中も汗ビッショリ!!

しかし、この後がもっと大変でした。
(EU内でも頻発するようになってしまったテロへの警戒でしょうか。
そういえば空港内はピリピリした雰囲気でした。ライフル銃を手にした
2人組の警官がひっきりなしに行ったり来たりしてました)
出国審査の身体検査と荷物検査はとても厳しかった〜〜。
金属探知器は、歩いて通り過ぎるのではなく、検査員の方を向いて、
両手を挙げて「良し」と言われるまで静止していなければなりません。
その後もボディタッチがあり、私は女性係員にやんわりと触られました。
しかし、夫は厳しかった。全身くまなく触られました。ベルトの裏側も
ぐるりと手を入れられ、ついには股間まで調べられました。
最初はニコニコしていた夫も、股間まで来たときには、真剣そのものの
表情でしたね。私の後ろのヒスパニック系の女性は、荷物をトレーに出す
とき、着ていたセーターをバッと脱ぎ捨て、ブラジャーが透けて見える
薄い下着一枚になり、ブーツも脱いでトレーに乗せていました。
手荷物も、夫の場合はリュックの中身を全部出して、財布の中身まで
調べられていました。どうやらカメラを前もって出しておかなかったため
のようです。私たちの前のアジア系のカップルも、相当念入りに調べられ
ていました。想像以上の厳しい出国審査で、ほんとに疲れがどっと出てし
まいました。パスポートに、無事にスタンプを押されて、やれやれ〜。
E03のゲートを目指して歩き(けっこう近かったのがなにより)、
搭乗口を確認し、やっとひと息つきました。
(夫は股間まで調べられたのがショックだとしきりに愚痴ってました)
(じつは夫の場合、入国時もスキポール空港でちょっと大変だったそう。
  本人のプライバシーもあるので、記しませんが・・でもいい経験に
  なったよね)


★何はともあれ、無事にほぼ予定通りに行ってこれたのは、幸いでした。
もしもまた行く機会が持てたら、今度こそちゃんとコミュニケーション
が取れるくらいの語学力を身につけたい。もちろんオランダ語も。
「ダンク〜ベル」「ヤー」「ネー」くらいは使いましたが。
あと、公共交通も自力で乗れるようになりたいし、
地元のケーブルテレビも見られるようになりたい・・。
緑と花のあたたかい時期に行けるかな?・・息子が帰ってこないうちに。

そろそろ視察日記を終わりにします。
ながながとお付き合いいただき、ありがとうございました〜〜(?)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事