はんのき日記 PART2

多く読み、多く見聞きし、自分で考え、少し発信します・・

非戦・非核・平和

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

「北方領土を戦争で取り返すしかない」と発言した丸山議員は
今後も議員辞職せず、国会議員の仕事を続けるそうです。
・・・であるならば、ぜひ以下の法案を参考にした法律を作っていただきたい。

       《 戦争絶滅受合法案 》

  戦争行為の開始後又は宣戦布告の効力の生じたる後、
  10時間以内に次の処置をとるべきこと。
  即ち下の各項に該当する者を最下級の兵卒として招集し、
  出来るだけ早くこれを最前線に送り、
  敵の砲火の下に実戦に従わしむべし。

  1.国家の元首。但し君主たると大統領たるとを問わず、尤も男子たること。
  2.国家の元首の男性の親族にして16歳に達せる者。
  3.総理大臣、及び各国務大臣、並びに次官。
  4.国民によって選出されたる立法部の男性の代議士。
    但し戦争に反対の投票を為したる者は之を除く。
  5.キリスト教又は他の寺院の僧正、管長、その他の高僧にして
    公然戦争に反対せざりし者。

  上記の有資格者は、戦争継続中、兵卒として招集さるべきものにして、
  本人の年齢、健康状態等を斟酌すべからず。
  但し健康状態に就ては招集後軍医官の検査を受けしむべし。
  以上に加えて、上記の有資格者の妻、娘、姉妹等は、
  戦争継続中、看護婦又は使役婦として招集し、
  最も砲火に接近したる野戦病院に勤務せしむべし。

       〜〜〜 〜〜〜〜 〜〜〜
※この法案の趣旨は、戦争が始まったら、10時間以内に国家の元首・その親族
 (16歳以上の男子)・総理大臣・国務大臣・官僚のトップ・戦争に反対」
 しなかった国会議員や宗教者などは、戦争に行かなければならないというもの。
 しかも最下級の兵卒として招集され、最前線に送り込まれ実戦に従う。

★20世紀の初めに、デンマークの陸軍大将であったフリッツ・フォルムという人が、
 この法律案を作った。彼はこれを各国の議会に送付し、「この法案を成立させ、
 この法案を各国の法律とすれば、世界から戦争がなくなるだろう、それが受け
 合える法案だ」と言ったそうだ。日本でも、長谷川如是閑(にょぜかん)という人
 が、1929年に、『我等』という雑誌の巻頭言で紹介したり、戦後も政治学者
 の丸山眞男が、この法律案について論じている。

開く コメント(2)

飛鳥の都には朝鮮語や中国語が飛び交っていたはずだ
当時の氏族の三分の一は渡来人
残りはもっと前の渡来人
縄文時代から土着していた人々の子孫は
一割ぐらいじゃないか
だとすればそれから混血を繰り返し
日本人全員、もちろんネトウヨも含む、
の血には朝鮮人と中国人の血が恐らく
八割以上は混じっている
ちょっと古代史を調べればわかることだ
ネトウヨは非科学的なことを偉そうに言うんじゃない
センター入試はよい教材を選んだ
たまには文科省もよことをやる
この問題を全国の高校で授業中に使って
日韓関係を教えてほしい
そしてはっきり言おう
私たちには朝鮮・韓国と中国の遺伝子が
濃厚に含まれている
だから韓国・中国は私たちの親戚だ
争わず友好しようと教えてほしい
イメージ


転載元転載元: ありもとひでふみ日記

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

月日の経つのは早いもので、あらら〜、もう9月になってしまいましたね。
ここ数日は、涼しい時間を見計らって、庭の雑草取り、植木鉢の植え替え、
方々に伸びた木枝の剪定など自己流にやっています。
今年はミニトマトが豊作でした。カボチャは土の栄養不足のせいか、
雄花ばかり次々と咲いて、雌花が数えるほどでした。
朝9時前には人工授粉をしなければいけないと近所の人に教えられ、
気にかけていたのですけど、雌花が咲いた!と思ったら大雨で花の中が
チャポチャポ満水になっていたり。
でも、こういうことをやっているときが、一番心が落ち着くような・・・。

テレビをつければ、「北朝鮮が〜!!」とフィーバー中だし。
あまりのアホ臭さにめまいが〜〜〜!
戦争ムードを盛り上げるための空襲警報の予行練習ということか、
「Jアラート」を発令させるとはね。ふざけ過ぎてて、笑える〜。
その日の朝は「バッカじゃあないの!」と夫も、大笑い&憤り。
だったら、仕事も学校もみんな休みにしてしまえばよいのに、
〜まだ出勤前だったのだから。
安倍は北朝鮮がミサイル発射するのを事前に知っていたそうですから、
だったらいち早くその情報を私たちに知らせなければいけないのに、
Jアラートで雰囲気盛り上げて、新幹線止めてみたり・・・
これはもう世の中お騒がせの犯罪行為「騒乱罪(?」適用でしょう、
安倍のヤツに。
Jアラート鳴らすヒマあったら、原発止めればよいものを。

ところで、ツユクサって、夏の初めに咲くのかと思ってましたが、
今年は今を盛りとぐんぐん力強く伸びていて手ごわいです。
これまでも何回か言ってきましたが、3,11以前と比べて、
やはり植物の生育の異変が目立ちます。
ツユクサもそうですが、雑草や木の葉たちが不揃いに巨大化しています。
なので、草むしりも以前より体力がいります。
シソの葉も不揃いで、極端に大きいのが生えていてギョッとします。

久しぶりのブログのせいか、なんだか言葉がフラフラしている感じ。
今日はここまでだ。

開く コメント(0)


                 「殺してくれ!」


             電報を配達する十六歳の少年が

             長崎の路上を

             自転車で走っていました。

             目もくらむ閃光とともに

             少年は地面にたたきつけられ

             背中全体が

             焼けただれてしまいました。

             病院に運ばれた少年は

             あまりの苦しさに

             何度も

             「殺してくれ!」

             と叫びました。


                         長崎県★谷口稜樺さん
                         写真:米国返還資料より



       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          このあまりにも無残な写真を掲載したらいいのか
          正直、迷いました。
          しかし、いままたイスラエルが8月1日に、
          国連を無視してレバノンの攻撃を始めます。

          一般の市民が殺され、24時間以内に逃げなければ
          ならない避難民の混乱が続いています。

          このような罪もない子供たちの無残な死は広島だけで
          たくさんではないでしょうか。

          被爆国、日本人が戦火のない地球を願い、
          平和への訴えをどの国よりも訴えていくべきではないでしょか。

          *平和への祈りを絶やさないためにも
                    転載いただき「平和のリンク」をお願いします。

                         管理人  吉祥天

転載元転載元: 吉祥天の「言ノ葉・魂の森」

開く コメント(3)

開く トラックバック(1)

8月6日、8時15分、「黙祷」。
NHKテレビで、式典の様子をを見ながら、一緒に目を閉じます。
私は、一度だけ23年前に、広島平和記念式典に参加しました。
参加したとはいえ、大勢の人達の間に交じって、背伸びしながらでしたが・・。
目を閉じて、セミの合唱と鐘の音を聞きながら、手を合わせる・・・。
あわただしい日常の中で、こんな風に「平和を心に刻む」瞬間は、私にとって貴重です。

3年前の冬に、家族旅行で、広島を訪れました。
私は、3回目の広島でしたが、家族は初めてでした。
もちろん原爆資料館へと、足を運びました。
何年か前にリニューアルしたようで、昔の原爆資料館は、もっと薄暗く雑然としていたような記憶があります。
昔は、入ってすぐの展示が、けっこう衝撃的だったような・・。

息子達は、説明のイヤホーンを借りて、それぞれに見学しました。
夫は私の説明を聞かされて、見学(苦笑)。
夫と二男(当時小学生)は、1時間余見学したあと、出口のベンチで休んでました。
中学生の長男は、どうしたかな?
様子を見てこようと、私は逆戻り。
すると、まだまだ半分ぐらいのところにいます。
ひとつ一つ順番に、説明のイヤホーンの通りに、ゆっくり回っています。
「お兄ちゃん、あそこに凄いのあるよ、こっちこっち」と私が、なにげに誘導しようとすると、首を横に振り、「そっちはまだ後だよ」
・・・というわけで、夫と二男と私の3人は、旅の疲れもあり、ベンチで小休止。
長男は、結局約2時間たっぷりかけて、見学し、神妙な顔をして出てきたのを、今でもよく覚えています。
そして翌日帰宅してから、長男は体調を崩しました。
微熱で、食欲が全くなく、ほとんど飲まず食わずで、約30時間!!昏々と眠りつづけました!
我が家では、これを「長男の原爆ショック」とよんでいます・・。

開く コメント(14)

開く トラックバック(4)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事