日本映画の女優たち

グッドモーニングショー(君塚良一監督) 10月8日公開!

全体表示

[ リスト ]

志田未来

イメージ 1

先週2月5日の時点で観客動員68万7106人、興行収入7億2896万1700円を記録し、
動員100万人、興収10億円突破が確実と言われている大ヒット上映中の母べえ。
2月6日には、主演の吉永小百合、二人の娘役の志田未来(みらい)と佐藤未来(みく)、
山田洋次監督による大ヒット御礼舞台挨拶まで行なわれました。

この作品で、母べえの長女、初べえ(初子)を演じているのが志田未来です。
彼女の涙を呼ぶ感動的な演技も、この作品のヒットを確実に支えています。
昨年12月11日の完成披露試写会では、「この映画は家族の愛情や絆を伝える映画です。
皆さん家に帰ったら、ぜひ家族とは何なのかを考えてみてください」という
堂々とした挨拶が話題になるほど、役柄だけでなく実際の彼女もかなりしっかり者です。
1月26日の公開初日の舞台挨拶では、「実際のお母さんは友達感覚でなんでも話せるんです」
と現代っ子らしいところも見せてくれましたが、この映画をやっていて、「吉永さんが
本当のお母さんだったらいいなと何度も思いました」というなかなかニクイ意見も
彼女の口から出てきました。もちろん将来は吉永小百合を越える可能性も秘めている14歳です。

7歳の時、ドラマで女優デビュー。12歳にして連ドラ初主演で実力をいかんなく発揮。
一昨年のドラマ「14才の母」では数々の女優賞を受賞し、天才子役の名を知らしめました。
そんな彼女が満を持して山田洋次作品に登場。期待通りの演技で大ヒットに貢献です。
彼女のスクリーンデビューは2003年。注目したのは、2005年の春の雪で演じたヒロインの
幼少時代。そして2006年の椿山課長の七日間では、母親を見つめる潤んだ瞳が印象的でした。
そんな彼女の次回作は、この秋、9月に公開予定の、誰も守ってくれない。
プロデュサー亀山千広、脚本君塚良一という踊るシリーズのコンビが放つ刑事ドラマで
ヒロインを演じます。主演は佐藤浩市、共演に柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之助、
木村佳乃ら豪華キャストが揃い、公開が楽しみな、そしてヒット予感の作品です。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

最近まで再放送の『14歳の母』みてました。
彼女の10年後ぐらいが楽しみですね^^
良い女優になって欲しいですね^^

2008/2/11(月) 午前 11:38 [ Shizuka ] 返信する

アバター

さくらさん、放映時にはこのドラマには注目してなかったので、僕は見ていませんが、
ほとんど20%以上の視聴率をキープしていたとのこと、ぜひDVDで見てみたいと思います。
これからも演技派女優として大きくなっていくことを期待したいですね。

2008/2/11(月) 午後 2:37 ffa**77 返信する

アバター

今日「母べえ」2回目観てきました。
志田未来ちゃんの初べえ、やっぱ可愛かったですね。
デリカシーの欠けるおじさん役の鶴瓶の首、絞めたくなりました。
君塚脚本の新作、とても楽しみです。

2008/2/24(日) 午後 8:39 出木杉のびた 返信する

アバター

のびたさん、あのデリカシーに欠ける言葉は、今で言うセクハラですよね。
それにじっと耐える初べえのしっかりとした表情もよかったです。

2008/2/25(月) 午前 1:22 ffa**77 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事