日本映画の女優たち

グッドモーニングショー(君塚良一監督) 10月8日公開!

全体表示

[ リスト ]

魔法にかけられて

イメージ 1

イメージ 2

実写映像では描けないから、ほとんど何でもできるアニメーション映像に頼る。
あるいは、アニメーションでは、登場人物の表情も、迫力あるシーンも物足りないから、
VFXを駆使した実写をクリエイトする。こういったアニメと実写が融合された作品は、
それぞれの映像の長所を生かしたシーンを重ね合わせながら完成するものです。
しかし、この作品の素晴らしいところは、アニメ部分、実写部分ともに、
お互いを力強く補完し合って、50+50(いや10+90かな)が、
120にも130にもなる映像構成の妙にあると言ってもいいでしょう。

そして主人公がプリンセスですから、そこにはいくつもの童話のエッセンスが盛り込まれ、
子供だけでなく、それ以上に大人が楽しめる作品に仕上がっています。
毒りんごで継母に殺されたのち、王子様が現れて生き返るのが白雪姫ですが、
アンダレーシアのお姫様ジゼルにも王子様が存在しました。
そのジゼルにぴったりのお相手とは、、、。
そして継母や義姉妹にいじめられていたのがシンデレラですが、
アンダレーシアのエドワード王子も、誰かが履き忘れた靴を見つけました。
その靴がぴったりなフィアンセとは、、、。

アニメーションと実写が織り成す楽しい映像に、飛び出す絵本なんかも登場し、
動物たちとのふれあいあり、愛があり、夢があり、希望があり、
アクションシーンも盛りこまれたディズニーならではの贅沢なファンタジーは、
見事にひねったクライマックスを迎えます。
プリンセスジゼルも愛に恵まれ、自らの特技を生かせる最高の場所を見つけて、
ちょっとおっちょこちょいで気の弱そうなエドワード王子にも、
彼女なら、というふさわしいお姫様が見つかって、みんながうれしいハッピーエンド。

これはまさに魔法にかけられたように恋に落ちてしまった人たちの物語、と言えそうです。

この記事に

閉じる コメント(28)

アバター

映画狂さん、オープニングのトレードマークのお城の中へとカメラが進んでいく映像など、
さまざまな映像的な仕掛けも用意されていて、アニメも綺麗で、たっぷり楽しめましたね。

2008/3/27(木) 午前 1:05 ffa**77 返信する

アバター

jujuさん、最初の予想とは違う形にはなったのかもしれませんが、
みんながハッピーな結末を迎えるというのは、やっぱり嬉しいですね。

2008/3/27(木) 午前 1:09 ffa**77 返信する

アバター

のびたさん、その通りです、大人ですよ、恋の魔法にかかるのは、、、。
この魔法は、ちょっと子供にはわからないかも、、、ですよね。

2008/3/27(木) 午前 1:16 ffa**77 返信する

アバター

natsuさん、ほんと素晴らしい表現ですよ。魔女の継母は憎まれ役ですが、
こういったキャラがいるからこそ、ヒーロー、ヒロインが際立つものです。

2008/3/27(木) 午前 1:24 ffa**77 返信する

最初から最後まで、本当に無駄なく楽しめる作品でしたねぇどっぷり、ジゼルの魔法の世界に入り込んでしまいました♡
こちらからもTBさせてくださいね。

2008/4/4(金) 午後 11:03 マミ 返信する

アバター

マミさん、すみずみまで充実した作品でしたね。あの最後のひとひねりによって
二つのカップルが同時にハッピーエンドを迎えるという展開も、嬉しかったです。

2008/4/5(土) 午前 1:33 ffa**77 返信する

大人も子供も楽しめる素敵な作品でしたね〜。
ラストも良かったです♪
TBお返しさせて下さいね!

2008/4/6(日) 午後 1:09 ゆき 返信する

アバター

ゆきさん、ディズニーのいいところは、子供から大人まで楽しめるところですね。
しかもラストでひとひねりある展開も、意外性があっていいですよね。

2008/4/7(月) 午前 0:51 ffa**77 返信する

顔アイコン

さすがディズニー!という感じでした☆TBさせてください!

2008/4/12(土) 午後 2:58 かず 返信する

アバター

かずさん、あらゆる世代が安心して楽しめるのも、ディズニーならでは!ですね。

2008/4/13(日) 午後 1:09 ffa**77 返信する

本当に、この映画は、子供よりも、大人が楽しめる映画だなと思いました。現実をよく知っていれば、この映画の良さも、さらに理解できる様な気がします。本当にさすが、ディズニーですね〜〜(^^)

2008/4/13(日) 午後 10:14 kuu 返信する

アバター

kuuさん、大人が楽しめるっていうか、大人じゃないと恋の魔法にはかからないですよね。
現実の世界の男女の関係は意外と複雑で、それでいてちょっとしたきっかけで
がらっと変わったりするもの。そのあたりもしっかりと盛り込まれていましたよね。

2008/4/14(月) 午前 0:53 ffa**77 返信する

自分とこを自分でパロっちゃってる感じで好きでした。
ディズニーは深く考えないで楽しめる映画なのがいいですよね。(^^)

2008/4/23(水) 午後 2:39 [ bea*3*31* ] 返信する

アバター

ゆかべあさん、ディズニーがディズニーをパロったのも違和感なく、
理屈抜きに安心して楽しまる盛りだくさんなエンタテイメントでしたね。

2008/4/24(木) 午前 2:23 ffa**77 返信する

リスのジェスチャーゲームに本気でボケる王子が面白かったです^^TBお返ししますね♪

2008/7/30(水) 午後 3:31 [ ten*oum*s*_72* ] 返信する

アバター

なぁなさん、あの王子はけっこう大ボケでしたね〜(笑)。
アニメ部分に負けないくらい、実写部分のリスたちの動きも微笑ましかったです。

2008/7/31(木) 午前 0:26 ffa**77 返信する

顔アイコン

実写とアニメの融合が見事な映画でした。ミュージカルもよかったですね。

2009/1/8(木) 午後 8:09 mossan 返信する

アバター

もっさん、まさに相乗効果を生み出す映像の融合でしたね。
幅広い年齢層が楽しめるエンタテイメントでした。

2009/1/9(金) 午後 0:34 ffa**77 返信する

アニメと実写をうまくつなげたなと思えた作品でした。ディズニーというとどちらかというと子供向けという印象がありますがこの作品は大人が観てもついていける作品ですね。トラバ返しさせてくださいね。

2009/4/23(木) 午前 0:00 いっちー 返信する

アバター

いっちーさん♪、最近のディズニーは、実写でもアニメでも、子供が素直に楽しめて、
それでいて大人も感動できるストーリーに仕上がっている作品が多いようですね。

2009/4/23(木) 午後 9:45 ffa**77 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(15)


.


みんなの更新記事