日本映画の女優たち

グッドモーニングショー(君塚良一監督) 10月8日公開!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

田口医師が感じる悪寒、それはシリアスなシーンに訪れる笑いの予告編。

院内の倫理委員長になった田口医師(竹内結子)。もともと人の話を聞くのが上手で、
ひと通りの意見を聞いて、相槌だけ打って、あとは協力者の助けを得て問題を解決する、
あるいは時間が問題を解決する、と言うよりも辛うじてトラブルを乗り越えていくタイプで、
委員長だからといって、さくさく議題を裁いていく力なんてありません。
とにかく頼りない委員長ですが、ツボを得るというか、ポイントを押さえるセンスがあります。

もともと不定愁訴外来というのは、患者の悩みを聞くのが仕事ですから、聞き上手も、
当然必要な能力なのかもしれません。それに、相談を持ちかける患者も、田口医師自身に
問題を解決してもらおうというよりも、ただ誰かに悩みを話せればいいのです。
その相手が田口医師というだけのこと。落ち着いているというよりも、
ちょっとのんびりしすぎている女性像。このキャラは、竹内結子にはぴったりだと思います。

さて、そうは言っても場所は病院ですから、ある意味では生と死が隣り合わせの緊迫した空間。
しかも今回の舞台は、救命救急センターという、もっとも緊張感あふれる病棟なのです
そのセンター長である速水医師(堺雅人)、通称ジェネラル・ルージュを告発する手書きの文書が、
彼女の元に届くところから物語が動きはじめます。どうも院内告発のようですが、ほぼ同じ告発文が、
厚生労働省の白鳥(阿部寛)にも届きました。しかしそれはワープロ打ちで、一つ文章が少ない。
そんな時、告発文に書かれた医療機器メーカーの担当者の、院内での謎の転落死が発生します。

告発文と転落死の調査に乗り出す田口と白鳥。例によってボケとツッコミのようなコンビが、
告発文に記された救命救急センターの速水医師と、医療機器メーカーとの癒着疑惑の真相について、
そして医療機器メーカー担当者の死について、少しずつ謎を解いていく中盤までの展開です。
観ている方も、じっくりと推理を楽しむ時間です。ただ、チーム・バチスタの時もそうでしたが、
隠された真実、謎の真相は、そう単純ではありません。

その一筋縄ではいかないところが、この原作の面白さなのかもしれませんね。
果たして、告発文の送り主は誰なのか。二通の告発文はどういった関連を持っているのか。
告発文に記された内容は真実なのか。告発文に記されたメーカー担当者の転落死は事故なのか、
あるいは自殺なのか、それとも、、、。

さまざまな疑問が投げかけられ、ひとつ一つの真実が明らかになる中、意外なる過去の真実、
ジェネラル・ルージュの呼び名の由来が明らかになる時、物語はいよいよクライマックスへと
突入するのです。

当然のことながら、救命救急担当医師の周りには、常に慌ただしさが漂います。
終盤、一気に救急車が駆け付ける場面など、その最たるシーンですが、そんな時、
外科病棟から駆けつける佐野史郎と玉山鉄二の冷静な表情をとらえたカットの挿入など見事です。

さすがに病院が舞台だけに、医師はやっぱり患者の命のために、、、という展開が待っていて、
ちょっといい二人の関係も成立して、なかなか感動的なストーリーとなっていました。それでも、
最後には笑えるオチがつくところなど、エンタテイメントと呼ぶにふさわしい仕上がりです。


<映画の次回作情報>

竹内結子
:なくもんか(水田伸生監督/宮藤官九郎脚本)
11月公開予定  共演:阿部サダヲ、瑛太、塚本高史、陣内孝則、井原剛志、いしだあゆみ 他


貫地谷しほり
:THE CODE/暗号(林海象監督)
5月公開予定  共演:尾上菊之助、稲森いずみ、松岡俊介、宮迫博之、坂井真紀、成宮寛貴 他

:ノーボーイズ、ノークライ(キム・ヨンナム監督)
今秋公開予定  共演:妻夫木聡、ハ・ジョンウ、チャ・スヨン、徳永えり、イ・デヨン 他

閉じる コメント(38)

顔アイコン

原作にはない転落死、ドクターヘリの手配がこの映画をエンタメ性あるものにしてくれましたね。

2009/3/16(月) 午後 0:31 mossan

アバター

もっさん、原作の良さをさらに膨らませたシナリオということでしょうね。
ドクターヘリの手配は、ある意味、白鳥(阿部ちゃん)の見せ場でもありましたね。
前作よりもかなり見どころの多い作品だと思いました。

2009/3/16(月) 午後 1:31 ffa**77

ミステリーとしては、弱いって感じましたが、現在の救急医療の問題点を突いた、社会派の映画でしたね。テーマとしては良かったですね。

2009/3/16(月) 午後 8:30 [ ティルク ]

アバター

ティルクさん、まさに社会派色の方が強いミステリーでしたね。現実に即したテーマで、
内容に引き込まれました。堺雅人はじめ、竹内&阿部コンビの演技も、シナリオや演出も
エンタテイメント仕様にまとまっていると思いました。

2009/3/16(月) 午後 10:16 ffa**77

田口、白鳥の凸凹コンビは健在だし堺さんの速水医師が良い味出していたなと思いました。そして現在の医療体制の問題についても充分に訴えていた作品になったと思います。トラバ返しさせてくださいね。

2009/3/19(木) 午前 0:12 いっちー

アバター

いっちーさん、ジェネラル中心とした医療問題に目を向けた部分はシリアス系で、
田口&白鳥のやりとりはコメディ系で、見どころたっぷりのエンタテイメントでしたね。

2009/3/19(木) 午前 0:28 ffa**77

わたし、ここだけの話、
あの頼りない 田口公子さんが ダイダイ好きなのです。
一度 機会があったら、診療を受けたいのですが・・。(笑)

TB、ありがとうございました。ポチッを。

2009/3/19(木) 午前 10:17 たんたん

本当にいい作品で、そしいて面白かったですよねぇホロっとさせられたり…
竹内結子と阿部寛のコンビは相性がいいのか、最高ですね。今回は堺雅人さんが素晴らしかったですよね♡
TBこちらからもさせてくださいね。

2009/3/19(木) 午後 9:22 マミ

アバター

たんたんさん、あの頼りなさが田口医師の魅力で、その役を演じる竹内結子の
魅力でもありますよね。あんな若い女性の愚痴外来の担当医がいたら、
僕もぜひ話を聞いてもらいたいと思いますね(笑)。

2009/3/19(木) 午後 11:01 ffa**77

アバター

マミさん♪、竹内結子と阿部ちゃんは、ほんと相性がいいですね。ボケと突っ込みで。
その二人の笑い以上に、今回は感動できる作品にもなっていましたね。すべては
ジェネラルの活躍、彼の人間性の成せる業ということですね。

2009/3/19(木) 午後 11:12 ffa**77

顔アイコン

TBありがとうございます。
速水先生のチュパチャプスは面白いですね。
舐めたくなっちゃいました。

2009/3/23(月) 午後 9:39 ホークスファン

アバター

ホークス☆世界一さん、あのチュッパチャプス、ただジェネラルが舐めていただけでなく、
後になって、ストーリーのキーポイントになっていたのは、なるほどという展開でしたね。

2009/3/23(月) 午後 10:43 ffa**77

ようやく観ることができました。
いやあ、堺雅人という人は、本当においしいところを持って行ってしまう人ですね。
私も、ついて行きます!寒さには強いんです、旭山動物園行ってきたし…。

冗談はさておき、すばらしい作品でしたね。
阿部寛さんの「ガリバー」はうけた。

トラックバックさせてください。

2009/3/31(火) 午後 9:50 [ てるてる ]

アバター

てるてる先生、ついてっちゃいますか?花房看護師かっ!ってツッコミましょう(笑)。
ガリバーもそうですが、ジェネラルに負けじと、白鳥もなかなか美味しいところを
持っていってましたよね。

2009/3/31(火) 午後 10:10 ffa**77

顔アイコン

外科病棟から駆けつける佐野史郎と玉山鉄二の冷静な表情をとらえたカット・・・どこに出てくると思ったら、ほんのワンカット。単純に、「ハゲタカ」で印象に残る玉山をワンカットだけというのは、贅沢すぎると(笑)。

堺雅人は、最近の何本か見ましたが、個性的で、熱血漢タイプの役柄はうまいですね。TBお返しします。

2009/11/15(日) 午前 0:48 fpd

アバター

fpdさん♪、ぜいたくなキャスティング部分もありましたが、
続編とかだと、前作のキャストがちらっと出る作品もありますね。
これは誰よりも堺雅人の演技が光る作品でした。

2009/11/15(日) 午後 11:00 ffa**77

オープニングもそうでしたが、大事故で一気に緊迫する病院。次々に運び込まれるけが人。トリアージ。クライマックスにドキドキしました。

2009/11/30(月) 午前 0:02 ちいず

アバター

ちいずさん♪♪、病院が舞台なので、やはり生死を分けるような緊張感漂うシーンが、
いちばん見ごたえありますよね。緊急時に活躍する医師は、かっこよく見えます。

2009/12/1(火) 午前 0:33 ffa**77

前作以上に素晴らしい作品でした♪
阿部さん、竹内さんに加えて、堺さんの演技も見応えありました^^
ラストは感動でしたね(*´∀`)

トラバお願いします!!

2010/5/17(月) 午前 6:45 れじみ

アバター

rejimi31さん♪、阿部寛と竹内結子のコンビネーションもさることながら、
本作のいちばんの見どころは、堺雅人のジェネラル・ルージュですね。
感動のラストも演出してくれました♪。

2010/5/18(火) 午前 0:41 ffa**77

開く トラックバック(19)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事